【2021 明治安田生命J1リーグ開幕直前ガイド】予想基本布陣や補強達成度、イチオシ新戦力&今シーズンのヒーローを紹介

2021.02.15 00:00 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
2021シーズンの明治安田生命J1リーグは2月26日に開幕。昨シーズンは降格がなくなったため、今シーズンは史上初となる20チームでのJ1リーグとなる。昨シーズンに引き続きコロナ禍でのリーグ戦開催となる中、各クラブが積極的な補強や、チームの改革を行っている。そこで、開幕を前に超ワールドサッカー編集部が、チームのノルマや補強達成度、イチオシ新戦力、そしてJリーグの開幕キャチコピーとして発表された「#2021のヒーローになれ」にあやかり、今シーズンのヒーローになるべき選手をピックアップした。



★再び連覇へ! 圧倒的な強さを今季も見せられるか

川崎フロンターレ

◆イチオシ新戦力
ジョアン・シミッチ(27)

◆2021年期待のヒーロー
三笘薫(23)



★本気度伝わる“攻めの補強”で10個目の星を目指す

ガンバ大阪

◆イチオシ新戦力
レアンドロ・ペレイラ(29)

◆2021年期待のヒーロー
井手口陽介(24)



★積み上げ+補強で2010年以来のタイトルへ

名古屋グランパス

◆イチオシ新戦力
森下龍矢(23)

◆2021年期待のヒーロー
柿谷曜一朗(31)



★“名伯楽”レヴィーが舞い戻り、より攻撃的に

セレッソ大阪

◆イチオシ新戦力
大久保嘉人(38)

◆2021年期待のヒーロー
西川潤(19)



★30周年のメモリアルイヤーで“常勝軍団”復活へ

鹿島アントラーズ

◆イチオシ新戦力
ディエゴ・ピトゥカ(28)

◆2021年期待のヒーロー
上田綺世(22)



★カップタイトルを手に、積み上げて狙うは初のリーグタイトル!

FC東京

◆イチオシ新戦力
青木拓矢(31)

◆2021年期待のヒーロー
安部柊斗(23)



★連動性を高めたチーム力で大きく開いた穴を埋められるか

柏レイソル

◆イチオシ新戦力
イッペイ・シノヅカ(25)

◆2021年期待のヒーロー
江坂任(28)



★戦力変えずにシステムを変えて高みを目指す

サンフレッチェ広島

◆イチオシ新戦力
ジュニオール・サントス(26)

◆2021年期待のヒーロー
森島司(23)



★即戦力補強は3名のみ、成熟度で覇権奪還を目指す

横浜F・マリノス

◆イチオシ新戦力
エウベル(28)

◆2021年期待のヒーロー
マルコス・ジュニオール(28)



★改革1年目、リカルド体制で生まれ変われるか

浦和レッズ

◆イチオシ新戦力
田中達也(28)

◆2021年期待のヒーロー
武田英寿(19)



★大きすぎる退団選手のインパクト、“カタノサッカー”の完成時期がカギ

大分トリニータ

◆イチオシ新戦力
渡邉新太(25)

◆2021年期待のヒーロー
長沢駿(32)



★ベテランと若手の融合で上位進出へ

北海道コンサドーレ札幌

◆イチオシ新戦力
小野伸二(41)

◆2021年期待のヒーロー
ジェイ(38)



★上位進出か残留争いか、スタイルと若手の成熟がカギ

サガン鳥栖

◆イチオシ新戦力
仙頭啓矢(26)

◆2021年期待のヒーロー
林大地(23)



★不甲斐ない昨季を払拭へ、期待される新戦力と若手の躍動

ヴィッセル神戸

◆イチオシ新戦力
井上潮音(23)

◆2021年期待のヒーロー
アンドレス・イニエスタ(36)



★経験値を加えて臨む2年目のJ1、“ハマ”の主役になれるか

横浜FC

◆イチオシ新戦力
渡邉千真(34)

◆2021年期待のヒーロー
中村俊輔(42)



★今オフの主役、ロティーナ体制で逆襲へ

清水エスパルス

◆イチオシ新戦力
権田修一(31)

◆2021年期待のヒーロー
鈴木義宜(28)



★8年ぶりの手倉森政権復活、チームの再建なるか

ベガルタ仙台

◆イチオシ新戦力
マルティノス(29)

◆2021年期待のヒーロー
イサック・クエンカ(29)



★屈辱の最下位からの巻き返し、カギは早急な基礎固め

湘南ベルマーレ

◆イチオシ新戦力
山本脩斗(35)

◆2021年期待のヒーロー
町野修斗(21)



★5指揮官不在の中、若手補強でJ1残留目指す

徳島ヴォルティス

◆イチオシ新戦力
藤田譲瑠チマ(19)

◆2021年期待のヒーロー
垣田裕暉(23)




★5年周期の“悪いジンクス”を払拭し悲願のJ1残留へ

アビスパ福岡

◆イチオシ新戦力
ジョルディ・クルークス(26)

◆2021年期待のヒーロー
ブルーノ・メンデス(26)




関連ニュース
thumb

福岡がクラブ新のJ1リーグ4連勝! 志知の移籍後初弾で柏下す【明治安田J1第13節】

明治安田生命J1リーグ第13節の1試合が9日にベスト電器スタジアムで催され、ホームのアビスパ福岡が1-0で柏レイソルを下した。 21年ぶりのJ1リーグ3連勝で勢いづく7位福岡は前節から1選手のみが入れ替わり、金森が先発復帰。一方、3連勝ストップの黒星から仕切り直しを目指す13位柏は2選手の変更を施して、三丸や古巣戦の上島がスタートからピッチに立った。 勝てばクラブ新のJ1連勝記録達成となる福岡と仕切り直しを目指す柏の一戦。立ち上がり早々に右CKのショートコーナーから仲間がバイタルエリア右から右足を振り抜き、そのこぼれ球に呉屋が詰めるなど、柏が決定機を作り出す。ただ、福岡も16分、渡からパスを受けたジョルディ・クルークスが敵陣中央のやや遠目から左足ミドル。その後も互いの攻撃姿勢がぶつかり合う展開で進む。 そうした流れは前半終了まで続き、柏は27分にバイタルエリア中央から江坂の左足ミドルでゴールに迫ると、43分にジョルディ・クルークスの負傷交代を強いられた福岡だが、アディショナルタイムに右CKのチャンスからニアサイドの金森がヘディング。さらに、柏もその直後にボックス右の椎橋が折り返したボールに呉屋が反応するが、ドウグラス・グローリに対応され、好機を逸する。 両軍ともに最後のところで踏ん張りの効いた守りを続け、ゴールレスで折り返された試合だが、福岡にCKが続くと、3度目のチャンスを生かして先制。48分、キッカーのエミル・サロモンソンが右足インスウィングのクロスを上げると、ファーサイドで反応した志知がヘディングで合わせる。これが柏守護神キム・スンギュもノーチャンスのゴール左隅に決まり、福岡が勝利に一歩前進する。 志知の加入後初ゴールで均衡を破った福岡はその勢いで鋭い攻守の切り替えをさらに際立たせ、ペースを握り出すなか、59分にフアンマ・デルガドを投入。追う柏も61分にアンジェロッティ、70分にドッジを送り込み、敵陣内に攻め入るシーンを増やしたが、福岡が守りでも集中を切らさず、金森のヘディングシュートで追加点を狙っていくなど、後ろに重きを置き過ぎない戦いを続ける。 何とかこじ開けようと80分にマテウス・サヴィオも送り出した柏だが、1点リードの福岡は81分に残る交代枠で重廣、山岸、宮の3枚替えに動くと、最終ラインの枚数も増やして、逃げ切り態勢に。後半アディショナルタイム6分のなかで呉屋に決定的なヘディングシュートも許したが、GK村上のセーブで凌ぎ、見事にクラブ新記録のJ1リーグ4連勝を達成した。 アビスパ福岡 1-0 柏レイソル 【福岡】 志知孝明(後3) 2021.05.09 16:01 Sun
twitterfacebook
thumb

横浜FMが好調同士の一戦を制し、11戦無敗の4連勝! 神戸は9試合ぶり黒星【明治安田J1第13節】

明治安田生命J1リーグ第13節、横浜F・マリノスvsヴィッセル神戸が9日に日産スタジアムで行われ、2-0で横浜F・マリノスが勝利した。 4位・横浜FM(勝ち点24)と5位・神戸(勝ち点23)による上位対決。前節はFC東京にオナイウ阿道のハットトリックで快勝した横浜FMは、第2節以降の無敗を継続するとともに、直近3連勝を収めた。2試合連続でのクリーンシートと守備陣も安定し始めた中、攻撃もしっかりとハマり3試合連続の3ゴール以上と好調を維持している。 対する神戸も、前節はホームにサンフレッチェ広島を迎え、こちらも3-0と完勝。苦手としていた相手からの勝利で、チームの好調さを感じさせる結果となった。横浜FMは10試合無敗、方や神戸は8戦無敗と、今最も勢いのある2チームによる今節屈指の好カードだ。 互いに前節と同じスタメンを起用した中、ホームチームがボールを保持する形でスタートする。だが、先に決定機を迎えたのはアウェイチームだった。15分、センターサークル付近のサンペールのロングボールに反応した古橋が一気にゴール前へ。相手に囲まれながら何とかシュートに繋げたが、GK高丘のビッグセーブに遭った。 仕切り直したい横浜FMだったが、20分にマルコス・ジュニオールが負傷し、天野をスクランブル投入する事態に。しかし、そんなアクシデントにも揺るがず、31分に前線からプレスをかけてボールを奪うと前田にビッグチャンス。GKも躱してゴールへ流し込みにかかったが、懸命に戻ったDFに寸前でブロックされてしまった。 それでも攻勢続く横浜FMは41分、途中出場の天野のロングボールでティーラトンが左サイドの深い位置まで切り込みマイナス方向へクロス。すると、GK前川が弾き切れなかったボールがフェルマーレンに当たってオウンゴールに。ラッキーな形でトリコロールが先手を取った。 1点ビハインドで残りの45分に臨む神戸は、サンペールと井上を郷家とリンコンに変更。さらに60分には、佐々木と中坂を下げてイニエスタとマシカを投入し、控えていた外国籍選手をすべて送り込む。 直後にそのマシカのクロスから郷家がシュートシーンを迎えるが、ここは横浜FMもしっかり対応し、失点を許さない。そんなホームチームは73分に2度目の交代として、オナイウと前田に代えてレオ・セアラと水沼を入れて、前線をリフレッシュさせる。 後半は両チームともなかなか決定機が迎えられないでいたが、神戸は77分、イニエスタの針の穴を通すような見事なスルーパスを古橋に供給。ボックス左へ侵入したが、シュートは角度が小さくサイドネットを叩いた。 このプレーを機に攻勢に転じたい神戸だったが、80分に痛恨のミスを冒してしまう。相手に攻め込まれる中で、GK前川がアグレッシブな守備から高い位置でボールを奪取。素早く味方にパスを繋げようとしたが、これが水沼に渡ってしまい、一転して大ピンチに。 対して、思わぬ形でチャンスを迎えた横浜FMはショートカウンターを発動し、ボックス手前のレオ・セアラを経由して、エウベルがボックス左からシュート。ここは慌てて戻ってきたGK前川に止められてしまったものの、こぼれ球を天野が押し込んで、決定的な2点目を決めた。 そして、試合はこのままタイムアップ。好調同士の一戦は、横浜FMが11戦無敗の4連勝を収めた一方、神戸は9試合ぶりの黒星となった。 横浜F・マリノス 2-0 ヴィッセル神戸 【横浜FM】 OG(前41) 天野純(後35) 2021.05.09 14:56 Sun
twitterfacebook
thumb

C大阪痛手…チーム得点王の大久保嘉人が全治最大4週間の離脱、ダービーで負傷交代

セレッソ大阪は9日、元日本代表FW大久保嘉人の負傷離脱を報告した。 大久保は2日に本拠地で行われた明治安田生命J1リーグ第12節のガンバ大阪戦に先発。VAR判定でノーゴールになったものの、序盤からゴールネットを揺らしたほか、セットプレーからのワンタッチシュートでも得点の匂いを感じさせる動きを披露したが、18分に左太もも裏付近を痛め、23分にピッチを後にした。 そして、クラブが発表した診断結果によると、左ハムストリング筋損傷で全治3〜4週間の見込み。15年ぶりのC大阪復帰を果たした今季はここまでJ1リーグ12試合に出場して、チーム得点王となる5得点の活躍で攻撃陣を引っ張ってきただけに、当面の離脱は痛手となりそうだ。 なお、C大阪は現在、6勝3分け5敗の6位に位置。新戦力のオーストラリア代表FWアダム・タガートやFW豊川雄太といった残るストライカー陣の奮起が求められる。 2021.05.09 11:20 Sun
twitterfacebook
thumb

2発完勝の川崎Fが15戦無敗の3連勝で首位独走を維持! G大阪は4戦未勝利【明治安田J1第13節】

明治安田生命J1リーグ第13節の1試合が8日にパナソニック スタジアム 吹田で催され、アウェイの川崎フロンターレが2-0でガンバ大阪を下した。 消化試合数こそ少ないものの、8試合で2得点の攻撃が課題となり、18位と大きく出遅れるG大阪は公式戦4連敗中の対川崎F戦に向け、一美が今季初先発。奥野と佐藤もスタートから出場した。 一方、異例の天王山2連戦を連勝で飾り、今季開幕から14戦無敗で首位を走る川崎Fは3選手を変更。中3日の日程も考慮して谷口、登里、三笘がベンチに座り、車屋、脇坂、長谷川が先発した。 立ち上がりこそ前線からの守りをカウンターやボール保持に繋げ、執拗以上に押し込まれるのを回避したG大阪だが、川崎Fがほぼ7割のポゼッションと鋭い切り替えで徐々に押し込み始める。 その川崎Fは20分、左CKのチャンスからキッカーの田中が右足クロスを供給すると、ファーサイドのジョアン・シミッチがヘディング。ゴール右に飛ぶが、GK東口がファインセーブで阻む。 それでも、41分のカウンターから川崎Fが先取。敵陣中央の脇坂が出したスルーパスで右サイドバックに入る佐藤の背後を取り、ボックス左に抜けた長谷川が三浦も交わすと、レアンドロ・ダミアンが左足でこぼれ球を押し込んだ。 押し込まれる時間を無失点で凌ぎ、前半終盤の攻め返しに繋げたものの、カウンターから守りが崩れ、リードを許したG大阪。後半から巻き返しを図りたいところだが、川崎Fが攻勢を強める。 51分に脇坂の左足フィニッシュが左ポストを叩いた川崎Fは続く53分に家長が相手DFにディフレクトしたシュートで古巣ゴールに迫ると、58分にもL・ダミアンがヘディング。GK東口が再三、立ちはだかるが、鋭い攻撃を転じ続ける。 守護神の奮闘が光るG大阪は60分過ぎから徐々に盛り返すなか、66分にボックス左から宇佐美がフィニッシュに持ち込むが、GKチョン・ソンリョンが対応。川崎Fが守りでも集中を切らさない。 攻めの時間を増やすG大阪はその流れに乗じて追いつこうと、飲水明けの70分に矢島と倉田の交代に乗り出すが、同じタイミングに三笘と登里を送り出した川崎Fの交代策が見事に的中する。 76分、最終ラインの登里が左足で相手最終ラインの背後にフィードを蹴り出すと、左サイドの三笘が反応。佐藤を振り切り、そのままボックス左に抜け出した三笘が右足シュートをゴール右下に流し込み、G大阪の突き放しに成功した。 G大阪は81分に残る交代枠でパトリック、チュ・セジョン、チアゴ・アウベスを送り込むが、最後までこじ開けられず、これで4試合未勝利。川崎Fは15戦負けなしの3連勝を成し遂げ、2位名古屋グランパスとの勝ち点9差を維持した。 ガンバ大阪 0-2 川崎フロンターレ 【川崎F】 レアンドロ・ダミアン(前41) 三笘薫(後31) 2021.05.08 20:00 Sat
twitterfacebook
thumb

名古屋がショック振り払う3試合ぶりの白星! J1通算300試合出場の吉田がC大阪撃破の決勝ゴール【明治安田J1第13節】

明治安田生命J1リーグ第13節、名古屋グランパスvsセレッソ大阪が8日に豊田スタジアムで行われ、ホームの名古屋が1-0でC大阪を下した。 川崎フロンターレとの頂上決戦で連敗を喫し、立て直しを図りたい名古屋は今節もマッシモ・フィッカデンティ監督に代わり、コーチのブルーノ・コンカ氏が指揮を執るなか、前節からスタメンを3人変更。成瀬に代わって右サイドバックに入った森下は今季初先発となった。 一方、勝って上位を追走したいセレッソ大阪はガンバ大阪との大阪ダービーからスタメンを1人入れ替え、負傷の大久保が欠場。初先発の中島が左のサイドハーフで起用され、中盤を流動的にした[4-2-3-1]の布陣で臨んだ。 守備組織が整理された両者の試合は前半、危険なエリアでボールが収まる場面がほとんど生まれない展開に。8分に米本が放ったヘディングシュート以外、ボックス内での目立ったシーンは互いに作れなかった。ならばと、セオリー通りにミドルシュートでゴールに迫る両チーム。15分には中島、続く31分にマテウスが狙うも、両GKが立ちはだかる。 そうしたなか、C大阪は今季初スタメンの中島が右足を痛め、38分に無念の負傷交代。高木が同ポジションに急きょ入った。 ゴールレスで折り返した試合は後半の立ち上がりにC大阪がチャンス。47分に坂元、高木が続けざまにシュートを放つも、得点には至らない。攻撃のギアを上げたい名古屋は56分に動く。相馬に代えて斎藤を投入。すると、齋藤が直後に米本のパスに反応し、ディフェンスラインの背後に抜け出してペナルティエリア右からシュートを放つ。オフサイドの判定となるも、徐々に名古屋の流れに傾き始める。 その名古屋が59分にマテウスの鋭いFKに丸山が頭で合わせ、60分にも柿谷のミドルシュートでゴールに迫ると、66分にスコアを動かす。柿谷がペナルティエリア内でドリブルを仕掛けようとすると、チアゴが対応。しかし、ヒールパスのような形で流れると、そのこぼれ球が吉田のもとに流れる。これを吉田がすべり込みながら落ち着いて左隅に流し込み、ネットを揺らした。 副審はフラッグを上げたが、主審はDFのクリアだと見極めてゴールを認定。VARチェックでも判定は覆らず、名古屋はこの試合がJ1通算300試合出場目となる吉田の自ら華を添える貴重な今季初ゴールで待望の先制点を奪取する。 追い付きたいC大阪は直後に2枚替えを決行して、清武と豊川に代えて西川と加藤を投入。攻勢を強め、両サイドからクロスが増え始め、88分には坂元のFKにチアゴが飛び込むが、GKランゲラックにキャッチされる。 結局、柿谷、山崎に代えて長澤、木本を投入して逃げ切りを図った名古屋はアディショナルタイムでもうまくゲームをコントロールし、得意のウノゼロで3試合ぶりの勝利。C大阪は2試合で白星なしとなった。 名古屋グランパス 1-0 セレッソ大阪 【名古屋】 吉田豊(後21) 2021.05.08 17:30 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly