なでしこジャパンの活動を高倉麻子監督が総括、選手の変化やトライしたこと、そして五輪への思い「決勝でアメリカとやりたい」

2021.04.13 20:05 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
なでしこジャパンの高倉麻子監督が、13日にオンラインのメディア対応を実施。4月の活動を終えて総括した。

なでしこジャパンは、およそ1年ぶりの実戦として8日にパラグアイ女子代表、11日にパナマ女子代表と国際親善試合を戦った。

試合は3月の鹿児島合宿のメンバーに加え、海外組も合流して開催。どちらの試合も7-0と大勝を収めていた。

そのなでしこジャパンは13日に合宿を切り上げ。高倉監督が総括を行い、改めて今回の活動と2試合を振り返った。

「今回、4月の国際親善マッチの期間を使って、2試合違う国と試合ができたことを嬉しく思います」

「この試合をやるためにたくさんご尽力をしてくださった皆様に御礼申し上げます。パラグアイ、パナマチームの選手、スタッフに心からお礼を言いたいと思います」

「3月の鹿児島キャンプから始まって約1カ月、なかなか代表としての活動ができない期間が長かった中で、2月の海外遠征(SheBelieves Cup)も行けない中で、どんな風に始まるんだろうという不安もありましたが、選手がとにかく非常にポジティブな空気を持って、トレーニング、またはホテルでの生活を送ってくれました」

「規制は本当に厳しい中でしたが笑顔を絶やさず、前向きに話し合いをしながらチームを作っていく姿はチームの成長を感じましたし、オリンピックでメダルを獲る準備ができているなと強く思います」

「両試合とも大量得点を奪えて勝てましたが、相手がどうこうではなく、自分たちの守備の規律や戦術的な部分での細かいところの確認と修正もそうですし、攻撃の部分でも今回は攻撃の機会がとても多かったので、どんな形で攻めていくか、どんな選手同士の特徴を出していくかを含めて、色々な確認ができたので、有意義な時間を送ることができたと思います」

「オリンピックの開幕まで99日となりましたが、着々とチームを作っていく準備ができていると思うので、あとは選手たちが自チームに帰って、努力をして、5月のキャンプに集まれること、また6月、7月に迎えることを楽しみに、私自身も振り返りをしっかりしつつ時間を大事にしていきたいと思います」

力の差がある2カ国との対戦だったが、試合後の時間で反省をしたとのこと。「2試合を通してできたこと、できなかったことを改めてみんなで話す機会になりましたし、もっと強い相手とやった時には、こういった形だと崩されるねという話が出たり、こういうパスの質は通用しないねという話が出たりしたので、常により高いレベル、強いチームと戦った時にはこういったことが起こり得るということを前提に話して、体のケアを含めてもう一度ちゃんと振り返る時間に使いました」と語り、強豪国を想定して試合を振り返ったようだ。

この後も海外組はクラブでの試合がある中、国内組はWEリーグがオリンピック後に開幕するため、公式戦はなし。プレシーズンマッチでの調整となるが「自チームに帰ってプレーをすると、9月の開幕に向かって作っているチームの他のメンバーと、ここで少し強度を上げたみんなは少しコンディションの差があると思うので、フィジカル的な要素であっても、頭の判断のスピードであっても、実際のパフォーマンスであっても、飛び抜けてなければいけないというのが正直あります」とコメント。「総合的なパフォーマンスの切れ味だったり、判断のスピード、正確性を見つつ、より強度の高い相手に対して全てで先手を取れるかが大事になってくるので、全体的なパフォーマンスを見つつ、本人の強みも出してきてもらえればと思います」と語り、今回招集されたメンバーの圧倒的なパフォーマンスを期待すると語った。



関連ニュース
thumb

なでしこメダルならず…強豪スウェーデンに力の差見せつけられベスト8で敗退《東京オリンピック》

なでしこジャパンは30日、東京オリンピック・準々決勝でスウェーデン女子代表と対戦し、3-1で敗れた。 グループEを1勝1敗1分けで終え、全グループの3位のうち上位2チームに入ったため、なんとか決勝トーナメント進出を果たしたなでしこジャパン。アメリカ、オーストラリア、ニュージーランドを相手にグループGで3戦全勝のスウェーデン女子代表が相手となったが、2大会ぶりの決勝進出を目指した。 強豪相手の試合に臨むなでしこジャパンは、直近のチリ戦からスタメンを5人変更し、フォーメーションは岩渕と田中が2トップに並ぶ[4-4-2]を採用。2列目は左から杉田、三浦、中島、長谷川が起用され、最終ラインには宮川、南、熊谷、清水が並んだ。GKは3戦連続先発の山下を起用した。 一方のスウェーデンはこれまでと同じく[4-2-3-1]の布陣。グループステージで3得点を挙げたブラックステニウスを3トップの中央に配置した。 なでしこは開始2分でいきなりピンチを迎える。敵陣からのロングボールにヤコブソンがフリーで抜け出しそのままシュート。しかし、ゴール左に外れ、何とか失点は免れた。 しかし、その5分後に先制点を許してしまう。CKの流れから左サイドを突破したロルフォにクロスを上げられると、エリクソンにボックス内で競り負けヘディングシュートを叩き込まれた。 その後は日本がボールを支配して繋いでいくも、後ろ向きで縦パスを受けるときに体を当てられてシュートまで持って行けない。完全にフィジカル面で優位に立たれ、奪われた後もスピードを活かしたスウェーデンのカウンターに手を焼いていた。 だが、マークが厳しい中央からゴールに向かうのではなく、相手の守備ブロックの外側にビルドアップの出口を作って攻め込んでいくと、23分に同点に追いつくことに成功。右サイドを駆け上がった長谷川がGKとDFの間にクロスを上げると、タイミングよく走り込んだ田中が合わせて試合を振り出しに戻した。 勢いがついたなでしこは、サイドハーフを内側に絞らせた[4-2-2-2]の陣形でボール保持をすることに。相手の2列目に対して数的優位を作り、マークを絞らせないポゼッションでゴールに迫るシーンを増やしていった。 31分には岩渕のパスに反応した田中がボックス内で倒されPKをゲット。しかし、VARが介入すると、主審のオン・フィールド・レビューが行われ、ノーファウルとなりPKは取り消された。 後半も日本が押し込もうとするが始まって間もない53分、またしても先に得点したのはスウェーデンだった。スルーパスに抜け出したブラックステニウスが、ボックス左からニアサイドをぶち抜いてゴール。エースの今大会4点目で再度リードすることに成功した。 スコアが動いてからもピンチが続いたなでしこは、ボックス内でシュートをブロックした三浦に対してVAR後のオン・フィールド・レビューで今度はハンドの判定。そのPKをアスラニに冷静に決められ、スコアは3-1に。 リードが2点に広がったことにより、ボール保持の権利を与えられたなでしこ。ボランチ、サイドハーフ、そして2トップが流動的にポジションチェンジをしてスウェーデンの選手を動かし、テンポよくボールを動かしていく。 守備に奔走し疲労が溜まった相手に対して効果的に前進したものの、ラスト30mでの精度を欠いてシュートに持ち込めない時間が続いた。 その後も途中投入の遠藤、北村、林が中央でボールを受けて相手守備ブロックを揺さぶるが、スウェーデンも集中力を切らさずに怒涛の攻撃を跳ね返し続ける。なでしこがおよそ20分間攻め続けたがゴールネットを揺らすことはなく、3-1でタイムアップ。日本は2大会ぶりとなるオリンピックだったが、準々決勝で敗退となった。 なお、スウェーデン8月2日に行われる準決勝で、イギリスとの対決を制したオーストラリア女子代表と対戦する。 スウェーデン女子代表 3-1 なでしこジャパン 【スウェーデン女子代表】 マグダレーナ・エリクソン(前7) スティーナ・ブラックステニウス(後8) コソヴァレ・アスラニ(後23) 【なでしこJAPAN】 田中美南(前23) 2021.07.30 21:15 Fri
twitterfacebook
thumb

なでしこ準々決勝のスタメン発表! 岩渕真奈と田中美南の2トップ

30日、東京オリンピックの女子サッカー準々決勝のスウェーデン女子代表戦に向けたなでしこジャパンのスターティングメンバーが発表された。 グループステージの最終戦でチリ女子代表相手に勝利し、3位でなんとか決勝トーナメント進出を決めたなでしこジャパン。準々決勝の相手は金メダル候補のスウェーデンだ。 システムは[4-4-2]。GKは3戦連続で山下杏也加を起用。センターバックにはDF熊谷紗希とDF南萌華を並べ、右にDF清水梨紗、左にDF宮川麻都を起用した。 中盤はボランチにMF中島依美とMF三浦成美、右にMF長谷川唯、左にMF杉田妃和を起用。2トップは、FW岩渕真奈とFW田中美南が並び、FW菅澤優衣香はメンバー外となった。 スウェーデン女子代表戦は19時にキックオフを迎える。 ◆スターティングメンバー GK:山下杏也加 DF:清水梨紗、熊谷紗希、南萌華、宮川麻都 MF:長谷川唯、中島依美、三浦成美、杉田妃和 FW:田中美南、岩渕真奈 監督:高倉麻子 ◆サブ GK:池田咲紀子 DF:宝田沙織、北村菜々美 MF:塩越柚歩、林穂之香 FW:遠藤純、籾木結花 2021.07.30 17:55 Fri
twitterfacebook
thumb

【なでしこプレビュー|準々決勝】金メダルへの一歩、優勝候補スウェーデンに立ち向かう/vsスウェーデン女子代表【東京五輪】

30日、東京オリンピックの女子サッカーの準々決勝が行われる。 グループステージでは想像以上に苦しんだなでしこジャパン。懸念されていた通り、格上との戦いでは相当な劣勢を強いられた。 21日の初戦カナダ女子代表戦は、先制されながらも終了間際に追い付いて1-1。24日のイギリス女子代表戦は0-1で惜敗し、最終節のチリ女子代表戦では1-0の勝利を収めて決勝トーナメント進出を決めた。 準々決勝の相手はFIFAランキング5位のスウェーデン女子代表。過去の対戦成績は5勝3分け5敗と五分だが、近年の両チームの成績を踏まえると、これまで以上にタフな試合が予想される。 <span class="paragraph-title">◆最少得点、最少失点</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/nade20210730_1_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> なでしこジャパンのグループステージでの成績は1勝1分け1敗。ここまで2失点は決勝トーナメント進出を決めた国の中で最少タイだ。 一発勝負のトーナメントは堅い試合になりがち。その意味では、ここまで大崩れしていない守備陣の粘りが、勝利を手繰り寄せるカギになるだろう。 スウェーデンはサイド攻撃を特徴とし、高さと強さを兼ね備えたFWも多数存在する。大前提としてクロスを上げさせない守備ができるかどうか。そして、両センターバックを中心に失点ゼロの時間をどれだけ続けられるかだろう。 一方で、2得点も8カ国中最少。攻撃面では親善試合のようにボールを支配して崩し切る場面を作り出せておらず、決定的なフィニッシュシーンまでに至っていない。 チャンスは増やしたいが、トーナメントであることを考えれば大きなリスクを避けたいのも事実。消極的かもしれないが、実力差を考えれば、機を窺いながらいかに少ないチャンスをモノにできるかだ。 2018年の女子アジアカップはまさにそのような展開で優勝を手にした。ジョーカーとなり得るカードも持っているだけに、我慢比べに挑むことが勝利への近道だろう。 <span class="paragraph-title">◆優勝候補の筆頭に!</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/nade20210730_2_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> 対するスウェーデンは、初戦で優勝候補のアメリカ女子代表に3-0と快勝。女王に45試合ぶりの土を付け、一躍優勝候補の筆頭に躍り出た。 続く第2戦のオーストラリア女子代表戦を4-2で勝利して決勝トーナメント進出を決め、第3戦のニュージーランド女子代表戦はターンオーバーを決行しながら2-0で白星を収めている。 システムは2ボランチ型の[4-3-3]をメインに採用し、前線からのプレッシングとサイド攻撃、クロスを中心とする強敵だ。 両ウイングのFWソフィア・ヤコブソン、FWフリドリーナ・ロルフォを軸にサイドを崩し、中央ではチームの得点王FWスティーナ・ブラックステニウスが待ち構え、トップ下のFWコソヴァレ・アスラニが、3トップを自在に操る。 5年前の前回大会は銀メダル、2019年の女子ワールドカップ(W杯)は3位と結果を残しているが、世界大会でのタイトルは獲れていない。上記の2大会を経験したメンバーも多数存在し、悲願の初優勝に向けて機運は高い。 <span class="paragraph-title">◆スタメン予想[4-2-3-1]</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/nade20210730_3_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> GK:山下杏也加 DF:清水梨紗、熊谷紗希、南萌華、宮川麻都 MF:林穂之香、中島依美 MF:木下桃香、長谷川唯、杉田妃和 FW:菅澤優衣香 監督:高倉麻子 最終節まで予断を許されない戦いが続いていたため、DF熊谷紗希(バイエルン/ドイツ)、DF清水梨紗(日テレ・東京ヴェルディベレーザ)を休ませることはできなかった。岩渕真奈(アーセナル/イングランド)のコンディション面も不安視されており、改めて中2日での連戦の難しさを感じさせる。 GKは山下杏也加(INAC神戸レオネッサ)と予想する。これまでは押し込まれつつもGKのセーブ機会の少ない展開であったが、準々決勝は枠内に飛んでくるシュートが増えるだろう。ならば、ショットストップに優れる山下が優勢だろう。 最終ラインに関しては、前述の熊谷、清水を外す選択肢がないだろう。センターバックの相方はDF南萌華(三菱重工浦和レッズレディース)、左サイドバックは守備力を考慮してDF宮川麻都(日テレ・東京ヴェルディベレーザ)だと予想する。特に南は空中戦に強く、増加が見込まれるクロス対応で力を発揮するはずだ。南、宮川ともにチリ戦では休養を与えられており、疲労度も問題ないと思われる。 ボランチのチョイスはMF中島依美(INAC神戸レオネッサ)とMF林穂之香(AIKフットボール/スウェーデン)と予想。中島は高倉監督が就任してから起用され続けているため、この大一番で外すとは考えにくい。相方はイギリス戦、チリ戦で好パフォーマンスを披露し、スウェーデンで揉まれている林と予想する。 2列目が3枚の場合、トップ下は長谷川唯(ミラン/イタリア)が濃厚だ。懸念は疲労度。第1戦、第2戦をほぼフル出場、チリ戦では点が欲しいはずの同点時の66分に途中交代していた。崩しのアイデアを持つ貴重なピースだけに、欠かすことはできないだろう。 サイドハーフは左にMF杉田妃和(INAC神戸レオネッサ)、右にはMF木下桃香(日テレ・東京ヴェルディベレーザ)を大胆に予想した。杉田は前線からの守備もプレスバックも効いていた。攻撃にも推進力をもたらし、左サイドに活力を持たしている。右サイドはここまでMF塩越柚歩(三菱重工浦和レッズレディース)が2試合に先発出場しているが、チリ戦で木下が見せたアグレッシブさは周囲に可能性を感じさせた。ニューヒロインの誕生という期待も込めてスタメンと予想する。 岩渕が万全ならば2トップを採用するだろうが、コンディションを考慮してベンチスタートと予想。トーナメントに入り延長戦の可能性もあるため、ジョーカー起用も決して悪い策ではないだろう。 そのため、1トップにはFW菅澤優衣香(三菱重工浦和レッズレディース)を予想する。純粋なポストプレーになれるのは彼女だけだろう。前半をフィジカルで推す菅澤で引っ張り、後半から駆け引きを得意とするFW田中美南(レバークーゼン/ドイツ)という、第1戦や第3戦のような交代策が有力か。 ここまでは強豪国相手に苦戦を強いられているなでしこジャパン。だが、トーナメントではなにが起こるかわからないと、過去に実証したのもなでしこだ。スウェーデン代表戦は、19時から埼玉スタジアム2002で行われる。 2021.07.30 16:15 Fri
twitterfacebook
thumb

物足りない“なでしこジャパン”の「個の力」/六川亨の日本サッカー見聞録

早いもので、東京五輪の男女サッカーはベスト8が決定した。女子はほぼFIFAランクランク(20年6月26日現在)通りの顔ぶれとなった。 アメリカ(1位)、オランダ(4位)、スウェーデン(5位)、イギリス(イングランド6位)、オーストラリア(7位)、ブラジル(8位)、カナダ(8位タイ)に日本(11位)である。FIFAランク2位のドイツと3位のフランスは、予選を兼ねた19年フランスW杯でベスト8止まりだったため東京五輪の出場権を逃していた。 一方、男子に目を向けると、ブラジル(3位)、スペイン(6位)はFIFAランク通りの成績だが、フランス(2位)を始め、欧州予選ベスト4のルーマニアはニュージーランドに同勝点ながら得失点差で足元をすくわれ、南米予選1位で優勝候補の一角だったアルゼンチン(8位)も得失点差でエジプトの後塵を拝した。そして欧州予選2位のドイツは初戦でブラジルに敗れたのが響き、コートジボワールに2位の座を譲らなければならなかった。 ベスト8の顔ぶれはアジアが2チーム(日本と韓国)、アフリカが2チーム(エジプトとコートジボワール)、ヨーロッパと南米、北中米が各1チームにオセアニアが1チーム! という「サッカー後進国」が躍進する結果となった。 さて五輪のサッカーはW杯と違い、連日試合があるわけではない。開会式の前は日本以外の試合もテレビで放送したが、開会式後は多くの競技がスタートするため、日本戦以外の試合はテレビで放送しない。このため、どんなチームでどんな試合内容だったのかを知ることができないのが辛いところ。 取材のIDカードがあれば、同じグループの2試合を取材できるため情報を入手できるが、JOC(日本オリンピック委員会)は基本的にフリーランスを認めていないので、テレビで観戦するしかない。 それでも、3連勝でグループリーグを突破したサムライブルーに比べ、なでしこジャパンの凋落ぶりはテレビでも顕著だった。 11年になでしこジャパンがドイツW杯で優勝した時のことだ。知人らは、なでしこリーグを観戦するようになった。 その理由として、「なでしこジャパンの試合はショートパスを巧みにつなぎながら、前へ前へと積極的に攻める。Jリーグの試合はバックパスが多くて欲求不満が募る。それにJリーグでは接触プレーがあるたびに選手は大げさに転げ回っているが、なでしこの選手はすぐに起き上がってプレーを続ける。このためスピード感がある」と話していた。 しかし今大会のなでしこジャパンは、U-17W杯やU―20W杯で優勝したメンバーもいるが、“大人のサッカー”ができていない印象を受けた。パス回しはDFラインから、なかなか前線へとつながらない。スピード不足に加え、判断のスピードも遅い。 そして、例えば抜かれそうになったら反則で止めるとか、シュートやクロスに体を張ってブロックするといった必死さが感じられなかった。 1対1で相手をスピードかドリブルで抜ける選手は岩渕か塩越くらい。そして守備に回ると2~3人がかりでもボールをなかなか奪えなかった。ヨーロッパやアメリカでプレーしている選手もいるが、「個の強化」がサムライブルーと比べて一時代遅れていると感じたのは私だけではないだろう。 9月からはプロリーグであるWEリーグがスタートするが、すぐには結果が出ないだけに、並行して代表強化にも着手すべきである。サムライブルーは近年まで外国人監督を招聘したことで「個の強化の必要性」を学んだ。そろそろなでしこジャパンも監督に、外国人を招いてはいかがだろうか。 <hr>【文・六川亨】<br/><div id="cws_ad">1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた</div> 2021.07.30 15:28 Fri
twitterfacebook
thumb

なでしこが準々決勝で対戦するスウェーデンの特徴は? 女王アメリカに45試合ぶりの土を付けた優勝候補の筆頭!

30日に東京オリンピック準々決勝でなでしこジャパンと対戦するスウェーデン女子代表。世界女王アメリカに45試合ぶりに土を付け、グループGを全勝で突破した。前回大会は銀メダル、2019年の女子ワールドカップ(W杯)では3位に輝いた強豪国だ。 また、今大会では「ユニクロ」のユニフォームを着用していることでも話題を集めているスウェーデン。シャツの右上やショーツの左下に、赤字に白のロゴを見つけることができる。準々決勝を前に、その戦い方や注目選手をピックアップしたい。 <span class="paragraph-title">◆特徴はサイド攻撃と前線からのプレッシャー</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/sweden20210730_1_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> スウェーデンのシステムは2ボランチ型の[4-3-3]だ。ここまで9ゴールを挙げているが、その多くはクロスからの得点となっている。 右ウイングのソフィア・ヤコブソンはサイドバックのハンナ・グラスとのバイエルンコンビで効果的にサイドを崩すタイプで、左のフリドリーナ・ロルフォは上背もあり、絞ってターゲットになることも多い。オーストラリア戦ではチーム3点目となる強烈な弾丸ミドルを決めており、今季から女子チャンピオンズリーグ(WCL)を制したバルセロナへの加入が決まっている。 両サイドバックも積極的に攻撃参加することが特徴的で、前述の通り、右にはグラス、左にはチェルシーでFA女子スーパーリーグ(WSL)を制したジョナ・アンデションがいる。アンデションはセットプレーも任させるなど、左足のキック精度は非常に高い。 サイドが上がったスペースをカバーするのは2ボランチだ。先日ヨーロッパの選手として代表最多出場数を樹立し、現在は218キャップと記録を塗り替え続けるキャロライン・セゲルがにらみを利かせる。 スウェーデンは攻守の切り替えが非常に早く、前線から積極的にプレッシャーを掛けてくる。そのため、引っ掛けてからのショートカウンターというのも武器だ。第3戦は大幅なローテーションを行っており、選手層も厚く、運動量を落とさないための管理もなされている。途中出場の選手も結果を残しており、サイクルとしては理想的だ。 <span class="paragraph-title">◆GS唯一の3連勝</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/sweden20210730_2_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> そのスウェーデンだが、今大会の戦いを簡単におさらいする。 初戦は女王のアメリカ女子代表戦。優勝候補同士の一戦となったが、試合は予想外の展開となり、スウェーデンが3-0で勝利を収めた。 これまで公式戦44試合負けがなかったアメリカを圧倒したスウェーデン。アメリカの準備不足も叫ばれたが、この勝利はチームに大きな勢いをもたらせる。 第2戦ではオーストラリア女子代表と対戦し。4-2で勝利。シーソーゲームとなったが、しっかりと得点を重ねて勝利を収めている。 そして3戦目ではニュージーランド女子代表に0-2で勝利。ターンオーバーを行う余裕もあり、準々決勝の戦いに備えていながらもしっかりと無失点で勝利した。 FWスティーナ・ブラックステニウスがここまで3ゴールを記録しチーム内得点王。スウェーデンのBKヘッケンでプレーし、175cmと上背もある。ヨーロッパで百戦錬磨のDF熊谷紗希がどういった対応を見せるのかに注目が集まる。 <span class="paragraph-title">◆なでしこジャパンが勝つためには</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/sweden20210730_3_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> 日本が勝つための一番の理想は、パスワークやターンでプレスをかわして入れ替わることだ。なおかつ相手の足を奪えれば申し分ないが、これまでの戦い方からすると、格上との対戦ではそれができない可能性が高い。 そのため、少なくとも自陣での不用意なボールロストだけは避け、粘りながら持久戦に持ち込むのが次善の策か。スウェーデンは前述の通り外からの攻撃が特徴のため、サイドでの攻防が明暗を分けるだろう。そしてクロス対応にも気を配りたい。 2021.07.30 12:30 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly