止まらないハーランド、CLでの通算ゴール数が早くもロナウド超え

2020.11.26 17:03 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ドルトムントのノルウェー代表FWアーリング・ハーランドが驚異的なペースでゴールを量産している。

ドルトムントは24日、チャンピオンズリーグ(CL)グループF第4節でクラブ・ブルージュとホームで対戦し、3-0で勝利。ハーランドは2ゴールを奪い、勝利に大きく貢献した。

◆全盛期のマラドーナがナポリで見せたスーパーゴール集


ハーランドはこれで今季のCL4戦連発となる6ゴール目を記録。CL通算では、昨季と合わせて12試合で16ゴールとなり、元オランダ代表FWルート・ファン・ニステルローイ氏と元スペイン代表FWロベルト・ソルダードが持っていた19試合15ゴールという記録を超えて、史上最速でのCL15ゴール達成を果たした。

また、イギリス『デイリー・メール』によれば、元ブラジル代表FWロナウド氏(14ゴール)、現レアル・マドリー指揮官のジネディーヌ・ジダン氏(14ゴール)、さらにはヴィッセル神戸でも活躍した元スペイン代表FWダビド・ビジャ氏(13ゴール)など、錚々たるメンバーの得点数をすでに上回っているとのことだ。

ドルトムント加入後も公式戦31試合33ゴールと得点を量産し続けているハーランド。今後も様々な記録を更新することになるだろう。



コメント
関連ニュース
thumb

「寒くない?」チェルシーで再会濃厚のプリシッチとトゥヘル、ドルトムント時代に見せた親子のようなやりとりが話題に

25日に、フランク・ランパード監督が解任されたチェルシー。昨年末にPSGの監督を解任されたトーマス・トゥへル氏の就任が噂されている。 仮にトゥヘル氏が着任した場合には、ドルトムント時代の教え子であるアメリカ代表FWクリスチャン・プリシッチと再会を果たすことになるが、当時18歳だったプリシッチとトゥヘル氏の間に起きた微笑ましい出来事が話題になっている。 2016年12月3日に行われたブンデスリーガ第13節のボルシアMG戦で、4-1とドルトムント大量リードの78分、ベンチスタートだったプリシッチがトゥヘル監督に呼ばれ、MFマルコ・ロイスとの交代準備に入る。 12月のドイツは気温が氷点下になることもあるくらい寒いが、手先が冷えたのかタッチライン際で待つプリシッチは両手を擦り、温めていた。すると、それを見たトゥヘル監督が近寄り、「ここは温かいぞ」と言わんばかりにベンチコートのポケットを広げてみせた。 このやり取りに2人は笑みを浮かべ、実際に手を入れることはなかったものの、当時18歳の少年の緊張をほぐすには程よい出来事となったはずだ。 チェルシーにはドイツでプレーしたプリシッチ以外にも、FWティモ・ヴェルナー、MFカイ・ハヴェルツ、DFアントニオ・リュディガーといったドイツ人選手も在籍しているだけに、ドイツ人指揮官であるトゥヘル氏の就任がもたらす好影響も大きそうだ。 <div id="cws_ad">◆当時18歳のプリシッチとトゥヘルがタッチライン際で見せた微笑ましいやり取り<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">When Thomas Tuchel offered to keep Christian Pulisic&#39;s hands warm <br><br>(via <a href="https://twitter.com/Bundesliga_EN?ref_src=twsrc%5Etfw">@Bundesliga_EN</a>) <a href="https://t.co/tTXAdphLrE">pic.twitter.com/tTXAdphLrE</a></p>&mdash; ESPN FC (@ESPNFC) <a href="https://twitter.com/ESPNFC/status/1353812108484476928?ref_src=twsrc%5Etfw">January 25, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.01.26 19:00 Tue
twitterfacebook
thumb

「アマチュアチームのような振る舞い」リーグ7位と低迷のドルトムント、ドイツ代表OBが酷評

ドイツ代表のレジェンドであるローター・マテウス氏が、不振に苦しむドルトムントを酷評している。ドイツ『シュポルト・ビルト』が伝えた。 ドルトムントは12月、3シーズン目を迎えていたルシアン・ファブレ監督を解任。アシスタントコーチを務めていたエディン・テルジッチ氏を、後任として指揮官に就任させた。しかし、テルジッチ監督就任後もリーグ7試合で3勝1分け3敗と、苦戦は続いている。 22日に行われたブンデスリーガ第18節ボルシアMG戦では2-4で敗戦し、これでリーグ3試合未勝利に。順位は7位まで下降しており、タイトルどころかトップ4の確保も危うい状況になっている。 こうした状況に対して、マテウス氏はドルトムントの姿勢を酷評しており、タイトルはますます遠ざかっていると断言した。 「負けるチームはどこであれ、決定的な瞬間に多くのことを間違っているものだ。にもかかわらず、彼らはファンやメディア、そして自分自身に、そこまでひどいプレーはしていない、合格点に近いプレーもあったと言い続けている。それでは不十分だし、ドルトムントのようなビッグクラブではなおさらだ」 「彼らはリーグでチャンピオンになりたいはずだ。しかし、18試合が終わった時点で、首位バイエルンとは勝ち点差13、4位ヴォルフスブルクとは勝ち点差3となっている。そして、8位ウニオン・ベルリンとの勝ち点は1しか離れていない」 また、マテウス氏は不安定なパフォーマンスが続くドルトムントに対して、このままだと来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権を逃す可能性についても言及。仮にCL出場権を逃せば、大きな悪影響が出るだろうと語った。 「彼らはワールドクラスのゴールを決められる一方、普通の試合ではまるでアマチュアチームのような振る舞いを定期的に見せる。RBライプツィヒに勝ち、マインツに圧倒されるチームだ。それは、何年も前からそうだったね」 「もし彼らがCLを逃したら、かなりの打撃になるはずだ。財政面はもちろん、何より評判と対外的なイメージに大きなダメージを負うだろう」 2021.01.26 14:02 Tue
twitterfacebook
thumb

バイエルンとドルトムントがボルシアMGのノイハウスに関心か

ボルシアMGのドイツ代表MFフロリアン・ノイハウス(23)に多くのビッグクラブが関心を寄せているようだ。 ノイハウスは2017年夏に1860ミュンヘンからフリーでボルシアMGに加入。フォルトゥナ・デュッセルドルフへのレンタル移籍を経て、チームでの地位を確立していった。 昨年10月にはドイツ代表デビューを果たしており、そのトルコ代表戦でいきなり初ゴールも記録。今季もここまでブンデスリーガ17試合3ゴール4アシストを記録し、特にここ数カ月で急速な成長を遂げていると、ドイツメディアは舌を巻いている。 そんなノイハウスに触手を伸ばしているのが、バイエルンとドルトムントの国内屈指のビッグクラブ。両クラブとも今夏の獲得を見込んでいるようだが、ドイツ『Sport1』によると、2024年6月まで契約を残す同選手の市場価値はおよそ4000万ユーロ(約50億円)。バイエルンはともかく、ドルトムントがこの金額を払えるか疑問があるという。 また、次世代を担うドイツ代表MFへの関心が聞かれるのはドイツだけでなく、レアル・マドリーやトッテナムといった欧州列強のビッグクラブも注目しているようで、近いうちに争奪戦が繰り広げられることになりそうだ。 2021.01.25 17:58 Mon
twitterfacebook
thumb

連敗で7位転落のドルトムント、クラブSDは指揮官への信頼強調「一緒に道を歩んでいく」

ドルトムントのスポーツ・ディレクター(SD)であるミヒャエル・ツォルク氏が、現状に危機感を抱きつつも、エディン・テルジッチ監督への信頼を強調した。ドイツ『シュポルト・ビルト』が伝えている。 ドルトムントは12月、成績不振を理由にルシアン・ファブレ監督を解任。当時アシスタントコーチを務めていたテルジッチ氏を、今シーズン限りの契約で後任に据えた。 しかし、チームはその後も好転せず、テルジッチ監督の就任後リーグ7試合で3勝1分け3敗と、期待されていた結果は残せていない。現在はリーグ3試合白星から遠ざかっており、22日に行われたブンデスリーガ第18節ボルシアMG戦では、2-4のスコアで敗戦。今季7敗目を喫している。 この結果、リーグ順位は7位まで下降しており、来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得が危ぶまれる状況だ。仮にCL出場権逃せば、ただでさえ新型コロナウイルス(COVID-19)の影響で財政にダメージを受けているクラブにとって、さらなる打撃となる恐れもある。 こうした現状を受け、ツォルク氏はドイツ『BamS』に対して「CLの出場権獲得は、全ての人、物事に優先されなければならない」と断言。一方で、テルジッチ監督への信頼も強調しており、これからのチームの改善を期待した。 「エディンはこのクラブで多くの正しいこと始めたと思う。我々は、彼と一緒に道を歩んでいくつもりだ」 「3試合未勝利な以上、今のチームは多くの批判を受けることになるだろう。それは受け止めなければならない。そのうえで、今シーズン掲げている目標を達成するため、これから全力で取り組んでいく必要があるんだ」 2021.01.25 13:28 Mon
twitterfacebook
thumb

ボルシアMGが撃ち合い制して4位浮上! 4失点のドルトムントは後半戦初戦で昨季に並ぶ7敗目…《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第18節、ボルシアMGvsドルトムントが22日にシュタディオン・イム・ボルシア・パルクで行われ、ホームのボルシアMGが4-2で勝利した。 直近3勝1分けと好調を維持する7位のボルシアMG(勝ち点28)は、前節ブレーメンに1-0で競り勝ち良い形でシーズンを折り返した。難敵ドルトムントとの後半初戦に向けてはブレーメン戦から先発3人を変更。ヴェントとヴォルフ、ヘアマンに代えてベンセバイニ、ザカリア、シュティンドルを起用。また、唾吐きで5試合の出場停止を科されていたテュラムと、コロナ禍でのパーティー問題で批判に晒されるエンボロが揃ってベンチに入った。 一方、前節レバークーゼンに競り負けて直近2戦未勝利で前半戦を終えた4位のドルトムント(勝ち点29)。来季新指揮官として招へいも噂されるローゼ監督率いるチームとのアウェイゲームでは、レバークーゼン戦から先発2人を変更。出場停止のデラネイに代わって出場停止明けのジャンが復帰し、ムニエに代わってモレイが右サイドバックに入った。 注目の強豪対決はいきなり動く。開始40秒過ぎにドルトムントの自陣ボックス付近でのボール回しにプレッシャーをかけたボルシアMGがボックス手前でホフマンがベリンガムからボール奪取。すぐさま近くでパスを受けたノイハウスが左足のシュートを放つと、DFフンメルスが出した足に当たってコースが変わりゴール左隅に決まった。 ホームチームの電光石火の先制点かに思われたが、主審によるオンフィールドレビューの結果、ホフマンのボール奪取がプッシングと判断されてゴールは取り消しとなった。 開始早々のゴールは逃したものの、アグレッシブさで勝るボルシアMGは直後の6分にもボックス手前でクラマーのパスを足元で受けたホフマンが鋭い右足のグラウンドシュートを枠の左隅に飛ばし、GKビュルキに最初のファインセーブを強いる。 すると、11分には相手陣内右サイドで得たFKの場面でキッカーのホフマンが入れた絶妙なクロスをゴール前に飛び込んだエルベディが頭で合わせてゴールネットを揺らす。再びVARの長いレビューが入ったが、オンサイドが支持されてゴールが認められた。 一度はVARに救われるも拙い入りでリードを許したドルトムントは、ボルシアMGが予想外の[3-5-2]の布陣を採用した影響もあってチグハグな戦いに終始。それでも、15分を過ぎた辺りから徐々に相手を押し返すと、怪物ハーランドが魅せる。 22分、ショートカウンターからボックス手前左でボールを持ったサンチョがカットインからスルーパスを狙う。これに反応したハーランドがうまくDFと入れ替わってボックス左に抜け出すと、飛び出したGKの脇を抜く技ありの左足シュートを流し込んだ。 この同点ゴールで完全に流れを掴んだアウェイチームは直後の26分にはセットプレーの流れからボックス内でアカンジ、ジャンと続けて枠内にシュートを飛ばすが、ここはGKの好守とDFのゴールカバーに阻まれる。それでも、28分にはショートカウンターからボックス付近でロイス、ベリンガム、サンチョと細かく繋ぎ、最後はゴール前のハーランドの足元にボールが入ると、鋭い反転からの左足シュートがゴールネットを揺らし、わずか6分間でドッペルパックを達成した。 一方、逆転を許したボルシアMGはザカリアを3バックの中央から右サイドハーフに移し、直近数試合と同じ形に並びを戻す。すると、ハーランドに対して今度はエルベディがドッペルパックを決める。32分、ボックス手前左の好位置で得たFKの場面でキッカーのシュティンドルが壁の間を抜く低い弾道のシュートを枠に飛ばす。これをGKビュルキが前に弾くと、こぼれ球をエルベディがタップインで決めた。 2-2のタイに戻った試合はここからカウンターを打ち合うオープンな展開に。39分には左サイドを突破したロイスを起点としたカウンターからボックス右でパスを受けたサンチョに決定機も、左隅を狙ったシュートは枠の左に。一方、ボルシアMGもボックス手前でフリーになったノイハウスにシュートチャンスも、右足のミドルシュートはわずかに枠の左に外れた。 イーブンのスコアで折り返した試合は後半も早い時間帯にスコアが動く。49分、ホフマンの仕掛けからノイハウスを経由したボールが左サイド深くのベンセバイニに渡る。ここで中に切り込んだベンゼバイニが右足で放った低い弾道のシュートがゴール前の密集をすり抜けてゴール右下隅の完璧なコースに決まった。 後半も拙い入りとなったドルトムントは、直後の53分にも相手のカウンターからボックス内に抜け出したプレアにあわや4失点目という決定機を許すなど、劣勢の状況が続く。 その後はややドルトムントに流れが傾き始めた中、後半半ば過ぎに互いに交代カードを切る。ボルシアMGはホフマン、シュティンドル、プレアに代えて渦中のテュラム、エンボロと共にヴォルフを投入。対してビハインドを追うドルトムントはロイスを下げてレイナを投入した。 すると、この交代策がスコアを動かす。78分、ノイハウスの左CKをゴール前で競り勝ったテュラムが打点の高いヘディングシュートを決め、禊のゴールとした。 その後、逃げ切り態勢に入ったホームチームに対してドルトムントが攻勢を仕掛けていくが、途中出場のムココの強烈なミドルシュートもGKゾンマーの好守に阻まれ、最後までゴールをこじ開けることはできなかった。 そして、試合はこのままタイムアップを迎え、ホームで打ち勝ったボルシアMGが2連勝で4位に浮上。一方、連敗で3戦未勝利のドルトムントは昨季の敗戦数に並ぶ7敗目でトップ4陥落となった。 2021.01.23 06:44 Sat
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly