「久保建英は素晴らしいタレント」名手シャビ・アロンソが才能を高く評価「重要な役割を果たす」

2020.11.26 18:15 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
現役時代にはリバプールとレアル・マドリーでチャンピオンズリーグを制覇し、現在はレアル・ソシエダのBチームで指揮を執るシャビ・アロンソ監督が、自身のキャリアとヨーロッパリーグについて語った。『UEFA.com』が伝えた。現役時代はレアル・ソシエダ、エイバル、リバプール、レアル・マドリー、そしてバイエルンでプレー。2017年7月に現役を引退したシャビ・アロンソ。スペイン代表としても114試合に出場し16ゴールを記録するなど、一時代を築いた1人だ。

◆GKも棒立ち!久保建英の衝撃バックヒールショット!

キャリアの中でチャンピオンズリーグでは119試合でプレーし6ゴール7アシストを記録。前述の通りリバプールとレアル・マドリーでビッグイヤーを獲得したほか、スペイン代表しては2008年と2012年のユーロ、2010年の南アフリカ・ワールドカップを制覇。その他にも、数多くのタイトルを獲得して来た。

引退後の2018年8月には古巣のマドリーでユースコーチに就任。2019年7月からは自身が育ったソシエダのBチームの監督を務めているシャビ・アロンソ。ファーストチームのソシエダも出場しているヨーロッパリーグを注目して見ているようだ。

今シーズンのヨーロッパリーグで注目すべき選手については、「私はソシエダのセカンドチームの監督であり、ミケル・オヤルサバルミケル・メリノマルティン・スビメンディなどの選手が素晴らしいサッカーを見せている」とファーストチームの選手をピックアップ。「今シーズンのヨーロッパリーグで素晴らしい戦いをすることについて、我々は本当に楽観的だ。彼らのプレーは、誰にでも勝つことができる。本当に決心が固く、献身的だからだ」と選手たちの献身性の高さを評価。「どこと対戦しても彼らは変わらない」とし、ブレないチームの方針がカギだと語った。

一方で、優勝候補もたくさんあるとし、「多くのチームがある。アーセナル、ローマ、ミラン。また、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)のグループ3位のチームは、素晴らしい選手をヨーロッパリーグに連れてくる。決断するにはまだ早いね」とコメント。強豪クラブがある中で、CLからも強力なチームが参戦してくると語った。

その他の注目としては、「ビジャレアルも注目すべきチームだ」とコメント。「ウナイ・エメリ監督は経験があり、素晴らしい選手も多くいる」とセビージャ時代にヨーロッパリーグを3度制している監督の手腕に注目した。

さらに、日本代表MF久保建英についても触れ、「久保建英は素晴らしいタレントだ。昨シーズンはマジョルカで、違いを見せる選手になることで、チームに違うタイプの試合を提供することを披露した」と昨シーズンの活躍を評価。「今シーズンのビジャレアルのようなチームでは、彼は重要な役割を果たすことができるだろう」と語り、チームに影響を及ぼすことができると高く評価した。
関連ニュース
thumb

ビジャレアル、トップチーム関係者から2名のコロナ陽性反応…来月にはチェルシーとのスーパー杯

ビジャレアルは23日、トップチームから新型コロナウイルスの陽性例が2件確認されたことを報告した。 該当人物が選手なのかコーチ陣、もしくはスタッフなのかは明記されていないが、これを受けてクラブは、ブダペスト・ホンヴェードとのプレシーズンマッチを含むハンガリー遠征および、ディナモ・キエフ戦とヘルタ・ベルリン戦が予定されていたオーストリア遠征を中止することを決定した。 一方、現状では31日にヴェロドロームで行われるオマルセイユ戦は行う模様。8月11日にはチェルシーとのスーパーカップが控えているが、感染拡大を抑えることはできるだろうか。 2021.07.24 16:09 Sat
twitterfacebook
thumb

ビジャレアルCBフネス・モリ、サウジへ! アル・ナスル移籍が決定

サウジアラビア1部のアル・ナスルは22日、ビジャレアルから元アルゼンチン代表DFラミロ・フネス・モリ(30)の獲得を発表した。1年延長オプションが付いた2年契約での加入となる。 フネス・モリは母国の名門リーベル・プレート出身で、2015年9月のエバートン移籍を機に欧州進出を果たした左利きのセンターバック。2018年夏にビジャレアル入りして、公式戦通算74試合に出場した。 だが、アルゼンチン代表としても26キャップを誇る経験豊富な守備者は2年目以降、ケガだけでなく、スペイン代表DFパウ・トーレスの台頭で序列が低下。昨季はラ・リーガ10試合の出場にとどまった。 そんなフネス・モリはビジャレアルとの契約を来季まで残す状況だったが、スペイン『アス』によると、スペインの数クラブから関心があるなかで、アル・ナスルが獲得合意に至ったようだ。 なお、今回のアル・ナスル行きで発生した移籍金額は推定で250万ユーロ(約3億2000万円)。ビジャレアル加入時は880万ユーロ(現レートで約11億4000万円)だったという。 2021.07.23 14:10 Fri
twitterfacebook
thumb

元コロンビア代表FWバッカがグラナダに加入、昨季はビジャレアルでプレー

グラナダは13日、元コロンビア代表FWカルロス・バッカ(34)の加入を発表した。 バッカは2012年1月に母国のフニオールからクラブ・ブルージュへと加入し、ヨーロッパに活躍の場を移すと、その後はセビージャ、ミラン、ビジャレアルでこれまでプレーした。 これまでラ・リーガでは通算182試合に出場し62ゴール26アシストを記録。ミラン時代には公式戦77試合で34ゴール8アシストを記録していた。 ビジャレアルでは最も試合に出場し公式戦144試合で43ゴール15アシストを記録。2020-21シーズンはラ・リーガで23試合5ゴール、ヨーロッパリーグで9試合3ゴール2アシスト、コパ・デル・レイで3ゴール1アシストを記録していたが、シーズン終了後に契約満了が発表されていた。 またコロンビア代表としても52試合で16ゴールを記録。2018年10月を最後に招集されておらず、今夏のコパ・アメリカ2021もメンバー外だった。 <span class="paragraph-title">【動画】バッカ、キレあるドリブルでGKをかわしゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJrY3NTaTR3eSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.07.14 08:53 Wed
twitterfacebook
thumb

ビジャレアル、スタッド・ランスから昨季ブレイクのFWディアを獲得!

ビジャレアルは13日、スタッド・ランスに所属するセネガル代表FWブライェ・ディア(24)を完全移籍で獲得した。契約期間は2026年6月30日までとなる。 2018年の夏にジュラ・スッド・フットからスタッド・ランスに加入したディアは、足元でボールを操るテクニックとスピードを兼ね備え、パワフルな右足のシュートをストロングポイントとするストライカー。 スタッド・ランスでは在籍3年間で公式戦88試合に出場し28ゴールをマーク。特にブレイクした昨季は、リーグ・アンで14ゴールを挙げるなど、公式戦39試合で16ゴール1アシストを記録した。 フランスとセネガルの二重国籍を有するディアは、2020年10月にセネガル代表に初招集されると、10月9日に行われたモロッコ代表との国際親善試合で代表デビュー。これまで通算5試合に出場している。 2021.07.14 08:00 Wed
twitterfacebook
thumb

ビジャレアル、バッカとの契約を満了

ビジャレアルは7日、コロンビア代表FWカルロス・バッカ(34)との契約を満了したことを発表した。 セビージャで活躍し、ミランを経て2017年夏に買い取りオプション付きのレンタルでビジャレアルに加入したバッカ。移籍初年度にラ・リーガで15ゴールを挙げて完全移籍に切り替わったものの、その後は不振に。 2018-19シーズンは6ゴール、2019-20シーズンは2ゴール、そして2020-21シーズンは5ゴールに終わっていた。 ビジャレアルでの在籍4年間では公式戦144試合に出場して43ゴール15アシストを記録していた。 2021.07.08 07:00 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly