久保建英、ぶっつけ本番で2得点に絡むヘタフェデビュー! 指揮官も「本当によくやってくれた」と賛辞

2021.01.12 10:20 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ヘタフェのホセ・ボルダラス監督が日本代表MF久保建英に賛辞を送っている。スペイン『マルカ』が報じている。8日にヘタフェ入りが決定したばかりの久保だが、11日に敵地で行われたラ・リーガ第18節のエルチェ戦でさっそく遠征メンバー入り。スペインを襲う記録的な積雪の影響でとレーニングもせずの一戦だったが、ベンチ入りすると、64分からピッチに立った。

その久保は1-1の69分に放った左足シュートが味方の勝ち越しゴールに繋がり、続く84分にも相手のPKを誘発させるクロスを披露。ぶっつけ本番だったが、2ゴールに絡む形で上々のデビューを果たした。ボルダラス監督もその活躍ぶりに満足しているようだ。

4試合ぶりの勝利を手にしたボルダラス監督は試合後、「非常に満足している。グループとしての素晴らしい勝利だ」と誇ると、久保についての感想を問われ、称賛した。

「彼とは何日も前から話をして、連絡を取り合ってもいた。マドリードに到着したのは金曜日だったが、複雑な状況もあって、家で孤立しなければならなかったんだ。彼とは我々についてだったり、ピッチのどこで助けてほしいかを話した」

「今日もホテルで彼に対して、ピッチに入った際の役割を説明したが、本当に良くやってくれたよ。2つのアクションで1-2の勝ち越しを呼び込み、アンヘル(・ロドリゲス)のPK奪取に導いたのだ。このチームを助けるためにやって来てくれた」

◆久保建英が早速ゴールに絡む!
コメント
関連ニュース
thumb

久保建英が日本サッカーや東京五輪に言及、「得意じゃない」TVゲームは「自分が出てくるのは感慨深い」

今冬にヘタフェへレンタル移籍した日本代表MF久保建英が、クラブのインタビューに応じ、日本サッカーや自身が海外でプレーする意義、また東京オリンピックへの想いを語った。 久保は、マジョルカでラ・リーガ最初のシーズンを過ごすと、今シーズンはステップアップを求め、ビジャレアルへとレンタル移籍。しかし、ウナイ・エメリ監督の信頼を得られずラ・リーガでは途中出場が続くと、出場機会を求めて移籍を志願。ヘタフェに加入することが決定した。 ヘタフェ加入後は3試合に出場。チームは2勝1分けと結果を残し、降格圏を脱出。久保もゴールこそ決めていないが、得点に繋がるプレーを見せ、早速違いを生み出している。 すでにファンの心も掴みつつある久保だが、スペインではその落ち着きに注目が集まっている。 久保はその点について「日本での話にはなりますが、なんで自分がこんなに落ち着いているかというと、そんなに落ち着いているとは思っていません。やっぱり、小さい頃からプロに上げてもらって、大人の選手たちとピッチ内外でコミュニケーションをとることが、今の自分の喋り方やあり方に繋がっているかなと思います」と語り、15歳でプロの世界に入った影響が大きいと自己分析をした。 久保には日本のファンのみならず、メディアからも大きな注目を集めるが、その点については「リーガでプレーしたい選手が色々いる中で、こうやって自分がリーガで良い試合をできたり、幸せなことに注目してもらえるということは、本当に自分にとっても日本にとってもすごく良いことだと思うので、これからしっかり頑張っていけたらと思います」とコメントした。 一方で、プレッシャーを感じるかという質問には、「こうやってファンだったり色々な人たちが自分に注目してくれるということは、結果や良いゲームで返していかなければいけないと思います。責任というよりは、要求という風に期待値が高い分、自分もいいプレーで答えるのが筋なのかなとは思います」と語り、期待に応えていきたいと意気込みを語った。 日本でのサッカー人気について久保は自身の見解を語り、海外でプレーする選手が出てくること、そしてその経験を生かしていくことで、日本サッカーを発展させたいと語った。 「やっぱりサッカー強豪国ではないですが、強豪国になろうとしているのが今の日本の現状だと思っていて、そういった中で、リーガだったりプレミアリーグだったり、強いリーグに追いつこうと思ってJリーグもやっていると思いますし、サッカー協会もやっていると思います。そういった意味で、自分のような選手がどんどん出てくることが大事だと思いますし、こういった経験を自分が生かしていければいいかなと思います」 本来であれば2020年に開催される予定だった東京オリンピック。久保も出場資格を持っている大会だが、世界中で猛威を振るう新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受けて1年延期となった。 しかし、現在も新型コロナウイルスの感染は収まっておらず、開催も危ぶまれている状況。久保は、この状況では「健康が一番」としながらも、出られる可能性を考えて準備する必要があるとした。 「まずはやっぱり健康が第一なので、今の状況でオリンピックに出たいとかに出たいとかそういうことを言うつもりは全くないですが、選手の義務としてはタラレバですけど、開催できた時のために、100%の力で準備しておくというのは、開催できるとなった時の選手の義務だと思うので、それはどのスポーツも関係なく、自分たちも開催されるか分からないですけど、された時のために準備というのは必要なのかなと思います」 プライベートな面では、サッカー選手の多くが興じるテレビゲームがあるが、久保は「得意ではない」とコメント。それでも、選手として活躍し、ゲームに登場することは嬉しいと語った。 「自分はゲームが得意な方ではないので、プレイステーションのようなゲームは得意じゃないです。でも、やっぱり見るのは楽しいです。例えば、自分の小さい頃の目標として、(ゲームを)やる側ではなく、見る側ではなく、(ピッチで)プレーする側に周りたいというのがあって、自分のキャラクターがゲームに出てくるのは非常に感慨深いです」 <div id="cws_ad" style="text-align:center;"><script>var video_id = "lF5_nzAsun8";</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script></div> 2021.01.28 13:05 Thu
twitterfacebook
thumb

久保建英のファーストインタビュー、ヘタフェの印象やラ・リーガを語る「成長できそうな環境」「目の前の試合が一番大事」

今冬にヘタフェへレンタル移籍した日本代表MF久保建英が、クラブのインタビューに応じ、近況などを語った。 久保は、2019-20シーズンはレアル・マドリーからマジョルカへレンタル移籍。残留争いの中、ラ・リーガで35試合に出場し4ゴール5アシストを記録した。 今シーズンはステップアップを求め、ビジャレアルへとレンタル移籍。しかし、ウナイ・エメリ監督の信頼を得られずラ・リーガでは途中出場が続くと、出場機会を求めて移籍を志願。ヘタフェに加入することが決定した。 ヘタフェに加入してから約3週間が経過した久保は、ここまでのヘタフェでの印象について「あまり時間も経っていなくて、まだ色々なところを知れているわけではないですが、この2週間弱で見てきたものは、自分が成長できそうな環境だなと思いました」とコメント。良い印象を持っていると語った。 チームメイトについても「このチームは愉快な仲間たちというか、言い方は変ですが、明るい選手が多くて、チームとしても明るいなという印象がすごくあります。そういったチームは、新加入選手にとって非常に良い環境なのかなと思います」と語り、加入したばかりながらチームにフィットできていると語った。 久保はトレーニングに参加しないままデビューを果たしたエルチェ戦でゴールに絡むと、ウエスカ戦では初先発。チームの連勝に貢献すると、アスレティック・ビルバオ戦は敗れたものの、先制点の起点となるボール奪取を見せていた。 チーム状況については「1週間単位でチームの状況だったり順位が変わっていて、過去の事は、自分が来てから2試合勝って1試合負けていますけど、全部忘れるつもりで、次の日曜日に向けて全力で向かっていきたいと思います」と語り、31日に予定されているラ・リーガ第21節のアラベス戦が重要だと語った。 <div id="cws_ad"><script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=1u3cx21ry382zlmu4q4j5cy4" async></script></div> 久保加入後の連勝により、ヘタフェは降格圏を脱出した一方で、降格圏の18位アラベスと7位のグラナダの勝ち点差が「10」となっており、混戦状態が続いている。 久保は今シーズンのラ・リーガについて「今年は結構、チーム同士の均衡が保たれていると思いますし、6ポイントから8ポイント差のところに10チームぐらいがいる状況で、どのチームも弱みと強みがありながら、その弱みと強み、弱みについては上手く見せないように戦っていると思います。自分たちも含めて。そういったところで今年は均衡が保たれていると思います」と語り、「今週の試合、目の前の試合が一番大事という事は変わらないですし、そのあとに2、3試合非常に難しい試合が来ることも事実です。しっかりと勝ち点3を拾うことが大事だと思います」と語り、セビージャ、レアル・マドリー、レアル・ソシエダと続くその後の戦いも見据えた。 最後にヘタフェファンへメッセージ。現在は無観客となっている現状でも、最大限のプレーで期待に応えたいと語った。 「こんにちは、久保建英です。残りのシーズンはヘタフェで自分ができる最大限のことをやっていきたいと思いますし、無観客試合でいつ観客が入るかは分からないですけど、観客が入った時に、観客がいなくても変わらないですが、より一層最大限のプレーで期待に応えられるように頑張りたいと思います」 <div id="cws_ad" style="text-align:center;"><script>var video_id = "lF5_nzAsun8";</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script></div> 2021.01.28 11:30 Thu
twitterfacebook
thumb

「クボのボール奪取から…」途中交代久保は大敗ヘタフェの中ではまずまずの評価に

久保建英の所属するヘタフェは25日、ラ・リーガ第20節でアスレティック・ビルバオとアウェイで対戦し1-5と大敗した。右サイドハーフで2試合連続の先発出場となった久保は69分までプレーした。 ヘタフェは開始20秒で先制するも、そこからは試合の主導権を握られ、FWハイメ・マタのPK失敗もあり、ビルバオの攻撃を止められず今季最多5失点で大敗。スペイン紙では久保を含む多くの選手が低評価となった。 <div id="cws_ad">◆久保のボール奪取から20秒でゴール<script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=dpgkc208eugt1rzxtev4kcmy1" async></script></div> スペイン『アス』の採点(3点満点)では、先制ゴールをマークしたMFマルク・ククレジャのみが2点評価で、久保を含む5名が1点、それ以外の選手は採点がなく、久保には「多くの場面で顔を出したが、そのほとんどは成功しなかった。彼がやってきてから最もグレーな試合。途中交代となった」という寸評がつけられている。 また、『アス』では久保がキックオフ直後の場面で相手のパスをカットし、先制点のきっかけとなったシーンを抜粋して紹介。「ヘタフェは開始20秒で、元バルサ選手の素晴らしいアシストからククレジャのパーフェクトなフィニッシュで先制した。そのプレーの前には久保のボール奪取があった」と評価している。 一方、スペイン『マルカ』の採点(3点満点)では、ククレジャとMFカルレス・アレーニャの二人に2点がつけられ、久保を含む大半のヘタフェの選手は1点評価となっている。 2021.01.26 18:16 Tue
twitterfacebook
thumb

「力強い守備をした」大敗のヘタフェ監督、久保建英のパフォーマンスは評価「多くを与えてくれる」

ヘタフェのホセ・ボルダラス監督が、アスレティック・ビルバオ戦を振り返った。スペイン『マルカ』が伝えた。 日本代表MF久保建英が加入して以降は、2連勝を飾り、降格圏を脱出していたヘタフェ。勝ち点差「2」で迎えたビルバオとの一戦は、いきなり久保が見せる。 開始20秒、キックオフから右サイドに展開すると、久保の折り返しをニアで受けたハイメ・マタの落としからカルレス・アレーニャがクロスを供給。これをファーサイドで待ち構えたマルク・ククレジャがヘディングシュートをゴール左に突き刺す。 幸先良いスタートを切ったヘタフェだったが、13分にラウール・ガルシアのゴールで追いつかれると、後半に4失点。5-1で敗れていた。 3連勝を目指し好スタートを切ったものの、大量失点で敗戦となったヘタフェ。ボルダラス監督は試合後に久保のパフォーマンスについて評価。守備面での貢献を語り、パフォーマンスには満足感を示した。 <div id="cws_ad">◆久保のボール奪取から20秒でゴール<script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=dpgkc208eugt1rzxtev4kcmy1" async></script></div> 「久保建英は、とても真面目で力強い守備をしていた。今日はほとんど試合に関与できていなかった。ハーフタイムに話をしたが、もっとインサイドに入らなければいけないと話した。右ウイングに近く、(ビルバオのミケル・)バレンシアガが立ちはだかっていた」 「少し改善し、試合に関われるようになったが、失点してしまっては改善した意味がない」 「圧倒的な敗戦だったため、チームの攻撃を評価することはできない。久保建英はたくさんのことを与えてくれるので喜ばしい」 「今日、我々は皆悲しい。次のゲームについて考えなければならない」 2021.01.26 14:10 Tue
twitterfacebook
thumb

後半に失点を重ねたヘタフェが今季最多5失点で大敗…久保は69分までプレー《ラ・リーガ》

久保建英の所属するヘタフェは25日、ラ・リーガ第20節でビルバオとアウェイで対戦し1-5と大敗した。久保は69分までプレーした。 2連勝中の12位ヘタフェ(勝ち点23)が、13位ビルバオ(勝ち点21)のホームに乗り込んだ一戦。今季初の3連勝を目指すヘタフェは、前節のウエスカ戦と同じ先発メンバーを選出。久保は右MFで2試合連続の先発出場となった。 試合は開始20秒でヘタフェが先制する。キックオフから右サイドに展開すると久保の折り返しをニアで受けたマタの落としからアレーニャがクロスを供給。これをファーサイドで待ち構えたククレジャがヘディングシュートをゴール左に突き刺した。 先制したヘタフェは、6分にピンチを迎える。ベンセドールのロングパスで裏に抜け出したイニャキ・ウィリアムズがボックス左ライン際で飛び出したGKと交錯すると主審はPKを与える。しかし、VARのレビューの結果、足はかかっておらずPKは取り消しとなった。 何とかPKのピンチを凌いだヘタフェだったが、ビルバオに一瞬の隙を突かれ失点する。13分、バイタルエリア左でパスを受けたムニアインのクロスをゴール前に走り込んだラウール・ガルシアがジャンピングボレーでゴール左隅に流し込んだ。 一進一退の展開が続く中、ヘタフェは28分にチャンス。敵陣でパスをカットしたアレーニャがボックス左にループパスを送ると、ボックス内でククレジャと競り合ったウナイ・ヌニェスの腕に当たりPKを獲得。しかし、マタのPKは完璧に反応したGKウナイ・シモンに左手一本で弾かれた。 1-1で迎えた後半、先にスコアを動かしたのはビルバオ。50分、左サイドで獲得したFKからムニアインがクロスを供給すると、ボックス中央のジェライがヘディングシュートでゴール右隅に流し込んだ。 後半立ち上がりに失点を喫したヘタフェは、61分にもバレンシアガの左クロスからラウール・ガルシアにゴールネットを揺らされ、3失点目。さらに75分には、ボックス右から仕掛けたイニャキ・ウィリアムズのグラウンダーのクロスをファーサイドのベレンゲルに決められた。 攻撃の手を緩めないビルバオは、82分にもウナイ・ロペスのスルーパスで左サイドを突破したビジャリブレのクロスをデ・マルコスが右足で流し込み、5ゴール目を記録した。 結局、試合はそのまま1-5でタイムアップ。電光石火弾で先制したヘタフェだが、ビルバオの攻撃を止められず今季最多5失点で大敗した。 2021.01.26 07:22 Tue
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly