スペインで「クソ黒人」発言の可能性? 被害のバレンシアがチームをあげて人種差別反対の姿勢

2021.04.06 18:25 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
カディスvsバレンシアの一戦で起こった選手による人種差別的な侮辱発言について進展があった。

事件は4日に行われたラ・リーガ第29節のカディスvsバレンシアで発生。1-1で迎えた30分、バレンシアのフランス人DFムクタル・ディアカビがカディスのDFフアン・カラと衝突。その際に激しい反応を見せると、主審のデイビッド・メディー・ヒメネス氏に対して猛抗議を続けるディアカビは、カラから人種差別的な言葉を浴びせられたと主張。しかし、主審は抗議を続けたディアカビにイエローカードが提示された。

この判定に怒りを見せると、ディアカビを含めたバレンシアの選手たちがピッチを勝手に去る事態が発生。試合は30分間中断していたが、このままでは勝ち点が没収される可能性もある上、ディアカビがピッチに戻ることを促した結果、選手たちは再びピッチに立ち試合を再開。ディアカビはそのまま交代し、スタンドで試合を観戦することとなった。

スペイン『ムンド・デポルティボ』によると、このシーンの動画が『TheSportsmen』のツイッターアカウントで公開されるとその映像では「クソ黒人が、泣くのか?」という言葉が聞こえくるとのこと。ファン・カラがディアカビに対して放った言葉であると見られ、再び大きな問題となっている。

またバレンシアは6日に動画を公開。チーム全体として今回のディアカビが受けた人種差別に反対する姿勢を見せ、みんなが支えることを改めて示した。

「バレンシア全体が、日曜日にラモン・デ・カランサで起こった事件の後、ムクタル・ディアカビを全面的にサポートしていることを示している」

「我々は最後まで戦い、何が起こったのかを明らかにし、選手を守り、人種差別を根絶します」

「ディアカビへのサポートと人種差別への非難の証倒して、アニル・マーシー会長、ハビ・グラシア監督、チームメイト、コーチングスタッフが、シウダ・エスポルティバ・デ・パテルナでディアカビとともにポーズをとった。メッセージは明白で、全員一致している。ストップ・レイシズム」

なお、カディス側の当事者であるファン・カラは、6日のトレーニング後に会見を実施するとのこと。何を語るのかが注目されている。



1 2
関連ニュース
thumb

首位攻防戦でレアルに逆転負け…落胆のバレンシア指揮官「75分までのプレーは完璧だった」

バレンシアのホセ・ボルダラス監督は敗戦に大きなショックを受けているようだ。 バレンシアは19日、ラ・リーガ第5節でレアル・マドリーと対戦。勝ち点「10」で並ぶチーム同士の首位攻防戦となった試合は、前半からバレンシアがペースを握ると、66分にはFWウーゴ・ドゥロが先制点を挙げ、本拠地メスタージャでリードを奪った。 試合終盤を迎え、バレンシアがこのまま逃げ切るのかと思われたが、マドリーは土壇場で反撃開始。86分に同点に追いつかれると、88分にはFWカリム・ベンゼマのゴールで逆転を許した。試合は1-2のまま終了し、単独首位をマドリーに譲る形となった。 試合後、ボルダラス監督は終了間際の立て続けの失点による敗戦に落胆した様子を見せた。 「序盤から2人の選手を負傷で失ったにもかかわらず、チームは信じられないような努力をしていたと思うので、悲しい。チームは非常に高いレベルでプレーした」 「準備していたシナリオは完璧に達成されていった。我々は優位に立ち、ハイプレスを仕掛け、レアル・マドリーを不快にさせ、試合をコントロールしていた」 「レアル・マドリーはトップレベルのチームとして我々に立ちはだかったが、それほど危険ではなかった。後半になると、我々はリードを奪った」 「シナリオは当初の通りに進んでいたが、75分までのプレーは完璧だっただけに残念だった。あれだけの挫折や身体を張った努力が、結果的には仇となってしまったのは事実だ」 また、重要な試合を戦うチームをサポートするため、ホームに多くの観客が詰めかけたことにも言及。感謝を伝えつつ、今後に向けた意気込みを語った。 「ファンの皆さん、ありがとう。素晴らしかった。メスタージャの雰囲気は、このチームの心臓であるエネルギーと強さを取り戻してくれた。彼らは我々に多くの力を与えてくれたので、私がチーム全体を代表して感謝したいと思う」 「レアル・マドリーとの特別な試合で勝利をプレゼントしたかったが、それが叶わなかったのは残念だ。しかし、シーズンは長い長いレースなので、我々は次の試合に向けてトレーニングと準備を続ける」 2021.09.20 13:52 Mon
twitterfacebook
thumb

ヴィニシウス&ベンゼマが殊勲の働き! 不屈のマドリーが試合終盤の連続弾でバレンシアとの首位攻防戦制す!《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第5節、バレンシアvsレアル・マドリーが19日にメスタージャで行われ、アウェイのマドリーが1-2で逆転勝利した。   前節、1年半ぶりに戻ってきたサンティアゴ・ベルナベウでのセルタ戦を、ベンゼマのトリプレーテと、カマヴィンガのデビューゴールなどで5-2の快勝を飾ったマドリー。また、チャンピオンズリーグ(CL)初戦となったグループ最大のライバル、インテル戦ではカマヴィンガのアシストからロドリゴが試合終盤に値千金の決勝点を奪う、1-0の会心の勝利を挙げた。   勝ち点10で並ぶ2位のバレンシアとの首位攻防戦ではインテル戦からルーカス・バスケスに替えてアザールを起用した以外、同じメンバーを起用した。   対するバレンシアは開幕前の下馬評は低かったものの、ボルダラス新監督の下で開幕からソリッドなパフォーマンスを披露。直近のアラベス戦、オサスナ戦ではソレール、ゴンサロ・ゲデスを中心に攻撃陣が躍動感を見せ、2試合連続3ゴール以上を奪っての連勝を収めた。難敵相手に真価が試されるこの上位対決では負傷のガヤとチェリシェフに替えてフルキエ、古巣対戦のウーゴ・ドゥロを起用した以外、同じメンバーを継続した。   注目の上位対決は立ち上がりから球際のバトルが強調される拮抗した展開となる。戦前の予想通り、アウェイのマドリーがボールを握る形に落ち着くが、好調のヴィニシウスやアザールの仕掛けは相手守備に封じ込まれ、決定機まであと一歩という場面が目立つ。   ボールを奪えば、シンプルに相手の背後を狙っていくバレンシアは狙い通りの形で試合を進めていくが、13分にはソレール、23分にはコレイアと続けて筋肉系のトラブルか、プレー続行不可能となり、ユヌス・ムサ、ラトの投入を余儀なくされる。   すると、この負傷者の流れに乗っかる形となったマドリーもカルバハルがプレー続行不可能となり、26分にルーカス・バスケスがスクランブル投入された。   前半に3人の負傷者を出すアクシデント続きの首位攻防戦は前半半ばから終盤にかけてホームチームが優勢に運んでいく。30分には裏へ抜け出したマキシ・ゴメスがボックス内でDFアラバに後ろから倒されるが、これはVARのレビューの結果、ノーファウルの判定に。さらに、43分にはヴァスのFKからガブリエウがゴール前でドンピシャのヘディングシュートを放つが、これはGKクルトワのビッグセーブに阻まれる。   一方、マドリーは右サイドの攻撃を起点にカゼミロやバルベルデのミドルシュートで相手ゴールを脅かしたものの、バレンシアの守備を崩し切れぬまま試合を折り返すことになった。   迎えた後半も入りはバレンシアペースに。開始直後にボックス左に抜け出したウーゴ・ドゥロがGKクルトワの好守を強いると、以降もゴンサロ・ゲデス、ウーゴ・ドゥロとボックス付近で積極的に足を振っていく。   その後はマドリーが一時盛り返したが、序盤からの流れを汲んでホームチームに先制点が生まれる。66分、右サイドでのスローインの流れからフルキエがゴール前に入れたクロスに対してバスケスがクリアをし損ねると、このこぼれ球をボックス左のウーゴ・ドゥロが右足ボレー。DFミリトンに当たってわずかにコースが変わったシュートがゴール右隅に決まった。   昨シーズンにレンタルで在籍していたウーゴ・ドゥロに恩返し弾を決められたマドリーは直後に動く。カゼミロとモドリッチを下げてカマヴィンガとロドリゴを、さらに78分にはアザールとバルベルデに替えてヨビッチ、イスコをピッチへ送り出す。そして、攻勢を強めていく中、ボックス内のベンゼマに幾度か決定機が訪れるも、相手GKや守備陣の身体を張ったプレーに阻まれる。   その後、バレンシアが最後の交代機会を使って守備的な3枚替えを敢行した中、何とかゴールをこじ開けたいマドリーはリスクを冒して攻め立てる。すると、今季ここまでチームの攻撃をけん引する2選手が劇的逆転劇をもたらす。   まずは86分、ボックス中央でロドリゴの右からのクロスを収めたベンゼマが自身の外側でフリーのヴィニシウスに丁寧に落とすと、ヴィニシウスが狙いすまして放った右足のシュートが相手DFにディフレクトし、ニア下の最高のコースに決まった。   土壇場で追いついて勢いづくマドリーはさらに88分、ボックス手前左からヴィニシウスが右足でゴール方向に向かう浮き球のクロスを入れると、DFとGKに競り勝ったベンゼマが肩でボールをゴールへ流し込み、一気に逆転まで持っていった。   そして、ベンゼマとヴィニシウスのコンビで奪った値千金のリードを守護神クルトワを中心に守り抜いたマドリーが、難所メスタージャでの首位攻防戦を劇的な形で制して単独首位となった。 2021.09.20 06:15 Mon
twitterfacebook
thumb

【ラ・リーガ第5節プレビュー】バレンシアとレアル・マドリーの首位攻防戦! 久保は古巣ビジャレアル戦

先週末に行われた第4節ではインターナショナルマッチウィークの難しい戦いとなったものの、アトレティコ・マドリー、レアル・マドリー、バレンシアといった上位陣が順当に制して無敗を継続している。 チャンピオンズリーグ(CL)、ヨーロッパリーグ(EL)のグループステージ開幕によって、ビッグクラブにとってはほぼ中3日の過密日程がスタート。そういった中、CL参戦の5チームの中で唯一白星スタートを飾った首位のレアル・マドリーは、2位のバレンシアを相手にラ・リーガ首位攻防戦に臨む。 前節、1年半ぶりに戻ってきたサンティアゴ・ベルナベウでセルタと対戦したレアル・マドリーは、前半に2度のリードを許したものの、FWベンゼマのトリプレーテとMFカマヴィンガのデビューゴールなどで5-2の快勝を飾った。また、CL初戦となったグループ最大のライバル、インテル戦では今季課題の守備陣が相手の強力攻撃陣を無失点で抑えた上、途中投入のFWロドリゴが試合終盤に値千金の決勝点を奪う、会心の勝利を挙げた。カマヴィンガの驚異的なフィットに、FWヴィニシウスの完全覚醒と最高な状態で難所メスタージャに乗り込む。 対するバレンシアは開幕前の下馬評は低かったものの、ボルダラス新監督の下で開幕からソリッドなパフォーマンスを見せている。開幕2試合は堅実な守備を生かして勝ち点を重ねたものの、以降のアラベス戦、オサスナ戦ではMFソレール、FWゴンサロ・ゲデスを中心に攻撃陣が躍動感を見せ、2試合連続3ゴール以上を奪っての連勝を収めている。ただ、ここまでは比較的力が劣る相手との対戦が続いていた部分もあり、今回のレアル・マドリー戦が新チームの現在地を図る試金石となるはずだ。 その上位2チームと同じ勝ち点10で並ぶアトレティコは、開幕から4戦無敗の難敵アスレティック・ビルバオをホームで迎え撃つ。前節のエスパニョール戦では代表戦明け特有の動きの重さが目立ったものの、後半序盤に5枚の交代カードを切って流れを引き寄せると、物議を醸した10分のアディショナルタイムの最終盤にMFレマルが値千金の逆転ゴールを挙げ、痺れる2-1の勝利を収めた。 ただ、リバプールとミランと共に“死の組”に組み込まれたCL初戦ではポルトの堅守に手を焼き、消化不良のゴールレスドローに。賛否両論のワンダ・メトロポリターノ凱旋となったFWグリーズマンも精彩を欠き、攻撃面では大いに課題を残す。そういった中、開幕4試合でわずか1失点と堅守が光るアスレティックとの対戦は非常にタフなモノになるはずだ。 また、マドリードの2強と共にビッグマッチに臨むのが、MF久保建英を擁するマジョルカだ。前節、アスレティックを前に力の差を見せつけられた昇格組は、昨季のEL王者ビジャレアルと対戦。そのビジャレアルはCL初戦でアタランタと2-2のドローに終わり、公式戦4試合連続ドローと今季初勝利が遠いが、それだけにマジョルカ戦に懸ける想いは強い。 一方、古巣対戦となる久保はアスレティック戦で局面では鋭い仕掛けで見せ場を作った一方、決定機演出などチームに流れを引き寄せるような形は出せず。MFイ・ガンインやFWエル・ニーニョなど、イメージを共有できそうな味方との連携を向上させつつ、昨季冷遇されたエメリ監督の前で決定的な仕事を見せたい。 カタール・ワールドカップ(W杯)南米予選に多くの選手を送り出した関係で前節が延期となったバルセロナとセビージャは、グラナダとレアル・ソシエダという難敵相手に中断明け後、最初の白星を目指す。 ミッドウィークのCLでは一昨季に2-8の大敗を喫したバイエルン相手にリベンジを図ったバルセロナだが、0-3のスコア以上に力の差を感じさせられる完敗となった。さらに、同試合ではDFジョルディ・アルバ、MFペドリの2選手が負傷しており、ジリ貧の状況だ。そういった中、バイエルン戦の途中出場で一時良い流れを持ってきたMFコウチーニョやDFアレックス・バルデ、MFガビといった控え、若手選手たちの奮起が求められる。 一方、レッドブル・ザルツブルクとのCL初戦では前半に3つのPKを献上した上、FWエン=ネシリが退場となりながらも、最終的に1-1のドローで試合を終えたセビージャ。バルセロナとの開幕戦の大敗以降、リーグ戦3連勝と絶好調のソシエダとの上位対決では不用意に退場したエン=ネシリや新戦力たちの活躍が求められる。 その他では開幕4連敗、3連敗と苦境が続くヘタフェとアラベスの下位2チームの戦いにも注目したい。 《ラ・リーガ第5節》 ▽9/17(金) 《28:00》 セルタ vs カディス ▽9/18(土) 《21:00》 ラージョ vs ヘタフェ 《23:15》 アトレティコ・マドリー vs アスレティック・ビルバオ 《25:30》 エルチェ vs レバンテ 《28:00》 アラベス vs オサスナ ▽9/19(日) 《21:00》 マジョルカ vs ビジャレアル 《23:15》 レアル・ソシエダ vs セビージャ 《25:30》 ベティス vs エスパニョール 《28:00》 バレンシア vs レアル・マドリー ▽9/20(月) 《28:00》 バルセロナ vs グラナダ 2021.09.17 19:00 Fri
twitterfacebook
thumb

キッカケは「ゲームボーイ」、東京五輪の銀メダリスト、スペイン代表の新10番ソレールがサッカーを始めた理由を告白

東京オリンピックでは日本代表戦でもゴールを決め、銀メダルを獲得したバレンシアのスペイン代表MFカルロス・ソレールが意外な事実を告白した。 バレンシアの下部組織出身のソレールは、これまでラ・リーガで150試合に出場し22ゴール20アシストを記録するなど、公式戦188試合で26ゴール26アシストを記録している。 U-24スペイン代表として今夏行われた東京オリンピックに参戦。全6試合に出場しチームの銀メダル獲得に貢献した。 そのソレールは、東京オリンピックでの活躍も認められ、9月のカタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選に臨むスペイン代表に初招集。スウェーデン代表戦、ジョージア代表戦と2試合に先発出場し連続ゴールを記録していた。 そのソレールは、スペイン代表のインタビューに応じ、自身のキャリアのスタートについてコメント。祖父による意外なものが理由でサッカーを始めたと明かした。 「祖父はいつも僕と一緒にいてくれた。彼は僕をパテルナのトレーニングに連れて行ってくれたんだ」 「僕が5歳の時、僕はすでにビデオゲームが大好きだったんだ。そして、祖父は僕がサッカーチームに入れば、ゲームボーイを買ってくれると言ったんだ」 「僕はみんなと一緒にプレーするのが好きじゃなかった。でも、そういう理由で始めたんだ。だから、ここにいるのは祖父のおかげでもあるんだ」 <span class="paragraph-title">【動画】祖父との秘話を明かすスペイン代表10番のソレール</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJQZTllcVlhcCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.09.07 21:47 Tue
twitterfacebook
thumb

バレンシア、リーズからエウデル・コスタをレンタル

バレンシアは8月31日、リーズ・ユナイテッドからポルトガル人FWエウデル・コスタ(27)をレンタルで獲得したことを発表した。契約は1年間で、スペイン『ムンド・デポルティボ』によれば買い取りオプションはないようだ。 ベンフィカの下部組織出身のエウデル・コスタは、これまでにデポルティボやモナコ、ウォルバーハンプトンを渡り歩き、2019年夏にウルブスからのレンタルでリーズに加入した。 当時はチャンピオンシップ(イングランド2部)で戦っていたリーズにおいて、リーグ戦43試合に出場し4ゴール6アシストをマークし優勝に貢献。昨季はプレミアリーグで22試合3ゴール3アシストの成績を収めた。 しかし、先日クラブはマンチェスター・ユナイテッドからウェールズ代表MFダニエル・ジェームズ(23)を完全移籍で獲得。同じ右ウイングを主戦場とするエウデル・コスタはそのあおりを受けて貸し出されることになった。 なお、出身はアンゴラだが、幼い頃にポルトガルに移住していたこともあり、代表ではアンダー世代からポルトガル代表として活躍している。2018年10月にA代表デビューも果たした。 2021.09.01 15:58 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly