ウエスカが昨季エルチェを1部昇格に導いたパチェタ氏を新指揮官に招へい

2021.01.13 02:00 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
FW岡崎慎司の所属するウエスカは12日、新指揮官にパチェタ氏(52)を招へいしたことを発表した。ウエスカでは同日、ラ・リーガ18試合を消化して1勝9分け8敗の最下位に沈んでいたことを受け、ミチェル前監督(45)を解任していた。

パチェタ氏はこれまでオビエドやエルクレスの監督を歴任。2018年2月より指揮を執ったエルチェでは昨季、昇格プレーオフを勝ち抜いて1部昇格に導いていた。
コメント
関連ニュース
thumb

「彼のデュエルは最大の見物」スペイン紙は前週に続き久保建英を称賛「ヘタフェを変えた」

20日に行われたラ・リーガ第19節のウエスカ戦で、移籍後初先発を果たした日本代表MF久保建英だが、現地紙からの評価は上々だ。 [4-2-3-1]の2列目の右に入った久保は、80分までプレー。ゴールにはならなかったものの、2本のFKやヘディングシュートなど、右サイドから見せ場を作った。 <div id="cws_ad">◆ヘタフェvsウエスカ ハイライト<script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=zh9vups1v0i11fp7oq5cde6hb" async></script></div> そんな久保に対し、スペイン『マルカ』の採点(3点満点)では、「先発デビューとなった久保と(カルレス・)アレーニャはアスロネス(濃青、ヘタフェの愛称)を変えた」と評しながら2点の評価。これは決勝点を挙げたMFマウロ・アランバッリの3点に続き、チームでも上位だった。 また、スペイン『アス』の採点(3点満点)でも久保は2点。こちらもアランバッリの3点に続き、上々の評価だった。また個人の寸評では「注目に値する。フィジカル面で限界がやってきた時に交代となった。前半でのスペクタクルなテクニック。(ハビ・)ガランと彼のデュエルは最大の見物だった」とその技術を絶賛。 久保加入後2連勝となったヘタフェは、25日に第20節でアスレティック・ビルバオとアウェーで対戦する。 2021.01.21 12:03 Thu
twitterfacebook
thumb

久保建英スタメンデビューのヘタフェが連勝! 岡崎途中出場の新生ウエスカは黒星発進…《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第19節、ヘタフェvsウエスカが20日にコリセウム・アルフォンソ・ペレスで行われ、ホームのヘタフェが1-0で勝利した。なお、ヘタフェのMF久保建英は先発し80分までプレー、ウエスカのFW岡崎慎司は79分から途中出場した。 共に心機一転を図る久保を擁する13位のヘタフェ(勝ち点20)と、岡崎を擁する最下位のウエスカ(勝ち点12)よる日本人対決。 ポジション争いに苦しむビジャレアルとのレンタル契約を早期解消し、ヘタフェに新天地を求めた久保はデビュー戦となったエルチェ戦で途中出場から2点を演出する鮮烈なデビューを飾った。そして、この活躍を受けて、今節ではホームでのスタメンデビューを飾ることになった。 一方、ウエスカは前節のベティス戦の敗戦後にミチェル監督が解任となり、昨夏までエルチェを率いたパチェタ新監督を招へい。指揮官交代によって序列の変化が見込まれた中、岡崎は3試合連続ベンチスタートとなった。 最終ラインが5枚に近い[3-4-3]の布陣を採用した新生ウエスカに対して、ホームのヘタフェは[4-2-3-1]を採用。その中で久保はククレジャ、アレーニャの元バルセロナのカンテラーノ2選手と共に2列目の右に入った。 互いに様子見の入りとなった中、最初の決定機はアウェイのウエスカに訪れる。11分、絶妙な動き出しでオンティベロスのフィードに抜け出したエスクリチェが巧みなボールコントロールから振り向きざまに左足のボレーシュートを放つが、これは左ポストを掠めて枠の左に外れる。 一方、時間の経過と共に相手を押し返したホームチームは久保にいきなりの見せ場が訪れる。まずは14分、左サイドを突破したククレジャのクロスに飛び込むが、ヘディングシュートはミートし切れず枠の右に。続く18分には相手のハンドで得たボックス手前右のFKの場面で左足を振り抜くが、壁の上をうまく越えたシュートはGKの好守に遭う。 前半半ばから終盤にかけても拮抗した展開が続く。28分にはヘタフェの波状攻撃から最後はボックス手前でルーズボールに反応したアランバッリが抑えの利いた右足のダイレクトシュートを放つが、これは惜しくも左ポストを叩く。その後は互いにセットプレーやシンプルなクロスで攻撃の応酬を見せたが、0-0のままハーフタイムを迎えた。 後半はヘタフェが押し込む時間が続く。59分にはボックス手前のアランバッリが強烈なミドルシュートを放つと、これがDFにディフレクトして際どいコースに向かうが、これはGKの好守に遭う。 その後、互いに後半の早いタイミングで交代カードを切って試合の流れに変化を加えていく中、ホームチームが先にゴールをこじ開ける。70分、相手GKのフィードを頭で撥ね返して相手陣内中央のアレーニャに渡る。ここでDF2枚相手にうまくキープしたアレーニャのラストパスに抜け出したアランバッリがボックス右まで持ち込んでGKの股間を抜く技ありのシュートを決め切った。 その後、ビハインドを背負ったウエスカは79分に岡崎をピッチに送り込む。対して逃げ切りを意識したヘタフェは80分、久保を下げてポルティージョを投入。これにより、岡崎と久保は残念ながらすれ違う形となる。 試合最終盤にかけてはウエスカが決死の反撃をみせ、85分にはセオアネのスルーパスに岡崎が抜け出すが、ここは相手GKの飛び出しに阻まれる。さらに、後半ラストプレーではGKまで攻撃参加したCKでゴール前の混戦からゴールネットを揺らすが、ここは競り合いの中でハンドを取られてしまい、土壇場での劇的同点ゴールとはならず。 そして、試合はこのままタイムアップを迎え、久保先発デビューのヘタフェが2連勝。一方、新生ウエスカは善戦も黒星スタートとなった。 2021.01.21 05:09 Thu
twitterfacebook
thumb

【ラ・リーガ第19節プレビュー】共に心機一転の久保vs岡崎の日本人対決! 乾&武藤が首位アトレティコに挑戦!

先々週に開催された第18節では大雪の影響でアトレティコ・マドリーvsアスレティック・ビルバオの一戦が延期となった中、2位のレアル・マドリーはオサスナとのアウェイゲームを0-0のドローで終える痛恨の結果に。一方、3位のバルセロナはグラナダ相手に4-0の快勝を収めている。 先週末のコパ・デル・レイ開催に伴い、ミッドウィーク開催となる第19節では、アスレティックの優勝に終わったスーペル・コパを戦ったバルセロナとマドリー、レアル・ソシエダ、アスレティックがすでに日程を消化。残りの8試合が改めて開催される。 その中で注目を集めるのは、共に心機一転を図るMF久保建英を擁する13位のヘタフェ(勝ち点20)と、FW岡崎慎司擁する最下位のウエスカ(勝ち点12)よる日本人対決だ。 ポジション争いに苦しむビジャレアルとのレンタル契約を早期解消し、ヘタフェに新天地を求めた久保はデビュー戦となったエルチェ戦で最高のデビューを飾った。 加入からまもなくチーム練習なしにぶっつけ本番でメンバー入りを果たすと、相手の退場で数的優位を得た1-1の状況の64分にピッチに送り込まれた背番号5は、得意とする右サイドでプレー。カットインからの左足のシュートで相手GKにセーブを強いると、このこぼれ球をFWマタがタップインし、決勝点をおぜん立て。さらに、積極的な仕掛けから入れたクロスを味方が競ったプレーでPKが与えられ、実質2点に絡む形で3-1の勝利に貢献した。 そして、このデビュー戦で指揮官、チームメイトの信頼を早くも勝ち取った久保はホームデビュー戦となるウエスカ戦でのスタメン起用も期待される。ボルダラス監督は守備面で高強度のプレーを求めるためベンチスタートの可能性もあるが、最下位相手のホームゲームということもあり、攻撃的な采配に期待したいところだ。 対する岡崎在籍のウエスカは前節のベティス戦の敗戦後にミチェル監督が解任となり、昨夏までエルチェを率いたパチェタ新監督を招へい。新指揮官の下で逆転での残留を目指すことに。エルチェ時代には[4-4-1-1]や[4-4-2]を志向しており、岡崎は2トップの一角での起用が見込まれるが、指揮官交代によって序列が大きく変わる可能性もあり、この初陣から積極的なアピールが求められる。 また、MF乾貴士とFW武藤嘉紀を擁する15位のエイバル(勝ち点19)は首位を走るアトレティコ(勝ち点41)との難しい一戦に臨む。前節のレバンテ戦では乾が待望の今季初ゴール、直近のコパ・デル・レイのナバルカルメロ戦では武藤が今季公式戦3ゴール目を挙げたが、いずれの試合も逆転負け。とりわけ、コパ・デル・レイでは3部相手の1-3の惨敗となっており、公式戦連敗中のチーム状況は芳しくない。格上とのこの一戦でも劣勢必至だが、2人のサムライの意地に期待したい。 一方、前節のアスレティック戦は延期も、12日に開催された開幕節延期分でセビージャに2-0の快勝を収めたアトレティコは5連勝を達成。すでにコパ・デル・レイを敗退しており、フレッシュな状態でこのアウェイゲームに臨めるはずだ。ただ、セビージャ戦で圧巻のパフォーマンスを披露したDFトリッピアーが一時処分凍結となっていた賭博問題による10週間の出場停止処分が確定し、再び起用不可となった点は懸念材料だ。ただ、FWジエゴ・コスタの後釜としてリヨンからFWムサ・デンベレが加入しており、デビュー戦でのプレーに注目が集まるところだ。 そのほかでは4位のビジャレアル(勝ち点32)と、7位のグラナダ(勝ち点27)による上位対決、アトレティコ戦完敗からのリバウンドメンタリティが試される6位のセビージャ(勝ち点30)の一戦も注目カードだ。 《ラ・リーガ第19節》 ▽1/19(火) 《27:00》 カディス vs レバンテ バジャドリー vs エルチェ 《29:30》 アラベス vs セビージャ ▽1/20(水) 《27:00》 ヘタフェ vs ウエスカ 《29:00》 ベティス vs セルタ 《29:30》 ビジャレアル vs グラナダ ▽1/21(木) 《27:00》 バレンシア vs オサスナ 《29:30》 エイバル vs アトレティコ・マドリー ▽12/15(火) レアル・マドリー 3-1 アスレティック・ビルバオ ▽12/16(水) バルセロナ 2-1 レアル・ソシエダ 2021.01.19 22:05 Tue
twitterfacebook
thumb

リーガ最下位ウエスカが3連敗後に大ナタ…ミチェル監督らコーチ陣を一斉解任

ウエスカが11日、ミチェル監督(45)の解任を発表した。コーチングスタッフも解任され、総退陣となる。 ミチェル監督は2019-20シーズン当時、セグンダ・ディビシオンに属したウエスカを率いると、チーム最多12得点の元日本代表FW岡崎慎司を得点源に優勝。就任1年目でチームをラ・リーガ昇格に導いた。 <div id="cws_ad"><script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=onx1ii2ozh4b1c286fy0qvkss" async></script></div> しかし、今季はスペイントップリーグの洗礼を浴び、開幕から18試合を消化した時点で1勝9分8敗の最下位。3日に行われた第17節のバルセロナ戦で今季7敗目を喫した段階で解任の怯えを吐露していた。 そして、11日に行われた第18節のベティス戦も0-2で敗れ、今季初の3連敗。ここ5試合で白星から遠ざかる結果も受け、クラブはミチェル監督を含むコーチング陣の一斉解任を決断した格好だ。 なお、後任については現時点で未定。ミチェル監督の解任は岡崎の立ち位置にも影響を及ぼすかもしれない。 2021.01.12 11:55 Tue
twitterfacebook
thumb

ベティスに完敗のウエスカが3連敗… 途中出場の岡崎も決定機を決められず《ラ・リーガ》

岡崎慎司の所属するウエスカは11日、ラ・リーガ第18節でベティスと対戦し0-2で敗戦した。岡崎は80分からプレーした。 今季リーグ戦1勝で最下位に沈むウエスカ(勝ち点12)が、12位のベティス(勝ち点20)をホームに迎えた一戦。今季2勝目を目指すウエスカは、前節のバルセロナ戦から先発を3人変更。ミッドウィークのコパ・デル・レイ2回戦でフル出場した岡崎は、リーグ戦2試合連続のベンチスタートとなった。 試合が動いたのはゴールレスで迎えた後半。一進一退の展開が続く中、ベティスは78分にフェキルのパスで右サイド深くまで侵入したエメルソンのクロスをニアでマンディが合わせ、ゴールネットを揺らした。 先制を許したウエスカは、80分にモスケラを下げて岡崎を投入。すると82分、インターセプトを狙ったアコクが後方からのタックルで岡崎を倒すと、この試合2枚目のイエローカードで退場処分となった。 数的優位となったウエスカは、後半アディショナルタイム1分に決定機。バイタルエリア手前からオンティベロスがゴール前に浮き球のパスを送ると、飛び出した岡崎が後方からのボールに左足で合わせたが、しっかりミートできず、シュートは惜しくもGKブラボにキャッチされた。 すると逆にベティスは93分、自陣からロングカウンターを仕掛けるとドリブルで持ち上がったサナブリアが右サイドへ展開。これを受けたフェキルのクロスをゴール前に駆け上がったサナブリアがダイビングヘッドでゴールに叩き込んだ。 結局、試合はそのまま0-2でタイムアップ。ウエスカは3連敗。一方、勝利したベティスは3試合ぶりの白星となった。 2021.01.12 07:40 Tue
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly