「浦和の柏木にも感心した」ビラス=ボアス監督、上海上港時代に対戦した浦和レッズも記憶に

2020.10.29 20:30 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マルセイユのポルトガル人指揮官であるアンドレ・ビラス=ボアス監督が、日本メディア向けに「オンライン メディアラウンドテーブル」を開催した。現在は日本代表DF酒井宏樹、DF長友佑都が在籍するマルセイユで2シーズン目の指揮を執っているビラス=ボアス監督。今シーズンはリーグ・アンの他、チャンピオンズリーグ(CL)も戦っており、27日にはマンチェスター・シティとの一戦を終えたばかりだった。

これまでは、ポルトやチェルシー、トッテナム、ゼニト、そして上海上港と世界各国を渡り歩いて指揮をしてきたビラス=ボアス監督。かねてから日本についても強い関心を示していることを公言してきた。

およそ1時間半にわたって様々なことを語ってくれたビラス=ボアス監督。監督としての考え方や、日本人選手についてなどを語った。

ビラス=ボアス監督は2005年に初来日したとのこと。「2005年に初めて来日した。東京や大阪に行き、日本文化に初めて触れて興奮したのを覚えている」と日本に好印象を持ったとのこと。さらに「大阪に行って、力強さを感じた。大阪で有名なたこ焼きを食べて美味しかった」「銀座、渋谷の交差点にも行った」と日本食や文化も楽しんだようだ。

また、中国スーパーリーグの上海上港の監督を務めていた2017年では、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)で来日。浦和レッズとグループステージ、そして準決勝で合計4度対戦した。

浦和の選手についても印象に残っているようで、「日本を代表する選手、槙野(智章)、興梠(慎三)、遠藤(航)、青木(拓矢)を覚えている」とコメント。また当時指揮していたミハイロ・ペトロヴィッチ監督との親交もあるようで、「当時監督はペトロヴィッチ氏で、今は札幌で監督をしていると思う。その時に連絡先を交換し、今でも連絡を取っている」とコメントした。

また、日本人選手を高く評価しており「浦和と試合をした時に日本の選手について色々な知識を知ることができた。プロフェッショナリズム、試合に臨む姿勢、テクニック、スピードは素晴らしかった」とコメント。「浦和の柏木(陽介)にも感心した記憶がある」と、ゲームメーカーの柏木陽介の名前も挙げていた。

また、現在の日本代表選手についても語り、「今では、日本の久保(建英)、伊東(純也)、南野(拓実)は素晴らしいと思うし、優秀だと知っている」と、今の日本代表選手もチェックしているようだ。

長友と酒井については現在マルセイユで指導しているが「素晴らしい選手だと思っている」とコメント。「ずっと試合に出続けているし、2人ともアスリートとして素晴らしい」と語り、「試合についてや準備について、相手についても話すが、プロフェッショナルで評価も高い」と、良い関係を築いているようだ。

30日に予定されていたリーグ・アン第9節のRCランス戦が、ランスでのクラスター発生により中止となった。

この試合では長友が出場する予定だったようで、「長友は次の試合で出場する予定だったが、残念ながら相手がコロナウイルスに感染した結果中止となった。酒井のサスペンデットは続くので、次のストラスブール戦で出場することになるだろう」と語り、この先出場機会が増えていくことを示唆した。

日本人の特徴についてもコメント。性格面では「鍛錬でトレーニングに非常に集中する。
日本人としてのパーソナリティから来ているものだと思うし、100%をトレーニングでも試合でも発揮することは素晴らしい」とコメント。技術面では「ディフェンスの日本人しか指導していないが、両選手いる中でスピードもテクニックもある。そして、予測する能力が高い」と予測力が高いことを評価していた。
コメント
関連ニュース
thumb

ヴァルブエナがCLドルトムント戦で決めた劇的豪快ミドルにデシャン監督も歓喜!【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はオリンピアコスに所属する元フランス代表MFマテュー・ヴァルブエナがマルセイユ時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ヴァルブエナがドルトムント戦で決めた劇的ミドル<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJEV0xBdE1vMCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2006年夏にマルセイユに加入したヴァルブエナは、リーグ屈指のMFとして長年に渡りフランスの名門クラブで活躍。代表でも主力の1人としてプレーした。 高いテクニックを活かしたドリブルとパスを武器に、前線で違いを生み出すヴァルブエナだが、2011年12月6日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループステージのドルトムント戦では、劇的なゴールを決めている。 前半に先制を許し、1-2とビハインドで折り返したマルセイユ。後半に入り反撃に出ると、2-2と同点に追いついて迎えた87分、左サイドでヴァルブエナがボールを持つ。すると、細かいタッチで相手をかわしながらボックス内左に侵入し、右足を豪快に振りぬく。パワフルなシュートは、GKにセーブする隙を与えずにゴールに突き刺さり、劇的な逆転ゴールを決めた。 試合はヴァルブエナの終了間際のゴールで逆転したマルセイユが3-2で勝利している。 2020.11.26 16:00 Thu
twitterfacebook
thumb

日本人3人が競演!10人同士の対戦となった日本人対決はポルトに軍配でマルセイユはワースト記録の13連敗で敗退《CL》

チャンピオンズリーグ(CL) グループC第4節、マルセイユvsポルトが25日に行われ、0-2でポルトが勝利した。マルセイユのDF酒井宏樹はフル出場、DF長友佑都は78分から出場し、ポルトのMF中島翔哉は79分から出場している。 前節ポルトに0-3と完敗して3連敗となった最下位マルセイユは、CLワーストタイ記録の12連敗中。そのマルセイユは酒井が引き続きスタメンとなって長友はベンチスタートとなった。 一方、マルセイユに快勝して2勝1分けとした2位ポルト(勝ち点6)は、勝利すればグループステージ突破をほぼ確実な状況にできる中、前節に続き中島がベンチスタートとなった。 酒井が[4-3-3]の右サイドバックで先発となったマルセイユは15分に最初の決定機。FKからジェルマンのヘディングシュートが枠を捉えたが、GKマルチェシンのビッグセーブに阻まれた。 その後もマルセイユが押し込む中、フラットな[4-4-2]のブロックを敷くポルト相手に仕掛ける展開で推移したが、崩せない状況が続く。 すると39分、右CKの流れから混戦となったところをサヌシが押し込み、ポルトが先制して前半を終えた。 迎えた後半、攻めあぐねるマルセイユは60分に3枚替えを敢行。パイエやベネデット、キュイザンスを投入した。 すると68分、グルイッチがパイエへのタックルで2枚目のイエローカードを受けて退場となり、マルセイユは数的優位となった。 ところが70分、ボックス内への侵入を許したマレガを倒したバレルディにも2枚目のイエローカードが提示され、マルセイユは10人になるとともにPKを献上した。 このPKをセルジオ・オリベイラに決められてリードを広げられたマルセイユは、バレルディの退場を受けてセンターバックに酒井が回り、78分には長友が投入された。 逃げ切りを図るポルトは79分に中島を左サイドに投入。終盤にかけては危なげなく時間を進めて2-0で勝利。日本人3人が競演した一戦はポルトが勝ち点を9に伸ばし、決勝トーナメント進出に王手をかけている。 一方、敗れたマルセイユは敗退が決まっている。 2020.11.26 07:20 Thu
twitterfacebook
thumb

酒井&長友のマルセイユ、代表ウィーク明けのニース戦が延期に

フランス・プロリーグ機構(LFP)は17日、21日に行われる予定だったリーグ・アン第11節マルセイユvsニースを延期することを発表した。 ニースでは10選手以上に新型コロナウイルスの陽性反応があり、クラスターが発生していた。なお、代替日については明らかにされていない。 現在、日本代表に合流しているDF酒井宏樹とDF長友佑都が所属するマルセイユは、8位ニースを1ポイント上回り、リーグ・アンで4位に付けている。 2020.11.18 00:00 Wed
twitterfacebook
thumb

マルセイユ、酒井のライバル獲得に関心! 今夏シティ獲得の19歳ブルキナファソ代表

マルセイユが今冬の移籍市場でブルキナファソ代表DFイサ・カボレ(19)の獲得に関心を示しているようだ。フランス『Telefoot Chaine』が報じている。 マルセイユは現在、日本代表DF酒井宏樹を除き右サイドバックを本職とする選手がおらず、左サイドバックを主戦場とする日本代表DF長友佑都らが不在時のバックアップを担っている状況だ。 今夏の移籍市場ではフランス人DFブナ・サールのバイエルン移籍を受けて、ヘンクのデンマーク代表DFヨアキム・メーレ(23)の獲得に動いたものの、交渉は破談に終わっていた。 そういった中、マルセイユでマネージング・ディレクターを務めるパブロ・ロンゴリア氏は、KVメヘレンでプレーしているカボレの獲得に関心を示しているという。 爆発的なスピードとスタミナを武器とする攻撃的なサイドバックのカボレは、昨シーズン終盤の活躍によってマンチェスター・シティが今夏に先行投資的な意味合いで完全移籍で獲得。現在はレンタルバックという形でメヘレンに残留している。 まだまだ粗削りも今シーズンここまでのリーグ戦では出場停止の1試合を除き10試合に出場し、2アシストを挙げる活躍を見せている。 そして、マルセイユは今冬の移籍市場で500万ユーロ(約6億2000万円)程度のオファーを掲示し、シティからの獲得を目指しているようだ。 2020.11.15 14:05 Sun
twitterfacebook
thumb

「チグハグしていた部分は正直」1年ぶりの日本代表、DF長友佑都が感じたもの「まだまだ上げないと厳しい」

パナマ代表戦を終え、一夜明けた14日に日本代表のメンバーが取材に応じた。 日本は13日、パナマと国際親善試合を戦い、南野拓実のPKで1-0と勝利を収めた。 この試合では、前半は[3-4-2-1]のシステムと、出場機会の少ない選手が多く起用されたことでなかなか機能しなかったが、後半に大きく流れを掴みチャンスを演出。主導権を握って試合を進めていた。 一夜明け、先発出場したDF長友佑都(マルセイユ)が取材に応対。左ウイングバックで出場したこ試合について「前半はうまくいかない部分もたくさんあったかなと思いますが、時間が経つにつれて良くなって行きました。無失点で勝ち切ったのは良かったです」と前半苦しんだことを認めながらも、クリーンシートで勝利したことを評価した。 前半苦しんだ要因については「前半は特に相手が体力面、フィジカル面も含めて、相手が僕たちのサッカーに対応できていた。後半は相手も落ちて、日本の方がコンディションが良くてうまく行き始めたと感じています」とし、パナマに対応されたことが要因であると語った。 ウイングバックとしてプレーした長友だが、積極的にボールに絡めず、ドリブルで持ち上がって攻撃参加する回数も少なかった。自身のプレーについては「前半は特に窮屈でした。相手にしっかり対応されていたこと、僕たちもチグハグしていた部分は正直ありました」とチーム全体として難しい状況だったとコメント。「中盤でよく崩せず、サイドでも良い形でもらえないという課題は良く見えました」と、まだまだ改善の余地があると気付けたことをプラスに捉えた。 サイド攻撃に関しては「サイドで個人突破で一対一を仕掛ける場面が多くできて、そういうシーンがたくさんできるといいんですけど、前半はボール回しがうまくいかず、サイドで数的優位を作れる状況もなかったです。そうなってくると、なかなか難しいかなと思います」と語り、パスワークで相手の陣形を崩せなかったことも要因とのこと。また、「ピッチ状態ももちろんあったり、メンバーが変わった、フォーメーションが変わったというのもあって、みんな迷いがありながら、意識が繋がっていない状態で前半はプレーしていた感じがします」と、チームとして前半は特に連動できていなかったと反省した。 個人的なパフォーマンスについては「個人としては全然です」と満足せず。「まだまだコンディション自体もあげないと、代表で出ることじゃなくワールドカップで勝つことが目標なので、コンディションもパフォーマンスも客観的に見れているので、それは上げないといけないです」と、まだまだ足りていないと感じているとのこと。「体調面もクラブで試合に出ることも上げないと厳しい」と、この先のさらなる飛躍が必要だと語った。 また、「ああいう状況でもサイドで自分が一対一で相手をはがせたりするとチャンスも作れますが、それができなかったことは課題だと大きく感じています」と、チームが苦しい時に助けられなかったパフォーマンスも反省した。 1年ぶりの代表活動となった長友だが、日本ではなくヨーロッパで親善試合を行うべきだとこれまでも主張してきた。実際にプレーした感想では「相手のコンディションとモチベーションが全く違います」と、やはり効果がある実感。「昨日のパナマもすごく良いモチベーションとコンディションでやっていたので、特に前半は難しくなりました」と、苦戦できたことも1つの収穫と捉えられるようだ。 森保一監督は、親善試合ではシステムや出場選手を変える傾向にあるが、その点については「大きな話で行くと、僕もこの代表で10年以上経験しましたが、メンバーを固定して、フォーメーションを固定すると、上手くいっているときはいいんですが、悪いときは修正が効かない。フォーメーションも選手も選択が限られてくるので難しくなります」と固定した形はリスクがあるとコメント。「ワールドカップに向けて、ワールドカップで勝つために戦術的な幅、選手の人数の幅、色々な選手が色々なことをやれることで、相手に対策されても試合で修正できる。その意図はすごく感じていて、僕たちも理解している」と、森保監督の考え方を好意的に受け止め、理解できていると語った。 また、「4バックの場合と3バックの場合、ポジションによってこの選手が生きるというのはチョイスしやすくなる。選手はみんな試合に出たいですけど、その時の監督の選択は受け入れられるというか。色々な選手にチャレンジさせている状況で、チームとしてみんなが1つの状況で、みんなが受け入れて試合に出た時に、自分が見せるという感じも出るので、チームとして良い雰囲気だと思います」とし、競争を含めた良い雰囲気が作られていると感じているようだ。 2020.11.14 21:10 Sat
twitterfacebook




NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly