持ち味発揮で初ゴールのFW林大地「チームのために走る」、瀬古のボールは「常に準備して待っていた」

2021.03.30 01:15 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
U-24日本代は29日、SAISON CARD CUP 2021でU-24アルゼンチン代表と対戦。3-0で快勝を収めた。26日に東京スタジアムで行われた試合では0-1で敗れていたが、この日はスタメン9名を入れ替えてプレー。前半から出しの早い、インテンシティの高いプレーを見せると、45分にDF瀬古歩夢(セレッソ大阪)のフィードに抜け出たFW林大地(サガン鳥栖)が初ゴールを奪い先制する。

後半はアルゼンチンも選手を変えて強度を高めた中、68分と73分にMF久保建英(ヘタフェ)のCKからMF板倉滉(フローニンヘン)がヘディングで2ゴールを奪取。そのまま逃げ切って勝利を挙げた。


試合後のメディア取材に応じたFW林大地(サガン鳥栖)はこの試合に向けて「まずはチームのために代表活動であれ、チームのために走るということを優先して、試合に入ろうと思っていました」とコメント。いつもと変わらないスタンスで試合に臨んだという。

その試合では、前半終盤には貴重な先制ゴールを記録。初招集を受けて2試合目で結果を残した。ゴールについては「(瀬古)歩夢から凄く良いボールが来ましたし、その前もしっかり味方同士つないで僕の所に来たので、良いボールが来たので決めないといけない責任がFWにあるので、しっかりゴールにつなげられて良かったです」と語り、良いアシストを決められて良かったと語った。

また、瀬古とのコミュニケーションについては「具体的にこれを言ったというのは無いんですが、『常に見てるから、常に準備しておいて』という感覚でした」と語り、「凄く良いボールを出すのは練習からわかっていたので、常に準備をして待っていました」と、瀬古から来るボールを予測していたと語った。

試合での手応えについては「ミスした場面もありましたし、ボールロストしたシーンもあったので、そういったのを減らしていければと思いますけど、デュエルの部分や競り合いの部分で、多少無理な体勢でもマイボールにしたり、自分の所に持ってくることが持ち味なので、そういったところをどんどん磨いていければと思います」とし、さらに特徴を磨きたいと意気込んだ。

短期間であまりプレーしたことない選手とのコンビも光ったが、「代表に選ばれている選手は凄いボールを出してくれるので、それを準備していないのは全部自分の責任になるので、いつどんなボールが来ても良いようにというのは練習でも心掛けていました」とコメント。「そういう心構えが試合で良い形で表現できたと思います」と、準備が結果につながったようだ。

得点の前にはMF田中碧(川崎フロンターレ)からの縦パスをトラップミスしたが「あれは完全にコントロールミスで、碧にも狙っているからって言われていて、俺も狙っているから常に見ておいてと言っていて、完璧なボールが来ました。あれは100%自分のミスです」と反省した。

また2列目の選手との連携についても「タケ(久保建英)は技術が凄くあるので、僕が前で張ってガチャガチャやるので、僕の周りをうろちょろして欲しいとは言ってありました」とコメント。その中でプレーした手応えには「代表活動に来て、凄いレベルの高いチームメイトがいるので、個人的な自信というより、そういった仲間が味方にいるというのは自分にとってはプラスになっているので、今日も自信を持って試合に臨めたかなと思います」と、チームメイトがいることが自信に繋がった様だ。

一方で、大阪体育大学の同期でもあり、今回招集されるもケガで離脱したMF田中駿汰(北海道コンサドーレ札幌)については「駿汰と一緒に代表のピッチでやりたいという思いは正直あったんですけど、ケガはつきものなので」と同じピッチに立てなかったことを語ったが「離脱するとなった時も頼むぞと言ってくれたので、それも含めてチームのために走ろうと思いました」と、後押ししてくれたと語った。

大会4カ月前に初招集。一方で、クラブでは結果を残している林にとっての東京オリンピックは「常に意識はしてましたし、選ばれる前もずっと意識していましたけど、今も変わらず出られるチャンスがあるならそこを目指してサッカーしたいし、代表活動に初めて呼んでもらって、初めて会う仲間に刺激をもらって、また一緒にサッカーしたいなと思ったので、また呼んでもらえるようにチームでしっかり頑張りたいと思います」とコメント。次のタイミングでも招集される様に努力すると誓った。
関連ニュース
thumb

東京五輪男子サッカーは南アフリカ、メキシコ、フランスと同組! 組み合わせが決定

今夏開催が刻々と迫る東京オリンピックのグループステージ組み合わせが決定した。 先日に出場16カ国を4カ国ずつの4グループにポッド分けした国際サッカー連盟(FIFA)は21日、スイスのチューリッヒでグループステージの組み合わせ抽選会を実施。開催国枠としてブラジルやアルゼンチン、韓国と同じポッド1の日本は南アフリカ、メキシコ、フランスと同居のグループAに入った。 また前回覇者のブラジルはドイツ、コートジボワール、サウジアラビアと激突するグループDに。グループCはエジプト、スペイン、アルゼンチンが集うなかにオーストラリアが入り、韓国はニュージーランド、ホンジュラス、ルーマニアのグループBに組み込まれた。 東京五輪のサッカーは東京のほか、札幌、宮城、鹿島、埼玉、横浜で催され、男子は7月22日に東京スタジアムで開幕。決勝は8月7日に横浜国際総合競技場で行われる。 ◆グループステージ一覧 ・グループA 日本 南アフリカ メキシコ フランス ・グループB ニュージーランド 韓国 ホンジュラス ルーマニア ・グループC エジプト スペイン アルゼンチン オーストラリア ・グループD ブラジル ドイツ コートジボワール サウジアラビア 2021.04.21 17:40 Wed
twitterfacebook
thumb

東京五輪の組み分けに注目/六川亨の日本サッカーの歩み

J1リーグは4月18日の第10節で無敗の2位・名古屋が鳥栖に0-1と敗れたことで、早くも川崎F独走の気配が漂ってきた。ただ、これまで足止めを食らっていた新規外国人選手がJビレッジでの“バブル”を終え、続々と各チームに合流している。 コンディションに不安を残すものの、フィットしてくれば大幅な戦力アップを期待できるチームも少なくないだろう。このためGW明けに他チームの反撃が始まるのかどうか期待したい。 首位の川崎Fは、大島など主力選手に負傷者がいながらも選手層の厚さでカバーしている。完成度の高いサッカーは自他共に認めるところ。そんな川崎Fの不安材料をあげるとすれば、「東京五輪が開催される」ことを前提に、五輪後に三笘や田中碧、旗手ら五輪世代の代表選手の海外流出ではないだろうか。 もちろん川崎Fのことだから、それを見越して橘田や遠野らを獲得したのかもしれない。 その東京五輪だが、ポット分けが発表され、FIFA本部で21日の17時(日本時間)から抽選会が開催される。開催国の日本は、前回優勝のブラジルと、五輪を本気モードで戦うアルゼンチンと同じ第1ポットになったのは大きなアドバンテージと言える。 ドイツ、スペイン、フランス、ルーマニアのヨーロッパ勢は五輪をさほど重視していないし、もしも五輪同様に開催が1年延期されたEUROが開催されるなら、主力はこちらに回る可能性が高いだろう。 そこで日本にとって理想の組み合わせは以下の通りだ。第2ポットはホンジュラス(メキシコ、ドイツ、ホンジュラス、スペイン)が理想的。日本が苦手とするメキシコは避けたいところ。 第3ポットはオセアニアのニュージーランド(エジプト、ニュージーランド、コートジボワール、南アフリカ)。フィジカルコンタクトの強いコートジボワールとは同居したくない。 最後の第4ポット(オーストラリア、サウジアラビア、フランス、ルーマニア)は必然的にヨーロッパ勢となる。それならルーマニアといったところか。 W杯同様、五輪も初戦の結果がベスト8進出に大きなウエイトを占めるだけに、組み合わせと対戦相手の順番がどうなるのか、当日の抽選会が楽しみである。 ちなみに、なでしこジャパンの相手なら、第2ポット(スウェーデン、英国、ブラジル)はスピードとパワーで勝負するヨーロッパ勢よりブラジル。第3ポット(カナダ、オーストラリア、中国)は必然的にアジア以外のカナダとなり、第4ポット(ニュージーランド、チリ、ザンビア)はニュージーランドといったところだろう。 もちろん一番の問題は、東京五輪が無事に開催されるかどうであることに変わりはない。 <hr>【文・六川亨】<br/><div id="cws_ad">1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた</div> 2021.04.20 11:00 Tue
twitterfacebook
thumb

東京五輪の組み合わせポット分けが決定! 男子はドイツとスペインを回避、女子はカナダと同組が確定

国際サッカー連盟(FIFA)は16日、東京オリンピックの組み合わせ抽選会に向けたポット分けを発表した。 男女合わせて28チームが出場するオリンピックのサッカー競技。男子は16チームが4つのグループに分けられ、女子は12チームが4つのグループに分けられることとなる。 組み合わせ抽選会は、スイスのチューリヒにあるFIFAの本部で21日に実施される。 男子は開催国の日本のほか、ブラジル、アルゼンチン、韓国がポット1に入り、ポット2にメキシコ、ドイツ、ホンジュラス、スペイン、ポット3にエジプト、ニュージーランド、コートジボワール、南アフリカ、ポット4にオーストラリア、サウジアラビア、フランス、ルーマニアが入る。 一方の女子は、ポット1に日本、アメリカ、オランダが入り、ポット2にスウェーデン、イギリス、ブラジル、ポット3にカナダ、オーストラリア、中国、ポット4にニュージーランド、チリ、ザンビアが入った。 グループステージの組み合わせルールは、原則として同じポットと同じ大陸連盟のチームが同じグループに入ることはない。そのため、ポット4にアジアのオーストラリアとサウジアラビアがいるため、日本はフランスかルーマニアと同じグループになる一方で、ポット2はドイツ、スペインを避けることに。しかし、メキシコを引く可能性が非常に高くなった。 また、女子もポット3はオーストラリアと中国が入っているため、必然的にカナダと同組になることとなる。 なお、日本の男子はグループA、女子はグループEに入ることが決定している。 ◆男子ポット分け 【ポット1】 日本(グループA) ブラジル アルゼンチン 韓国 【ポット2】 メキシコ ドイツ ホンジュラス スペイン 【ポット3】 エジプト ニュージーランド コートジボワール 南アフリカ 【ポット4】 オーストラリア サウジアラビア フランス ルーマニア ◆女子ポット分け 【ポット1】 日本(グループE) アメリカ オランダ 【ポット2】 スウェーデン イギリス ブラジル 【ポット3】 カナダ オーストラリア 中国 【ポット4】 ニュージーランド チリ ザンビア <span class="paragraph-title">【ハイライト動画】U-24日本代表vsアルゼンチン</span> <span data-other-div="movie"></span> <script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=1lwv3s8jn7u5o1fpvlruqvyo9g" async></script> 2021.04.16 22:02 Fri
twitterfacebook
thumb

アルゼンチンとモンゴル戦でのゴールラッシュの要因/六川亨の日本サッカーの歩み

3月29日、U-24日本は親善試合でU-24アルゼンチンを3-0と撃破。翌30日は日本が22年カタールW杯アジア2次予選で、モンゴルを14-0の記録的大差で圧勝した。 新型コロナの影響で、海外から呼べない選手もいた。それでも日本代表では山根、守田、稲垣、古橋が代表初ゴールを決めるなど収穫があった。 そしてU-24日本である。3月26日のアルゼンチンとの第1戦は0-1で敗れたが、しっかりと反省点を修正するリカバリー能力の高さを見せた。1対1の球際での競り合い、いわゆるフィジカルコンタクトで互角に渡りあったのだ。 ともすれば目前のボールに先にコンタクトしたくなるところ、相手が寄せて来ている(体をぶつけに来ている)ことを察知して、ボールにアプローチしつつ自分から体をぶつけに行くことで互角の勝負に持ち込んだ。ボールを失えば奪いに行くのは当然の責任だし、FWもプレスバックで味方をフォローした。 アルゼンチンがスピードのあるレフティーのフェルナンド・バレンスエラ(背番号7)と、ドリブラーのマティアス・バルガス(背番号10)をベンチスタートにしたのにも助けられたが、日本は町田と瀬古のCBコンビが第1戦で決勝点を決めた192センチの長身FWアドルフォ・ガイチを完封。相手にほとんど決定機を作らせず完勝した。 だからと言って、東京五輪で「金メダルが獲得できる」と断言はできない。しかし、「可能性がないわけではないよね」と言えるくらいまでにはなった。 これが1年前なら、まず間違いなく「絶対に無理!」と言っていただろう。なにしろ昨年1月にタイで開催されたAFC U-23選手権では、2連敗であっけなくグループステージでの敗退(1分2敗)を目の当たりにしていたからだ。 東京五輪のアジア予選を兼ねていたため、他チームは完成度が高い。それに比べて日本は、いま思い返すと代表メンバーすら固まっていなかった。いくら地元開催とはいえ、メダルなんて口にすること自体おこがましいと思っていた。ところが……。 新型コロナは忌むべき人類の敵だが、東京五輪の延期はU-24日本にとって「プラスに作用した」と小声で囁きたい。それほどアルゼンチン戦のパフォーマンスは素晴らしく、チームの完成度も高まっていた。OA枠も含めて、選手選考は熾烈を極めるに違いない。 そしてA代表である。モンゴル戦は5-0で終えた前半から、もしかしたら二桁得点の可能性があるかもしれないと思った。なぜなら前回対戦した19年10月10日の試合でも、前半を4-0とリードして終了し、後半も猛攻を仕掛けたからだ。 遠藤と鎌田が代表初ゴールを決めた試合でもあり、吉田が「決めきるところで決めていれば8-0にはできたんじゃないかと思います」と振り返ったものの、結果的に後半は7度の決定機のうち2回しか決められず試合は6-0で終了した。このためチャンスを確実に決められれば二桁得点は不可能ではないと思った。 そしてフクアリでの試合は後半の20分過ぎから日本のゴールラッシュが始まり、伊東のこの試合2ゴール目で日本は二桁得点を記録。しかし、日本の猛攻はここで終わらなかった。 もしも森保監督がメンバー交代をせずにレギュラー組で戦っていたら、選手は負傷を避けるため無理はしなかったかもしれない。ワンタッチ、ツータッチでパスをつないで時間を稼ぐなど、負傷の可能性がある相手ゴール前でのプレーは避けただろう。 しかし指揮官は積極的に交代カードを使った。そして起用された国内組の選手は、年齢的に代表入りをアピールする数少ない機会のため貪欲にゴールを狙った。その結果、残り5分からアディショナルタイムでの6分間で4ゴールを奪い、W杯予選における最多ゴールを記録した。 モンゴルとは明らかに実力差がある。それを差し引いても後半に起用された選手は、肩の力を抜けたプレーをしつつ結果でアピールしたのはさすがだった。国内組が意地を見せたモンゴル戦の完勝劇。これも3月にインターナショナルマッチを開催した収穫と言える。 <hr>【文・六川亨】<br/><div id="cws_ad">1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた</div> 2021.03.31 21:15 Wed
twitterfacebook
thumb

ついに先発の座を射止めたGK谷晃生、経験積んだ湘南に感謝「勝ち続けるところに貢献できるGKになりたい」

U-24日本代は29日、SAISON CARD CUP 2021でU-24アルゼンチン代表と対戦。3-0で快勝を収めた。 26日に東京スタジアムで行われた試合では0-1で敗れていたが、この日はスタメン9名を入れ替えてプレー。前半から出しの早い、インテンシティの高いプレーを見せると、45分にDF瀬古歩夢(セレッソ大阪)のフィードに抜け出たFW林大地(サガン鳥栖)が初ゴールを奪い先制する。 後半はアルゼンチンも選手を変えて強度を高めた中、68分と73分にMF久保建英(ヘタフェ)のCKからMF板倉滉(フローニンヘン)がヘディングで2ゴールを奪取。そのまま逃げ切って勝利を挙げた。 試合後のメディア取材に応じたGK谷晃生(湘南ベルマーレ)はこの世代で初先発となった試合について「まず、この五輪世代の代表に何度か呼んでもらってはいたんですが、なかなか試合に絡むことができていなくて、僕自身こういった試合で初めてスタメンで出るというところで、自分のプレーを思い切ってしようと思いましたし、アグレッシブに自分の良さを出して最後尾からしっかりと声掛けて統率すればできると思ったので、そこは自信を持ってやりました」と語り、初先発にも落ち着いてパフォーマンスを出せたと語った。 また、守備範囲の広さも見せ、ハイラインの裏へのボールに対応していたが「代表チームとなると普段とやっている選手は違いますし、よりアラートになるというか、声を掛け合って、コミュニケーションをとってやっていたので良かったと思います」とし、コミュニケーションを取れたことが良かったと語った。 試合ではアルゼンチンがほとんどシュートを打てていない中、64分には FWアドルフォ・ガイチがボックス手前からミドルシュート。強烈なシュートにも上手く対応した。このシーンについては「チームが良い状態でゲームを進める中で、あまりシュートが飛んで来ずに自分がプレーすることがない中で、絶対に来るだろうなと思っていましたし、そこで集中切らさずにやっていたことが、あのプレーに繋がったと思います」と語り、しっかりと準備できていたと語った。 昨シーズンはガンバ大阪から湘南へと期限付き移籍。そこでポジションを掴み、J1の舞台で経験を積んだ。「試合を重ねるにつれて色々な状況をリーグ戦でも経験できているので、そこを代表戦にも繋げられたというのは自分の経験値にもなりました」とコメント。「前に負けて相手の特徴もわかっていましたし、チーム全体でよく守ってできたのかなと思います」と語り、自身の経験とチームとしての意思統一が上手く働いたとした。 また、「ディフェンスラインを高く保つということで相手も放り込んでくるし、ハイボールのところは絶対に自分のプレーするところが出てくるだろうなと思っていたので、常に良いポジジョンを取りながら、自分が行けるのか行けないのか、難しい部分はあったんですがシンプルにプレーしようと思っていました」と試合終盤まで高いポジションを取っていた理由を明かした。 今シーズンも湘南でプレーし、本大会に向けてもクラブでの成長が求められるが「今まで通り湘南でもそうですけど、チームを勝たせるGKになりたいと思っていますし、勝ち続けるところに貢献できるGKになりたいと思っています」と語り、チームを勝たせられるGKになりたいとコメント。湘南でのプレーは「J1という舞台で自分が試合に出るということを目標に湘南に移籍して、それを去年は実現できた中で、このチームに繋げていきたいという思いは自分自身強かったですし、それが今日こうやってデビュー戦を迎えられたということは湘南ベルマーレにも感謝しています」と自身が成長できた湘南への感謝も述べた。 しかし「ただ、まだ始まったばかりなので、ここからもっともっと自分を良くして、ここでも試合出場の機会を増やせるようにやっていきたいと思います」とし、正守護神になることへ邁進するとした。 2021.03.30 14:12 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly