難敵に勝利しELベスト8のローマ、指揮官はチーム称賛 「現実的なパフォーマンスを見せた」

2021.03.19 14:39 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ローマのパウロ・フォンセカ監督がヨーロッパリーグ(EL)での勝利を喜んだ。クラブ公式サイトが伝えている。ローマは18日に行われたELラウンド16・2ndレグでシャフタール・ドネツクと敵地で対戦。1stレグでは3-0と完勝しており、有利な状況で2ndレグに臨んだチームはボールを支配されながらもFWボルハ・マジョラルの2ゴールによって、2-1で勝利した。


この結果、合計スコアを5-1としたローマはELベスト8進出を決めている。試合後のインタビューに応じたフォンセカ監督は優れたパフォーマンスを発揮したチームを称えた。

「最初の30分で失点しなかったことが重要なポイントになった。序盤はシャフタールが主導権を握っていたが、我々はよく守り、危険なカウンターアタックも仕掛けられていたと思う」

「後半、いくつかのポジショニングを調整したところ、ボールをより多く持てるようになり、いくつかのチャンスを作れた。非常に現実的なパフォーマンスだったと思う。ローマはアウェイでシャフタールに勝ったことがなく、現在の形になってからのELで準々決勝に進出したことはないから、重要な勝利だ」

また、フォンセカ監督はチームがセリエAよりも欧州カップ戦を得意としているわけではないとコメント。ライバルの多いリーグ戦の難易度の高さについて強調している。

「我々はイタリアのサッカーにも適していることを示してきたはずだ。ELのような大会だと、どちらのチームも勝ちに行かなければならず、それによって全員がより大きなスペースでプレーすることができる」

「リーグ戦は簡単ではない。本当に良いチームがたくさんいて、トップ4フィニッシュを目指すチームが7つもある。そして、彼らは皆リーグ戦に集中しているが、我々はELについても考えなければならない。それでも、トップ4入りのため全力で戦っていくよ」

「イタリア人はポルトガル人とよく似ている。私はイタリア人のメンタリティを理解した上で、適応しなければならない。バランスはサッカーだけでなく、人生においても重要だ。私はいつもその姿勢を選手や一緒に働くすべての人たちに伝えようとしている」
関連ニュース
thumb

ELベスト4進出に貢献のジェコ、主将降板については「腕章ではなくチームのためプレーしている」

ローマのボスニア・ヘルツェゴビナ代表FWエディン・ジェコがヨーロッパリーグ(EL)の勝利を喜びつつ、キャプテン剥奪となった現状にも触れた。イタリア『スカイ』が伝えている。 ジェコは15日に行われたEL準々決勝2ndレグのアヤックス戦に先発出場。試合はボールを握られる苦しい展開となったものの、後半にジェコが冷静なシュートを決めて追いつき、1-1のドローに持ち込んだ。 チームのベスト4進出に多大な貢献を果たしたジェコは試合後、準決勝進出に向けた意気込みとともに、パウロ・フォンセカ監督との対立で一時的にチームから外され、復帰後にキャプテンマークを剥奪された件についても触れている。 「最終的に僕らは成功を収めた。それが最も重要なことだと思うよ。準決勝に進出して、マンチェスター・ユナイテッドと対戦できる。ブラガ、シャフタール、アヤックスといった強豪チームと戦ってきたこの道のりは決して簡単ではなかった」 「こうした強豪チームを打ち倒してきたが、今度はまた別のチームが待ち構えている。それでも、僕らはローマだ。ここまで来たのだから、すべてを出し切って決勝戦に臨みたい」 「僕にとってキャプテンマークは名誉だったが、僕は腕章ではなくチームのためにプレーしている。ローマの選手としてピッチに立ったら、これまでもこれからも常に全力を尽くすよ。受け入れがたいこともあったが、精神はいつも強くあった」 「もし僕が弱かったら、ここまで来られなかっただろう。このメンタルがいつも僕を支えてくれる。僕は決して後戻りはしないよ。最も重要なことはローマだ。腕章でも、エディン・ジェコでも、他の誰でもなくね」 「今、将来を考えるのは難しい。ELの準決勝があり、リーグ戦もあと8試合ある。現在のことに集中して、将来はそれから考えたい。僕はローマで6年目を迎える。浮き沈みが激しく、個人的にも今シーズンはベストではなかった」 「僕は過去を振り返るのが好きではなく、起こったことは起こったこととして、前を向いている。僕らはELの準決勝に進出しており、多くの人はこれを予想していなかっただろう。毎週、オールド・トラフォードでプレーできないわけではないのだから、楽しみたいね」 2021.04.16 12:28 Fri
twitterfacebook
thumb

スールシャール、EL4強で激突のローマを警戒 「守りが良い。ジェコめがけてのボールは全部危険」

マンチェスター・ユナイテッドのオーレ・グンナー・スールシャール監督がヨーロッパリーグ(EL)ベスト4入りに満足感を示すとともに、今後の戦いに意気込みを語った。 準々決勝でグラナダと激突したユナイテッド。敵地での1stレグを2-0の先勝で飾ると、15日に行われたホームでの2ndレグも2-0の勝利を収め、2戦合計スコア4-0でベスト4入りを決めた。 2年連続ベスト4進出のスールシャール監督は試合後、イギリス『BT Sport』で結果を喜び、18日に予定するプレミアリーグ第32節のバーンリーに向けても弾みがついたと述べた。 「グラナダはしっかりと戦ってきてくれ、フィジカルなゲームでも前に人をかけてくる。そのなかで、我々は2-0で勝ち、クリーンシートを達成した。個々のパフォーマンスも良かったね。これで日曜日のゲームに自信を持って挑める」 そんなユナイテッドは準決勝でローマとの対戦が決定。ラウンド16のミランに続くイタリア勢とのマッチアップとなるノルウェー人指揮官はローマとの決勝進出をかけた戦いを心待ちにしつつ、初のタイトル獲得に意欲を示した。 「彼らのことはあまり見ていない。アヤックスとの2試合でいずれも良い戦いをしたのは知っているがね。イタリアのチームは常にそうなのだが、守りが良い。我々が知っているエディン・ジェコもいて、彼をめがけてボックス内に入ってくるボールはすべて危険だ」 「楽しみだね。我々は準決勝に進出した。ローマは歴史のあるチームであり、これぞヨーロッパの戦いだという感じがするね。我々はイタリア勢を相手に良い結果を収めてきた。決勝に勝ち進みたい。トロフィーを手にして今季を終われたら、素晴らしいことだ」 2021.04.16 11:45 Fri
twitterfacebook
thumb

ELベスト4進出のローマ、フォンセカ監督は称賛 「誇りであり、満足すべき成果」

ローマのパウロ・フォンセカ監督がヨーロッパリーグ(EL)準決勝進出を決めたチームを称えている。クラブ公式サイトが伝えた。 ローマは15日に行われたEL準々決勝2ndレグでアヤックスとホームで対戦。敵地で行われた1stレグで2-1の勝利を収めての一戦で先制点を許す展開を強いられたが、後半に追いつき、そのまま1-1のドローで終えた。 2戦合計スコア3-2でベスト4進出を決めたフォンセカ監督は試合後のインタビューでこの日の勝利やイタリア勢で唯一欧州カップ戦を生き残っている現状を喜んだ。 「我々は良いプレーができており、とりわけディフェンス面で優れていた。アムステルダムでの1stレグはもっと苦労したからね。今日はアヤックスの攻撃を常に抑え込むことができていたと思う。もちろん、彼らは素晴らしいチームだった」 「イタリア勢唯一の生き残りとなったことはもちろん誇りだ。私はこれまでヨーロッパで準決勝に進出したことはなかった。誇りであり、満足すべき成果だと思う。そして、それはローマにとっても同じことが言えるだろう。今夜は皆で喜びたいね」 「先ほども言ったように、アヤックスは本当にいいチームだ。前線でのクオリティが高く、相手にするのは難しい。我々は1stレグでリードしたことを知っており、ある程度現実的なプレーを選択した。それを踏まえれば、今日はうまい試合運びができたと思う」 また、現在セリエAで7位に沈み、指揮官の地位が危うくなっているフォンセカ監督はこの試合が去就に影響するわけではないとコメント。一方で、クラブ会長との関係に問題はないとも強調している。 「来シーズンも監督を続けるかはわからない。ただ、私が次の試合も監督であることは確かだ。今は将来のことは重要ではない。何度も言っているが、重要なのはローマだ。それに自分の将来については少しも心配していない」 「会長とはこれまでと同じように親しいよ。会長は常にチームと密接な関係にある。彼はクラブにやって来た最初の日から、ずっとそうだった」 2021.04.16 11:07 Fri
twitterfacebook
thumb

EL4強入りのユナイテッドがローマと激突! ブルーノ「勝つチャンスある」

マンチェスター・ユナイテッドのポルトガル代表MFブルーノ・フェルナンデスがヨーロッパリーグ(EL)準決勝進出にコメントした。 準々決勝でグラナダと激突したユナイテッド。敵地での1stレグを2-0の先勝で飾ると、15日に行われたホームでの2ndレグも2-0の勝利を収め、2戦合計スコア4-0でベスト4入りを決めた。 2試合ともに先発して攻撃の軸を司ったB・フェルナンデスは試合後、イギリス『BT Sport』でチームの準決勝進出に満足感を示した。 「良い試合だったね。ELの戦いはいつだって難しい。対戦相手が誰なのかは関係ないんだ。グラナダはクオリティのあるチームで、生み出す力がある。僕らはよくやった。試合をコントロールして、かなりボールの主導権を握ったと思う。ボールを動かし続けた。この結果はそれを反映したもさ」 ポルトガル人技巧派MFはまた、ベスト4の舞台で激突するローマに言及。攻守に質のあるチームだと警戒しつつ、勝機があると述べた。 「どのチームも問題を引き起こしてくる。彼らは守備面で優れた組織立ったチームで、攻撃面でも問題を引き起こせる。彼らのなかにイングランドでプレーした経験を持った選手もいる。僕らは自分たちが何をすべきか理解している。適切なプレーができれば、試合に勝つチャンスがあるはずさ」 なお、ローマと相対する準決勝の日程は29日に本拠地オールド・トラフォードで1stレグが行われ、5月6日に敵地で2ndレグが催される。 2021.04.16 08:45 Fri
twitterfacebook
thumb

アヤックスとの死闘制したローマがユナイテッド待つ準決勝進出!《EL》

ヨーロッパリーグ(EL)準々決勝2ndレグ、ローマvsアヤックスが15日にスタディオ・オリンピコで行われ、1-1のドローに終わった。この結果、2戦合計3-2としたローマの準決勝進出が決定した。 今ラウンド屈指の好カードとなった名門対決の初戦は互いにミスから1失点ずつ喫した中、アウェイのローマが試合終盤のゴールによって敵地で2-1の先勝を飾った。 アウェイゴールだけでなく望外の勝利を持ち帰ることに成功したローマは、先週末のリーグ戦でもボローニャ相手にマジョラルのゴールでウノゼロの勝利。リーグ戦でも4試合ぶりの白星を手にした。逃げ切りを図るホームでの大一番に向けては1stレグから先発3人を変更。負傷のスピナッツォーラ、サスペンションのブルーノ・ペレスの両ウイングバックをカルスドルプとカラフィオーリに入れ替え、ペドロに代わって負傷明けのムヒタリアンが前線の一角に入った。 一方、ショッキングな形で公式戦25戦ぶりの黒星を喫したアヤックスだが、週末のRKC戦では多くの主力を起用した中で今大会登録外のアラーのゴールによって1-0で勝ち切り、リバウンドメンタリティを示した。逆転を目指すこの一戦に向けては1stレグから2人を変更。スヘルペンに代わって古巣対戦のGKステケレンブルフが負傷から復帰し、サスペンションのレンシュに代わってクライベルが右サイドバックに入った。 逆転突破に向けて勝利が必要なアヤックスが押し込む入りを見せるも、最初の決定機はローマに訪れる。5分、自陣深くからのクリアを前線で収めたジェコのスルーパスに反応したペッレグリーニがハイラインの背後に抜け出す。だが、DFの粘りの寄せに遭い、ボックス右で放った左足のシュートは力なくGKステケレンブルフにキャッチされた。 続く8分には再びジェコのポストワークを起点に左サイドを上がったカラフィオーリからの折り返しをジェコがワンタッチでゴール前に入れたパスをヴェレトゥがワンタッチでゴールへ流し込むが、これはオフサイドの判定となった。 一方、続けざまのピンチを凌いだアヤックスは13分に相手のビルドアップのミスを突いてゴールに迫る。GKパウ・ロペスが左に開いたカラフィオーリへリスキーなパスを出すと、これをインターセプトしたアントニーがボックス右に持ち込んでGKを引き付けてクラーセンにマイナスのパス。だが、このシュートはディアワラの好ブロックに阻まれる。 最初の決定機をモノにできなかったアヤックスだが、以降は70%を超えるボール支配率で相手を押し込んで前回対戦同様に攻勢を強める。とりわけ、経験不足のカラフィオーリ、イバニェスの相手左サイドを攻めどころにして幾度か際どい場面を作り出していく。 その後、20分過ぎにクライベルが足を痛めてスフールスのスクランブル投入を余儀なくされたアヤックスだが、前半半ばから終盤にかけても相手を押し込み続ける。だが、前回対戦と同様に中央を締める相手の身体を張った守備に手を焼き決定機まであと一歩という場面が目立つ。 一方、立ち上がり以降は相手の切り替えの意識、カウンターへの対応が改善されたことで押し返すことができなくなったローマは、自陣で守備に忙殺されるが何とか凌ぎ切って最低限の0-0で試合を折り返した。 迎えた後半、アヤックスはアントニーに代えてブロビーを投入し、前線の並びを右からネレス、ブロビー、タディッチという形に変更。すると、この選手交代が待望の先制点をもたらした。 49分、最後尾のスフールスから最終ライン裏へ絶妙なロングフィードが出ると、DFクリスタンテとDFマンチーニの間に抜け出したブロビーが飛び出したGKより先に右足でボールに触ると、これがそのままゴールネットを揺らした。 この先制点で勢いづくアウェイチームは、56分にもショートカウンターの形からブロビーのシュートをGKパウ・ロペスが弾いたところをタディッチが冷静に押し込む。一気に2戦合計スコアで逆転かに思われたが、オンフィールドレビューの結果、ムヒタリアンからタグリアフィコがボールを奪った際にファウルがあったとの判定でゴールは取り消しとなった。 VARに救われて何とか2戦合計スコアで優位に立つローマは以降も相手の攻勢を撥ね返すのが精いっぱいという苦しい状況が続く。だが、生え抜きの若手の勇敢さと頼れるエースストライカーの決定力が試合の流れを変えた。 72分、自陣から相手のプレスを掻い潜って左サイドでフリーのカラフィオーリへボールが繋がる。ここで長い距離を持ち上がった中央でフリーの味方にボールを預ける選択肢があった中で縦に仕掛けると、DFティンバーをこかして上げたクロスが戻りながらの対応となったグラフェンベルフの足にディフレクトしてファーに流れる。これをフリーのジェコが右足で冷静に流し込み、貴重な同点ゴールを奪った。 この得点によって失点即敗退という苦しい精神状態から脱したローマは、ハムストリングを痛めたカラフィオーリ、殊勲のジェコを下げてビジャール、マジョラルの投入で逃げ切りを図る。 一方、アヤックスは1点を奪えば少なくとも延長戦まで持ち込めるものの、失点以降明らかにペースダウンしていく。その後、センターバックのスフールスを削ってトラオレ、イドリシのアタッカー2選手の同時投入で最後の反撃に打って出るが、試合終盤のパワープレーもローマの守備陣に撥ね返され続けた。 そして、試合は1-1のままタイムアップを迎え、2戦通じて守勢を強いられながらも決定力の差を見せつけて勝ち切ったローマが2戦合計3-2のスコアで優勝候補マンチェスター・ユナイテッドが待つ準決勝進出を決めた。 2021.04.16 06:13 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly