セインツ10戦ぶり白星も…主砲イングスが最低4週間アウトか

2021.03.07 08:45 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
長きにわたる白星なしのトンネルから抜け出したサウサンプトンだが、イングランド代表FWダニー・イングスが負傷してしまった。サウサンプトンは6日に敵地で行われたプレミアリーグ第27節でシェフィールド・ユナイテッドと対戦。ケガから復帰した日本代表MF南野拓実も先発した一戦を2-0の勝利で飾り、10試合ぶりの3ポイントを掴み取った。

しかし、昨年11月上旬の左足負傷や今年1月中旬の新型コロナウイルス感染で離脱したイングスが13分にピッチを後に。今季もここまでリーグ戦でチーム最多の8得点を挙げる主砲に再離脱の可能性が浮上している。


クラブ公式サイトによると、直近8敗1分けの9戦未勝利という泥沼から抜け出したラルフ・ハッセンヒュッテル監督は試合後、負傷交代のエースについて、離脱を示唆したという。

「筋肉系のトラブルだと思うが、正直に言って、良くない感じだ。いつ戻ってこられるのかわからない。筋肉系のケガになると、通常なら最低でも4週間ほどかかってくる。様子を見ることになるだろう」

「今季は非常に多くの問題を抱えており、ある選手が戻ってくると、すぐに他の選手がまたケガをしてしまう。オリ(オリオルロメウ)を失って、今度はイングスまでも離脱してしまった。ひどいことだ」

「我々にとって、彼らは非常に大事な選手だ。しかし、それ以上に大事なのはネイサン・テラのような選手が今日、素晴らしい仕事をしてくれたということ。彼は非常に強く、将来に希望を与えてくれる」
関連ニュース
thumb

セインツが快勝で2連勝! 南野拓実は右サイドで先発しチャンスメークで存在感《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第36節、サウサンプトンvsフルアムが15日にセント・メリーズ・スタジアムで行われ、ホームのサウサンプトンが3-1で勝利した。なお、サウサンプトンのFW南野拓実は76分までプレーした。   すでに残留を確定させたものの、できるだけ上位でシーズンを終えたい14位のサウサンプトンは、連勝を目指して前節降格が決定した18位のフルアムをホームで迎え撃った。この一戦に向けて南野はクリスタル・パレス戦に続き2試合連続のスタメン起用となった。   立ち上がりから押し気味に試合を進めるサウサンプトンは10分過ぎに南野が見せ場を作る。まずは12分、ボックス左に走り込むレドモンドへ絶妙なラストパスを通すが、これはレドモンドがシュートを大きくふかしてしまう。直後の15分にはイングスの高い位置でのパスカットから入れ替わってボックス右に侵入した南野に絶好機も、ここはシュートをミートし切れず、ゴール前で相手DFにクリアされてしまう。   それでも、良い形で試合を運ぶホームチームは27分、相手陣内右サイド深くで得たFKの場面でキッカーのウォード=プラウズが絶妙なボールをゴール前に入れると、アダムスが難度の高いハーフボレーシュートを突き刺して先制に成功した。   その後も前線の流動的なコンビネーションやウォード=プラウズの直接FKで2点目に迫ったサウサンプトンは良い形で試合を折り返した。   後半も押し気味に試合を運ぶサウサンプトンは58分にイングスを下げてテラをピッチに送り出すと、この交代策が貴重な追加点をもたらす。相手陣内中央での南野とアームストロングのパス交換から右サイドでフリーのウォーカー=ピータースにパスが展開されると、ウォーカー=ピータースの正確なグラウンダークロスにファーで反応したテラがワンタッチで流し込み、待望のプレミアリーグ初ゴールとした。   その後はビハインドを追うフルアムが攻撃的なカードを切ってリスクを冒した攻勢を仕掛ける中、75分には右サイドでのデコルドバ=リードのスルーパスに抜け出した18歳MFカルヴァーリョがテラに続きプレミアリーグ初ゴールを奪取。   点差を縮められたサウサンプトンは直後の76分に南野を下げてウォルコットを投入すると、再びハーゼンヒュットル監督の采配が嵌る。82分、中盤でのルーズボールを回収した流れから美しい5本のパスが繋がると、ペナルティアーク付近でテラの落としを受けたウォルコットの右足シュートがゴールネットを揺らし、試合を決定づける3点目を奪った。   これでフルアムの気勢を削いだホームチームが危なげなく試合を締めくくり、クリスタル・パレス戦に続く3-1の快勝でリーグ2連勝を飾った。 2021.05.16 01:04 Sun
twitterfacebook
thumb

サウサンプトン、左サイドの絶対的な主力バートランドが今季限りで退団…

サウサンプトンは12日、元イングランド代表DFライアン・バートランド(31)の今シーズン限りでの退団を発表した。 チェルシーのアカデミー出身で同クラブでプロキャリアをスタートしたバートランドは、2014年夏にセインツに1年間のレンタル移籍で加入。その後、2015年2月に完全移籍に切り替わると、在籍7シーズンで公式戦240試合に出場し8ゴール20アシストを記録するなど、サイドバックを主戦場に左サイドのスペシャリストとして絶対的な主力に君臨してきた。 今シーズンもプレミアリーグ29試合に出場するなど、チームを率いるラルフ・ハーゼンヒュットル監督からの信頼は厚いが、今シーズン限りで終了する契約を更新することなく、今夏のタイミングでクラブを去ることになった。 なお、イギリス『フットボール・ロンドン』など複数メディアが伝えるところによれば、バートランドの新天地に関しては昨シーズンにポルトガル代表DFセドリック・ソアレス(29)をセインツから獲得したアーセナルが有力な候補に挙がっている。 アーセナルは以前からスコットランド代表DFキーラン・ティアニー(23)のバックアップを探していた。 2021.05.13 00:12 Thu
twitterfacebook
thumb

5試合ぶり白星を喜ぶサウサンプトン指揮官「残り3試合で順位を上げていきたい」

サウサンプトンのラルフ・ハッセンヒュッテル監督が、チームの快勝を喜んだ。クラブ公式サイトが伝えている。 日本代表FW南野拓実も先発出場したサウサンプトンは、11日に行われたプレミアリーグ第32節でクリスタル・パレスと対戦。開始早々に失点する厳しいスタートとなったものの、FWダニー・イングスの2ゴールもあり逆転に成功。その後失点を許さず、3-1で勝利を収めている。 この結果、5試合ぶりの勝利を収めたサウサンプトンはリーグ14位に浮上。既に残留は確定しているが、少しでも順位を上げるために重要な勝利となった。 試合後のインタビューに臨んだハッセンヒュッテル監督も、この日のチームのパフォーマンスに満足しているとコメント。今シーズンの中でも優れた試合ができたと喜んだ。 「スタートはあまり良くなかったが、緊張したり疑ったりすることはなかったと思う。我々はすぐに試合のスピードを上げようとした。ポゼッションについても、今日のチームは非常によくオーガナイズされており、適切なタイミングで適切な場所を見つけていた」 「前半にも多くの得点チャンスがあり、ダニー・イングスとチェ(・アダムス)で3ゴールを決められた。特にイングジー(イングス)は素晴らしい働きをしてくれたと思う。我々のゲームプランに沿い、ボールを使って何ができるか考えられていた」 「もっと頻繁に得点できたはずだ。チャンスは多く作れていたからね。とはいえ、しっかりボールを握っており、今シーズンの中でも良い試合ができていたと思う」 また、ハッセンヒュッテル監督はこの試合で特に好パフォーマンスを見せたGKフレイザー・フォースターとFWダニー・イングスを称賛。今後もこの状態を維持して、少しでも順位を上げていきたいと意気込んだ。 「フラーゼ(フレイザー・フォースター)は素晴らしいセーブをしてくれた。我々を試合に集中させてくれたね。いかに優れたGKであるか、しっかり示してくれた」 「イングジー(ダニー・イングス)がフィットしていることは嬉しいし、シーズン終わりまでフィットしていて欲しい。そうすれば、あと3試合でも勝ち点3を獲得するチャンスが出てくるだろう」 「我々は常に自分たちのことを考えている。シーズン後半に多くのポイントを落としてしまったため、順位が上がらないのは残念だ。だからこそ、残り3試合で順位を上げていきたい」 2021.05.12 13:26 Wed
twitterfacebook
thumb

南野フル出場のセインツ、イングス&フォースター活躍で5戦ぶり勝利《プレミアリーグ》

サウサンプトンは11日、プレミアリーグ第32節でクリスタル・パレスをホームに迎え、3-1で勝利した。サウサンプトンのMF南野拓実はフル出場している。 3日前のリバプール戦を落とした17位サウサンプトン(勝ち点37)は、後続のチームが勝ち点を落としたことで残留が決まった中、所属元のリバプール戦を規約のため欠場していた南野がフラットな[4-4-2]の右MFで先発となった。 13位クリスタル・パレス(勝ち点41)に対し、サウサンプトンは開始2分に失点する。FKの流れからベンテケにゴールを許した。 失点後、ボールを持たされる展開となったサウサンプトンは攻めあぐねる状況が続いたが、20分に追いつく。左サイドからのレドモンドのクロスを受けたイングスが巧みな反転シュートを決めた。 その後は同点としたサウサンプトンが攻勢を強める展開となったが、40分にPKを献上してしまう。ボックス内で仕掛けてきたザハをレドモンドが倒してしまった。しかし、キッカーのミリボイェビッチが枠の右を狙ったシュートをGKフォースターが止め、1-1で前半を終えた。 すると迎えた後半開始3分、サウサンプトンが逆転する。右CKのサインプレーからアームストロングがシュートに持ち込むと、ルーズボールをゴールエリア左のアダムスが押し込んだ。 勝ち越し後の51分、CKの流れからベンテケのヘディングシュートが枠を捉えたが、GKフォースターがセーブ。 その後はサウサンプトンが試合をコントロールする中、75分に決定的な3点目。アダムスのスルーパスをボックス中央に抜け出したイングスがシュートを決めきった。 終盤にかけてはサウサンプトンが危なげなく試合を運び、3-1で快勝。2ゴールを挙げたイングス、PKを止めたGKフォースターの活躍で、5戦ぶりの勝利を飾っている。 2021.05.12 06:06 Wed
twitterfacebook
thumb

マネ&チアゴ初弾にアリソン躍動のリバプールが公式戦4試合ぶりの白星! 南野欠場のセインツはリーグ4戦未勝利…《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第35節、リバプールvsサウサンプトンが8日にアンフィールドで行われ、ホームのリバプールが2-0で勝利した。なお、サウサンプトンのFW南野拓実は契約上の問題で招集メンバー外となった。   前々節にニューカッスル相手に痛恨のドローとなった7位のリバプール(勝ち点54)は、2日に開催予定だったマンチェスター・ユナイテッド戦が対戦相手のサポーターによるスタジアムでの過激な抗議活動の影響で試合当日に延期となるアクシデントに見舞われた。   その影響により2週間ぶりの試合となった今節は15位のサウサンプトン(勝ち点37)を相手に公式戦4試合ぶりの白星を狙った。ニューカッスル戦からは先発2人を変更。負傷のオザン・カバクに代えてリース・ウィリアムズ、フィルミノに代えてフィリップスを起用。ファビーニョをアンカーに戻し、前線は右からサラー、ジョタ、マネの3トップとなった。   休養十分のホームチームは勝ち切れない直近数試合の反省を生かして立ち上がりから攻勢を仕掛けていく。ボール支配に加え、守備時も高い位置からプレッシャーをかけて攻守の主導権を掴むと、アレクサンダー=アーノルドのロングフィードに反応した10分のマネの決定機を皮切りに、サラー、ジョタがGKフォースターにファインセーブを強いる。さらに、28分にはアレクサンダー=アーノルドの右CKをワイナルドゥムが頭で合わすが、これは惜しくもクロスバーを叩いた。   ゴール前あと一押しという状況が続くリバプールだが、30分には一転して大ピンチを迎える。DFフィリップスがテラに背後を取られて決定的なカウンターシーンに持ち込まれると、テラの折り返しに反応したボックス中央フリーのチェ・アダムスにシュートを許すが、ここはGKアリソンが見事な飛び出しでシュートコースを消してブロック。さらに、こぼれ球を回収したレドモンドのシュートも素早くポジションを取り直した守護神がきっちり防いだ。   すると、守護神の連続ビッグセーブに触発された攻撃陣が直後にゴールをこじ開ける。31分、相手ボックス手前でルーズボールを回収したファビーニョがボックス右角のサラーに繋ぐと、サラーからファーに走り込んだマネに絶妙な浮き球のクロスが供給される。そして、セネガル代表FWが古巣のゴールへヘディングで流し込んだ。   先制に成功したリバプールは以降も攻撃の手を緩めずに積極的に追加点を狙うが、サラーの決定的なシュートが相手DFのブロックに遭うなど前半の内に2点目を奪うまでには至らず。それでも、レドモンドやテラの決定機を危なげなく凌ぎ切り、1点リードで試合を折り返した。   互いに選手交代なしで臨んだ後半も先にゴールに迫ったのはリバプール。49分、ロバートソンからパスを受けたボックス左のジョタが角度のないところから左足のシュートを放つが、これはニアを消していたGKフォースターの好守に遭う。   以降はなかなか決定機まで持ち込めないものの、集中した守備でリードを維持するリバプール。だが、66分にサウサンプトンのオバフェミ、ディアロの同時投入という交代策によって徐々に劣勢を強いられる。   盛んに背後を狙うオバフェミにスピード不足のセンターバックコンビが幾度か入れ替わられる場面を作られる中、GKアリソンが見事な飛び出しや決定的なシュートストップでピンチを救った。   その後も2点目が遠い中で逃げ切りを意識し始めたクロップ監督は79分にジョタを下げてフィルミノ、87分にサラーを下げてオックスレイド=チェンバレンをピッチへ送り出す。すると、この逃げ切り策が結果的に試合を決める追加点をもたらした。90分、相手陣内左サイドでマネとの連携でボールを奪い切ったフィルミノからボックス手前でパスを受けたチアゴがペナルティアーク付近まで切り込んで丁寧な右足のコントロールシュートをゴール右隅へ流し込んだ。   そして、途中投入フィルミノのお膳立てからチアゴに待望の加入後初ゴールが生まれたリバプールはこのまま試合をクローズ。守護神アリソンに救われる場面は多かったものの、きっちり格下相手に勝ち切って公式戦4戦ぶりの白星を挙げてトップ4争いに何とか踏みとどまった。 2021.05.09 06:13 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly