誰もを魅了した唯一無二の“ミドルシュート”、レッズの“象徴”スティーブン・ジェラード

2021.02.25 19:40 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
2019-20シーズンのプレミアリーグを圧倒的な強さで制し、30年ぶりのトップリーグ優勝を果たしたリバプール。ユルゲン・クロップ監督の下で悲願を達成し、2018-19シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)優勝と共に、ファン・サポーターは喜びに明け暮れた。

ディフェンディングチャンピオンとして臨んでいる2020-21シーズンのプレミアリーグでは、24試合を消化し勝ち点40の6位に位置。昨シーズン見せた圧倒的な強さはそこにはなく、らしさが見て取れない。

もちろん、そこには様々な要因があるのは広く知られたこと。1つは、守備の要であったオランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイクを含めたセンターバックが相次いで負傷したこと。2つ目は、チーム全体として精彩を欠いていることだ。これは、昨シーズンから続く連戦による蓄積された疲労に加え、代わりの選手がなかなか見つからないというところが影響していると考えられる。

クロップ監督によって作られた現在のリバプールは、個々の能力の高さもありながら、やはりチームとして、1つの集団として機能した時に絶大な強さを発揮する。一方で、その中核を担う選手が力を発揮できなければ、必然的にチーム力は落ちてしまうのも仕方のないことだろう。

しかし、敢えて言うならば、強烈な“タレント”が不足しているとも言える。例を挙げるなら、クラブのレジェンドであるスティーブン・ジェラードのような存在だ。




関連ニュース
thumb

CL決勝に臨むリバプールに秘密兵器が登場!?頭に装着した“謎の機械”に注目集まる

リバプールがトレーニングに科学の力を取り入れている。 インテル、ベンフィカ、ビジャレアルを下し、28日にパリで行われるチャンピオンズリーグ(CL)決勝進出を決めたリバプール。ファイナルの舞台では、2017-18シーズンのCL決勝や昨シーズンのCL準々決勝で対戦し、いずれも敗れたレアル・マドリーと再び相見える。 EFLカップ、FAカップに続いてのカップトレブル(3冠)を目論むリバプールだが、25日の練習には決勝に向けた秘密兵器が登場した。 DFトレント・アレクサンダー=アーノルドやDFコンスタンティノス・ツィミカスは頭に謎の器具を装着しながらトレーニング。イギリス『デイリー・メール』によると、この機械はドイツの『Neuro11』という会社のもの。同社はリバプールとは2021年8月から協力関係にある。 『Neuro11』は神経科学、心理学、スポーツ科学の専門知識を有しており、選手たちが最適な精神状態に到達できるように、精神力を鍛えることを助けるという。公式サイトでは、リバプールの選手たちがこの器具を装着してPKやFKを蹴り、その際に電極から送られてきたデータをモニターで確認している様子が確認できる。 EFLカップとFAカップの決勝ではどちらも精神力が求められるPK戦の末に優勝を果たし、ユルゲン・クロップ監督も同社の力があってこそと称賛していた。CL決勝でもPK戦までもつれるようなことがあれば、大きなアドバンテージになるかもしれない。 <span class="paragraph-title">【写真】何かの映画に出てきそう?アレクサンダー=アーノルドの頭に装着されたセンサー</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Liverpool stars have been training with brain sensors ahead of the Champions League final against Real Madrid<a href="https://t.co/6TC2x6AGR4">https://t.co/6TC2x6AGR4</a> <a href="https://t.co/DUWZvQQLG6">pic.twitter.com/DUWZvQQLG6</a></p>&mdash; Mirror Football (@MirrorFootball) <a href="https://twitter.com/MirrorFootball/status/1529730555893489664?ref_src=twsrc%5Etfw">May 26, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.05.27 06:05 Fri
twitterfacebook
thumb

異次元のスピードを持つライオン、サディオ・マネ【CL注目選手④】

28日、今シーズンのヨーロッパ最強クラブが決定するUEFAチャンピオンズリーグ(CL)の決勝が行われる。 パリのスタッド・ド・フランスで行われる今回の決勝。2017-18シーズンと同じリバプールvsレアル・マドリーというカードとなった。 4年ぶりの再戦。当時はマドリーが3-1で勝利を収めてビッグイヤーを獲得。また、昨シーズンは準々決勝でも対戦しており、マドリーが3-1で勝利して勝ち上がっていた。 リベンジを果たしたいリバプールと、再び勝利を収めたいマドリー。両者の決戦に向け、それぞれ注目選手をピックアップしていきたい。 <span class="paragraph-subtitle">◆圧倒的なスピードを誇るライオン</span> FWサディオ・マネ 生年月日:1992年4月10日(30) 所属:リバプール 国籍:セネガル 今季成績 プレミアリーグ:34試合16ゴール4アシスト チャンピオンズリーグ:12試合5ゴール1アシスト 2016年7月にサウサンプトンからリバプールに加入したマネ。ユルゲン・クロップ監督の下で飛躍し、リバプールに欠かせない3トップの一角を担っている。 30歳を迎えたマネだが、持ち味であるスピードは陰りを見せることはない。 リバプールの前線といえば、エジプト代表FWモハメド・サラーが牽引している状況だが、そのサラーに気を取られているとマネが虎視眈々と狙っているという状況だ。 特にスピードは一級品で、一瞬の隙でも見逃すことはない。相手の背後をとる動きは秀逸だ。 また、身体能力の高さを生かしたプレーと脅威のボディバランスも持ち味で、無理な体勢でもプレー精度が落ちることはない。 献身性も抜群で、常に獲物を狙っているライオンのよう。サラーばかりに気を取られているとマネが牙を剥くこととなる。 <span class="paragraph-title">◆ラストシーズン?2度目の戴冠へ</span> 2023年夏までの契約を残すマネ。同僚のサラーと共に、今夏の去就が非常に注目を集めている。 一部では両選手共にチームを去るのではないかと見られていたが、サラーは来シーズンは残留すると明言した。 一方でマネは去就に含みを持たすことに。今シーズンがリバプールでのラストシーズンになる可能性もあり、最後にタイトルを獲得したいところだろう。 2018-19シーズンのCL制覇時は全試合に出場。決勝でも90分間プレーし、チームの勝利に貢献した。マドリー相手には3試合で1アシストのみ。まだ一度も勝ったことがないが、しっかりと勝利し、2度目のビッグイヤー獲得なるだろうか。 <span class="paragraph-title">【動画】衝撃のスピードスター、サディオ・マネ</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="um7djk8ymr0";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.05.26 22:10 Thu
twitterfacebook
thumb

切れ味鋭いドリブル突破、飛躍のヴィニシウスの歴史がここからスタート!?【CL注目選手③】

28日、今シーズンのヨーロッパ最強クラブが決定するUEFAチャンピオンズリーグ(CL)の決勝が行われる。 パリのスタッド・ド・フランスで行われる今回の決勝。2017-18シーズンと同じリバプールvsレアル・マドリーというカードとなった。 4年ぶりの再戦。当時はマドリーが3-1で勝利を収めてビッグイヤーを獲得。また、昨シーズンは準々決勝でも対戦しており、マドリーが3-1で勝利して勝ち上がっていた。 リベンジを果たしたいリバプールと、再び勝利を収めたいマドリー。両者の決戦に向け、それぞれ注目選手をピックアップしていきたい。 <span class="paragraph-subtitle">◆切れ味抜群の若きドリブラー</span> FWヴィニシウス・ジュニオール 生年月日:2000年7月12日(21) 所属:レアル・マドリー 国籍:ブラジル 今季成績 ラ・リーガ:35試合17ゴール13アシスト チャンピオンズリーグ:12試合3ゴール7アシスト 2018年7月にフラメンゴから加入したヴィニシウス。マドリーでは早くも4シーズン目を迎えた。 昨シーズンまでは高いパフォーマンスを見せながらもイマイチ数字という結果がついてこなかったヴィニシウス。2020-21シーズンは公式戦49試合に出場し6ゴール7アシストを記録するにとどまっていた。 しかし、今シーズンは持ち前の才能がついに花開くことに。公式戦51試合に出場し21ゴール20アシスト。ラ・リーガでは17ゴール13アシストと30ゴールに絡む活躍を見せ、チームの優勝に大きく貢献した。 左ウイングでのプレーはトップのカリム・ベンゼマと呼応するようにゴールとアシストを増やしていき、フィニッシャーとしても相手に恐怖を与える存在となっていった。 特に華麗なドリブルでの突破は切れ味が増しており、自ら仕掛けてのゴールも量産。準決勝のマンチェスター・シティ戦では自陣ハーフウェイライン付近でうまく入れ替わると、そのままゴール前まで独走。ゴールを決め切るなど、自信もつけていることを感じさせる。 <span class="paragraph-title">◆初の栄冠へ</span> ヴィニシウスが加入してからはマドリーはCLのタイトルを獲得していない。リーグ制覇は今季で2度目。クラブ・ワールドカップが1回、スーペル・コパが2回という状況。まだまだこれからトロフィーの数を増やしていくはずだ。 そのヴィニシウスにとっては、優勝すれば初のビッグイヤー獲得に。ベンゼマの衰えは見えないものの、将来のエース候補として考えられるヴィニシウスにとっては、自身が飛躍したシーズンで欧州制覇を果たしたいところだろう。 これまでの数々のスター選手が刻んだように、ヴィニシウスにとってのマドリーの歴史がスタートする優勝となるのか。ここまで見せてきたプレーで、リバプールの守備陣を混乱させ、ゴールを決め切れるかに注目が集まる。 <span class="paragraph-title">【動画】飛躍の若きドリブラー、ヴィニシウス・ジュニオール</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="cZzP4Cpber4";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.05.26 21:25 Thu
twitterfacebook
thumb

「世界中が赤か白に染まる」CL決勝を心待ちにするクロップ監督、敵将に対しては「本当に尊敬している」

リバプールのユルゲン・クロップ監督が、チャンピオンズリーグ(CL)決勝を心待ちにしている。クラブ公式サイトがコメントを伝えた。 今季のCL決勝トーナメントではインテル、ベンフィカ、ビジャレアルを下し、28日にパリで行われる決勝戦へ駒を進めたリバプール。ファイナルの舞台で対峙するのは、2017-18シーズンのCL決勝や昨シーズンのCL準々決勝で戦い、いずれも敗れたレアル・マドリーとなる。 先週末に行われたプレミアリーグ最終節で、1ポイント差でリーグタイトルを逃した失望が心配されているが、記者会見の場でクロップ監督はチームの雰囲気の良さを強調。プレミアリーグの痛みはすでに過去のものだとして、全員がCL決勝での勝利に集中していると語った。 「今朝もチームと会ったが、みんな良い雰囲気だった。人生は健康ならば何度でもチャンスを与えてくれるものさ。今回はそれがCLの決勝戦なのだから、日曜日の痛みはもう感じていない。相手はこの大会でおそらくもっとも経験豊富であり、非常に強い相手との試合になるが、本当に楽しみにしている」 「CL決勝がなくとも今季は素晴らしいシーズンだった。そしてCLで優勝すれば、ファンタスティックなシーズンになるだろう。それくらいシンプルだ。2つの大会で優勝したのだから、3つ目の大会で惜しくても気にしなくていい…とは思っていない。CL決勝には何度行けるかわからないのだから、数少ないチャンスを活かすべきだ。この5年間で、3度目の決勝進出というのは我々にとって特別だよ」 「マドリーはこの10年でおそらく5回か、少なくとも4回は優勝している。多くの選手がこうした試合にいつも参加していたから、今回も素晴らしい試合になるだろう。この試合では、世界中が赤と白に染まるだろうね。そうあるべきだと思う。歴史的に見ても、この大会では常に強かった2チームの対決であり、こうしたレベルのチームと戦うのは最高だ」 また、クロップ監督は対戦相手のマドリーやカルロ・アンチェロッティ監督にも言及。非常に強力なチームを作り上げたと、敬意を示した。 「彼らはボールを持って1対1の場面となったとき、自信に満ち溢れていることがあらゆる場面で見て取れる。誰もが落ち着いていて、あちこちで本当にリラックスしているね。技術的にも最高のレベルで、そこまで複雑なことはやらないが、フットボールはそれほど複雑ではないのだからそれで良いのだ。彼らは適切な選手を適切なポジションに配置している」 「(アンチェロッティについて)私の英語力では、きっと正確な言葉を見つけられないだろう。カルロは私にとって世界でもっとも成功した監督の一人であり、お手本だ。そして、これまでに会ったなかで最高な人物の一人だよ。皆が『彼は素晴らしい社会人であり、本当に良い人であり、良い関係を築いている』と言うだろうね」 「彼がエバートンにいた頃は、少し関係が途絶えていた。お互いにビジネスの部分を尊重し過ぎていたんだ。そうでなければ、何度か食事に出かけただろうね。私から彼への尊敬の念は、これ以上ないほど大きい。彼はファンタスティックで、純粋に経験が豊富で、とてもとても成功した人だ。あらゆる場所で勝利を収め、これからもそれは続くだろう。私はそれを本当に尊敬している」 2022.05.26 17:19 Thu
twitterfacebook
thumb

バイエルンからの関心が噂されるマネ、去就について明言せず「CL決勝後に答える」

移籍の噂が浮上しているリバプールのセネガル代表FWサディオ・マネが、去就について口を濁した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 2016年夏にサウサンプトンからリバプールに加入したマネ。公式戦50試合に出場してEFLカップ(カラバオカップ)やFAカップの優勝に貢献した今季を含め、ここまで公式戦通算268試合120ゴール48アシストの成績を残しており、チャンピオンズリーグ(CL)やプレミアリーグ、クラブ・ワールドカップ(CWC)など、あらゆるタイトルを手にしてきた。 今季はセンターフォワードとして新境地を開拓。ユルゲン・クロップ監督にとって今なお欠かせない選手だが、クラブの契約は来夏までとなっていながら、契約交渉は進展せず。今夏にはバイエルンが獲得に動くと報じられるなど、去就は不透明な状況だ。 リバプールとマネは現在28日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)決勝のレアル・マドリー戦に向けて準備を進めているが、『スカイ・スポーツ』から去就について問われたマネは明言を避け、CL決勝後に明らかにすると語った。 「自分の将来の質問については、CL決勝が終わった後で答えるよ。このクラブに残るのか、残らないのかについては、すべてCLの後だ」 なお、マネと同じく契約が来夏までとなっていながら契約交渉が難航しているエジプト代表FWモハメド・サラーだが、こちらは去就について「来シーズンは確実にチームに残る」と発言しており、両エースで対応が異なっている。 2022.05.26 15:40 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly