日本代表で見たい!ここまで躍動するJリーガー5名をピックアップ

2021.03.18 12:40 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
昨年10月、11月の欧州遠征以来の日本代表の活動が行われる3月。そのメンバーが18日に発表される。今回は国内での久々の代表戦となること、さらに韓国代表との親善試合、カタール・ワールドカップ予選のモンゴル戦ということもあり、注目が集まる。

一方で、新型コロナウイルス(COVID-19)の影響で、海外からの入国者に関して「アスリート・トラック」が適用されるされるが、Jリーガーを招集する可能性は高いだろう。

オール海外組で臨んだ昨年の欧州遠征と同じメンバーを招集することは実質不可能な状況。そこで、今Jリーグでノリに乗っている招集すべき選手をピックアップする。

◆中央起用で得点力爆発
©︎CWS Brains,LTD.

FW前田大然(23)
所属:横浜F・マリノス
今季成績:J1/5試合6得点
日本代表歴:A代表/2試合

東京オリンピックに臨むU-24日本代表に招集される可能性もある前田。今シーズンから横浜FMに完全移籍すると、開幕からゴールを量産中だ。

昨シーズンは左ウイングが主戦場だったが、今シーズンはセンターフォワードとして起用され、ここまで5試合で6得点。現在は4試合連続ゴール中と、最も勢いに乗っているストライカーだ。

従来からもつ爆発的なスピードを生かした最前線からのプレスで相手のビルドアップを封じ、ちょっとしたミスをゴールにつなげるスタイルを確立。また、ショートカウンターから一気にゴールに迫れ、シュート精度も今シーズンは上げている。


2019年のコパ・アメリカで日本代表に初招集された前田。U-24日本代表の活動に参加する可能性もあるが、A代表で見てみたいストライカーだ。

関連ニュース
thumb

先発デビューで1アシストの坂元達裕、「まだまだ足りない」と貪欲にC大阪でもアピール誓う

日本代表のMF坂元達裕(セレッソ大阪)が、キルギス代表戦を振り返った。 日本代表は15日、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選でキルギス代表と対戦した。 この試合で先発デビューを果たした坂元は、2列目の右でプレー。90分間のフル出場を果たした。 序盤から積極的に仕掛けを見せた坂元は、縦への突破やカットインからのクロスなど、多彩な攻撃を披露。また、セットプレーでのキッカーも務め、72分には右CKから佐々木翔のゴールをアシスト。チームの5-1での勝利に貢献した。 試合後、オンラインのメディア取材に応じた坂元は、自身のプレーについて「押し込む時間が長い中で、自分入った位置で仕掛けられるタイミングがあれば仕掛けようと思ったので、そこはチャレンジできたなと思います」とコメント。「1アシストですが、まだまだゴールを取れたと思いますし、満足はしていないです」と語り、結果には満足できないと語った。 ゴールに向かった積極的なプレーはドリブル突破やクロスだけでなく、セットプレーでも見られ、あわやゴールというシーンも。「とにかく点に関わりたいと思っていたので、ゴールに直結するボールを蹴りました」と語り、ゴールとアシストを目指していたと語った。 今回の合宿が初の日本代表活動となった坂元。手応えについては「練習の中でも色々勉強になる部分はあります」とコメント。また「試合で90分戦えたのは自分にとって自信になりました」と、トレーニングで刺激を受けつつ、最後の試合でフル出場を果たしたことが自信になったようだ。 自身の特徴を最後のアピールの場で出せた坂元。9月の最終予選へはサバイバルが待っているが「まだまだアピールが足りないと思いますし、チームに戻ってアピールしないといけないと思います」と語り、この先はC大阪でもアピールを続けたいとコメント。また、伸ばしたいところについては「目に見えるゴールが取れなかったので、そこが一番大事かなと思っています」とし、ゴールという結果を求めていきたいと語った。 左利きとしての特徴を生かしたいと語っていた部分については「カットインしてクロスだったりはゴールにつながらなかったですが、チャンスは作りました」と一定の手応えを感じている様子。ただ「もっともっとカットインしてゴールを目指せれば良かったですが、まだまだです」と足りていないと感じているようだ。 また、海外組との強度の差があると合宿当初に語っていた坂元。「練習の中で意識して、徐々に慣れるというか、チームに合わせられるようになってきていると思うので、そこはチームに戻っても、もっともっと自分で工夫できればと思います」と語り、日本代表で感じた強度を、C大阪でも出したいとした。 さらにフィジカル面にも課題を感じたようで「レベルが高くなるにつれてフィジカルの強さも上がってくると思いますし、そこで倒れずにプレーするのはまだまだ自分に足りないところです。もっとトレーニングして強くなっていかなければと思います」と当たり負けしない部分を鍛えたいと語った。 2021.06.15 23:00 Tue
twitterfacebook
thumb

「日本代表との差を感じた」とキルギス指揮官「我々はベストではなかった」

キルギス代表のアレクサンデル・クレスティニン監督が、日本代表戦を振り返った。 15日に行われたカタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選最終節の日本代表vsキルギス代表。序盤は攻めあぐねた日本だったが、27分にFWオナイウ阿道のPKで先制すると、それから6分間でオナイウはハットトリックを達成。前半終了間際にPKで1点返されたものの、後半にはDF佐々木翔の代表初ゴールやFW浅野拓磨のゴールが決まり、5-1で日本が勝利した。 2019年11月に行われた前回対戦では、破れながらもホームで0-2と健闘していたキルギスだったが、今回は全く異なる状況だったとクレスティニン監督は主張し、様々な意味で差があったと試合を振り返った。また、世代交代中のチームにおいて良い経験になったとも語っている。 「我々がホームで戦った時の状況は今とは全く違いました。選手たちの状況も違いましたし、その中で我々はベストを尽くしました。前回の試合の際は、我々は最高の準備ができていて、選手のフィジカルコンディションもベストでした」 「それでも、日本の選手は全体的に質の高いプレーをし、経験も我々の選手よりもあります。ヨーロッパでプレーしている選手が多いので、そういう意味で差があったと思います」 「我々のチームは世代交代の最中ですので、この2次予選や1次予選の経験が次の世代を担う選手たちを育てるという意味で役立つと思っています」 2021.06.15 22:44 Tue
twitterfacebook
thumb

代表初ゴールからハットトリックのオナイウ阿道「チームに還元できれば」と横浜FMでも再び飛躍を誓う

日本代表のFWオナイウ阿道(横浜F・マリノス)が、代表初ゴールとハットトリックを振り返った。 日本代表は15日、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選でキルギス代表と対戦した。 この試合で先発デビューを果たしたオナイウは、序盤からゴール前に顔を出し続けると、27分にヘディングシュートがハンドを誘いPKを獲得。このPKをしっかりと決めて、初ゴールを記録した。 さらに31分には川辺駿のグラウンダーのクロスを合わせると、33分には小川諒也のクロスをヘッド。代表初ゴールとともにハットトリックを達成し、チームの5-1の勝利に貢献した。 試合後、オンラインのメディア取材に応じたオナイウは、自身のパフォーマンスについて「個人としてゴールや結果、数字は出せたと思いましたが、他の部分でもう少し攻撃の起点になるような、スイッチ入れたボールに反応できる回数を増やせたらと思います」とコメント。「個人だけでなく、チームとして増やせていければ、より厚みがある攻撃ができると思います」と語り、反省を口にした。 ハットトリックについては「結果という部分ではしっかりと出せた方が良いですし、多いに越したことはないので、3点という結果は良かったです」と喜びを語りながらも、「他の部分の質を上げないと、相手のレベルが上がると通用しなくなるので、判断のスピードなどはもっとレベルアップしないといけないなと思います」と語り、課題も感じた試合だったと語った。 今回の活動はFW大迫勇也(ブレーメン)の離脱を受けて追加招集という形で参加。その中で、しっかりとアピールしたが「チームでやっていることをしっかりやることが、全て結果や内容に出ていると思います。チームでどれだけ自分がやれているのかを呼ばれた時に出すことができたので、安定したプレーを常にできるように、得点が取れるように意識していきたいと思います」と語り、所属する横浜FMでのプレーが生きていると語った。 これまではプロ入り後に苦労を続けてきたオナイウ。その中で、今シーズンはJリーグでも活躍し、代表でも結果を残した。 その点については「毎年レンタルでチームを出たり、色々経験したからこそ」と、様々なチームでの経験が生きていると言い「それがなければここにいなかったかもしれないです。色々な人との出会いとか、それで得た経験、選手としての幅など、僕1人ではないと思うので、みんなに感謝しながら、呼んでいただいたことに感謝しながら、しっかり結果を残すことを意識しながらチームでやることが一番だと思いますし、チームに還元できればよりチームも良くなると思います」と、これまで関わってくれた多くの人への感謝を語り、横浜FMへとしっかりと還元したいと語った。 今季はJ1で日本人最多の10ゴールを記録。その活躍を代表でも見せたわけだが「マリノスでしっかりプレーしていて、しっかり競争しながら試合に出て得点を取れていますし、チームのスタイルだったり、チームのサッカーがあってこの代表に僕は呼んで頂いているので、そのプレーがゴールにつながるというのはしっかりイメージできていて、しっかり結果として残せたことは良かったと思います」と、チームでやってきたことをそのまま出しただけだと語った。 この先は9月の最終予選がある。Jリーグで結果を残し続けることが、再び招集を受けることにつながるが「僕より若い選手もいますし、オリンピック世代も含めて、年齢関わらず向上心や上手くなりたい気持ち、コミュニケーション能力、試合中の判断、ハーフタイムでの修正といったサッカーの熱というのを今までより高いと感じましたし、だからこそここにいるんだなと」と、多くの面で今回の活動から刺激を受けた様子だ。 そのオナイウだが、やはり横浜FMでのプレーが重要だとコメント。自身が大きく変化できたチームにしっかりと還元したいと改めて意気込んだ。 「チームに還元できればと思いますし、チームは僕がいない間にタイトルの可能性を2つ落としているので、リーグ戦しかないですが、みんなでもう一回次の試合に向けてやるということで、しっかりと力になれればと思います」 「アドバイスではないですが、選手としての幅が広がったので、マリノス1年目でなかなかできなかったことが今年はできると思いますし、それが結果につながっているので、今やれているイメージをチームでも代表でもやりたいので、また呼んでもらうためにチームでやっていきたいと思います」 2021.06.15 22:35 Tue
twitterfacebook
thumb

レーティング: 日本代表 5-1 キルギス代表《カタールW杯アジア2次予選》

15日、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選の日本代表vsキルギス代表の一戦がパナソニック スタジアム 吹田で行われ、5-1で日本が勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽日本代表採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/fom20210615jpn_kyr_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">©CWS Brains, LTD.<hr></div> ※採点は10点満点。及第点は「5.5」、「0.5」刻みで評価 ※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし GK 1 川島永嗣 5.5 守備機会はほとんどなし。声出しでセットプレー時や守備時にしっかりとコーチングを見せる。 DF 4 昌子源 6 当たり負けをせず声を出してしっかりと守備をコントロール。3バックに変わってからはビルドアップでも効果的な動き。 16 小川諒也 6.5 対人の強さを見せ攻撃面でも違いを見せる。オナイウのハットトリックをアシスト。前からのプレスも効果的に行った。 20 中谷進之介 6 落ち着いた対応で一対一の局面を制する。アリクロフに何度も仕掛けられるがしっかりと対応。 22 山根視来 6 坂元との右サイドでのコンビも徐々にコンビネーションを見せる。積極的なシュートも。 (→3 室屋成 -) 出場時間短く採点なし。 MF 7 守田英正 6 26分には絶妙な右への展開で結果としてPKを誘発。守備の強度も見せたが、前半終了間際のボックス内の対応は焦ったか。 (→13 橋本拳人 6) セルビア戦の悔しさを胸に強度の高いプレーを見せる。前に運ぶ姿勢をこの試合ではしっかりと見せた。 8 原口元気 6 本人も望んだトップ下でのプレー。パスを引き出すプレーは何度もあったが、周りとのコンビネーションもあり得点には絡めず。 (→11 古橋亨梧 6.5) 投入早々に積極シュート。ドリブルで運ぶことで局面を打開。浅野のゴールをアシスト。 17 坂元達裕 6.5 初先発でも積極的に仕掛けるプレー。23分にはあわやゴールも押し込めず。それでも縦への突破やカットインからのクロスを躍動した。 18 浅野拓磨 6.5 左サイドで裏を取る素晴らしい動き出しを何度も見せる。待望のゴールを記録。 21 川辺駿 6.5 中盤でピンチの芽を摘む守備を見せる。守田との関係も良く攻守で強度の高さを見せる。後半も鋭いミドルを見せる。 FW 15 オナイウ阿道 7 再三ゴール前に顔を出すとPKで代表初ゴール。からのハットトリック達成。結果を残して好調ぶりをアピール。 (→19 佐々木翔 6) 3バックにシステム変更と同時に途中出場。CKからヘディングで日本代表初ゴール。守備でも良いポジション取り。 監督 森保一 6.5 停滞が見えた後半途中から[3-4-2-1]にシステム変更。控え組が主体となった試合だが、しっかりと出た選手が結果を残し、最終予選へと向かう。 ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! FWオナイウ阿道(日本) クラブでの好調ぶりを維持し、セルビア戦で逃した初ゴールをPKで記録。ポジショニングの良さからハットトリックを達成しインパクトを残した。 日本代表 5-1 キルギス代表 【日本】 オナイウ阿道(前27、前31、前33) 佐々木翔(後27) 浅野拓磨(後32) 【キルギス】 ミルラン・ムルザエフ(前47) 2021.06.15 21:30 Tue
twitterfacebook
thumb

オナイウ阿道が代表初ゴールを含むハットトリックの大活躍! キルギスに5発圧勝の日本、2次予選全勝《カタールW杯アジア2次予選》

日本代表は15日、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選最終節でキルギス代表と対戦し、5-1で勝利した。 5月28日のカタールW杯アジア2次予選のミャンマー代表戦からスタートした今回のシリーズ。そのミャンマー戦の勝利で最終予選進出を決めた日本は、前節のタジキスタン代表戦も快勝を収め、2次予選を無傷の7連勝で勝ち進んできた。また、6月にはU-24日本代表戦やセルビア代表戦といったトレーニングマッチも挟んだ中、ミャンマー戦から4連勝と好調を維持。長かった今シリーズを白星で締め括りたい。 そんな一戦の先発メンバーは、タジキスタン戦から4名変更。布陣は[4-2-3-1]のまま、GK川島をはじめ、小川や坂元、オナイウ阿道が名を連ねた。 まずは8分、昌子のロングボールで左サイドを抜け出した浅野のグラウンダーのクロスにオナイウが飛び込んで決定機を迎えるも、ここは惜しくも間に合わず。続く12分には、再びロングボールで左サイドを突破した浅野が深い位置まで侵攻しマイナスのクロス。手前で原口がスルーしたところをオナイウがダイレクトシュートを狙ったが、ジャストミートせず大きく右に外してしまった。 15分にもミドルシュートでゴールに迫ったオナイウ。すると26分、山根の右サイドからのクロスに合わせたヘディングシュートが相手の腕に当たってPKを獲得。これを自ら沈めて、代表初ゴールとなる先制点を挙げた。 これで新たな一歩を踏み出したオナイウ。その直後の31分には、ボックスて右手前で相手に囲まれながらも巧みなステップでボックス右に侵入した川辺のクロスを押し込んで2点目。その2分後には、自らポストワークで攻撃の起点となり、最後は左サイドバックの小川のクロスを頭で合わせて3点目。デビューから2試合目にしてハットトリックを達成した。 一方、キルギスは前半アディショナルタイムにようやく敵陣まで攻め込む機会を迎えると、キレのあるドリブルを見せたアリクロフがボックス内で守田に倒されてPKを獲得。これをムルザエフが決めて点差を縮めた。 タジキスタン戦から続く失点で、2次予選で2失点目を喫した日本。仕切り直したい後半も主導権を握って試合を進めるが、前半以上にゴール前を締められ、なかなかシュートシーンが作れない。 そんな中、62分に守田と原口を下げて橋本と古橋を投入。するとその直後、浅野のパスからボックス左でボールを持った古橋にいきなりチャンス到来。左足を振り抜いたが、わずかに右に逸れた。それでも、その後に川辺のミドルシュートが相手GKを強襲するなど、にわかにゴールの雰囲気を醸す。 67分に日本は、殊勲のオナイウを下げて佐々木を投入。ここから3バックへ変更し、浅野をワントップに古橋と坂元をシャドーに置く布陣となった。 これにより、より高い位置を取れるようになった山根が強烈なミドルシュートでCKを獲得すると、右から坂元が上げたクロスを佐々木が頭で合わせて4点目。佐々木は代表12試合目にして初ゴールとなった。 さらに77分には、センターサークルでパスを受けた古橋の見事なターンから速攻を展開。そのままドリブルで盛り上がり、ラストパスを受けた浅野がボックス右から流し込み、5点目を挙げた。 そして、試合はこのまま終了。オナイウ阿道のハットトリックなどで大量5得点の日本が2次予選全勝を収めた。 日本代表 5-1 キルギス代表 【日本】 オナイウ阿道(前27[PK]) オナイウ阿道(前31) オナイウ阿道(前33) 佐々木翔(後27) 浅野拓磨(後32) 【キルギス】 ムルザエフ(前47[PK]) 2021.06.15 21:20 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly