アーセナルに痛手…左ヒザ負傷のティアニーが最大6週間の離脱…

2021.04.07 22:50 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アーセナルは7日、スコットランド代表DFキーラン・ティアニーが4~6週間の戦線離脱となることを明かした。

ティアニーは3日に行われたプレミアリーグ第30節のリバプール戦に先発出場。しかし、前半終了間際に相手MFジェームズ・ミルナーと交錯した際に左ヒザを痛めて負傷交代していた。

8日にヨーロッパリーグ(EL)準々決勝1stレグのスラビア・プラハ戦を控える中、最新のチームニュースを発表したアーセナルはティアニーの状態に関して説明。手術の必要性はないものの左ヒザのじん帯を痛めており、トレーニングに復帰するまでには4~6週間を要する見通しであると伝えている。

その他の選手に関しては右ヒザに軽度の手術を行ったDFダビド・ルイスと、インターナショナルマッチウィーク中から右足首に違和感を訴えていたMFマルティン・ウーデゴールのスラビア・プラハ戦での起用が難しい模様。

その一方で、リバプール戦を欠場していたFWブカヨ・サカ、MFエミール・スミス・ロウ、MFグラニト・ジャカの3選手に関してはすでに全体練習に復帰しており、起用可能な状態にあるという。

関連ニュース
thumb

アーセナルで躍動中のDF冨安健洋、サッカーを始めた意外過ぎるキッカケは「アゴのケガ」

アーセナルの日本代表DF冨安健洋が、クラブのインタビューでサッカーを始めた意外なキッカケを明かした。 今夏の移籍市場でアーセナルは、1億5680万ポンド(約238億円)とプレミアリーグで最多の大金を投じ、将来性豊かな若手選手たちを獲得した。 その中の1人である冨安は、9月に入りチームに合流。1日半のトレーニングでノリッジ戦でプレミアリーグデビューを果たすと、冨安をよく知らない懐疑的なファンの評価を一蹴。素晴らしいパフォーマンスでスタンディングオベーションを受けると、18日のバーンリー戦でも出色の出来でクリーンシートに貢献していた。 日に日に評価が高まる冨安だが、クラブのインタビューでサッカーを始めたキッカケについてコメント。幼少期のある事件により、今の冨安があることが判明した。 「僕は水泳選手にはなりたかったわけではないんですが、2人の姉がいて、2人は水泳していました。だから、僕も姉たちのように水泳するつもりでした」 「でも、アゴをケガしてしまったので泳ぐことができず、サッカーを始めました。僕はサッカーをするために計画を変えたんです」 「僕はトレッドミルで遊んでいました。確か5歳の時かそれぐらいだったと思います。何歳だったかは覚えていません」 「姉はケガをしたといい、僕は祖母のところに行って『ケガをした』と言いました」 「僕は病院に行きました。手術の間、僕は常に『暑い、暑い、暑い』と言っていたようです。でも、そんなことは覚えていません。でも祖母が言っていました」 <span class="paragraph-title">【動画】冨安健洋がサッカーを始めたきっかけを語る</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJ6T3dsaWZxWSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.09.21 19:30 Tue
twitterfacebook
thumb

「彼は良い補強」アーセナルの元右SBが冨安フィーバーのファンに警告「適応する時間が必要」

かつてアーセナルでプレーした元カメルーン代表DFローレン氏が、日本代表DF冨安健洋について言及した。イギリス『フットボール・ロンドン』が伝えた。 今夏の移籍市場では若手選手を大量に補強。アーセナルは1億5680万ポンド(約238億円)とプレミアリーグで最多の大金を投じ、将来性豊かな選手たちを獲得した。 その中の1人である冨安は、9月に入りチームに合流。1日半のトレーニングでノリッジ戦でプレミアリーグデビューを果たすと、冨安をよく知らない懐疑的なファンの評価を一蹴。素晴らしいパフォーマンスで、スタンディングオベーションを受けていた。 その冨安は2試合目となったバーンリー戦ではフル出場を果たすと、空中戦の勝率100%を誇るなど、2試合連続で高いパフォーマンスを見せていた。 現役時代は右サイドバックとしてアーセナルを支え、2003-04シーズンの無敗優勝メンバーでもあるローレン氏が冨安のプレーに言及。盛り上がるサポーターに対して「時間が必要だ」と警告した。 「彼は良い補強だと思うが、まだクラブに到着したばかりだ。我慢しなければいけない。彼は適応する時間が必要だ」 「プレミアリーグは簡単に加われるリーグではない。彼が新たな文化、新たなクラブ、新たなシステムに適応するのに時間が必要であることは誰もが知っている」 「彼はボールの扱いに慣れ、バックラインでプレーするやり方を理解しているように見えるが、適応するまでには時間が必要だ」 「これまではノリッジとバーンリーに対して、とても良いパフォーマンスに見えた。上手くいけば、彼はさらに改善し続けるだろう」 アーセナルの右サイドバックは問題を抱えており、務められる選手としてはDFエインズリー・メイトランド=ナイルズ、DFセドリック・ソアレス、DFカラム・チャンバースなどがいるが、現時点では冨安が最右翼と言える。 ただ、ローレン氏は競争がしっかりとあるとし、全体としてレベルが上がることがチームを助けるとの見解を述べた。 「今はしっかりとした競争があり、チームはその競争の恩恵を受けるはずだ」 「選手たちがレベルを上げ、誰もが期待するレベルに上手くなれば、右サイドバックのポジションは面白いシーズンになる」 アーセナルは22日にカラバオカップでウィンブルドンと対戦。26日にはトッテナムとの“ノース・ロンドン・ダービー”が控えており、冨安の真価が問われることになりそうだ。 <span class="paragraph-title">【動画】冨安健洋、アーセナル合流初日の舞台裏秘蔵映像</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiIxSm9HMUV1aSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.09.21 13:30 Tue
twitterfacebook
thumb

冨安健洋のパフォーマンスが認められる? 試合後に座り込む中、チームメイトが集まりサポート

アーセナルでの2試合目も高いパフォーマンスを見せた日本代表DF冨安健洋だが、その活躍はチームメイトにも響いたようだ。 アーセナルは18日、プレミアリーグ第5節でバーンリーと対戦した。 開幕3連敗、さらに無得点と最悪なスタートを切ったアーセナル。今夏は大金を投じて将来を担う若手選手を大量に獲得。その中で最後に獲得されたのが冨安だった。 移籍決定後、すぐに日本代表活動に合流した冨安は、11日に行われたノリッジ戦に先発出場。合流から2日での試合出場となったが、高いパフォーマンスを見せてチームの勝利に貢献していた。 2試合連続での先発となったバーンリー戦。この試合でも右サイドバックで先発出場すると、ノリッジ戦とは違い攻撃参加の回数は少なかったが、フィジカルを前面に押し出す古き良きイングリッシュスタイルのバーンリーに対して圧巻の対応。空中戦勝率100%を記録するなど、守備面で大きな結果を残し、チームの2試合連続クリーンシートでの勝利に貢献していた。 目立った見せ場こそ無かったものの、堅実なプレーでファンの心を鷲掴みにしている冨安。自身初のプレミアリーグフル出場も経験したが、そのつけが試合後に回ってきてしまった。 試合終了とともに、連勝を喜ぶチームメイトたち。その輪には冨安の姿がなかった。 実は、ハードなバーンリー相手に守備で奔走した冨安は、試合終了とともにピッチに座り込んでいたため、中の輪に加われず。しかし、それを見つけたチームメイトたちが近寄ってきて、声をかけ、冨安を立ち上がらせ、その後に熱い抱擁を交わしていた。 バーンリー戦に関しては、今夏加入したイングランド代表DFベン・ホワイトが軽率なプレーであわやというシーンと何度か作っており、それと比較して冨安を絶賛する声が相次いでいる。 デビューしてたった2試合だが、冨安の存在はアーセナルファンの中で確実に大きくなっていっている。チームメイトからの信頼が厚くなる日も、そう遠くなさそうだ。 <span class="paragraph-title">【動画】出色のパフォーマンスを見せた冨安健洋をチームメイトが心配し手助け</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Arsenal players straight over to Tomiyasu at full time who is limping - a tireless shift from him and the <a href="https://twitter.com/hashtag/AFC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#AFC</a> players today. <a href="https://t.co/VeejpwYh1R">pic.twitter.com/VeejpwYh1R</a></p>&mdash; Chris Wheatley (@ChrisWheatley_) <a href="https://twitter.com/ChrisWheatley_/status/1439256499004575750?ref_src=twsrc%5Etfw">September 18, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.09.19 17:57 Sun
twitterfacebook
thumb

空中戦&デュエルの勝率はともに100%! アーセナル2戦目の冨安健洋、好スタッツを叩き出す

アーセナル入りしたばかりの日本代表DF冨安健洋だが、2試合目でも見事なスタッツを叩き出した。 昨季プレミアリーグで失意の8位に終わり、逆襲を期す今季のアーセナルだが、開幕から3連敗。だが、第4節のノリッジ・シティ戦で初勝利を掴むと、18日に敵地で行われたバーンリー戦もノルウェー代表MFマルティン・ウーデゴールの直接FK弾で勝ち切り、2試合連続となる1-0の勝利で今季初連勝を成し遂げた。 その連勝に大きく貢献したのが冨安だ。デビュー戦のノリッジ戦でも攻守にインパクトを残した日本代表DFだが、次戦のバーンリー戦でも右サイドバックとして先発すると、存在感を発揮。デビュー戦よりもファイナルサードでの絡みこそ少なかったが、対人プレーやビルドアップの部分で大いに貢献度を高めた。 フットボールの様々な記録を扱うイギリス『Squawka』によると、その働きぶりは数字にも表れ、空中戦とデュエルの勝率はともに100%で、79回のタッチ数も最多。デュエル、リカバリー、クリアはいずれも5回で、空中戦も4回を数え、インターセプトとタックルもそれぞれ1回を記録したという。 なお、イギリス『フットボール・ロンドン』によると、アーセナルのミケル・アルテタ監督は試合後、それぞれ4バックの一角で奮闘したブラジル人DFガブリエウと冨安について「2人とも素晴らしかったと思う。4バックは全体的に素晴らしかった」と賛辞を送っている。 2021.09.19 09:15 Sun
twitterfacebook
thumb

苦しみながらも今季初連勝のアーセナル、アルテタが選手を労う 「本当によくやってくれている」

アーセナルのミケル・アルテタ監督が胸の撫でおろした。イギリス『talkSPORT』が報じている。 アーセナルは18日に行われたプレミアリーグ第5節でバーンリーと対戦。アウェイでの一戦ということもあり、難しい試合を強いられたが、30分にノルウェー代表MFマルティン・ウーデゴールの直接FKから先制ゴールが生まれると、1-0で勝ち切り、今季初の連勝を成し遂げた。 バーンリーにだいぶ手を焼いたが、3連敗スタートからの2連勝で巻き返すアルテタ監督は試合後、「勝利するのが本当に難しい場所で、こうして苦労して勝つことができた。戦うための準備が必要だ」と安堵。選手たちの頑張りに賛辞も送っている。 「選手たちは本当によくやってくれている。入りから良く、いくつかの大きな局面でも私がチームに望むものをたくさん見ることができた」 「バーンリーのクロスやロングボールもうまく守れたね。選手たちが試合中に示した献身性や姿勢は私にとって、最も喜ばしいものだ」 また、68分にGKアーロン・ラムズデールが抜け出したFWマチェイ・ヴィドラを倒したとして、一度はPKが宣告されたものの、ビデオアシスタントレフェリー(VAR)介入とオンフィールドレビューによる自チームのPK取り消しに言及。その正当性を主張した。 「副審はすぐに『PKじゃない』と言っていた。覆さなければならなかったんだ。これで自信と信頼、そして難しい試合でも勝てるという確信が持てると良いのだがね。そのためにはもっと一貫性が必要だ」 2021.09.19 08:45 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly