久保途中出場のヘタフェがアランバリのスーペルゴラッソで10人のバレンシア撃破! 7戦ぶりの白星に《ラ・リーガ》

2021.02.28 07:00 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ラ・リーガ第25節、ヘタフェvsバレンシアが27日にコリセウム・アルフォンソ・ペレスで行われ、ホームのヘタフェが3-0で勝利した。なお、ヘタフェのMF久保建英は85分からプレーした。

直近4連敗で6戦未勝利と泥沼の状態にある15位のヘタフェ(勝ち点24)が、12位のバレンシア(勝ち点27)をホームで迎え撃った一戦。3戦連続途中出場の久保はこの試合でもベンチスタートとなった。

共に[4-4-2]の堅守速攻スタイルを採用した両チームは、完全にかみ合う形で立ち上がりからバチバチと球際でやり合う。

中盤での潰し合いが目立つ中、切り替えの精度、最終ラインと2トップの駆け引きでやや勝るヘタフェがよりフィニッシュまで持ち込むが、深刻な得点力不足に悩むホームチームは最後の部分でうまくいかない。

ゴールレスでの折り返し濃厚かに思われたが、ヘタフェの誇る飛び道具が6戦ぶりのゴールをもたらした。39分、相手陣内中央距離のある位置でDFコレイアのヘディングのクリアを回収したアランバリがすかさず右足を振り抜くと、右足アウトにかかった鋭いシュートが戻りながらの対応となったGKシレッセンの手を弾いてゴール右上隅の完璧なコースに決まった。

アランバリのスーペルゴラッソによって1点リードで試合を折り返したヘタフェは、後半立ち上がりに数的優位まで手にする。51分、バックパスを受けたディアカビにプレッシャーをかけてボールを奪ったマクシモビッチが入れ替わり際で倒されると、決定機阻止のディアカビにレッドカードが掲示された。

この好機に畳みかけるホームチームは直後にボックス内に抜け出したウナルの決定機はシュートを枠の右に外すが、55分にはロングボールをウナルが背後に落としたところに抜け出したマタが相手DFの寄せをものともしないキープから右足の強烈なシュートを突き刺し、貴重な追加点を奪い切った。

その後も危なげなく試合を進めるヘタフェは85分、殊勲のアランバリ、マタらを下げて久保、アレーニャ、ティモルを一気に投入し、試合を締めにかかる。

すると、87分には左サイドでのボール奪取からクチョ・エルナンデスがボックス左で放ったシュートのこぼれ球をボックス中央に走り込んだアレーニャが右足ボレーで合わせ、勝利を決定づける移籍後初ゴールとした。

その後、90分にはアレーニャのシュートのこぼれ球に反応した久保がボックス右から右足のシュートを放つが、枠を捉えた際どいシュートはGKの好守に阻まれ、アレーニャに続く待望のゴールとはならず。

それでも、バレンシアの反撃を無失点で凌ぎ切ったヘタフェが6戦ぶりのゴールを含む3ゴールを挙げて待望の7戦ぶりの白星を手にした。

関連ニュース
thumb

【DAZN欧州組応援部】5月度のベストプレーヤーズを選出!1位はチームを残留に導いたMF久保建英

AZNと10のスポーツメディアで構成される「DAZN欧州組応援部」。その企画として、5月度月間ベストプレーヤーズが各メディアの投票により決定した。 この企画はDAZNで配信する欧州リーグ戦を対象に、対象期間内の日本人選手のパフォーマンスを10のメディアが独自の基準で評価。投票により、上位3選手を「月間ベストプレーヤーズ」として表彰するものだ。 対象となるリーグは、プレミアリーグ、ラ・リーガ、セリエA、リーグ・アン、ジュピラー・プロ・リーグ、ギリシャ・プレミアリーグ。今回は4/28(水)〜6/11(金)の試合を対象として、ベストプレーヤーを決定した。 ★参加10メディア ※順不同 DAZN NEWS/Football ZONE WEB/サッカーキング/サッカーマガジンWEB/footballista/Qoly/Goal/MILKサッカーアカデミー/サッカーダイジェストWeb/超WORLDサッカー 「DAZN欧州組応援部」5月度のTOP3選手はこちら! <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/20-21europa_japanese.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;"><hr></div> <div style="padding: 0.25em 0.5em;font-weight:800;font-size:1.2em;color: #494949;border-left: solid 5px #7db4e6;">3位:GK川島永嗣(ストラスブール)</div><div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/202105_kawashima.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div class="desc" style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images</div> <div class="desc" style="padding: 0.5em 1em;margin: 2em 0;border: double 5px #4ec4d3;"><p style="margin: 0; padding: 0;">出場試合:2試合(先発2試合) 出場時間:180分 成績:1失点 チーム成績:1勝1分け </p></div> シーズン最後の2試合で再び出番が回ってきた川島。しびれる残留争いの中で、勝ち点4を呼び込む守備を見せた。ニース戦のクリーンシートでの勝利が非常に大きなものに。 <div style="padding: 0.25em 0.5em;font-weight:800;font-size:1.2em;color: #494949;border-left: solid 5px #7db4e6;">2位:MF伊東純也(ヘンク)</div><div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/202105_ito.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div class="desc" style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images</div> <div class="desc" style="padding: 0.5em 1em;margin: 2em 0;border: double 5px #4ec4d3;"><p style="margin: 0; padding: 0;">出場試合:6試合(先発6試合) 出場時間:508分 成績:1ゴール4アシスト チーム成績:5勝1分け </p></div> プレーオフで圧倒的な強さを見せたヘンク。チームの好調ぶりを牽引したのは伊東と言っても過言ではない。チームはプレーオフで1位になり来シーズンのチャンピオンズリーグ出場権を獲得した。 <div style="padding: 0.25em 0.5em;font-weight:800;font-size:1.2em;color: #494949;border-left: solid 5px #7db4e6;">1位:MF久保建英(ヘタフェ)</div><div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/202105_kubo.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div class="desc" style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images</div> <div class="desc" style="padding: 0.5em 1em;margin: 2em 0;border: double 5px #4ec4d3;"><p style="margin: 0; padding: 0;">出場試合:4試合(先発1試合) 出場時間:141分 成績:1ゴール チーム成績:1勝分け3敗 </p></div> ビジャレアルからヘタフェにチームを写してもあまり輝きを放てなかった久保だが、ヒーローは最後の最後にやってくる。第37節のレバンテ戦では途中出場ながら貴重なヘタフェ移籍後初ゴール。これがチームの1部残留を決める貴重なゴールとなった。 <span class="paragraph-title">【動画】久保建英がヒーローになった瞬間!残留決める初ゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/DAZN%E6%AC%A7%E5%B7%9E%E7%B5%84%E5%BF%9C%E6%8F%B4%E9%83%A8?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#DAZN欧州組応援部</a><br>5度月間ベストプレーヤーズ<a href="https://twitter.com/hashtag/DAZN?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#DAZN</a> と10のスポーツメディアが独自の基準で評価<br><br>第8回目の1位は <a href="https://twitter.com/hashtag/%E4%B9%85%E4%BF%9D%E5%BB%BA%E8%8B%B1?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#久保建英</a>(<a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%83%98%E3%82%BF%E3%83%95%E3%82%A7?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ヘタフェ</a>)に決定<br><br>みなさんのご意見は「<a href="https://twitter.com/hashtag/DAZN%E6%AC%A7%E5%B7%9E%E7%B5%84%E5%BF%9C%E6%8F%B4%E9%83%A8?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#DAZN欧州組応援部</a>」で投稿!<a href="https://twitter.com/hashtag/%E8%B6%85WS?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#超WS</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/DAZN?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#DAZN</a><a href="https://t.co/7f4FF3ZFmY">https://t.co/7f4FF3ZFmY</a> <a href="https://t.co/Nfn4VO1nbN">pic.twitter.com/Nfn4VO1nbN</a></p>&mdash; 超ワールドサッカー (@ultrasoccer) <a href="https://twitter.com/ultrasoccer/status/1403275823109394432?ref_src=twsrc%5Etfw">June 11, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.06.11 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

「3人は抜けている」OAの存在感を語るMF久保建英、中1日には厳しさも「普段なら通せるパスを何度もミスした」

U-24日本代表MF久保建英(ヘタフェ)が、U-24ガーナ代表戦を振り返った。 5日、U-24日本代表はU-24ガーナ代表と国際親善試合で対戦し、6-0で勝利を収めた。 A代表との一戦から中1日での試合。コンディション面ではかなり厳しいものがあった中、オーバーエイジとして招集されているDF吉田麻也(サンプドリア)、DF酒井宏樹(マルセイユ)、MF遠藤航(シュツットガルト)が揃って先発出場を果たした。 試合は強度の高さを見せてスタートすると、16分に堂安律(アルミニア・ビーレフェルト)が先制ゴールを記録。32分には久保建英(ヘタフェ)が追加点を奪うと、酒井のクロスがオウンゴールを生み、前半でリードを3点とする。 後半に入っても手を緩めないと、48分に相馬勇紀(名古屋グランパス)、56分に上田綺世(鹿島アントラーズ)、さらに89分には三笘薫(川崎フロンターレ)がダメ押しゴールを決め、6-0で快勝した。 試合後のメディア取材に応じた久保は、3人のオーバーエイジの選手について「見ていても分かったと思いますが、安定感もあって自分たちが奪って欲しいところで奪ってくれます。酒井宏樹が近くにいましたが、本当にものが違うと思いました」とコメント。右サイドで一緒にプレーした酒井に驚いたとした。 特に凄かった点については「OAだからというよりは、あの3人は抜けていると元から思っていました」と、とにかくレベルが違うとコメント。特に酒井については「酒井選手は体の使い方、もともと持っているものもすごくて、努力もあると思いますが、当たり方やアジリティなどもすごく。フランス代表の選手とやってみても遜色ないので、凄いです」とし、ワールドクラスであると感じたようだ。 昨日は移動で足止めを食らうなど、イレギュラーな対応が続く今回の活動。その中で結果を残せたことについては「見ている人やライトな層の方々は、自分たちの状況は関係ないですし、テレビをつけて自分が負けれ入ればそれまでなので」と語り、「今回はその中でも厳しいものが色々あった中で、負けたら何も残らないと思っていたので、しっかり今日の試合だけは勝って一息ついきたいと思っていたので、形になって良かったです」とし、厳しい状況に置かれてもしっかりと結果を残せたことを喜んだ。 また、この試合ではゴールも記録。そのシーンについては「ちょっとボールが流れた時に上田選手と五分のボールになって、そこで上田選手が勝てると思って自分は中に入って、そしたら上田選手がしっかり勝ってくれて、自分の方を向いてくれたので要求して、良いコントロールで中に入れたので、流し込むだけだったかなと」語り、上田とのコンビで息があったとした。 ゴール以外のプレーについては「後半なんかはちょっと…45分で交代と言われた時はもっと出たかったと思いましたが、45分しか出なかったのにキツかったということは、ちょっと中1日は厳しいですね」と、A代表の試合の時に想像していたよりも厳しい日程だと痛感。「プレミアの選手もやっていますけど、だからこそ11人変えたりしている」と語り体力的には苦しいものがあったとした。 一方でメンタル面については「体力的には本当に厳しかったと思いますし、後半足が攣りかけた中で、普段なら通せるパスを何度もミスしてしまって味方には申し訳ないですし、そこは言い訳しちゃいますけど、次にしっかり繋げていきたいです」とコメント。「ただ、今日は自分に得点に絡ませてくれました、45分でしたがやることをやったけれども負けてしまったA代表戦は、負けは負けで悔しかったですし、自分が一番悔しかったと思うので、そこは今日しっかり点に絡めて試合に勝てて良かったです」と語り、苦しい中でもA代表戦の敗戦をしっかり糧にできたと語った。 今日は2列目でコンビを組んだ堂安とは良い関係を築いていたように見えたが「あそこは正直感覚なので、堂安選手と話し合っていることはあっても、試合では感覚です」とコメント。「結構波長が似ているので、自分だったらこうして欲しいというのがわかりやすいですし、同じレフティで似ている特徴の選手はやりやすいですし、相手は嫌かなと思います」と語り、打ち合わせなしでも良い感触でプレーできたと振り返った。 2021.06.06 00:05 Sun
twitterfacebook
thumb

アトレティコがククレジャ獲得に動く? シメオネが多才さを高く評価

アトレティコ・マドリーがヘタフェのU-21スペイン代表MFマルク・ククレジャ(22)の獲得に動く見込みだ。スペイン『マルカ』が報じている。 今シーズンのラ・リーガで7シーズンぶり11度目の優勝を果たしたアトレティコは、シーズンを通して可変式の[3-5-2]をメインシステムとして採用。その中で運動量と多くの役割を求められる両ウイングバック(サイドバック)は要のポジションだ。 左サイドに関してはディフェンダータイプのDFレナン・ロージ、DFマリオ・エルモソ、アタッカータイプのMFヤニック・カラスコ、MFトマ・レマル、中盤タイプのMFサウール・ニゲスが併用されていた。 そういった中、ディエゴ・シメオネ監督は新たなオプションとして左サイドのスペシャリストの獲得を希望しているようだ。 バルセロナのカンテラ育ちのククレジャは、マシア仕込みのテクニックに加え、エイバル、ヘタフェというタフさが売りのチームで揉まれたことで、球際のバトルでも特長を出せる多才なサイドプレーヤーだ。また、サイドバック、サイドハーフ、ウイングバック、ウイングとすべてのポジションでプレー可能な点は、可変式の布陣を採用する新生ロヒブランコスにとってうってつけだ。 『マルカ』が伝えるところによれば、今シーズンのラ・リーガで37試合3ゴール2アシストの数字を残したククレジャに対して、アトレティコは1500万ユーロ(約20億円)程度のオファーを準備しているという。さらに、交渉の一部として若手選手の譲渡も考慮しているようだ。 なお、ヘタフェは2020年6月にククレジャを完全移籍で買い取った際に、契約解除金を2500万ユーロ(約33億4000万円)に設定。また、他クラブに売却する際にはバルセロナに移籍金の10%を支払う契約となっている。 2021.06.03 00:24 Thu
twitterfacebook
thumb

1部残留のヘタフェ、新シーズンに向けてミチェル監督が10年ぶりに復任

ヘタフェは27日、ミチェルことホセ・ミゲル・ゴンサレス氏(58)を来シーズンからの新監督に迎えたことを発表した。契約は2シーズンとなる。 同クラブでは先日、2016年9月から指揮していたホセ・ボルダラス監督(57)が退任。通算成績は212試合を指揮し83勝60分け69敗で、今季は日本代表MF久保建英の活躍もあり、最終節を前に1部残留を決めていた。 そして、新シーズンからの舵取りを任されたのは、2009年から2011年にもヘタフェを率いた経験のあるミチェル監督だ。現役時代はレアル・マドリーで公式戦531試合に出場した元スペイン代表MFで、1997年の引退後、2005年から監督キャリアをスタートさせた。 ヘタフェでは歴代3番目となるラ・リーガ101試合を指揮し、09-10シーズンには6位に導きヨーロッパリーグ出場権を獲得。コパ・デル・レイでも準決勝進出を果たすなど、上々の成績を残した。 その後はセビージャやオリンピアコス、マルセイユ、マラガを渡り歩き、2019年夏からはメキシコのUNAMの監督に就任したが、2020年7月に個人的事情で辞任していた。 2021.05.27 20:30 Thu
twitterfacebook
thumb

立て直し図るバレンシアがヘタフェ退団のボルダラス監督を招へい

バレンシアは27日、ヘタフェの指揮官を退任したホセ・ボルダラス監督(57)を新監督に招へいしたことを発表した。 なお、契約期間は2023年6月30日までの2年間となる。 ボルダラス監督はスペイン国内のクラブで指揮を執り、2016年9月に監督に就任。以降5シーズンにわたってチームを率いた。 通算成績は212試合を指揮し83勝60分け69敗。ヘタフェでは、激しいプレスを武器にコレクティブなサッカーを繰り広げるチームを作り上げていった。 ラ・リーガでは152試合を指揮し、53勝47分け52敗の成績だった。 バレンシアは、今シーズンに向けてハビ・グラシア監督を招へいしていたが、開幕からなかなか調子が上がらず、中位をさまようと、後半戦に入ってもチームは立ち直らず。4試合を残して解任されていた。 2021.05.27 20:02 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly