誰もを魅了した唯一無二の“ミドルシュート”、レッズの“象徴”スティーブン・ジェラード

2021.02.25 19:40 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
2019-20シーズンのプレミアリーグを圧倒的な強さで制し、30年ぶりのトップリーグ優勝を果たしたリバプール。ユルゲン・クロップ監督の下で悲願を達成し、2018-19シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)優勝と共に、ファン・サポーターは喜びに明け暮れた。ディフェンディングチャンピオンとして臨んでいる2020-21シーズンのプレミアリーグでは、24試合を消化し勝ち点40の6位に位置。昨シーズン見せた圧倒的な強さはそこにはなく、らしさが見て取れない。


もちろん、そこには様々な要因があるのは広く知られたこと。1つは、守備の要であったオランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイクを含めたセンターバックが相次いで負傷したこと。2つ目は、チーム全体として精彩を欠いていることだ。これは、昨シーズンから続く連戦による蓄積された疲労に加え、代わりの選手がなかなか見つからないというところが影響していると考えられる。

クロップ監督によって作られた現在のリバプールは、個々の能力の高さもありながら、やはりチームとして、1つの集団として機能した時に絶大な強さを発揮する。一方で、その中核を担う選手が力を発揮できなければ、必然的にチーム力は落ちてしまうのも仕方のないことだろう。

しかし、敢えて言うならば、強烈な“タレント”が不足しているとも言える。例を挙げるなら、クラブのレジェンドであるスティーブン・ジェラードのような存在だ。

関連ニュース
thumb

リーズ相手に4連勝を逃したリバプール、終盤被弾で4位浮上ならず…《プレミアリーグ》

リバプールは19日、プレミアリーグ第32節でリーズ・ユナイテッドと対戦し、1-1の引き分けに終わった。 リーグ戦3連勝中の6位リバプール(勝ち点52)が、直近のリーグ戦で首位マンチェスター・シティを撃破した10位のリーズ(勝ち点45)のホームに乗り込んだ一戦。 ミッドウィークにチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝2ndレグでレアル・マドリーと対戦したリバプールは、その試合のスタメンからサラーとフィリップスに代えてジョタとチアゴをスタメンで起用。3トップにジョタ、フィルミノ、マネを並べた[4-3-3]で試合に臨んだ。 開始早々の5分にチアゴの枠をかすめる強烈なミドルシュートで幕を開けた一戦は、ボールを保持するリバプールが押し込む展開で時間が推移していく。すると19分には、フィルミノのパスをボックス左で受けたジョタがカットインからシュートを狙ったが、これは相手DFにブロックされた。 主導権を握るリバプールは、24分にミスからピンチを招く。最終ラインで起用されたファビーニョのパスミスをカットしたフィリップスがワンタッチで前線に送ると、これに反応したバンフォードが決定機を迎えたが、シュートは飛び出したGKアリソンがブロックした。 ピンチを凌いだリバプールは31分、中盤でパスを受けたジョタのロングパスからボックス右までオーバーラップしたアレクサンダー=アーノルドが飛び出したGKより先にボールに触ると、この折り返しをマネが無人のゴールに流し込んだ。 先制したリバプールは、40分にもD・ジョレンテのバックパスに反応したジョタがチャンスを迎えたが、シュートは飛び出したGKの好セーブに阻まれ、前半は1-0で終了した。 迎えた後半は、立ち上がりこそリバプールがリーズゴールに迫ったが、徐々にポゼッションを高めるリーズに押し込まれる時間が続く。すると60分には、左CKからバンフォードがヘディングシュートを放つと、ゴール右に逸れたボールをエウデル・コスタが詰めたがこれは枠の上に外れた。 主導権を奪い返したいリバプールは、71分にマネを下げてサラーを投入。しかし、再びチャンスを迎えたのはホームチームだった。75分、エイリングのロングパスをボックス中央に走り込んだバンフォードがワントラップからドライブ回転がかかったシュートを放ったが、これはクロスバーを直撃した。 その後は互いに選手交代を行っていく中で膠着した状態が続いたが、リバプールは試合終盤にセットプレーから失点を許す。87分、ハリソンの左CKをD・ジョレンテのヘディングシュートでゴールを決められた。 結局、試合はそのまま1-1でタイムアップ。上位を追走したいリバプールだったが、痛恨の失点で4位浮上のチャンスを逃す結果となった。 2021.04.20 06:05 Tue
twitterfacebook
thumb

リーズ戦勝てば暫定ながらトップ4入り! クロップ監督「道ははっきりしている」

リバプールのユルゲン・クロップ監督が意気込みを語った。クラブ公式サイトが伝えている。 リバプールは19日、プレミアリーグ第32節でリーズと対戦する。アウェイで行われるこの試合を勝利すれば、暫定ながら4位ウェストハムを抜いてトップ4入りを果たせるというだけあって、是が非でも勝ち点3が欲しいところだ。 試合に先駆けた会見に出席したクロップ監督はリーグ戦3連勝の前節までを振り返り、「クールだ、信じられないほどにね」と称賛。その上で、チャンピオンズリーグ(CL)出場権争いの真っ只中にあるチームに進むべき道を示した。 「我々は常に直面している問題を忘れてはならないが、CLの出場権争いに残っている今の状況は直近の3試合に勝ったからこそだ。1つだけ勝って、2つ引き分けていたら、まったく違う結果になっていたかもしれない。もし3戦とも負けていたら、こんな話はしなくてよかった」 「道ははっきりしている。試合に勝たなければならない。最善の方法はすべての試合に勝つことだが、厳しい相手もいるだろうし、それは尊重している」 「我々が置かれている状況は正直に言って、ポジティブなものだと思っている。周りにいる他クラブにプレッシャーを与えるため、試合に勝たなければならない。それは我々が心得ていることであり、試みていることでもある。勢いを持って次の試合に臨むことができれば、そこでわかるだろうね」 また、対戦相手のリーズについても言及。リーグの中で最も異質なチームだと称し、警戒を強めた。 「リーズ戦は異質なゲームになるだろう。現時点において、リーグの中で最もね」 「いくつかのチームを比較してみると、あるチームはこういうプレーをし、別のあるチームはこういうプレーをする、というようなことがわかる。しかし、リーズは本当に特別な存在だ。そのために我々は準備をしなければならない」 2021.04.19 18:18 Mon
twitterfacebook
thumb

本人すっとぼけ、イングランド人が4人しか達成していない偉業を塾考…正解を聞いて大爆笑

今やマンチェスター・シティを大きく支える選手にまで成長したイングランドMFフィル・フォーデン。チャンピオンズリーグ(CL)でも偉業を達成したが、その結果が思わぬ珍事を生み出してた。 シティは14日、チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝2ndレグでドルトムントと対戦。1stレグを2-1で先勝していたシティだったが、アウェイゲームとなった2ndレグではジュード・ベリンガムにゴールを許し、2戦合計2-2となりアウェイゴール差でリードを与えていた。 それでも、リヤド・マフレズのPKで勝ち越すと、フォーデンのゴールでダメ押し。そのまま1-2で勝利し、2戦合計4-2でシティがベスト4進出を決めていた。 そのフォーデンは1stレグでもゴールを決めており、CL準々決勝で2試合連続ゴールを記録。これは、イングランド人としては史上5人目という快挙だった。 この一戦についてイギリス『BT Sport』の番組で触れている中、スタジオには元イングランド代表の3名が集結。オーウェン・ハーグリーブス、ジョレオン・レスコット、ピーター・クラウチが試合について話していた。 そんな中、このフォーデンの記録について司会を務めたジェイク・ハンフリーズ氏が「他の4人はわかりますか?」と質問。これまでのプレミアリーグを知る3人は頭を悩ませていた。 それでも、正解であるウェイン・ルーニー、フランク・ランパード、そしてラヒーム・スターリングの名前を挙げていく。 しかし、4人目がなかなか見つからず、スティーブン・ジェラードやデイビッド・ベッカムなどの名前を挙げるが不正解。3人が困ったところで司会のハンフリーズ氏が「ピーター・クラウチ」と正解を発表のだ。 一瞬固まったスタジオ。なぜなら、その張本人がその場に居合わせたからだ。 クラウチ氏は大爆笑しながら、「そうだっけ?」と珍回答。それでも、「私は良い選手だったよ」と語り、スタジオを笑いに包んでいた。 選手であれば自身のゴールなどは覚えていそうなものだが、難しい顔で考えていたクラウチ氏の表情を見ると、本気で覚えていなかったことがうかがえる。 クラウチ氏はリバプールとトッテナムでCLに出場しており、通算34試合で13ゴール3アシスト。準々決勝では4試合しかプレーしていないが、2006-07シーズンのPSV戦で1ゴールずつを決めていた。なお、このシーズンは決勝まで進み、ミランに1-2で敗れていた。 <span class="paragraph-title">【動画】真剣に考えるクラウチと正解を知って大爆笑のクラウチ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"> <a href="https://twitter.com/petercrouch?ref_src=twsrc%5Etfw">@petercrouch</a> really forgot that he&#39;d scored in both legs of a Champions League quarter-final...<br><br>&quot;Good times!&quot; <a href="https://t.co/yn8FDgVnCt">pic.twitter.com/yn8FDgVnCt</a></p>&mdash; Football on BT Sport (@btsportfootball) <a href="https://twitter.com/btsportfootball/status/1382446349724041220?ref_src=twsrc%5Etfw">April 14, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.04.17 17:35 Sat
twitterfacebook
thumb

得点力の低下が顕著に…リバプールの3トップ解体を提言するOB 「ほぼ一新する必要がある」

リバプールのレジェンドであるジェイミー・キャラガー氏が古巣の3トップを解体する必要があると語った。イギリス『リバプール・エコー』が伝えている。 リバプールで3トップを組むFWモハメド・サラー、FWサディオ・マネ、FWロベルト・フィルミノはこれまで抜群の破壊力を発揮。過去3シーズンでサラーは2度、マネは1度のプレミアリーグ得点王を獲得しており、チームを牽引し続けてきた。 しかし、今シーズンのリバプールは得点力不足に陥っており、3トップが決定機を生かせないシーンが増加。それでも、ユルゲン・クロップ監督からの信頼は依然として厚く、14日に行われたCL準々決勝2ndレグのレアル・マドリー戦では好調のFWジオゴ・ジョタをベンチに置いた上でサラー、マネ、フィルミノを同時起用している。しかし、3人は多くのチャンスを生かせず、ゴールレスドローで敗退が決定した。 こうした現状を受け、マドリー戦後『CBS Sports』に出演したキャラガー氏は3トップを解体する時期が来たとコメント。新たな選手が必要だと語っている。 「今シーズンは、負傷者の多いセンターバックによく焦点が当てられている。しかし、今のリバプール最大の問題はゴールが決められないことだ。リバプールの3トップ…ジョタを加えれば4人だが、今夜先発した3トップについてだ。ユルゲン・クロップの時代を振り返ったとき、彼らこそが記憶に残ることになるだろう」 「しかし、名高い3トップがこんなに長く一緒にいることはどのチームでもあまりない。彼らはもう4、5シーズン目に入っている。2018年のCL決勝まで行ったシーズン、彼らは91ゴールを記録していた。しかし、今シーズンは46ゴールだ」 「落ち目になったのであれば、その状態を打破する必要がある。これは誰かを売却せよという話ではない。とはいえ、現状打破のために誰かを連れてきて、3トップをほぼ一新する必要がある」 「今夜、もし4年前の3トップがいたとしたら、リバプールには準々決勝を突破するチャンスがあっただろう。それこそが今彼らを失望させている。あの試合ではチャンスを逃し続けていたからね」 2021.04.16 17:49 Fri
twitterfacebook
thumb

リバプールの補強ポイントを指摘するクラブOB「多くのビッグネームを獲得する必要はないが…」

リバプールのレジェンドであるディトマール・ハマン氏が古巣の補強について言及している。イギリス『ミラー』が伝えた。 今シーズンのリバプールはプレミアリーグ王者として迎えたが、多くの負傷者を出したこともあり、低迷。プレミアリーグでは現在6位に沈んでおり、チャンピオンズリーグ(CL)もレアル・マドリー相手に2試合とも勝つことができず、準々決勝で敗退している。 リバプールはこの先、リーグで来シーズンのCL出場権を獲得するためのトップ4争いを繰り広げていくことになるなか、イギリス『talk SPORT』に出演したハマン氏は今夏の補強について言及。FWジオゴ・ジョタのいる前線やDFヴィルヒル・ファン・ダイクら多くの負傷者が復帰する守備陣ではなく、中盤を強化するべきだと語った。 「私は、リバプールが多くのビッグネームを獲得する必要があるとは思わない。もちろん、(モハメド・)サラーと(サディオ・)マネがクラブに残るかどうかで、多くのことが決まるだろうけどね。とはいえ、ジョタはチームの前線で非常に重要な選手になっている」 「センターバックについても、負傷者が戻ってくるだろう。一方で、(ジェームズ・)ミルナーは35歳になり、(ナビ・)ケイタはリバプールに移籍してからいまだ真価を発揮できていない。そしてチアゴ(・アルカンタラ)にはまだ多くの疑問符がついている」 「もし、(ジョルジニオ・)ワイナルドゥムがチームから去れば、中盤には少なくとも2人の選手が必要になると思う。とはいえ、中盤を除けば負傷した選手が戻ってきたときに、チームに大きな改革が必要だとは思わない」 2021.04.16 13:24 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly