“神童”ヴィニシウスが大胆なサイドチェンジから決めた美しいカウンター【チーム・ゴールズ】

2020.11.17 20:00 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サッカーにおいて個の力は非常に大事な要素の一つである。しかし、チームとして選手たちがひとつになった時にこそ、素晴らしいプレーが生まれる。

『Team Goals』では、流れるような連携から生まれた美しいゴールを紹介。今回はレアル・マドリーのブラジル代表FWヴィニシウスジュニオールが決めたゴールだ。

◆ヴィニシウスが決めた美しいカウンター

ブラジルの名門フラメンゴで若くして頭角を現し、“神童”として期待を受けるヴィニシウス。2018年夏にレアル・マドリーに引き抜かれると、徐々に主力として定着しつつある。

ブラジル人らしい速くてキレのあるドリブルを武器に相手DFを翻弄するヴィニシウスだが、2019年2月3日に行われたラ・リーガ第22節のアラベス戦では、素早い攻撃から見事なゴールを決めている。

1-0とマドリーリードの80分、カウンターからマドリーが追加点のチャンスを作る。

左サイドでボールを持ったヴィニシウスがドリブルで駆け上がると、相手陣内を斜めに通すサイドチェンジで右サイドのFWマルコ・アセンシオにパスを出す。そのままボックス内に侵入したアセンシオがクロスを上げると、ヴィニシウスがファーポストでボールを収め、ゴール右にシュートを決めた。

終盤のヴィニシウスのゴールで2点目を奪ったマドリー。終了間際にも点を決め、3-0で勝利している。


関連ニュース
thumb

ショートカウンターからの華麗なパス回し!アヤックスが見せた鮮やかな速攻/2019-20【チーム・ゴールズ】

サッカーにおいて個の力は非常に大事な要素の一つである。しかし、チームとして選手たちがひとつになった時にこそ、素晴らしいプレーが生まれる。 『Team Goals』では、流れるような連携から生まれた美しいゴールを紹介。今回はスパルタク・モスクワのオランダ代表FWクインシー・プロメスがアヤックス時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆アヤックスが見せた華麗な速攻<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJ3THd0WDJpNCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> </div> トゥベンテのユース出身のプロメスは、ロシアのスパルタク・モスクワでブレイク。セビージャでのプレーを経て、2019年夏にアヤックスに加入した。 アヤックスではエース級の活躍を見せていたプロメスだが、2020年1月12日に行われたクラブ・ブルージュとの親善試合では、華麗な速攻からゴールを決めている。 2-0とアヤックスリードの52分、攻め込んできたクラブ・ブルージュに対し、アヤックス守備陣は自陣に引いて守る。しかし、前線からの積極的なプレスを仕掛け、センターサークル内で上手くボールを奪うと一気にカウンターを発動。ボールを奪ったMFハキム・ツィエクがボールを前線に運びFWラシナ・トラオレにパスする。折り返しのポスをツィエクが再び受けると、ヒールで後方のプロメスにボールを渡す。そのままゴール右に切り込んだプロメスがシュートを決めた。 3-0とリードを広げたアヤックスは、1点を返されたものの、3-1で勝利している。 <span data-sg-movie-id="1035" data-sg-movie-title="【華麗なシュートカウンター】アヤックスが見せた鮮やかな速攻/2019-20"></span> 2021.04.01 22:00 Thu
twitterfacebook
thumb

兄に劣らぬ輝き!トルガン・アザールが高速カウンターでバルセロナを切り裂く/2016-17【チーム・ゴールズ】

サッカーにおいて個の力は非常に大事な要素の一つである。しかし、チームとして選手たちがひとつになった時にこそ、素晴らしいプレーが生まれる。 『Team Goals』では、流れるような連携から生まれた美しいゴールを紹介。今回はドルトムントのベルギー代表FWトルガン・アザールがボルシアMG時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆アザール弟がバルサディフェンスを切り裂く<br/> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJXdzY4QjNTMCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> </div> レアル・マドリーのFWエデンを兄に持つT・アザールは、若くして兄も所属したチェルシーに加入。2014年にボルシアMGに加入し、ブレイクを果たすと、2019年夏にドルトムントに移籍した。 今シーズンこそ長期離脱があったものの、ドルトムントでも主力の1人としてプレーし、背番号「10」を背負うT・アザールだが、ボルシアMG時代の2016年9月28日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループステージのバルセロナ戦では、見事な連携からゴールを記録している。 0-0で迎えた34分、自陣に攻め込んで来たバルセロナに対し、センターサークル付近でFWラファエウがボールを奪うと、カウンターが発動。一気にドリブルで相手陣内中央までボールを運ぶと、ボックス手前のMFマハムド・ダフードにパス。ダフードがボックス内に走り込んだT・アザールにパスを送ると、ゴール前でこのパスにT・アザールがシュートを合わせ、見事なカウンターから先制ゴールを挙げた。 バルセロナ相手に先手を取ったボルシアMG。しかし後半に逆転を許し1-2で敗れている。 <span data-sg-movie-id="1029" data-sg-movie-title="【兄に劣らぬ輝き】トルガン・アザールが高速カウンターでバルセロナを切り裂く"></span> 2021.03.31 10:00 Wed
twitterfacebook
thumb

ボックス内の密集を攻略!丁寧なパス回しでPSGがポチェッティーノ政権下初ゴールを決める!/2020-21【チーム・ゴールズ】

サッカーにおいて個の力は非常に大事な要素の一つである。しかし、チームとして選手たちがひとつになった時にこそ、素晴らしいプレーが生まれる。 『Team Goals』では、流れるような連携から生まれた美しいゴールを紹介。今回はパリ・サンジェルマン(PSG)のイタリア代表FWモイゼ・ケアンが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ケアンが沈めたポチェッティーノ体制初ゴール<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJ5ZnozU3ZLaCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> </div> ユベントスの下部組織出身のケアンは、若くして同クラブで頭角を現すと、2019年夏にエバートンに加入。今シーズンからPSGにレンタル移籍で加入すると、ここまで公式戦15ゴールと爆発している。 優れた身体能力と得点力を誇るケアンだが、2021年1月6日に行われたリーグ・アン第18節のサンテチェンヌ戦では、今シーズン途中から指揮官に就任したマウリシオ・ポチェッティーノ監督下でのチーム初ゴールを決めている。 0-1とPSGビハインドの22分、味方のパスを上手く体を使って相手の裏で収めたFWキリアン・ムバッペは、ボックス内から中央のMFマルコ・ヴェッラッティにパス。ヴェッラッティは相手を引き付けたタイミングでケアンに横パスを送ると、ケアンがボールを収め、反転しながらシュートを放つ。鋭いシュートはGKの足元を抜いてゴールインし、見事な同点ゴールとなった。 その後試合は膠着状態のまま推移し、1-1のドローに終わっている。 <span data-sg-movie-id="1009" data-sg-movie-title="【ボックス内の密集を攻略】丁寧なパス回しでPSGがポチェッティーノ政権下初ゴールを決める!"></span> 2021.03.26 16:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ナントが見せた効果的なビルドアップからエミリアーノ・サラが頭で押し込む!/2016-17【チーム・ゴールズ】

サッカーにおいて個の力は非常に大事な要素の一つである。しかし、チームとして選手たちがひとつになった時にこそ、素晴らしいプレーが生まれる。 『Team Goals』では、流れるような連携から生まれた美しいゴールを紹介。今回はアルゼンチン人FWエミリアーノ・サラがナントで決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆鮮やかなビルドアップからサラが決める<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJ0bFFkdzAxQSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> </div> 母国でのデビューを経て若くして名門ボルドーに渡ったサラは、レンタル移籍でフランスを渡り歩いた後の2015年夏にナントに加入。ブレイクを果たしたものの、2019年1月にカーディフと契約した直後、飛行機墜落事故により命を落としていた。 ナントでは公式戦133試合48ゴールとエース級の活躍を見せていたサラだが、2017年4月29日に行われたリーグ・アン第35節のロリアン戦では、見事な連携からゴールを決めている。 拮抗した展開が続いた試合は、スコアレスのまま推移。このまま引き分けに終わるかと思われた89分、ナントが最終ラインでボールを持つと、ビルドアップを開始。効果的な縦パスで相手のプレスをかいくぐり、右サイドから攻撃を展開すると、ボックス右まで侵入したDFレオ・デュボワがクロスを入れる。ゴール前でサラがこのボールに高いジャンプからヘディングを合わせると、ゴール右にシュートが決まり、土壇場でリードを奪った。 試合はそのまま1-0でナントが勝利している。 <span data-sg-movie-id="588" data-sg-movie-title=""></span> 2021.03.21 16:00 Sun
twitterfacebook
thumb

鮮やかな連携攻撃!ナントが王者PSGをサイドから攻略/2017-18【チーム・ゴールズ】

サッカーにおいて個の力は非常に大事な要素の一つである。しかし、チームとして選手たちがひとつになった時にこそ、素晴らしいプレーが生まれる。 『Team Goals』では、流れるような連携から生まれた美しいゴールを紹介。今回はブルキナファソ代表FWプレジュス・ナクルマがナントで決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ナントが王者PSGを鮮やかに攻略!<br/> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJ4Ymx1NXdRNyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> </div> 母国ブルキナファソでキャリアをスタートさせたナクルマは、ポーランドやトルコでのプレーを経て2017年1月にナントに加入。主力としてプレーした。 ナントに在籍した1シーズンでは、公式戦29試合で9ゴールという数字を残したが、2017年11月18日に行われたリーグ・アン第13節のパリ・サンジェルマン(PSG)戦では、見事な連携からゴールを決めている。 0-2とナントビハインドの60分、相手GKのクリアをナントの選手がセンターサークル付近で拾うと、右サイドへ展開。MFジュール・イロキが相手からのプレスをすり抜けるパス交換で右サイド裏のスペースに抜け出し、そのままボックス右へ侵入する。そこから鋭いクロスを入れると、ファーポストでDFレオ・デュボワがダイレクトで折り返したところを、ゴール前でナクルマが押し込んだ。 このゴールで1点差に追い上げたナントだったが、その後立て続けに失点。1-4で敗れている。 <span data-sg-movie-id="955" data-sg-movie-title="【鮮やかなサイドアタック】ナントが王者PSGをサイドから攻略"></span> 2021.03.16 22:00 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly