現記録保持者アリ・ダエイ、C・ロナウドの代表得点記録更新を確信

2020.11.17 17:54 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
元イラン代表FWのアリ・ダエイ氏(51)が、自身が持つ代表通算得点記録更新に近づくポルトガル代表FWクリスティアーノロナウド(35)について言及した。

現役時代にペルセポリスといった国内クラブ、バイエルンやヘルタ・ベルリンで活躍したアジア歴代最高のストライカーとも評されるダエイ氏。とりわけ、イラン代表での活躍は圧巻で、149試合の国際Aマッチ出場で通算109ゴールを記録。この数字は国際Aマッチにおける通算得点記録の世界記録となっている。

この偉大な得点記録の更新は不可能かに思われたが、現在更新に迫っているのが、世界最高のフットボーラーの一人と評されるC・ロナウドだ。

C・ロナウドはここまでポルトガル代表で168試合に出場し102ゴールを挙げている。2020年の残りの代表戦では17日のUEFAネーションズリーグ、クロアチア代表戦のみとなっており、今年中の記録更新は不可能と言えるが、2021年中の達成は十分に可能と思われる。

そして、ダエイ氏はイタリア『tuttomercatoweb』のインタビューを通じて、C・ロナウドが自身の記録を更新することを確信していると語っている。

「彼を直接祝福したいと思っているよ。ロナウドはこれまでにポルトガルで102ゴールを決めており、私の記録を上回ると確信している。ただ、7ゴールの差があることもわかっているよ」

「彼のような偉大なプレーヤーが私の記録を破ることになれば、それは私にとっても本当に名誉なことだよ。ロナウドはこの時代だけでなく、歴代最高のプレーヤーの1人だからね。彼は文句なしの怪物だからね」


関連ニュース
thumb

飛距離は60m超え! イラン代表“強肩”GKの超ロングスローがギネス世界記録に認定

イラン代表GKのロングスローがギネス世界記録に認定された。 ポルトガルのボアヴィスタは25日、所属するGKアリレザ・ベイランヴァンドのフィードが、サッカーの公式戦における最長のハンドスローとしてギネス世界記録に認定されたと発表した。 ベイランヴァンドは2016年10月11日にイランのテヘランで行われたロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選第4節の韓国代表戦に、イラン代表GKとして出場した。この試合中におけるフィードスローが61m26mmを記録。ラストパスにもなった超ロングフィーが、手による世界最長のフィードとしてギネス記録に認定された。 ベイランヴァンドは今夏にベルギーのロイヤル・アントワープからボアヴィスタへと、買い取りオプション付きの1年間のレンタル移籍で加入。 イラン代表としても49試合に出場し、今年9月2日に行われたカタールW杯アジア最終予選の初戦、シリア代表戦でも強肩ぶりを披露していた。 <span class="paragraph-title">【動画】世界記録に認定された60m超えのロングスロー</span> <span data-other-div="movie"></span> <iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/Cebk0MO1sCw" title="YouTube video player" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; clipboard-write; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe> 2021.11.27 20:21 Sat
twitterfacebook
thumb

イランGKに性別詐称疑惑? 敗れたヨルダンがAFCに提訴も本人は否定「これは嫌がらせ」「訴えます」

イラン女子代表GKに性別詐称の疑いがかけられているようだ。 AFC女子アジアカップインド2022の予選に出場したイラン。勝ち点、得失点差ともにヨルダン代表と並んで迎えた9月25日の最終節、直接対決をPK戦で制し、イランは同国史上初となる女子アジアカップ出場の切符を手にしていた。 ヨルダンとのPK戦では2本をストップし、勝利の立役者となったGKゾフレ・コウダエイ。その彼女に性別詐称の疑いがかけられていると、イギリス『スポーツ・バイブル』が伝えている。 11月5日、ヨルダンサッカー協会のアリ・ビン・アル・フセイン王子はアジアサッカー連盟(AFC)対し、コウダエイの『性別確認の要請』を提出。アル・フセインは提出物の中で、性別の確認は必須ではないが、国が選手に性別のチェックを要求できる規定はあるとし、加えて、「事実ならとても深刻な問題」であるとも述べている。 これに対しコウダエイは、トルコ『Hurriyet』のインタビューで「私は女性です。これはヨルダンからの嫌がらせです。ヨルダンサッカー協会(JFA)を訴えます」と述べ、要求を否定。JFAに対して法的措置を取る構えも見せた。 イラン当局も申し立てを受け、コウダエイを擁護している。 「医療スタッフは、このような問題が発生しないように、代表チームの各選手のホルモンに関して注意深く調べたので、すべてのファンは心配しないでほしい」と自国メディアに語っている。 オーストラリア&ニュージーランド・ワールドカップ(W杯)の予選を兼ねるAFC女子アジアカップインド2022は、来年の1月20日にスタート。同国史上初の女子アジアカップ出場となったイランはグループAに振り分けられ、インド女子代表、中国女子代表、チャイニーズ・タイペイ女子代表との対戦が予定されている。 <span class="paragraph-title">【動画】PKをストップし勝利に貢献した渦中のGK(7:33~)</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="-3SUmdYHztw";var video_start =453;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2021.11.18 17:10 Thu
twitterfacebook
thumb

首位イラン&2位韓国が共に3発快勝! UAEが3位に浮上《カタールW杯アジア最終予選》

カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のグループA第6節が16日に行われた。 ここまで3勝2分けの無敗でグループ2位に位置する韓国代表(勝ち点11)は、敵地で4位のイラク代表(勝ち点4)と対戦し、3-0で快勝した。 前節のレバノン代表戦をファン・ヒチャンのPKによるゴールで競り勝った韓国は、この試合に向けて柏レイソルに在籍するGKキム・スンギュやキム・ミンジェ、ファン・ヒチャン、ソン・フンミンら主力を起用。最前線にはチョ・ゲスンが入った。 立ち上がりから優勢に試合を運ぶ韓国は、サイドを起点に相手を揺さぶりながらソン・フンミンらが枠内へシュートを飛ばしていくが、決定機まであと一歩という状況が続く。 それでも、前半半ば過ぎの33分には左サイドのファン・ヒチャンの中への持ち出しから右へボールを展開すると、深い位置を取ったイ・ヨンが浮き球のクロスを供給。これをボックス左に走り込んだキム・ジンスが体勢を崩しながらもワンタッチで折り返すと、ボックス右でフリーのイ・ジェソンが冷静にゴールネットへ流し込んだ。 1点リードで試合を折り返した韓国は後半もボールの主導権を握って試合をコントロール。だが、なかなか決定機まで持ち込めない状況が続く。だが、後半半ば過ぎにチョ・ゲスンがボックス内で倒されてPKを獲得。ここでエースのソン・フンミンがキッカーを務める。一度目のPKをきっちり決めたが、味方が先にボックス内に侵入したとの判定で蹴り直しとなるが、2度目のPKもきっちり決めた。 さらに、直後の79分にはカウンターから右サイドのソン・フンミンが鮮やかな仕掛けで長い距離を持ち上がり、ボックス付近で左を並走するファン・ヒチャンへラストパス。ここでファン・ヒチャンは冷静なシュートフェイントから内でフリーのチョン・ウヨンに短く落とすと、チョン・ウヨンの強烈な右足のシュートがゴール左隅へ決まった。 その後、イラクの反撃を無失点で凌ぎ切った韓国が3-0の快勝で連勝を飾っている。 また、4勝1分けで首位に立つイラン代表(勝ち点13)は、敵地で最下位のシリア代表(勝ち点2)と対戦し、3-0で勝利した。 立ち上がりから押し気味に試合を運ぶイランは、早い時間帯の先制点とはならなかったものの、前半半ばから終盤にかけて畳みかける攻めを見せる。 まずは33分、ロングカウンターからアミリの浮き球のフィードに抜け出したアズムンが巧みなファーストタッチでボールを収めてそのままボックス内まで運ぶと、冷静にGKとの一対一を制す。続く42分には左CKの流れから相手のボックス内でのハンドによって得たPKをキッカーのハジサフィが冷静に決めた。 2点リードを得て臨んだ後半はゲームコントロールを優先しつつ、点を取るために前へ出てきたシリアに対してカウンターから3点目を目指す展開に。 なかなかフィニッシュまで持ち込めない状況が続いたものの、試合終了間際の89分にはカウンターから左サイドを見事な個人技でこじ開けたゴリザデが試合を決定づける3点目を奪った。この結果、敵地で快勝のイランが首位キープに成功している。 なお、3位のレバノン(勝ち点5)と5位のUAE代表(勝ち点3)は、試合終盤のマブフートのPK弾によってUAEが1-0で勝利を収めた。 イラク代表 0-3 韓国代表 【韓国】 イ・ジェソン(33分) ソン・フンミン(75分[PK]) チョン・ウヨン(79分) シリア代表 0-3 イラン代表 【イラン】 アズムン(33分) ハジサフィ(42分[PK]) ゴリザデ(89分) レバノン代表 0-1 UAE代表 【UAE】 マブフート(85分[PK]) 2021.11.17 02:59 Wed
twitterfacebook
thumb

首位イランが後半ATに2発で劇的逆転勝利!《カタールW杯アジア最終予選》

カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のグループA第5節の3試合が11日に行われた。 首位のイラン代表(勝ち点10)は3位のレバノン代表(勝ち点5)とアウェイで対戦。序盤からイランが攻勢をかける。 フェイエノールトでプレーするキャプテンのFWアリレザ・ジャハンバクシュを中心にレバノンゴールを脅かすが、GKムスタファ・マタルが立ちはだかる。 イランが押し気味に進める中、先制したのはレバノンだった。37分、右サイドからのクロスボールが高々と上がると、これがゴールを越えると思われたがラインを越えたと思ったのか、DFは誰も寄せず、ボックス内左のハッサン・アリ・サードがフリーでトラップ。アリ・サードは落ち着いてGKとの一対一を蹴り込み、レバノンが先制した。 よもやの失点となったイラン。後半はレバノンが前からプレスをかけて勢いを持ってプレー。後半もGKムスタファ・マタルがサルダール・アズムンの近距離からのシュートをセーブするなど、立ちはだかる。 しかし、このままレバノンが勝利すると思われた後半アディショナルタイムにドラマが。91分にスルーパスのこぼれ球に反応したアズムンが冷静に流し込んでイランが同点に追いつく。 敗戦を免れたイランだったが、ドラマは続く。95分、左サイドを崩すと、クロスをアズムンがシュート。これはDFにブロックされるが、こぼれ球をアフマド・ノールッラヒーが右足一閃。これがゴール左に決まり、イランが後半ATの2ゴールで逆転勝利を収め、首位をキープした。 また、ここまで未勝利のイラク代表(勝ち点3)とシリア代表 (勝ち点1)の試合は1-1の引き分けに終わった。 試合はゴールレスのまま試合終盤へ。すると79分にアウェイのシリアが、スルーパスに抜けたオマル・フリービーンがボックス内右から浮き球のパスを出すと、オマル・アル・ソマが豪快なボレーを叩き込む。 終盤に先制し、初勝利が迫ったシリアだったがイラクが猛攻。VARの結果PKを得ると、86分にアミル・アル・アマリが落ち着いて決めて同点に。そのまま1-1の引き分けに終わった。 なお、韓国代表はUAE代表と対戦し、1-0で勝利。36分にファン・ヒチャンがPKを決めて勝利を収めた。 韓国代表 1-0 UAE代表 【韓国】 ファン・ヒチャン(36分) レバノン代表 1-2 イラン代表 【レバノン】 ハッサン・アリ・サード(37分) 【イラン】 サルダール・アズムン(90分+1) アフマド・ノールッラヒー(90分+5) イラク代表 1-1 シリア代表 【イラク】 アミル・アル・アマリ(86分) 【シリア】 オマル・アル・ソマ(79分) 2021.11.12 12:42 Fri
twitterfacebook
thumb

2試合が白熱ドロー! レバノンが初勝利《カタールW杯アジア最終予選》

カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のグループA第4節が12日に行われた。 首位攻防戦となったイラン代表(勝ち点9)と、2位の韓国代表(勝ち点7)の一戦は、1-1のドローに終わった。 前半は韓国、後半はイランがペースを握る展開に。そして、0-0で折り返した後半立ち上がりの48分に韓国がソン・フンミンの2試合連続ゴールで先制に成功。だが、イランも後半半ば過ぎの76分にジャハンバクシュのゴールで追いつく。以降は互いに勝ち越しのチャンスがあったものの、試合の均衡は保たれたままドロー決着となった。 勝ち点2で並ぶ3位のUAE代表と5位のイラク代表の初勝利を懸けた一戦は、2-2のドローに終わった。 試合はホームのUAEがボールを握り、アウェイのイラクがカウンターで応戦する構図の下で拮抗した攻防が繰り広げられる。その中で33分、ボックス付近での細かな連携からゴール前に飛び出したカイオ・カネドが冷静にシュートを流し込み、ホームチームが先手を奪った。 1点リードで試合を折り返したUAEは後半もカウンターから幾度か追加点のチャンスを迎えるが、決め切ることができない。すると、74分にはクロスに対して目測を誤ったDFアル=アッタスの痛恨のオウンゴールによってスコアをタイに戻された。さらに、89分にはイラクの3選手の好連携からアイマン・フサインに逆転ゴールを奪われる。 それでも、ホームで意地を見せるUAEは試合終了間際の93分、ワリード・アッバスの左クロスに飛び込んだアリー・マブフートがワンタッチで押し込み、土壇場で追いつく。 さらに、勢いづくUAEはラストプレーでのパワープレーから勝ち越しに迫ったものの、相手GKのビッグセーブに遭う。この場面ではゴールラインを割ったかのVARによるレビューが入った中、佐藤隆治主審のジャッジに注目が集まったが、同主審はノーファウルでの試合終了という判定を下した。そして、白熱の一戦は2-2のドロー決着となった。 また、最下位のシリア代表(勝ち点1)と4位のレバノン代表(勝ち点2)の一戦は、アウェイのレバノンが2-3で逆転勝利した。 共に初勝利を懸けて臨んだ一戦は壮絶な打ち合いの展開となった中、前半終了間際のモハマド・ケドゥの2ゴール、後半序盤に追加点を挙げたレバノンが終盤のシリアの追い上げを振り切って初勝利。グループ3位に浮上している。 イラン代表 1-1 韓国代表 【イラン】 ジャハンバクシュ(76分) 【韓国】 ソン・フンミン(48分) UAE代表 2-2 イラク代表 【UAE】 カイオ・カネド(33分) アリー・マブフート(90分+3) 【イラク】 オウンゴール(74分) アイマン・フサイン(89分) シリア代表 2-3 レバノン代表 【シリア】 オマル・ハルビン(20分) オマル・アルスマ(65分) 【レバノン】 モハマド・ケドゥ(45分+1) モハマド・ケドゥ(45分+3) スーニー・サード(53分) 2021.10.13 04:04 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly