「出場停止にするべき」親善試合で元スペイン代表FWがかました背後からの“足裏タックル”を現地猛批判

2021.07.31 15:55 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
29日に行われたビジャレアルvsレバンテの一戦で、親善試合とは思えないプレーが生まれた。

今夏グラナダからレバンテに加入した元スペイン代表FWロベルト・ソルダード(36)にとって古巣との対戦になった試合は、0-0のまま前半が終了するかと思われた。

しかし、終了間際にハーフウェイライン付近でビジャレアルのDFホルヘ・クエンカがボールを持つと、マークについていたソルダードをかわして前を向く。その際、クエンカとソルダードの手がぶつかったようにも見えた。

すると、一気にギアを上げたソルダードがクエンカを猛追し、左足目がけて後ろから“足裏タックル”。かなり危険なプレーとなった。

このプレーではソルダードにはイエローカードしか提示されなかったものの、スペイン『フットボール・エスパーニャ』は「ロベルト・ソルダードはプレシーズンマッチでの悪意あるタックルで出場停止になるべき」と題した記事で強く批判した。

「このタックルがラ・リーガで行われたとしたら、深刻な対応が取られるだろう。これがプレシーズンマッチで行われたことを考慮すると、さらに悪意のあるものと見なされるべきだ。全員が無傷のままゲームは行われたが、ほんのわずかでも違えば別の可能性もあった」

「ソルダードは若い選手を自ら傷つけようとした。その結果。全く重要ではないデュエルの中で行われたタックルで彼のシーズンを台無しにし、キャリアに影響を与えるリスクがあった。ソルダードはこの行動の結果として複数試合の出場停止になるべきだ」

幸いにもクエンカにケガはなかった。なお、現時点でソルダードに処分が下されるかは判明していない。

※写真はグラナダ時代



1 2

関連ニュース
thumb

未勝利で最下位レバンテ、10月就任のハビエル・ペレイラ監督を解任…2カ月もたず

レバンテは29日、ハビエル・ペレイラ監督(55)の解任を発表した。 ペレイラ監督は今年10月7日に、成績不振で解任されたパコ・ロペス監督の後任として就任。2022年6月までの契約を結び、2年間の延長オプションがついていた。 しかし、就任から7試合を指揮するも1勝もできず、3分け4敗。チームも唯一の未勝利チームで20位と最下位から抜け出せないままだった。 なお、スタッフ陣も全員契約解除。暫定指揮官にはアトレティコ・レバンテ(Bチーム)のアレッシオ・リシ監督が就任する。 2021.11.30 10:06 Tue
twitterfacebook
thumb

2試合連続ドローのアトレティコ…シメオネ監督は判定に不満 「私がいくら言っても何も変わりはしないが…」

アトレティコ・マドリーのディエゴ・シメオネ監督が判定への不信感を示した。スペイン『アス』が伝えている。 アトレティコは28日に行われたラ・リーガ第11節でレバンテと対戦した。今季まだリーグ戦で勝利のない相手に対して、12分にFWアントワーヌ・グリーズマンのゴールで先制するものの、PKを与えて同点に。76分にFWマテウス・クーニャに移籍後初ゴールが生まれたが、81分にDFレナン・ロージが疑惑のハンド判定で再びPKを与えると、これを確実に決められ、そのまま2-2のドローに終わった。 この試合、抗議によって80分に退席処分を受けたシメオネ監督は試合後のインタビューに応じた際、判定へのコメントはしたくないとしつつ、不満を露わに。PKの判定はもちろん、FWジョアン・フェリックスに対する数多くのファウルが見逃されたことにも疑問を呈した。 「我々は改善しなければならない。審判や相手のPKによる得点、ジョアン・フェリックスへ対する200回のキックがあっても、結果が出なかったことの言い訳にしてはならないのだ。我々は努力し、改善し、この瞬間から抜け出さなければならない。チームは得点できているが、他の状況によって我々を苦しめている」 「審判がピッチ上で行うことはすべて彼らの理解に基づくものだ。ルールがあり、私がいくら意見を言っても何も変わりはしない。だから、これに対してコメントさせないでほしい。チームが成長する必要があるのは確かだ。PKやジョアンへの攻撃、無数のイエローカードについても言い訳はできない」 「PKがなくても、彼らは他の場所でゴールを決めていたかもしれない。ジョアンへのファウルやシュートを打とうとしたときのクーニャへのファウルについては、我々のミスも含めてテレビですべて見ることができるだろう。もちろん、言い訳はない。我々は早急に改善するだろう」 2021.10.29 11:26 Fri
twitterfacebook
thumb

マテウス・クーニャが移籍後初弾もアトレティコは2度のPKで追いつかれ格下相手に痛恨のドロー《ラ・リーガ》

アトレティコ・マドリーは28日、ラ・リーガ第11節でレバンテと対戦し2-2の引き分けに終わった。 前節レアル・ソシエダとの首位攻防戦をドローで終えたアトレティコは、その試合から先発を3人変更。レマル、デ・パウル、ロージに代えてカラスコ、エクトル・エレーラ、ホセ・ヒメネスを先発で起用した。 いまだに今季勝利の無いレバンテに対し、フェリックス、スアレス、グリーズマンの強力3トップで試合に臨んだアトレティコは左CKの二次攻撃から先制に成功する。 12分、左CKのこぼれ球をボックス内で拾ったH・エレーラが素早くシュート。さらに相手DFに跳ね返ったボールからボックス左のグリーズマンがふわりとしたクロスを供給すると、ファーサイドのフェリペが頭で折り返したボールを最後はゴール前に入ったグリーズマンが頭で押し込んだ。 先制したアトレティコだが、36分に左CKのこぼれ球をボックス左で拾ったヴェソをスアレスが倒してしまいPKを献上。これをバルディに決められて、試合は振り出しに戻った。 1-1で迎えた後半は立ち上がりから一進一退の攻防に。そんな中、アトレティコは58分にスアレスとH・エレーラを下げてアンヘル・コレアとデ・パウルを、67分にエルモソを下げてロージを投入。トリッピアーを右サイドバックに下げ、右MFにグリーズマンを据えた[4-4-2]に布陣を変更した。 その後も膠着状態が続くと、アトレティコは72分にグリーズマンを下げてマテウス・クーニャをピッチに送り出す。すると76分、中央をドリブルで切り裂いたデ・パウルのラストパスからボックス内に抜け出したマテウス・クーニャが相手GKの股下を抜くシュートでゴールネットを揺らした。 その後、81分にシメオネ監督が退席処分となるアクシデントに見舞われたアトレティコは、84分にピンチ。カンテロのパスでボックス左深くまでに侵入したホセ・モラレスのクロスをニアのデ・フルートスが触ると、これがロージの腕に当たる。 主審は一度プレーは流したが、2分後に行われたオンフィールドレビューでロージのハンドが認められレバンテにPKが与えられると、このPKをバルディがゴール左隅に決めた。 結局、試合はそのまま2-2でタイムアップ。2度のPKで追いつかれたアトレティコは、2試合連続のドローとなった。 また、同日に行われたラ・リーガ第11節のグラナダvsソシエダは、0-2でソシエダが勝利した。 前節アトレティコと引き分け、暫定首位をキープしたソシエダはゴールレスで迎えた後半に先制する。55分、左サイドから仕掛けたポルトゥのラストパスをボックス左深くで受けたヤヌザイがシュート。これは飛び出したGKが弾くも最後はイサクが流し込んだ。 先制したソシエダは、直後の57分にピンチを迎える。デニス・スアレスのスルーパスに反応したアスパスがゴール前まで持ち込みシュート。さらにGKライアンの弾いたボールを走り込んだサンティ・ミナがヘディングで狙ったが、素早く体制を立て直したライアンが、このシュートも処理した。 ソシエダは、77分にもアスパスのスルーパスからゴール前に抜け出したブライス・メンデスにゴールネットを揺らされたが、これはオフサイドの判定で取り消され、難を逃れる。 すると79分、ソシエダはベニャトの左CKからエルストンドがヘディングシュートを流し込み、決定的な2点目を奪取。そのまま逃げ切ったソシエダが勝利し暫定首位をキープしている。 2021.10.29 06:32 Fri
twitterfacebook
thumb

レバンテがハビエル・ペレイラ氏を新監督に任命! 中国では8連敗中のチームを立て直す

レバンテは7日、スペイン人のハビエル・ペレイラ氏(55)を新監督に任命したことを発表した。契約は2022年6月までで、2年の延長オプションが付く。 同クラブでは3日、2018年3月から指揮を執っていたパコ・ロペス監督を成績不振により解任。開幕から絶不調に陥り、ラ・リーガ8試合で4分け4敗の18位に沈んでいた。 新たに任命されたのは、2011-12、12-13シーズンに同クラブでフアン・イグナシオ・マルティネス監督のアシスタントを務めていたハビエル・ペレイラ氏。バジャドリーやワトフォード、フルアムなどでアシスタントコーチを歴任し、近年では中国に渡り、重慶両江ではジョルディ・クライフ監督のアシスタントを、河南嵩山龍門では監督を務めた。 昨年9月に監督に就任した河南嵩山龍門では、8連敗中だったチームを引き継ぐという難しいタスクを課せられたものの、降格プレーオフを勝ち抜いてスーパーリーグ残留に導く実績を残した。 <span class="paragraph-title">【画像】ハビエル・ペレイラ新監督</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="es" dir="ltr">Javier Pereira (<a href="https://twitter.com/_javipereira?ref_src=twsrc%5Etfw">@_javipereira</a>) se convierte en entrenador del <a href="https://twitter.com/hashtag/LevanteUD?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#LevanteUD</a> <br><br>ℹ <a href="https://t.co/ftEKyD579B">https://t.co/ftEKyD579B</a> <a href="https://t.co/pyWMfcSytr">pic.twitter.com/pyWMfcSytr</a></p>&mdash; Levante UD (@LevanteUD) <a href="https://twitter.com/LevanteUD/status/1445996528976502784?ref_src=twsrc%5Etfw">October 7, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.10.07 17:45 Thu
twitterfacebook
thumb

8戦未勝利のレバンテがパコ・ロペス監督を解任

レバンテは3日、パコ・ロペス監督(54)の解任を発表した。 パコ・ロペス監督は、バレンシアやビジャレアルのBチームを指揮し、2017年7月にレバンテのセカンドチームの監督に就任。2018年3月からファーストチームで指揮を執っていた。 その間チームはラ・リーガに留まり続けたが、今シーズンは開幕から絶不調。ここまで8試合を戦い、4分け4敗の未勝利となっていた。 2日にはマジョルカと対戦したものの、1-0で敗戦。チームは解任を決断した。 レバンテでは147試合を指揮し、51勝39分け57敗の成績。レバンテの監督として、スペイン1部で最も勝利した監督となっていたが、袂を分かつこととなった。 なお、マジョルカとのラストマッチでは、ハーフタイムに相手選手の暴言により激昂。結果として、選手の暴言通り解任となってしまった。 <span class="paragraph-title">【動画】マフェオの暴言をきっかけにパコ・ロペス監督が激昂</span> <span data-other-div="movie"></span> <iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/XQwrmdyMNXI?start=126" title="YouTube video player" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; clipboard-write; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe> 2021.10.04 20:55 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly