復活待たれるナビ・ケイタ、古巣ライプツィヒ戦前に練習復帰も間に合わず

2021.02.16 13:15 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
リバプールのギニア代表MFナビ・ケイタは古巣との1stマッチに間に合わなかったようだ。クラブ公式サイトが伝えた。

故障者が相次ぐ影響もあり、プレミアリーグで苦戦が続くリバプール。16日、RBライプツィヒとのチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグに挑む。

ブンデスリーガでバイエルンと優勝争いを演じるライプツィヒとの一戦に向けて、少しでも戦力を整えたいリバプールだが、ナビ・ケイタは引き続き欠場するという。

ユルゲン・クロップ監督は会見で、昨年12月に行われたプレミアリーグ第14節のクリスタル・パレス戦を最後に負傷離脱が続くナビ・ケイタの状況に言及した。

イギリスからの入国規制により、ハンガリーでの代替開催となるドイツ人指揮官いわく、練習に復帰したというが、まだフィットネスが整っていないようだ。

「ナビはもうケガを負っているわけじゃないが、まだフィットし切れていない」

「昨日のトレーニングに参加こそしたが、まだ十分じゃない。我々がここからいなくなった間も、彼はトレーニングを続けることになる」

「我々と一緒に行くより良い判断だと思う。もちろん、ナビもライプツィヒ戦のメンバーに入りたいと思っていただろうがね」

なお、ハムストリングを痛めた元イングランド代表MFジェームズ・ミルナーと筋肉系のトラブルを抱えるブラジル代表MFファビーニョは遠征前のトレーニングを欠席した模様だ。

関連ニュース
thumb

カップ戦2Gの南野をクロップ監督が改めて称賛 「サウサンプトンに行ったことが大きな助けになった」

リバプールのユルゲン・クロップ監督が、日本代表FW南野拓実の成長について語った。イギリス『デイリー・エコー』が伝えている。 2020年1月にザルツブルクからリバプールへ加入した南野は、なかなかチームでポジションを掴むことができず、昨シーズンは1月の移籍市場最終日にサウサンプトンへレンタル移籍。レンタル先では公式戦10試合2ゴールの成績を記録し、今夏にリバプールに復帰した。 迎えた今シーズンも出場機会のない状況が続いていたが、21日に行われたEFLカップ(カラバオ・カップ)3回戦のノリッジ・シティ戦でようやく今季初出場を果たすと、2ゴールを記録し、3-0の勝利に大きく貢献。試合後には各メディアから高評価を獲得した。 25日に行われるプレミアリーグ第6節ブレントフォード戦の前日会見に出席したクロップ監督は、改めて南野を称賛。昨シーズンのレンタル移籍が良い方向に作用したと語っている。 「タキ(南野拓実)は優れた才能の持ち主だ。明らかに、彼はすべてが困難なときに加入したと思う。スタジアムにサポーターがいなかった、あの時期にね。そして彼はサウサンプトンに行ったことが大きな助けとなり、今では別の選手のようになっている」 「選手にはチームにフィットするための時間が必要だ。そして我々は、彼らに対して十分な時間を与えられずにいると思う」 また、クロップ監督は会見のなかで対戦相手のブレントフォードにも言及。昇格組でありながら開幕戦ではアーセナルを破るなど、好印象を残すチームを称えた。 「私は彼らのプロジェクトをとても尊敬している。彼らは独自の方法で選手をリクルートしており、あらゆることに勇気を持って取り組んでいるからね。今の彼らは正直言って、非常に勇敢なチームだ。彼らのボールに対する働き、プレスのかけ方は本当に素晴らしい」 「非常にタフな試合になるだろう。彼らの強度は高く狂ったようにプレスをかけ、ビルドアップもできるが相手次第ではダイレクトに行くことも躊躇しない。すべてのポジションにエキサイティングな選手が揃っているね。3バックの選手はおそらくヨーロッパで最も背が高い巨大な選手たちだ」 「だからこそ、これはチャレンジになる。彼らは新しいスタジアムにいて、それを楽しんでいるだろう。興味深く、私はとても尊重しているよ。もちろん、我々は彼らの活動をどれだけ気に入っているかを伝えるためそこに行くのではない。ポイントを獲得したいと思っているが、それが難しいものになることも分かっている」 2021.09.25 17:58 Sat
twitterfacebook
thumb

リバプールで存在感高めるコナテ、チームでの充実感を露わに 「ここにいられてとても幸せ」

リバプールのU-21フランス代表DFイブラヒマ・コナテがチームでの充実感を語った。クラブ公式サイトが伝えている。 コナテは今年5月末にRBライプツィヒから3500万ポンド(約53億円)の移籍金でリバプールに加入。リバプールにとって今夏唯一の補強となり、高い期待が寄せられていたが、開幕からの公式戦5試合はいずれもベンチスタートとなった。 それでも、18日に行われたプレミアリーグ第5節のクリスタル・パレス戦でようやくスタメンデビューを果たすと、フィジカルとスピードを生かした守備でクリーンシート達成に貢献。続くEFLカップ(カラバオ・カップ)3回戦のノリッジ・シティ戦でも先発となったコナテはここでもクリーンシートを成し遂げている。 公式戦2試合連続で印象的なパフォーマンスを見せたコナテはクラブ公式サイトのインタビューに応じた際、勝利に貢献できている喜びを露わに。同時に、フィットするうえでチームメイトからの助けがあったことも明かしている。 「僕は2試合に出場して、どちらでもチームがとても良いプレーをしてくれた。それに、ファンの皆も助けてくれたね。これは僕にとっても家族にとっても、本当に素晴らしいことだ。ここにいられてとても幸せだよ」 「自分では良いプレーができたと思っているけど、それより重要なのはチームがどうだったかなんだ。つまり勝利できたか、クリーンシートを達成できたかだね。僕にとってはそちらの方が重要さ。一人での戦いではないからね」 「チームのどの選手も、僕がここに来た初日から自分の家と思えるよう助けてくれた。これは僕にとって非常に重要だったんだ。すべての選手がピッチ上でこれを実感していると思う。僕はすべての選手と一緒にいられて本当に幸せだ。これは良いことであり、今後も続けていきたい」 コナテはインタビューのなかで、特に仲の良い選手に言及。また、リバプールの街並みも気に入っていると話しており、現在の環境への満足感を示した。 「(特に仲が良いのは)サディオ(・マネ)、ナビ(・ケイタ)、ディヴォク・オリジかな。彼らはフランス語を話せるから、会話がしやすい。僕がこのクラブに来たとき、とてもよく助けてくれたよ」 「新しい街にやってきた以上、家にいるわけにはいかないよね。自分がいる街の様子は、知っておかないといけない。僕はこの街が大好きだよ。街の中心部に住んでいるけど、車でそう遠くない場所に海があってとても綺麗だ。だから、とても良いところだね」 2021.09.25 11:40 Sat
twitterfacebook
thumb

リバプールの本拠地アンフィールドが改修へ、スタンド拡張で7000席が増加に

リバプールの本拠地であるアンフィールド。スタンドの拡張工事に関して、前進しているとクラブが発表した。 現在拡張が計画されているのはアンフィールドロード・スタンド。コップ・スタンドと呼ばれるリバプールサポーターが陣取るスタンドの反対側にあるアウェイスタンドのことだ。とはいえ、ほとんどがリバプールサポーターが座る席となっている。 現在のアンフィールドの収容数は5万4000人。今回のスタンド拡張により7000席が増えることになり、収容人数が6万1000人になるという計画だ。 この計画は今年6月に承認され、2023-24シーズンに間に合うように改修されることになる。なお工事はシーズン中も行われるが、試合は通常通り開催される。 来週にも正式な起工式が予定されており、工事は本格的にスタートするという。 リバプールのマネージング・ディレクターを務めるアンディ・ヒュース氏は、今回のプロジェクトについてコメントしている。 「このプロジェクトは確実に進める必要があり、今では前に進める状況にある。我々は、2014年にこの旅をスタートさせ、プロジェクトをこの段階に進めるために貢献してくれた全ての人に感謝している」 リバプール市議会からの承認を得たプロジェクトだが、5シーズンにわたって最大で6度のコンサートと主要イベントを開催する許可も与えられている。 また、座席が増えた暁には、現在2200人が各ホームゲームで雇われているが、400人が増員されると予想されているとのこと。そのうちの95%はリバプール地域に住んでいる人となり、新たな雇用も生むこととなる。 <span class="paragraph-title">【写真】アンフィールドのスタンド拡張後のイメージ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">We can confirm that plans for the proposed expansion of the Anfield Road Stand will move forward</p>&mdash; Liverpool FC (@LFC) <a href="https://twitter.com/LFC/status/1440586509246099457?ref_src=twsrc%5Etfw">September 22, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.09.22 21:55 Wed
twitterfacebook
thumb

リバプールでキャプテン務めた喜び語るジョー・ゴメス 「とても光栄であり、本当に楽しかった」

リバプールのイングランド代表DFジョー・ゴメスが、チームのキャプテンを務めたことを喜んだ。クラブ公式サイトが伝えている。 J・ゴメスは21日に行われたEFLカップ(カラバオカップ)3回戦のノリッジ・シティ戦で主将として先発出場。多くの主力が休養となり、数人の若手選手が起用されたチームを後ろから堅実に支え、42分に相手のPKをGKカオイムヒン・ケレハーが防いだ際はこぼれ球に詰めた相手のシュートをブロックするなど活躍。チームの3-0での勝利に大きく貢献している。 試合後にJ・ゴメスは、リバプールでキャプテンを務めることができた喜びを露わに。試合については難しさもあったと語りつつ、若手を含むチーム全員を称えた。 「とても光栄だったよ。僕はケガから復帰した後、明らかに毎分楽しんでいる、それに加えて、キャプテンを務めることができるなんてね。信じられないことだし、本当に楽しかった」 「キャプテンとして、自分ができる限りのことをする責任があった。誰もがさまざまな方法でそれを行っているけど、僕は大げさなことや普通でないことはしたくない。自分らしくありたいと思っていたんだ」 「チームは皆、信じられないほど素晴らしくて、特に言うことはなかったよ。ただ、自信を持たせるようにして、できるだけ多くの励ましを与えたかった」 「若手全員が信じられないような働きをしたと思う。プレシーズンから彼らの優秀さを垣間見ることはできていたけどね。多くのトレーニングセッションで、彼らは僕たちと一緒に練習しているんだ」 また、J・ゴメスは今夏にチームがU-21フランス代表DFイブラヒマ・コナテを獲得したこともあり、センターバックのポジション争いがし烈を極めていることに言及。控えに甘んじることが多くなっているが、ポジションを得るため必要な努力をしているとしつつ、現在の充実感を語った。 「(試合出場への)思いを、毎日ジムやトレーニング場でぶつける、それが僕のできることだよ。自分がトップクラブにいて、信じられないような選手たちに囲まれているのはわかっているさ。それに、彼らを後押しするため自分の役割を果たそうともしている。それ以外は、ただ忍耐だね」 「僕はチームの一員であること、そして健康であることを楽しんでいる。素晴らしい施設で、素晴らしい人たちと一緒に、素晴らしいクラブにいる。僕はそれを楽しみ、その時が来たときのため準備しなければならない」 2021.09.22 12:12 Wed
twitterfacebook
thumb

カップ戦快勝のリバプール、クロップは若手選手の活躍に満足 「全員が素晴らしい仕事をしてくれた」

リバプールのユルゲン・クロップ監督が、数人の若手選手を起用しながらの勝利を喜んだ。クラブ公式サイトが伝えている。 リバプールは21日に行われたEFLカップ(カラバオカップ)3回戦でノリッジ・シティと対戦。これからの過密日程を考慮し、先週末のリーグ戦から大きくメンバーを変更したチームは、FW南野拓実やFWディボク・オリジら普段ベンチに座る選手だけでなく、FWカイデ・ゴードン、DFコナー・ブラッドリーら若手選手をスタメンに抜擢。試合は南野の2ゴールもあり、3-0の快勝を収めている。 試合後の記者会見でクロップ監督は、課題はあるとしながらも多くの選手を入れ替えながらの勝利に歓喜。同時に、ゴードン、ブラッドリー、後半から出場したMFタイラー・モートンの若手3選手を称賛した。 「完璧な試合ではなかった。だが、それには理由がある。今日はあまりにも多くの変更をしなければならず、試合中に発生する問題への解決策がなかったからだ。だからこそ、完璧な日とすることはできなかったと思う」 「もちろん選手たちは明確であり、とても良いスタートが切れたことは気に入っている。非常にアグレッシブで、生き生きとしていたね。ただ、その後はトレーニングが足りていないことが分かり、終盤までに多くの決断をしなければならなかった」 「最終ラインとキーパーがピンチの場面を救ってくれたこともあり、ノリッジには何もなかったと思う。セットプレーの後に1点を取ったが、これも非常に良いゴールだった。ハーフタイムにはナビ(・ケイタ)が芝生を蹴った影響から交代が必要になり、カーティス(・ジョーンズ)をハーフスペースに、タイラーを6番の位置に据えたが、すぐ自然な感じになったね」 「少年たちはより速く、よりスマートにパスを出した。その結果、2点、3点とゴールを奪い、ゲームをコントロールできたと思う。これは本当に素晴らしい。少年たちは非常によくやったと言わざるを得ないだろう」 また、クロップ監督は若手の中で特に印象的なパフォーマンスを残したゴードンに言及。試合後の会話を明かしつつ、これからの成長に期待を寄せた。 「彼は良い。まだまだ改善すべき点、解決すべき点、学ぶべき点はたくさんあるが、すでに多くを学んでいる。我々は彼がいることを本当に嬉しく思うし、大切に扱っていきたい」 「試合後、カイデは私が『おめでとう』と言おうとしたとき『ありがとう!』と言ってくれた。私は『感謝することではない、当然のことだ』と返した。すべて順調だ。若手は皆良い子たちであり、我々の選手であることに感謝している」 2021.09.22 11:34 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly