セインツ10戦ぶり白星も…主砲イングスが最低4週間アウトか

2021.03.07 08:45 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
長きにわたる白星なしのトンネルから抜け出したサウサンプトンだが、イングランド代表FWダニー・イングスが負傷してしまった。

サウサンプトンは6日に敵地で行われたプレミアリーグ第27節でシェフィールド・ユナイテッドと対戦。ケガから復帰した日本代表MF南野拓実も先発した一戦を2-0の勝利で飾り、10試合ぶりの3ポイントを掴み取った。

しかし、昨年11月上旬の左足負傷や今年1月中旬の新型コロナウイルス感染で離脱したイングスが13分にピッチを後に。今季もここまでリーグ戦でチーム最多の8得点を挙げる主砲に再離脱の可能性が浮上している。

クラブ公式サイトによると、直近8敗1分けの9戦未勝利という泥沼から抜け出したラルフ・ハッセンヒュッテル監督は試合後、負傷交代のエースについて、離脱を示唆したという。

「筋肉系のトラブルだと思うが、正直に言って、良くない感じだ。いつ戻ってこられるのかわからない。筋肉系のケガになると、通常なら最低でも4週間ほどかかってくる。様子を見ることになるだろう」

「今季は非常に多くの問題を抱えており、ある選手が戻ってくると、すぐに他の選手がまたケガをしてしまう。オリ(オリオルロメウ)を失って、今度はイングスまでも離脱してしまった。ひどいことだ」

「我々にとって、彼らは非常に大事な選手だ。しかし、それ以上に大事なのはネイサン・テラのような選手が今日、素晴らしい仕事をしてくれたということ。彼は非常に強く、将来に希望を与えてくれる」

関連ニュース
thumb

善戦セインツにホームで大苦戦のシティ、枠内シュート1本でゴールレスドロー…《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第5節、マンチェスター・シティvsサウサンプトンが18日にエティハド・スタジアムで行われ、0-0のドローに終わった。 シティは前節、レスター・シティとの強豪対決を1-0で制してリーグ3連勝を達成。さらに、ミッドウィークに行われたチャンピオンズリーグ(CL)ではRBライプツィヒとの打ち合いを6-3で制し、目下公式戦4連勝中だ。 ここまで3分け1敗と開幕未勝利が続くサウサンプトンをホームで迎え撃った一戦では、ライプツィヒ戦から先発5人を変更。ジンチェンコとロドリ、デ・ブライネ、マフレズ、フェラン・トーレスに替えてウォーカー、フェルナンジーニョ、ギュンドアン、スターリング、ガブリエウ・ジェズスが起用された。 戦前の予想とは異なり、立ち上がりからアウェイのセインツがボールの主導権を握って押し込む入りとなる。決定機には至らないものの、序盤からシティのプレスをいなしながら再三ボックス付近まで運んでいく。15分には相手陣内左サイドで得たFKの場面でキッカーのウォード=プラウズが右足インスウィングで入れたボールがそのままファーポストに向かうが、これはGKエデルソンの好守に阻まれる。 予想外に押し込まれる入りとなったものの、20分を過ぎた辺りから攻守両面で相手の戦い方にアジャスト。相手のプレスをいなしながらギュンドアンの2列目からの飛び出し、左サイドで個の優位性をもたらすグリーリッシュを起点に再三の惜しい場面を作り出す。だが、最後のクロスの質やシュート精度を欠く。 前半半ばから終盤にかけてはボールを握るシティとカウンターで応戦するセインツという、当初の想定通りの形で一進一退の攻防が続く。だが、両チームともに最後の局面で高い集中力を発揮する相手の守備を上回ることができず、前半の枠内シュートは前半終了間際にエルユヌシが放った力のないシュート1本のみとなった。 後半もセインツの攻勢に晒されるシティはカウンターからアダムスに決定機を許すなど、難しい入りに。63分には自陣でのボールロストからアダム・アームストロングにボックス内に抜け出されると、DFウォーカーがボックス内で交錯。このファウルに対して主審はPKを与えると共にレッドカードを掲示した。しかし、オンフィールドのレビューの結果、判定がノーファウルに覆り事なきを得た。 流れを変えたいグアルディオラ監督は65分を過ぎてフェルナンジーニョ、ジェズス、ベルナルド・シウバを下げてデ・ブライネ、マフレズ、フォーデンと3人の技巧派レフティを続けてピッチへ送り込む。 この交代をキッカケにより相手陣内の深い位置でのプレーが増え始め、前がかった相手に対して、前半はあまりなかったカウンターを繰り出す場面も出てくる。だが、連戦の疲れか、スターリングが最後の局面でタッチミスや判断ミスを犯すなど、集中したセインツの守備を前に決定機はおろか、枠内シュートさえも放つことができない。 試合終了間際の90分には左CKの流れからデ・ブライネのピンポイントクロスに反応したフォーデンがボックス左でダイビングヘッド。この試合、チーム初の枠内シュートはGKの好守に阻まれるが、こぼれ球をスターリングが押し込む。 これが試合終了間際の劇的決勝点になるかに思われたが、VARのレビューの結果、スターリングのオフサイドを取られてゴールは認められず。そして、試合はこのままタイムアップを迎え、圧倒的な強さを誇るエティハドで2017年3月のストーク戦以来の枠内シュート1本に終わったシティは、連勝が「3」でストップした。 2021.09.19 01:29 Sun
twitterfacebook
thumb

コロナ陽性判定が続くセインツFWロング、ハマーズ戦欠場へ

サウサンプトンのアイルランド代表FWシェーン・ロングが、11日に行われるプレミアリーグ第4節ウェストハム戦を欠場するようだ。チームを率いるラルフ・ハーゼンヒュットル監督が明かしている。 ロングは1日に行われたカタール・ワールドカップ欧州予選ポルトガル代表戦前の新型コロナウイルスの検査で陽性判定を受けていた。ホテルで自己隔離に入っていたロングだが、現状も陰性判定が出ず、ウェストハム戦の欠場が確実となった。 サウサンプトンは開幕から3試合で2分け1敗スタート。対するウェストハムは2勝1分けと好スタートを切っている。 2021.09.10 00:00 Fri
twitterfacebook
thumb

サウサンプトンDFが元同僚の吉田麻也を絶賛! 「素晴らしいお手本だった」

サウサンプトンのイングランド人DFジャック・スティーブンスが、サンプドリアの日本代表DF吉田麻也を絶賛している。 サウサンプトンの下部組織出身で、2度のローン移籍を除けばセインツ一筋を貫いているスティーブンス。2016-17シーズンからトップチームに定着し、すでに同クラブで一定の地位を築いていた吉田とチームメイトになった。 また、今や世界最高のセンターバックとしての呼び声高いオランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイクとも共闘したスティーブンスだが、クラブの公式インタビューで「全盛期の状態で戻ってきてほしいDF」を尋ねられると、そのファン・ダイクではなく、3シーズン半をともに過ごした日本代表キャプテンの名前を挙げた。 「パートナーを組むという観点で考えなければならない。僕がトップチームに入ったばかりの時、マヤと一緒にプレーするととてもやりやすかったんだ」 「試合のことも、どこに行こうかなんてことも話す必要なく、自然体でいられたよ。彼はピッチ外でも素晴らしい存在で、最高のお手本だった。全ての面でとてもいい奴だったよ」 2021.09.07 15:37 Tue
twitterfacebook
thumb

アーセナルがオーバのハットで“U-23”WBAに6発圧勝! セインツとバーンリーも3回戦へ《EFLカップ》

EFLカップ(カラバオカップ)2回戦の3試合が25日に行われた。 プレミアリーグ開幕から無得点の2連敗という厳しいスタートとなったアーセナルは、チャンピオンシップ(イングランド2部)に属するWBAと対戦。 今週末にマンチェスター・シティ戦を控える中、アルテタ監督は0-2で敗れたチェルシー戦からホールディング、ジャカ、サカ、ペペを除く先発7人を変更。GKに新加入のラムズデール、4バックは右からチャンバース、ホールディング、コラシナツ、ヌーノ・タヴァレス。中盤はエルネニーとジャカの2セントラルに、2列目は再デビューのウーデゴールとペペ、サカが並び、最前線にオーバメヤンが入った。 最終ラインを除きほぼ主力を起用したアーセナルだが、直近のリーグ戦から全員を入れ替えた上、6選手をトップチームデビューさせたWBAを相手に後手を踏む立ち上がりとなる。 可変式の布陣によるビルドアップが嵌らず、中盤でのボールロストが目立つ中で相手の鋭い縦への攻めに苦戦。比較的容易に自陣深くまでボールを運ばれると、10分過ぎには波状攻撃を受ける。そして、11分にはボックス手前右からカットインしたフェローズに枠の左隅を捉えたシュートを許すが、ここはGKラムズデールの好守で凌いだ。 何とか失点を免れたアーセナルは、頼れる若武者の個人技でファーストチャンスをモノにする。17分、高い位置でルーズボールの競り合いを制したサカが相手に寄せられてバランスを崩しながらもそのままボックス左に持ち込んでシュート。これはGKの好守に阻まれたが、こぼれ球に反応したオーバメヤンが難なく流し込んだ。 公式戦3試合目にして待望の今季初ゴールを挙げたアーセナルは、以降もサカの個人技を突破口に追加点を狙う。23分にはサカがボックス手前で放ったシュートのこぼれ球に反応したウーデゴールに決定機も、ゴール左角度のないところから放ったシュートは惜しくもポストを叩いた。 以降はしばらく膠着状態が続くも、時間の経過と共にゲームをきっちりコントロールするアーセナルは、前半終了間際に畳みかける攻めを見せる。 まずは45分、エルネニーのスルーパスに反応したペペが完璧に相手の背後を取ってボックス右からシュートを放つ。これは惜しくも左ポストを叩いたが、跳ね返りをドフリーのオーバメヤンが難なく流し込む。さらに、前半アディショナルタイム1分には左サイドで持ち上がったサカからラストパスを受けたオーバメヤンの決定機はGKの好守に阻まれるも、こぼれ球をオーバメヤンがアクロバティックな形で折り返すと、今度はペペが押し込んだ。 前半終了間際の連続ゴールによって余裕を持って後半に入ったアーセナルは、立ち上がりに追加点を挙げる。ボックス手前左で仕掛けたサカがウーデゴールにボールを預けてゴール前に走り出すと、ノルウェー代表MFから足裏を使った見事なリターンパスが戻ってくる。これをサカが難なく流し込んだ。 これで勝利を確実としたアーセナルは再デビュー戦でアシストを記録したウーデゴールを下げてメイトランド=ナイルズを投入。その直後にはボックス手前左でメイトランド=ナイルズからパスを受けたオーバメヤンが得意の角度から右足のコントロールシュートをファーポストに突き刺し、ハットトリックを達成。 さらに、ジャカに替えて新型コロナウイルスから快復したラカゼットを投入すると、69分にはホールディングからのロングフィードに抜け出した左サイドのペペからの斜めのマイナスパスをボックス中央に走り込んだラカゼットが冷静に右隅へ流し込んだ。 その後、相手の反撃をGKラムズデールを中心に危なげなく凌ぎ切ったアーセナルが、“U-23チーム”で臨んだWBAに6-0の圧勝。今季の公式戦初勝利を挙げ、週末のシティ戦に弾みを付けた。 また、今シーズンのプレミアリーグで2戦未勝利が続くニューカッスルとバーンリーによるプレミア勢同士の一戦は、互いにゴールをこじ開けられずに0-0のまま90分の戦いが終了。その後、PK戦を4-3で制したバーンリーが3回戦に進出。 同じく今シーズンの公式戦初勝利を目指すサウサンプトンは、フットボールリーグ2(イングランド4部)のニューポート・カウンティと対戦し、エルユヌシのハットトリックの活躍などで8-0の圧勝を収めた。 ◆EFLカップ2回戦結果 ◆南部 ▽8/25(水) WBA(2) 0-6 <span style="color:#cc3300"><b>アーセナル</b></span> 【アーセナル】 オーバメヤン(17分) オーバメヤン(45分) ペペ(45分+1) サカ(50分) オーバメヤン(62分) ラカゼット(69分) ニューポート・カウンティ(4) 0-8 <span style="color:#cc3300"><b>サウサンプトン</b></span> ◆北部 ▽8/25(水) ニューカッスル 0-0(PK:3-4) <span style="color:#cc3300"><b>バーンリー</b></span> ◆南部 ▽8/24(火) <span style="color:#cc3300"><b>ワトフォード</b></span> 1-0 クリスタル・パレス <span style="color:#cc3300"><b>ノリッジ</b></span> 6-0 ボーンマス(2) カーディフ(2) 0-2 <span style="color:#cc3300"><b>ブライトン</b></span> <span style="color:#cc3300"><b>ブレントフォード</b></span> 3-1 フォレスト・グリーン(4) <span style="color:#cc3300"><b>ミルウォール(2)</b></span> 3-1 ケンブリッジ・ユナイテッド(3) バーミンガム(2) 0-2 <span style="color:#cc3300"><b>フルアム(2)</b></span> ジリンガム(3) 1-1(PK:4-5) <span style="color:#cc3300"><b>チェルトナム(3)</b></span> <span style="color:#cc3300"><b>QPR(2)</b></span> 2-0 オックスフォード・ユナイテッド(3) <span style="color:#cc3300"><b>スウォンジー(2)</b></span> 4-1 プリマス・アーガイル(3) スティヴネイジ(4) 2-2(PK:3-5) <span style="color:#cc3300"><b>ウィコム(3)</b></span> ノーサンプトン(4) 0-1 <span style="color:#cc3300"><b>ウィンブルドン(3)</b></span> ◆北部 ▽8/24(火) ハダースフィールド(2) 1-2 <span style="color:#cc3300"><b>エバートン</b></span> ノッティンガム・フォレスト(2) 0-4 <span style="color:#cc3300"><b>ウォルバーハンプトン</b></span> <span style="color:#cc3300"><b>リーズ</b></span> 3-0 クルー・アレクサンドラ(3) バロー(4) 0-6 <span style="color:#cc3300"><b>アストン・ビラ</b></span> <span style="color:#cc3300"><b>オールダム(4)</b></span> 0-0(PK:5-4) アクリントン・スタンリー(3) <span style="color:#cc3300"><b>ウィガン(3)</b></span> 0-0(PK:5-4) ボルトン(3) <span style="color:#cc3300"><b>シェフィールド・ユナイテッド(2)</b></span> 2-1 ダービー(2) <span style="color:#cc3300"><b>ストーク(2)</b></span> 2-0 ドンカスター(3) シュールズベリー(3) 0-2 <span style="color:#cc3300"><b>ロッチデール(4)</b></span> モアカム(3) 2-4 <span style="color:#cc3300"><b>プレストン(2)</b></span> ブラックプール(2) 2-3 <span style="color:#cc3300"><b>サンダーランド(3)</b></span> ※()内は所属カテゴリー 2021.08.26 05:57 Thu
twitterfacebook
thumb

セインツ、ヴェステルゴーア後釜としてトリノDFリャンコを獲得

サウサンプトンは25日、トリノからブラジル人DFリャンコ(24)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2025年6月30日までの4年となる。 なお、イギリス『スカイ・スポーツ』によると、移籍金は750万ポンド(約11億3000万円)程度になったという。 今夏、レスター・シティに旅立ったデンマーク代表DFヤニク・ヴェステルゴーアの後釜としてセインツに加入した187cmのセンターバックは、クラブ公式サイトを通じて意気込みを語っている。 「ここに来られてとても幸せだよ。プレミアリーグでプレーすること、そしてサウサンプトンのようなチームでプレーすることは、子どもの頃にフットボールを始めたときからの夢だったんだ。それは僕だけでなく、家族全員の夢でもあったんだ」 「僕はブラジルで育ったけど、ブラジルのフットボールは異なるもので、イタリアに行ってからは、より戦術に集中しなければならないことを学んだんだ。僕の夢は、プレミアリーグでプレーし、より強度の高いフットボールをすることだったから、僕にとってイングランドのフットボールは完璧だね」 2017年にサンパウロからトリノに加入したリャンコは、ボローニャでの武者修行をキッカケに台頭すると、トリノではここまで公式戦53試合に出場。 また、世代別の代表ではこれまで父方のルーツであるセルビア代表と、生まれ故郷のブラジル代表でプレー。直近はU-23ブラジル代表の一員としてプレーしていた。 屈強なフィジカルを生かした対人守備の強さに加え、カルチョで培ったアンティチポを特長とする守備者は、マイボール時も局面を変える持ち出しや正確なフィードで貢献可能な伸びしろ十分のセンターバックだ。 2021.08.25 23:35 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly