スールシャールはこれ以上の戦力を望まず「クオリティの高いプレーヤーが揃っている」、 問題は人員整理

2021.01.27 21:45 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マンチェスター・ユナイテッドを率いるオーレ・グンナー・スールシャール監督は今冬、これ以上の新加入選手には期待していないようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。

名将サー・アレックス・ファーガソン氏が率いて以来のプレミアリーグ首位浮上を果たし、8年ぶりのリーグ制覇へ突き進んでいるユナイテッド。しかし、今冬の移籍市場で大幅な戦力アップには乗り出しておらず、昨年10月に獲得合意していたFWアマド・ディアロ・トラオレ(18)を迎え入れたものの、その青田買いのみとなっている。


スールシャール監督はFAカップとヨーロッパリーグ(EL)も勝ち上がっており、3冠の可能性を残す状況だが、タイトルを後押しする戦力確保を否定。好調をキープする現状のスカッドに満足感を示している。

「私はそうは思わない。誰かが加入してきたら驚きだ」

「チームは強いし、クオリティの高いプレーヤーが揃っている。時には選手を放出しなければならないこともある。何か驚くようなことがない限り、加入があるとは思わない」

ユナイテッドは今冬、DFティモシー・フォス=メンサー(23)をレバークーゼンへ売却し、FWオディオン・イガロ(31)が1月末でレンタル期間満了を迎える。2月1日にまでの今冬の移籍期間で指揮官から構想外となっているMFジェシー・リンガード(28)やGKセルヒオ・ロメロ(33)、DFマルコス・ロホ(30)などの去就が注目ポイントになりそうだ。

関連ニュース
thumb

EL16強入りのスールシャール、次の相手は「古巣のモルデが良いね」

マンチェスター・ユナイテッドのオーレ・グンナー・スールシャール監督が次のラウンド進出に満足感を示した。欧州サッカー連盟(UEFA)の公式サイト『UEFA.com』が伝えている。 ヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメント1回戦でレアル・ソシエダと激突したユナイテッド。先の1stレグを4-0の先勝で飾り、25日に本拠地オールド・トラフォードでの2ndレグに臨んだ。 結果は0-0のドローに終わったが、1stレグでの大勝がアドバンテージとなり、ベスト16進出が決定。スールシャール監督は試合後、勝ち上がりが何より大事だと主張した。 「早い段階でPKのチャンスを与えてしまったが、あれを除けば、我々の戦いぶりは良かったと思う」 「チャンスを作って、ボールをもっとうまく動かせたかもしれないが、全体的に良くやってくれた」 「常に勝ちたい。1つか、2つのチャンスもあったが、大事なのは次のラウンドに勝ち進むことだ」 「若い選手は時間が必要。簡単じゃないが、今夜の彼らが活躍するのを見るのは良いことで、良くやってくれたと思う」 なお、26日に抽選会を予定するベスト16での対戦相手について、「もちろん、次のラウンドは私の古巣であるモルデが良いね」とELでの再会を希望している。 2021.02.26 09:30 Fri
twitterfacebook
thumb

古巣OTでEL敗退のときを迎えたヤヌザイ「僕らはよくやった」

レアル・ソシエダのベルギー代表MFアドナン・ヤヌザイが前を向いた。欧州サッカー連盟(UEFA)の公式サイト『UEFA.com』が伝えている。 ヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメント1回戦でマンチェスター・ユナイテッドと激突したソシエダ。先の1stレグで0-4の先勝を許して、25日に敵地での2ndレグに挑んだ。 しかし、巻き返しを狙っての2ndレグは0-0のドロー。12分に獲得したPKのチャンスを不意にして、反撃の糸口を見いだせす、ベスト32での敗退が決定してしまった。 2試合ともに先発したものの、不発に終わったヤヌザイ。試合後、悔しさを滲ませつつ、今後の戦いにシフトした。 「僕らはよくやった。いつくかゴールを決められたかもしれない。もっと良い戦いができたかもしれないが、そうできなかった。これからは他にフォーカスしていかないとね」 「PKのチャンスがあって、得点できたかもしれなかった。(ゴールを決めたら、)状況も変わったかもしれない。常に難しい状況だったね。今は前に進んでいく必要がある」 また、かつてユナイテッドの次代を担う逸材とうたわれたベルギー人アタッカーは古巣オールド・トラフォードでのプレーを振り返っている。 「オールド・トラフォードに戻ってこれたのは素晴らしいこと。ここでプレーした記憶は常にある。僕にとって、特別なことだ」 2021.02.26 08:45 Fri
twitterfacebook
thumb

ELベスト16が決定! イングランド勢が最多3チーム突破もナポリ、レスターら強豪が敗退…

ヨーロッパリーグ(EL)・ラウンド32の2ndレグが25日に行われ、ラウンド16に進出する16チームが出揃った。 グループステージを勝ち抜いた24チームと、チャンピオンズリーグ(CL)グループステージ3位敗退となった8チームを合わせた計32チームで争われたラウンド32。 今ラウンド最多4チームを送り込んだイングランド勢では優勝候補筆頭に挙がるマンチェスター・ユナイテッドが、今大会で強さを見せるスペイン勢のレアル・ソシエダを順当に撃破。 アウェイ扱いとなったトリノでの初戦をブルーノ・フェルナンデスの2ゴールの活躍などで4-0の圧勝を飾り、2ndレグを待たずしてほぼ突破を確実なモノとした。ホームでの2ndレグでは積極的にメンバーを入れ替えた中、相手のPK失敗などもあって0-0のドローで終え、2戦合計4-0で突破を決めた。 オーストリアのヴォルフスベルガーと対戦したトッテナムは初戦をベイルの1ゴール1アシストの活躍で4-1、第2戦ではデレ・アリの1ゴール2アシストの活躍により4-0と控え中心の布陣で圧倒し、2戦合計8-1で余裕の突破を決めた。 また、強豪ベンフィカと対戦したアーセナルは敵地での初戦を1-1のドローで終えてアドバンテージを得たが、ホーム扱いとなったギリシャ開催の2ndレグでは一時逆転を許して敗退の危機を迎えたが、いずれもサカのアシストからオーバメヤンが決めた2ゴールによって最終的に3-2で競り勝って、2戦合計4-3のスコアで突破を決めた。 一方、イングランド勢で唯一の敗退となったのが、スラビア・プラハと対戦したレスター・シティ。今季プレミアリーグ3位チームは敵地での初戦を0-0のドローで終えると、一部主力を温存して臨んだ2ndレグではホームでまさかの0-2の敗戦を喫し、今ラウンドで無念の敗退となった。 イングランド勢と共に優勝候補に挙がるイタリア勢も明暗分かれることに。 フォンセカ監督の古巣ブラガと対戦したローマは、ジェコとマジョラルの2試合連続ゴールの活躍によって2戦合計5-1の大差を付けて順当に突破を決めた。 さらに、インテルOBのスタンコビッチ監督率いるツルヴェナ・ズヴェズダと対戦したミランは、2試合共に一部主力を温存した中で大苦戦を強いられた。それでも、2試合共に相手が退場者を出したこともあり、敵地での初戦を2-2、ホームでの第2戦を1-1のドローで終えて今ラウンド唯一となるアウェイゴール数のアドバンテージを生かして辛くもラウンド16に駒を進めた。 一方、今大会初出場のグラナダと対戦したナポリは、ここ最近の不振を引きずる形で無念の敗退に。攻守に精彩を欠いた敵地での初戦を0-2で終えると、システム変更を施して臨んだホームでの2ndレグではジエリンスキ、ファビアン・ルイスにゴールが生まれるも、モントロにゴールを決められたことで、2戦合計2-3での敗退となった。 その他ではセビージャ時代にEL3連覇を達成したエメリ監督率いるビジャレアル、CLの常連であるシャフタール、アヤックス、オリンピアコスらがベスト16進出。一方、昨季8強のレバークーゼンとホッフェンハイムのドイツ勢2チームが敗退している。 今ラウンドに日本人選手として唯一参戦したアントワープのMF三好康児は、スコットランド王者レンジャーズと対戦。2戦ともに打ち合いの展開となった中、ホームでの初戦を3-4で落とすと、敵地での第2戦は2-5で打ち負けて2戦合計5-9で無念の敗退となった。なお、三好は2試合共に後半終盤からの途中出場に終わった。 なお、ラウンド16の組み合わせ抽選会は26日に行われ、1stレグは3月11日、2ndレグは同18日に開催予定だ。 ◆ELラウンド32 2ndレグ結果 ▽2/24(水) トッテナム 4-0(AGG:8-1) ヴォルフスベルガー ▽2/25(木) アヤックス 2-1(AGG:4-2) リール アーセナル 3-2(AGG:4-3) ベンフィカ ナポリ 2-1(AGG:2-3) グラナダ レンジャーズ 5-2(AGG:9-5) アントワープ シャフタール・ドネツク 1-0(AGG:3-0) マッカビ・テルアビブ ホッフェンハイム 0-2(AGG:3-5) モルデ ビジャレアル 2-1(AGG:4-1) ザルツブルク ローマ 3-1(AGG:5-1) ブラガ ※ミラン 1-1(AGG:3-3) ツルヴェナ・ズヴェズタ レバークーゼン 0-2(AGG:3-6) ヤング・ボーイズ レスター・シティ 0-2(AGG:0-2) スラビア・プラハ ディナモ・ザグレブ 1-0(AGG:4-2) FCクラスノダール クラブ・ブルージュ 0-1(AGG:1-2) ディナモ・キエフ マンチェスター・ユナイテッド 0-0(AGG:4-0) レアル・ソシエダ PSV 2-1(AGG:4-5) オリンピアコス ※アウェイゴール数で上回っての突破 2021.02.26 07:16 Fri
twitterfacebook
thumb

1stレグの大量リードを生かしたユナイテッドがソシエダを退けて余裕の勝ち上がり《EL》

ヨーロッパリーグ(EL)ラウンド32・2ndレグ、マンチェスター・ユナイテッドvsレアル・ソシエダが25日に行われ、0-0で引き分けた。この結果、2戦合計スコア4-0でユナイテッドがベスト16進出を決めている。 1週間前に中立地で行われた1stレグを4-0と完勝していたユナイテッドは3日後にチェルシー戦を控える中、ラッシュフォードやマグワイア、GKデ・ヘアにショーらがベンチスタートとなった以外は主力を起用した。 4日後にレアル・マドリー戦を控えるソシエダに対し、最前線にマルシャル、2列目に右からグリーンウッド、ブルーノ・フェルナンデス、ダニエル・ジェームズと並べたユナイテッドは12分にPKを献上する。 ダニエル・ジェームズがボックス内に侵入してきたゴロサベルを倒してしまった。しかし、キッカーのオヤルサバルは枠の左上に大きく外してしまう。 その後、ややバタついたユナイテッドだったが、徐々に押し込む展開とすると、24分にはブルーノ・フェルナンデスがバー直撃のコントロールシュートを放つ。 さらに36分、ダニエル・ジェームズがヘディングシュートでGKを強襲したユナイテッドが主導権を握った中、0-0のままハーフタイムに入った。 迎えた後半、ブルーノ・フェルナンデス、ワン=ビサカ、フレッジに代え、ラッシュフォード、B・ウィリアムズ、トゥアンゼベを投入したユナイテッドは開始3分にラッシュフォードの直接FKでゴールに迫るも、直後にFKの流れからサニャンのヘディングシュートがバーに直撃するピンチを迎える。 それでも56分にB・ウィリアムズがドリブルシュートで牽制したユナイテッドは、59分に負傷したダニエル・ジェームズに代えてアマド・ディアロを投入。 63分には左CKからトゥアンゼベのヘディングシュートが決まったかに思われたが、その前にリンデロフにファウルがあったとしてVARの末にノーゴールに覆った。 終盤にかけては流し気味にプレーした中、ユナイテッドが0-0で試合を終わらせ、1stレグの大量リードを生かしてベスト16進出を決めている。 2021.02.26 06:58 Fri
twitterfacebook
thumb

リーズFWラフィーニャにユナイテッド&リバプールが関心

リーズ・ユナイテッドに所属するブラジル人FWラフィーニャ(23)にマンチェスター・ユナイテッドとリバプールが関心を寄せているようだ。イタリア『スカイ・スポルト』で働く移籍市場に精通したジャンルイジ・ロンガリ氏が主張している。 スタッド・レンヌでの活躍を受けて、昨夏に1700万ポンド(約25億5000万円)でリーズに加入したラフィーニャ。順応が難しいマルセロ・ビエルサ監督の独特のスタイルにすぐさま順応すると、ここまでリーグ戦20試合5ゴール5アシストを記録。その数字以上に高精度の左足とブラジル人アタッカーらしい多彩な仕掛けを生かした局面の打開力、チャンスメークの精度で存在感を放っている。 そして、ロンガリ氏が伝えるところによれば、すでに多くのビッグクラブの関心を集めている中、とりわけユナイテッドとリバプールが獲得レースを牽引する構えを見せているという。 ユナイテッドはイングランド代表FWメイソン・グリーンウッドに加え、イコートジボワール人FWアマド・ディアロという2人の逸材がプレー可能だが、以前から右ウイングの補強を目指しており、ラフィーニャは打ってつけの存在だ。 加えて、スポルティング・リスボン時代にポルトガル代表MFブルーノ・フェルナンデスと一緒にプレーしており、今季のプレミアリーグでの経験と併せて獲得に動くメリットがある。 一方、ビッグ3のバックアッパーの問題を抱えるリバプール左右のウイングでプレー可能で、ビエルサ仕込みのハイインテンシティにも耐えうるラフィーニャのプロフィールに注目しているが、財政面の問題を抱えているだけに獲得に動くかは移籍金やサラリーを考慮する必要がありそうだ。 2021.02.25 23:40 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly