ピルロ監督、前節圧勝のフェレンツヴァーロシュを警戒「過小評価してはいけない」

2020.11.24 16:25 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アンドレア・ピルロ監督が、フェレンツヴァーロシュ(ハンガリー王者)を警戒した。クラブ公式サイトが伝えた。24日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)グループG第4節でフェレンツヴァーロシュと対戦するユベントス。今月4日に行われたフェレンツヴァーロシュ戦では4-1の快勝を収めていたものの、前日会見に出席したピルロ監督は「過小評価すべきではない」と警戒した。

「我々は自分たちの力を発揮して、継続的にパフォーマンスと結果を残し、1戦目の結果を見ずに可能な限りベストな方法で試合にアプローチしなければいけない。決勝トーナメント進出をできるだけ早く決めたい」

「フェレンツヴァーロシュは過小評価するべきではない。良いサッカーを表現しているし、良い時を期間をすごしている」

また、ユベントスではイタリア代表DFレオナルド・ボヌッチを含めて負傷者が相次いでいるが、ピルロ監督はブラジル代表DFダニーロをセンターバックで起用することを明言。そして、代表活動を辞退するなど、不調が続いたアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラはプレー可能だと語った。

「明日の試合で起用できるディフェンダーは4人しかいないからダニーロが中央でプレーしてアレックス・サンドロが左サイドでプレーする」

「(デヤン・)クルゼフスキは非常に多くの試合でプレーしている。(フェデリコ・)キエーザはケガから復帰して、明日見れると思う。ただ、90分プレーできない」

「ディバラは準備ができている。より良くなっている。この代表ウィーク期間にある程度の継続性を持ってトレーニングをした。彼はプレーする力を取り戻した」
コメント
関連ニュース
thumb

ユベントス、ジェノアにレンタル中のサッスオーロFWスカマッカに関心か

ユベントスが、サッスオーロのイタリア人FWジャンルカ・スカマッカ(22)の獲得を検討しているようだ。イタリア『スカイ』が報じている。 ユベントスでは先日、アルゼンチン代表FWパウロ・ディバラが左ヒザ内側側副靭帯の損傷で最大20日の離脱を発表。今冬にその代役を務められる選手の補強を画策し始めたという。 候補に挙げられたスカマッカは、各世代のイタリア代表に名を連ねてきた身長195㎝の大型ストライカー。ラツィオやローマ、PSVの下部組織を渡り歩き、2017-18シーズンにサッスオーロでプロデビュー。昨季はセリエBのアスコーリにレンタルし33試合で9ゴール、今季はジェノアにレンタルし、ここまでセリエA13試合で2ゴール、コッパ・イタリアで4ゴールを挙げている。 伝えられるところによると、ユベントスは買い取りオプション付きのレンタルを検討しているが、サッスオーロ側は買い取り義務を契約に付随させたい模様。とはいえ、サッスオーロでは通算3試合のみの出場となっている同選手の放出は前向きとのことだ。 ユベントスは一方で、長らく獲得リストに上っているチェルシーのフランス代表FWオリヴィエ・ジルーにも引き続き触手を伸ばしているが、チェルシーが要求する500万ユーロの移籍金に二の足を踏んでいるようだ。 2021.01.17 19:18 Sun
twitterfacebook
thumb

【セリエA注目プレビュー】2位インテルvs4位ユベントスのイタリア・ダービー

セリエA第18節、インテルvsユベントスが17日28:45にキックオフされる。首位ミランを3ポイント差で追う2位インテル(勝ち点37)と、4位ユベントス(勝ち点33/1試合未消化)によるイタリア・ダービーだ。 インテルは前節ローマとの上位対決を一時逆転に持ち込んだものの、終盤の被弾で2-2の引き分けに終わってしまった。怒涛の8連勝の後、1敗1分けと足踏みが続いているが、スクデットを争うことになるであろうユベントスを叩いて再び上昇気流に乗りたい。 一方、ピルロ新監督の下、徐々に内容の伴った試合が増えてきているユベントスは前節サッスオーロ戦では10人となった相手に苦戦を強いられた中で辛勝とした。ただ、復調気配にあったFWディバラが負傷離脱となったのは痛手。代わって復帰したFWモラタの活躍に期待が懸かる。 共に4日前に行われたコッパ・イタリアでは延長戦に持ち込まれたが、主力の起用が多かったインテルがややコンディション面では不利になることが予想される。また、ユベントスで師弟関係にあったコンテ監督とピルロ監督の初対決にも注目が集まる。 <div style="text-align:center;">◆インテル◆ 【3-5-2】</div> ▽インテル予想スタメン <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/Get20210116_1_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK:ハンダノビッチ DF: シュクリニアル、デ・フライ、バストーニ MF:ハキミ、バレッラ、ブロゾビッチ、ビダル、ヤング FW:ルカク、L・マルティネス 負傷者: DFダンブロージオ、MFヴェシーノ コロナ:なし 出場停止者:なし インテルの主力に欠場者はいない。ベストメンバーでダービーに臨める状況だ。 <div style="text-align:center;">◆ユベントス◆ 【4-4-2】</div> ▽ユベントス予想スタメン <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/Get20210116_1_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK:シュチェスニー DF:ダニーロ、ボヌッチ、デミラル、フラボッタ MF:キエーザ、マッケニー、ベンタンクール、ラムジー FW:モラタ、C・ロナウド 負傷者: FWディバラ コロナ:DFデ・リフト、クアドラード、アレックス・サンドロ 出場停止者:なし 一方、ユベントスはコロナにより主力DF3人を引き続き欠く。中盤の人選が難しくアルトゥールやラビオの先発起用も考えられる。また、デミラルではなくキエッリーニを現地メディアは先発予想に挙げている。 ★注目選手 ◆インテル:FWロメル・ルカク <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/Get20210116_1_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> インテルの注目選手には今季ここまで12ゴール3アシストを記録してチームを牽引しているルカクを挙げたい。圧倒的なフィジカルを駆使して相手DFをものともしない巨漢FWは、得点源となっているのはもちろんのこと、チャンスメークの点でも秀逸のパフォーマンスを発揮している。ユベントス戦でも屈強なフィジカルを誇るDFデミラル相手に違いを生むことが期待される。 ◆ユベントス:FWクリスティアーノ・ロナウド <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/Get20210116_1_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 対するユベントスの注目選手は今季ここまで15ゴールを挙げて得点ランクトップを走るC・ロナウドだ。ビッグマッチとなった前々節ミラン戦でこそ存在感のなかったC・ロナウドだが、出場13試合で15ゴールと圧巻の決定力は健在。インテル戦ではモラタとのコンビが確実だが、チームを勝利に導くゴールを決められるか。 2021.01.17 18:00 Sun
twitterfacebook
thumb

【セリエA第18節プレビュー】イタリア&ローマ・ダービーの2大ビッグマッチ開催

先週行われた前節では3位ローマと2位インテルが痛み分けに終わった一方、首位ミランが勝利した。この結果、ミランとインテルの勝ち点差は3に広がった。その他、ユベントス、アタランタ、ナポリ、ラツィオら上位陣が順当に勝利を収めている。迎える第19節はインテルvsユベントスのイタリア・ダービー、ラツィオvsローマのローマ・ダービーが行われる。 まずは日曜開催のインテルvsユベントス。インテル(勝ち点37)は前節ローマ戦では慎重な入りを見せた中、前半に失点。後半に入って反撃に転じ、DFシュクリニアルとMFハキミのゴールで一時逆転としたものの、守りに入った試合終盤に同点弾を浴びて痛み分けに終わってしまった。そして水曜に行われたコッパ・イタリアのフィオレンティーナ戦では延長戦までもつれ込んでしまった中、FWルカクの決勝弾で勝利した。疲労が気になるところだが、ダービーに向けてコンディションを整えられるだろうか。 一方、前節サッスオーロ戦を10人となった相手に大苦戦を強いられた中、後半終盤のMFラムジー弾で何とか勝利した4位ユベントス(勝ち点33/1試合未消化)。さらに復調していたFWディバラがヒザを痛めて15日間ほどの離脱となったのは痛いところ。入れ替わるように負傷から復帰を果たしたFWモラタの活躍に期待したい。こちらは水曜に行われたコッパ・イタリアではジェノア相手に主力を温存した中、延長戦にもつれ込まれたが、FWラフィアのデビュー弾で競り勝った。主力の疲労度でやや優位な中、ミランに続きインテルとの大一番を制すことができるか。 続いて金曜開催のローマ・ダービー。8位ラツィオ(勝ち点28)は前節パルマ戦を後半の2ゴールで勝ちきって見せた。監督交代によりモチベーションの高かった相手をしっかりと下した中、2連勝として上向きなチームはダービーを制して更なる勢いに乗れるか。 対する3位ローマ(勝ち点34)はインテル戦ではDFマンチーニ弾で追いつく形となったが、前半の戦いぶりを見れば勝ちたいところだった。後半の受けに回り過ぎて逆転を許した教訓をダービーに生かしたい。 前節トリノ戦でユベントス戦の敗戦を払拭する勝利を手にした首位ミラン(勝ち点40)は、月曜に16位カリアリ(勝ち点14)とのアウェイ戦に臨む。トリノ戦ではMFディアスの活躍で快勝とした中、大黒柱のFWイブラヒモビッチが終盤に登場し、復帰を果たした。そして火曜に行われたコッパ・イタリアでのトリノとの再戦ではイブラヒモビッチが先発した中、PK戦にまでもつれ込んでしまったが、何とか勝ち上がった。カリアリ戦までは中5日あるため、疲労面での心配は少ないかと思われるが、しっかりと勝ち切ることができるか。 MFイリチッチの躍動でベネヴェントを4-1と一蹴した5位アタランタ(勝ち点31/1試合未消化)は、17位ジェノア(勝ち点14)とのホーム戦に臨む。MFアレハンドロ・ゴメスとガスペリーニ監督の確執問題があるものの、チームはここ3試合で12ゴールと持ち前の爆発力を見せ付けている。アタランタとしては降格圏に飲み込まれそうなジェノアには必勝としたい。 そしてMFバカヨコの移籍後初弾でウディネーゼに辛勝とした6位ナポリ(勝ち点31/1試合未消化)は、12位フィオレンティーナ(勝ち点18)とのホーム戦に臨む。ウディネーゼ戦では相手のカウンターに苦しめられ、引き分けでもやむなしのような展開だったが、勝利して上位陣を追走することに成功した。大きな勝利を得た中、プランデッリ体制となって状態が上向きのフィオレンティーナを下せるか。 DF吉田が4試合ぶりにセンターバックに復帰した11位サンプドリア(勝ち点20)は、15位ウディネーゼ(勝ち点16/1試合未消化)とのホーム戦に臨む。前節スペツィア戦では受けに回り過ぎた末、1-2と敗れたサンプドリア。消極的な戦いぶりでインテル戦の金星を帳消しにしてしまった中、ナポリ相手に善戦していたウディネーゼ撃破となるか。吉田が引き続きセンターバックで起用されるかにも注目したい。 最後に2試合連続で右サイドバック起用となっているDF冨安の13位ボローニャ(勝ち点17)は、9位ヴェローナ(勝ち点27)とのホーム戦に臨む。前節ジェノア戦では押し込む展開としたものの決め手を欠いた末、0-2と敗れたボローニャ。これで8戦未勝利と白星に見放されている中、好調を維持するヴェローナに勝利することはできるか。 ◆セリエA第18節 ▽1/15(金) 《28:45》 ラツィオvsローマ ▽1/16(土) 《23:00》 ボローニャvsヴェローナ 《26:00》 トリノvsスペツィア 《28:45》 サンプドリアvsウディネーゼ ▽1/17(日) 《20:30》 ナポリvsフィオレンティーナ 《23:00》 クロトーネvsベネヴェント サッスオーロvsパルマ 《26:00》 アタランタvsジェノア 《28:45》 インテルvsユベントス ▽1/18(月) 《28:45》 カリアリvsミラン 2021.01.15 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

C・ロナウドがアクションヒーローに転身!? 邪悪な敵を次々となぎ倒す

ユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドがフットボールのヒーローからスーパーヒーローに転身した。 C・ロナウドは14日、自身のインスタグラム(cristiano)を更新。「FreeFire」というスマホゲームの広告の一環で、自身がゲーム内の戦士になり切る動画を公開した。 全身黒の衣装を身に纏ったC・ロナウドは敵の集団とマッチアップ。激しい肉弾戦を華麗なアクションで乗り切ると、敵からの遠距離攻撃に対しては、フットボールの試合でゴールを決めたときに見せるジャンプからバリアーを展開して、防いでみせた。 その後、敵兵に囲まれてしまったC・ロナウドだったが、バリアー内に侵入してきた相手の武器を奪い、その体を盾にしながら残りの敵を一気に殲滅してみせた。 インスタグラムの投稿では、「今すぐ携帯電話にFreeFireをダウンロードして、私との戦いに参加してください」とC・ロナウドが救いを求めている。 気になった方は一度ダウンロードしてみてはいかがだろうか。 <div id="cws_ad">◆C・ロナウドのアクションは必見!<blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CKCRhWUK8g1/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="13" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CKCRhWUK8g1/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;"> この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CKCRhWUK8g1/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Cristiano Ronaldo(@cristiano)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script></div> 2021.01.15 17:30 Fri
twitterfacebook
thumb

スカッとゴール! ジダンの華麗なフェイントでDF3人を綺麗に騙す

ストレスフルなこの社会。観るだけでスカッとするようなゴールで気分を晴らすのもアリなのでは。今回の企画では、朝の通勤時間などにオススメの爽快なゴールを映像付きでご紹介していきます。 2021年1月15日にご紹介するのは、今から約21年前に元フランス代表MFジネディーヌ・ジダン氏が決めたゴールです。 <div id="cws_ad">◆まるで優雅なダンス! フェイント1つで3人を抜くジダンのエレガントゴール<div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJBSGhBZnliViIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> ◆ここがスカッと! ジダン氏のフェイント一つでボールを奪いに来たDF3人を騙してしますエレガントな姿に脱帽です。 ◆マエストロ ユベントスで世界屈指の司令塔としての地位を築いたジダン氏は在籍5年で公式戦212試合に出場し31ゴール36アシストを記録しました。 いくつもの名ゴールを決めているジダン氏ですが、2000年の1月23日に行われたセリエA第18節のレッジーナ戦でのゴールも圧巻でした。 1-0とユベントス1点リードの64分、ユベントスは敵陣左サイドでスローインを得ます。スローインを受けたジダンは、ダイレクトでFWアレッサンドロ・デル・ピエロに渡し、そのままワンツーで抜け出します。 ペナルティアーク付近まで侵入したジダンは、シュートフェイントで3人のDFを一気にかわすと、左足に持ち替え、ボックス内へと侵入。最後は左足でゴール左上に強烈なシュートを叩き込みました。 3人を騙したシュートフェイントはもちろん、その後の持ち替えやフィニッシュもすべてがワールドクラスで、これぞジダンというエレガントなゴールでした。 2021.01.15 07:00 Fri
twitterfacebook