「チームとして乗れる」横浜FMの水沼宏太が途中出場の選手の活躍を喜ぶ「良い結果を報告できて良かった」

2020.11.26 10:37 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©Y.F.M.
横浜F・マリノスのMF水沼宏太が、上海上港戦を振り返った。

横浜FMは25日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2020グループH第3節で上海上港(中国)と対戦。0-1で勝利を収めた。

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて中断し、今月18日からカタールでの集中開催で再開したACLの東地区。2月以来のACLとなった横浜FMは、カタールですでに2連勝を収めている上海上港と対戦した。
立ち上がりから横浜FMが主導権を握る展開で進む中、なかなかゴールが生まれず。後半に入っても横浜FMがペースを握る中、80分に松原健がボックス内で相手を倒しPK。しかし、元ブラジル代表MFオスカルのシュートを、GKオビ・パウエル・オビンナが防いでピンチをしのぐ。

このままゴールレスドローかと思われた中90分に高野遼のクロスを仲川輝人がヘッド。GKがセーブするも、こぼれ球を天野純が押し込み、土壇場で先制。そのまま勝利を収めた。

この試合で先発出場した水沼は試合を振り返り「とにかく来て一発目の試合で勝つことができたのは、チームとして勢いをもたらす試合だったと思います」と再開初戦での勝利を喜んだ。

試合運びについては「相手が最後の方落ちてくることは連戦だったのでわかっていたので、途中から出た選手がパワーを持って、一発のチャンスを決めてくれたことはチームとして乗れます」と語り、途中出場の選手が結果を残したことを評価した。

また、「みんなが勝つという強い気持ちを持って臨んだ結果が出たのは本当に良かったので、日本で応援してくださる皆さんに良い結果を報告できて良かったと思います」とコメント。日本で応援するファンに勝利を届けられたことを喜んだ。

横浜FMは3試合を終えて3連勝でグループH首位に。次戦で上海上港に勝利するとグループステージ突破が決定する。


関連ニュース
thumb

ローマ攻撃陣に立ちはだかった高丘陽平、「真剣勝負でどこまでやれるかが重要」

横浜F・マリノスのGK高丘陽平がASローマ戦を振り返った。 横浜FMは28日、国立競技場で行われた『EUROJAPAN CUP 2022』でローマと対戦し、3-3で引き分けた。 明治安田生命J1リーグを制した横浜FMにとって今季のラストゲームとなったこの一戦。スタメン起用となった高丘はMFニコロ・ザニオーロに1点を決められたものの、そのザニオーロやFWエルドル・ショムロドフとの一対一を見事な対応で阻むなど、80分にベンチへ下がるまで再三の好守で相手の強力な攻撃陣に相対した。 同試合後、J1王者の守護神はイタリアの名門との一戦を振り返った。 「やっぱりクオリティが高かったですし、本当に個で剥がしてパワフルに持っていってシュートまで行くというところは、Jリーグで感じることができないレベルでした」 「そういったことを今季最後のこのタイミングで経験できたことは大きかったです。これを来シーズン以降に生かしていけるように頑張っていきたいです」 メンバーを大きく入れ替えた後半こそ守勢に回ったものの、ほぼ主力を起用した前半は相手を圧倒する内容となった。また、高丘自身も個人としては印象的なパフォーマンスとなったが、「真剣勝負でどこまでやれるかが重要」と、謙虚な姿勢を貫く。 「僕自身、何個か良いセーブができましたが、彼らもプレシーズン(ブレーク期間)中でコンディションも100%ではなかったので、そこまで自分の中で評価しているわけではないです。ガチンコの真剣勝負でどこまでやれるかが重要だと思います。今はワールドカップをやっていますが、そういったところで自分の価値を高められるような選手になりたいです」 また、今シーズンのJ1優勝に大きく貢献した高丘はJリーグベストイレブンを初受賞。このローマ戦はその受賞後初めての一戦だった。ベストイレブンに相応しいパフォーマンスを見せたと言えるが、自身としてはあまり意識していないようだ。 「僕的にはあまりそのことを意識していないです。今シーズン戦ってきた選手や監督に選んでいただいたのでうれしく思いますが、2022シーズン全体を通して良いプレーがあった一方、課題もありましたし、もっともっと成長していかないとダメだと思っています。もちろん受賞はうれしいですが、そこまでの思いはなく、これを糧に頑張っていかないといけないと思っています」 2022.11.29 06:30 Tue
twitterfacebook
thumb

横浜FM暫定指揮官、ローマ相手に「エンターテイメントな試合を見せられた」、退団の仲川輝人にも言及

ASローマ戦で暫定指揮官を務めた横浜F・マリノスのショーン・オントンヘッドコーチがこの一戦を振り返った。 横浜FMは28日、国立競技場で行われた『EUROJAPAN CUP 2022』でローマと対戦し、3-3で引き分けた。 明治安田生命J1リーグを制した横浜FMにとって今季のラストゲームとなったこの一戦。 ほぼ主力を揃えたJ1王者は立ち上がりから主導権を握ると、開始9分にセットプレーからDFエドゥアルドのゴールで先制に成功。さらに、前半終了間際にはFW西村拓真のミドルシュートが相手GKのオウンゴールを誘い、2点リードで試合を折り返す。 後半は互いにメンバーを入れ替えた中、1点差に迫られた72分にはDF松原健のファインゴールで再び2点差に。しかし、試合終了間際には相手の猛攻を前に耐え切れず、3-3のドローに終わった。 数日前にケヴィン・マスカット監督が新型コロナウイルス陽性判定が出た影響で、暫定指揮官を務めたオントン氏は試合後の公式会見でスペクタクルな打ち合いを振り返った。 「エンターテイメントな試合展開を見せられたのかなと思います。前半から良いスタートを切れたと思いますし、後半も良い部分が見せられたと思います。後半に関してはいろんな交代選手を入れたりしながらやりましたが、最終的に3-3の同点で終わることができました」 前後半でローマが3バックから4バックに変更するなど、戦い方を大きく変えてきた中、後半終盤を除いてはうまく対応を見せた。ただ、チームとしての狙いは普段通りに自分たちでゲームをコントロールするところにあったという。 「前半から相手はマンツーマンでアグレッシブに来るであろうと予測していた中、その通りに相手は来ました。そういうチームは初めてではないですし、Jリーグでもそういったチームはあります」 「そういった中、自分たちが大事にしていたのは、まずは自分たちでコントロールすること。そこに重点を置いて選手たちに伝えてきましたし、後半は相手の変更もありましたが、柔軟性を持って対応していく。とにかく、コントロールしていくことを大事にしていました」 「後半の最終盤は交代選手の投入などの影響もありましたが、それでもたくさんのチャンスを作り出したと思いますし、自分たちのサッカーを見せられたと思います。最終的にこういう結果になりましたが、もちろん相手もすごく前から来ているぶん、裏が空いてくる、スペースが生まれていたので、そういうところを狙っていこうという話もしていました」 また、この試合では当日に来季からのFC東京移籍が発表されたFW仲川輝人が、トリコロールのユニフォームを着て最後のプレーとなった。 コーチという立場で3年間同選手を指導してきたオントン氏は、「重要な選手の一人」と、常にプロフェッショナルな姿勢を見せ続けたストライカーの退団を惜しんでいる。 「テルはクラブにとって重要な選手の一人であり、素晴らしい選手の一人でした。私自身は彼と共に3年間過ごしてきましたが、本当に彼がこの数年間マリノスでプレーしてきたところでは、ケガを抱えながらチャレンジングなシーズンを毎シーズン行ってきました」 「彼は重要な選手の一人で、練習の姿勢もそうですし、インパクトを残せる選手です。特に重要な試合においては良いところに入っていてゴールを決めてくれました。クラブを去ってしまうことは本当に悲しいです。ただ、これがサッカーの世界なので彼が今後も良い活躍をしてほしいと思いますし、良い形で今日の試合を終えて送り出すことができたのではないかと思います」 2022.11.29 06:00 Tue
twitterfacebook
thumb

「本当に強いチーム」、殊勲同点弾のショムロドフがJ1王者に敬意

ASローマのウズベキスタン代表FWエルドル・ショムロドフが横浜F・マリノス戦を振り返った。 ローマは28日、国立競技場で行われた『EUROJAPAN CUP 2022』で横浜FMと対戦し、3-3で引き分けた。 25日に行われた名古屋グランパス戦を0-0のドローで終えたローマは、ジャパンツアーを白星で締めくくるべく今シーズンのJ1王者と対戦。 過密日程も一部主力のコンディションの問題により、中2日にも関わらず最低限のメンバー変更にとどまったチームは前半に苦戦。開始序盤にセットプレーから先制点を許すと、以降は反撃に出るものの攻撃が停滞。逆に、前半終了間際にはGKミル・スヴィラールの不運なオウンゴールによって2点ビハインドで試合を折り返した。 それでも、後半にMFニコロ・ザニオーロ、ショムロドフらの投入と[4-3-3]へのシステム変更が機能すると、69分にはザニオーロの個人技で1点を返す。その直後に痛恨の3失点目を喫したが、試合最終盤に決死の猛攻を見せると、84分にDFロジェール・イバニェス、そして93分にはゴール前の混戦からショムロドフのゴールで追いつく。 その後、ザニオーロの決定機逸で劇的な逆転勝利には至らずも、J1王者相手にセリエA強豪の意地を見せて3-3のドローに持ち込んだ。 同試合後、殊勲の同点ゴールを挙げるなどザニオーロと共に攻撃を活性化させたウズベキスタン代表FWが試合を振り返った。 「今日はゴールを決めることができましたが、チームでは多くの決定機を作れているので、今後はその決定機をもっと生かしていきたいです」 「スペースがあって攻撃がしやすい展開になったので、そのスペースを生かして攻撃を仕掛けるようにしました」 また、前半は特に苦戦を強いられた横浜FMの印象については、「本当に強いチームと感じましたし、このような舞台で日本のチャンピオンと戦うことができたのは光栄です」と、J1王者への敬意を口にした。 最後に、この試合でも盛大なチャントでチームを後押しした日本のロマニスタに対しては、「ここに本当に多くのロマニスタが来てくれてうれしいです。心から皆さんに感謝します」と、ジャパンツアーを通じた歓迎に対する感謝の言葉を語った。 2022.11.29 05:45 Tue
twitterfacebook
thumb

横浜FMでのラストゲーム終えた仲川輝人、「こんなにサポーターに支えられてマリノスでサッカーをしていたんだなと…」

横浜F・マリノスのFW仲川輝人がトリコロールのユニフォームでのラストマッチを振り返った。 横浜FMは28日、国立競技場で行われた『EUROJAPAN CUP 2022』でローマと対戦し、3-3で引き分けた。 明治安田生命J1リーグを制した横浜FMにとって今季のラストゲームとなったこの一戦は、試合当日に来シーズンからのFC東京移籍が発表された仲川にとって同クラブでのラストマッチとなった。 そのエモーショナルな一戦に後半頭から投入された30歳FWは、81分に交代するまで左ウイングで精力的なプレーをみせ、チーム3点目の起点やオフサイドで認められなかったものの、ゴールネットを揺らすなど随所に見せ場を作った。 2015年に専修大学から加入して以降、8年を過ごした横浜FMでのラストマッチを終えた仲川は同試合後、率直な想いを語っている。 「いつもと変わらずにピッチに立とうとしていましたし、やるべきことはマリノスのチームとして決まっているので、そこはブレずにやっていました」 「30分ぐらいのプレーでしたが、自分のプレーを表現できたと思っています。点を取ることができなかったという悔しい思いはありましたが、それ以外の部分でやれたことはあったので、今日はラストの試合でしたが、これも良い思い出になったと思います」 「もちろん、寂しい気持ちはありますが、今日でマリノスは終わりなので、次はまた新しいステップを踏んで頑張りたいです」 ピッチ上では普段通りにプレーできたと語った仲川だが、試合後にピッチを一周してファン・サポーターに挨拶を交わした際には感情をたかぶらせる場面も見受けられた。 「ちょっと予想以上に自分のユニフォームを掲げてくれる人が多かったので、こんなにサポーターに支えられてマリノスでサッカーをしていたんだなと思いました。8年間のいろいろなことを思い出したので、結構泣いてしまいました。本当にマリノスに感謝しています。次は対戦相手としてマリノスを倒す気持ちでやっていければと思います」 横浜FMでの在籍8年間では年間MVP、得点王をダブル受賞した2019シーズン、今シーズンに2度の優勝を経験。その一方で、長らくケガに悩まされるなど、紆余曲折があった。元日本代表FWはトリコロールでの日々を振り返り、改めて感謝を語った。 「本当に大学4年生のときにケガをしてしまったにも関わらず、オファーをくれたチームなので、恩返しという形をどれだけできたのかは分かりませんが、結果として2度優勝できましたし、少しでも恩返しになっていればなと、今日最後にプレーしました。まだまだ恩返しできていない部分もあったと思うので、それはまた来年以降は違うチームでぶつけたいです。マリノスと対戦したときに自分の成長したところを見せることで、また違った恩返しができると思っています。とにかく感謝しています」 その8年間で最も印象に残った出来事に関しては、「僕的には2019年にMVPを取った年、そこで優勝したことと、今年の優勝です。優勝というのはなかなかサッカー人生においてできないことなので、それでも2回できたこと、しかもそれをマリノスで優勝できたことは一生の宝物になったと思います。人生で忘れられない経験もしたので、優勝は一番の良い思い出です」と、やはり2度の優勝を挙げている。 さらに、アンジェ・ポステゴルー(現セルティック)、ケヴィン・マスカットという2人のオーストラリア人指揮官の下でプレーした5年間ではチームとしても選手としても大きな成長を実感している。 「アンジェが来てからマリノスのサッカーは360度ぐらい変わったので、それが自分にとっても毎日楽しくサッカーができる要因でした。本当にアンジェには感謝しています。ケヴィンにも感謝していますし、こういったマリノスのサッカーを世界中に広めたいと思っています。まずは日本で結果を出してから世界中に届けたいと思っていたので、今年は良い形で終われたと思います」 また、FC東京移籍を決断した背景に関しては、「言えない部分だったりもあります」と深い言及は避けながらも、現時点での正直な思いを口にしている。 「自分としてはマリノスでサッカーを続けたいという気持ちも、もちろんありましたが、そういった部分だけじゃないこともサッカー選手としてあるので、結構悩みながら…。30歳で僕的にはサッカー人生も長くなく、いろんなプランを考えたときに良い区切りだと思って、FC東京のこれからの未来のプランなども聞いて決断した形でした」 その新天地での来季に向けては近年悩まされてきたコンディション面へのケアを優先しつつ、さらなるレベルアップを誓う。 「身体のキレやコンディションは今年の夏ごろからよくなってきているので、これを来年も維持しながらもっとレベルアップしていけるように、ケガと向き合いながらやっていければいいなと思います」 2022.11.29 00:35 Tue
twitterfacebook
thumb

横浜FMvsローマはスペクタクルな打ち合いドロー! J1王者の底力にザニオーロが躍動《EUROJAPAN CUP》

『EUROJAPAN CUP 2022』の横浜F・マリノスvsASローマが28日に国立競技場で行われ、3-3のドローに終わった。 3年ぶりの開催となる『EUROJAPAN CUP』。今大会ではイタリア屈指の名門で、昨シーズンのUEFAヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)の初代王者であるローマを迎え、名古屋グランパスと横浜FMというJリーグ勢と対戦。 25日に行われた名古屋戦を0-0のドローで終えたローマは、中2日での2戦目に向けて先発1人を変更。GKにスヴィラール、3バックにクンブラ、スモーリング、イバニェス。チェリクとミッソーリの両ウイングバックに、中央はマティッチ、マディ・カマラ、タヒロビッチ。2トップにエル・シャーラウィとエイブラハムが並んだ。 一方、J1王者の横浜FMは今季のラストゲームでジャッロロッシ撃破を狙った。注目のスタメンはGKに高丘陽平、4バックは右から小池龍太、岩田智輝、エドゥアルド、永戸勝也。中盤は渡辺皓太、喜田拓也の2セントラルMFに、2列目は右から水沼宏太、西村拓真、ヤン・マテウス、最前線にレオ・セアラが入った。なお、ケヴィン・マスカット監督の新型コロナ陽性に伴い、ヘッドコーチのショーン・オントン氏が暫定指揮官を務めた。 互いに勢いを持って試合に入った中、J1王者がいきなり惜しい場面を創出。開始直後にヤン・マテウスの高い位置でのボール奪取から入れた正確なクロスに水沼が抜け出すが、GKスヴィラールの勇敢な飛び出しに遭う。さらに、直後には中盤で潰したエドゥアルドがそのまま持ち上がって豪快な左足のミドルシュートを狙う。 以降はローマがマティッチを起点に押し返し始めるが、これを凌いだ横浜FMが先手を奪う。9分、左CKのショートコーナーから永戸が正確なクロスを入れると、ニアに走り込んだエドゥアルドのヘディングシュートがGKの股間を抜けてゴールネットを揺らした。 早い時間帯の失点となったローマはすぐさま反撃を開始。11分には得意のカウンターからチェリクの右クロスをゴール前のエイブラハムが右足で合わせるが、ここはオフサイドの判定。 以降はローマがボール保持率を高めて試合の主導権を握るが、岩田とエドゥアルドのセンターバックコンビを中心に横浜FMがソリッドな守備で応対。また、カウンターからレオ・セアラが幾度か追加点に迫る。 前半半ば以降も拮抗した展開が続くが、横浜FMの連動した守備に手を焼くローマ。なかなかフィニッシュまで持ち込めない攻撃の停滞に加え、主審の再三の微妙なジャッジにフラストレーションを募らせる。また、30分過ぎにはタヒロビッチが筋肉系のトラブルかプレー続行不可能となり、32分にボーヴェがスクランブル投入された。 前半終盤にかけてはエル・シャーラウィ、チェリクの右サイドを起点に惜しい場面を作り出すも、最後のところで攻撃の精度、厚みを欠くローマ。これに対してJ1王者らしい普段通りの戦いを貫く横浜FMは前半終了間際に2点目を奪取。45分、相手陣内左サイドでのボール奪取からショートカウンターに転じて西村がボックス手前左からミドルシュートを放つと、左ポストを叩いたボールがGKスヴィラールの背中に当たってゴールに吸い込まれ、オウンゴールでの追加点となった。 迎えた後半、2点のビハインドを追うローマは3枚替えを敢行。マティッチとミッソーリ、エイブラハムを下げてヴォルパート、ショムロドフ、ザニオーロを投入。並びを[4-3-3]の形に変更した。 対する横浜FMは渡辺、レオ・セアラ、ヤン・マテウスを下げて藤田譲瑠チマ、アンデルソン・ロペスに加え、来季のFC東京移籍が発表された仲川輝人が投入された。 このままでは終われないイタリアの名門はジャパンツアー初出場のザニオーロが存在感を発揮。開始直後にボックス右から左足のシュートでゴールに迫ると、51分には持ち味の強さとスピードを兼ね備えたドリブル突破で中央をこじ開けると、ショムロドフがGKと一対一のビッグチャンスを迎えるが、ここはGK高丘がビッグセーブ。 一方、横浜FMでは最後のトリコロールのユニフォームでゴールを目指す仲川が積極果敢な飛び出しでゴールへの意欲を示し、スタンドを沸かせる。その後はややオープンな展開が続くと、62分には左サイドで見事な推進力を見せたショムロドフが完璧な折り返しを供給。これをザニオーロが得意の左足で狙うが、GK高丘が見事な反応で阻止する。 後半もソリッドなパフォーマンスを続ける横浜FMは63分に4枚替えを敢行。殊勲のエドゥアルドや喜田を下げて角田涼太朗、山根陸らをピッチに送り出す。これで少し試合の流れに変化が生まれると、ローマの22番が魅せる。69分、自陣での繋ぎから右サイドで縦に運んだヴォルパートから背後を狙うザニオーロにスルーパスが通る。そのままボックス右に持ち込んだイタリア代表MFは一瞬の動きでDFを外してニアサイドに左足のシュートを突き刺した。 これで一気にローマペースかに思われたが、横浜FMが鮮やかな崩しからすぐさま2点差に戻す。72分、中央左での仲川の仕掛けから西村、水沼と右サイドへ展開。マイナスの落としにボックス右角で反応した松原が見事な右足のダイレクトシュートをゴール左上隅に突き刺した。 これで厳しくなったローマだが、試合終盤にかけて強豪の底力を見せる。84分、GK高丘から中盤への縦パスをカットしたイバニェスがそのままボックス内に鮮やかなドリブルで侵入し、冷静に右足のシュートを右隅へ突き刺す。 さらに、行ったり来たりの状況が続く試合最終盤の93分にはボックス右に侵入したチェリクからのマイナスの折り返しをヴォルパートが左足でシュート。このこぼれ球にファーで反応したショムロドフが泥臭く押し込んで土壇場での同点ゴールとした。 なおも攻撃の手を緩めないローマは試合終了間際にもゴール前でザニオーロにドッピエッタのチャンスが訪れたが、左足のシュートをふかしてしまい、逆転ゴールとはならず。 そして、試合はこのままタイムアップを迎え、J1王者の地力、セリエA名門の底力が存分に発揮された白熱の一戦はスペクタクルな3-3のドロー決着となった。 横浜F・マリノス 3-3 ASローマ 【横浜FM】 エドゥアルド(前9) オウンゴール(前45) 松原健(後27) 【ローマ】 ザニオーロ(後24) イバニェス(後39) ショムロドフ(後48) 2022.11.28 21:50 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly