史上初のCL全勝優勝 他を寄せ付けなかったバイエルンの足取り

2020.10.20 17:45 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
20日に開幕を迎える2020-21シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)。新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大により2019-20シーズンの閉幕が遅くなった分、例年よりも遅い開幕となるが、その2019-20シーズンで優勝を果たしたのはドイツのバイエルンだった。

ドイツの絶対王者として、ブンデスリーガ7連覇の実績を引っ提げて2019-20シーズンに臨んだバイエルンは、2018-19シーズン準優勝のトッテナム、セルビア王者ツルヴェナ・ズヴェズダ、ギリシャ王者のオリンピアコスという2強2弱のグループBに入った。

◆昨季王者バイエルン、2019-20シーズンのスーパーゴール5


◆グループステージからバイエルンの攻撃力が爆発

シーズン序盤、当時のニコ・コバチ監督と主力選手らの確執もあり、ブンデスリーガでは勝ち点を取りこぼす試合が多かったバイエルンだが、ヨーロッパの舞台ではツルヴェナ・ズヴェズダとの初戦を快勝で飾ると、第2節のトッテナム戦では元アーセナルのFWセルジュ・ニャブリが慣れ親しんだロンドンの地で大暴れ。キャリア初の1試合4ゴールを挙げるなど、圧巻のパフォーマンスを見せて7-2の歴史的な大勝をもたらした。その後、オリンピアコスにも競り勝って3連勝でグループステージを折り返したが、リーグ戦の不振を受けて昨年11月初旬にコバチ監督を解任。ハンジ・フリック監督にバトンが手渡された。

そして、フリック体制の初陣となったホームでのオリンピアコス戦を2-0の勝利で飾ったチームは、早々にグループステージ突破を決めると、第5節のツルヴェナ・ズヴェズダ戦ではニャブリに続き、主砲ロベルト・レヴァンドフスキが1試合4ゴールの大暴れを見せ、首位通過も確定させる。消化試合となった最終節ではジョゼ・モウリーニョに指揮官を交代したトッテナムを3-1で破り、圧倒的な強さでグループステージ唯一の全勝突破を果たした。

ウィンターブレイクを経て完全にフリック仕様の新たなチームに生まれ変わったバイエルンは、決勝トーナメントに入ってもその勢いを継続する。

まずは、ラウンド16でトッテナムに続くロンドン勢のチェルシーと対戦。2011-12シーズンの決勝で敗れた因縁の相手に対して真価が試された中、2月末に行われた敵地での対戦ではMFアルフォンソ・デイビスという超新星が世界を震撼させる。

センターバックの相次ぐ負傷者に伴い、左サイドバックにコンバートされた19歳のカナダ代表ウインガーは爆発的なスピードとテクニックを武器に、チェルシーの右サイドを文字通り、完全に切り裂いて見せた。そして、ドッペルパック(1試合2得点)のニャブリ、レヴァンドフスキというスコアラー2人を完全に食う衝撃的な活躍を披露し、3-0の先勝に大きく貢献した。

そして、ブンデスリーガ8連覇を達成して臨んだホームでの2ndレグでは、出場停止にケガと満身創痍のアウェイチームに対して、レヴァンドフスキのドッペルパックなど一切の隙を与えない盤石の戦いぶり。1stレグを上回る4ゴールを重ね、2戦合計7-1の圧勝で因縁の相手にリベンジを果たした。

◆因縁の相手に4ゴール!チェルシー戦ハイライト


◆コロナ禍でのレギュレーション変更もバイエルンの進撃は止まらず

コロナ禍によって準々決勝以降のレギュレーションが中立地リスボンでのシングルマッチ方式の短期トーナメントに変更される中、世界最高のクラックであるFWリオネル・メッシを擁するバルセロナとの対戦は準々決勝屈指の注目カードとなったが、バイエルンはこの一戦でシーズンハイライトと言える圧巻のパフォーマンスを披露した。

立ち上がりから強度、連動性と申し分ないハイプレスでバルセロナのビルドアップを機能不全に陥れたバイエルンは、不運なオウンゴールで1点を与えたものの、FWトーマス・ミュラーのドッペルパックなど前半に4ゴールを奪い、勝負を決定づける。

後半立ち上がりには2点差に詰め寄られたが、ここから再び攻撃のギアを上げると、超新星デイビスの驚愕の5人抜きアシストからMFジョシュア・キミッヒ、途中出場のMFフィリペ・コウチーニョの古巣相手の無慈悲なドッペルパックなどで突き放した。そして、グループステージのトッテナム戦を上回る、8-2のスコアで優勝候補を完膚なきまでに粉砕した。

◆デイビスの5人抜きアシストも!バルセロナ戦ハイライト


戦前にはかつての指揮官であるジョゼップ・グアルディオラ率いるマンチェスター・シティとの頂上対決が予想されたが、準決勝の対戦相手はユベントス、シティと2戦連続で大物食いを果たした伏兵リヨンとの対戦となった。

試合序盤にはハイラインの背後を執拗に狙う相手に対して、3度のビッグチャンスを作られる思わぬ入りに。それでも、守護神マヌエル・ノイアーを中心にこのピンチを無失点で凌ぐと、主砲レヴァンドフスキ同様に勝負強さが際立ったニャブリが個の力で流れを変えた。18分に右サイドから鋭いカットインを見せると、強烈な左足のミドルシュートを叩き込み先制点を奪取。続く33分にはゴール前のこぼれ球を冷静に流し込み、流れを一気に引き寄せた。

後半はシステム、メンバーを細かく入れ替えて反撃を試みる相手に手を焼いたが、試合終了間際の88分にはCL全試合ゴール中だったレヴァンドフスキがキミッヒのFKを冷静に頭で合わせ、CL15点目を記録。ほぼ完璧な内容でリヨンの快進撃をストップし、7年ぶりの決勝進出を決めた。

決勝ではCL初優勝を目指すフランスのパリ・サンジェルマン(PSG)との対戦となる。強豪同士の対戦らしく、立ち上がりから拮抗した展開が続く中、59分にフランス代表MFキングスレー・コマンが頭で決めると、守備陣がPSGの豪華攻撃陣をシャットアウトし、7季ぶり6度目のビッグイヤーを手にした。

ブンデスリーガ、DFBポカールに続くタイトル獲得で2012-13シーズン以来の三冠を成し遂げたフリック監督。コバチ体制から引き継ぐ形となったが、グループリーグから11戦全勝、43得点8失点と圧倒的な成績を収めての優勝だった。

◆CL優勝を決めた直後のバイエルンイレブンが輪になって大喜び


連覇を目指すバイエルンは、今シーズンのCLでグループAに入り、昨季ベスト8のアトレティコ・マドリー、予選を勝ち上がったMF奥川雅也が所属するザルツブルク、そしてロコモティフ・モスクワと対戦。21日にアトレティコ・マドリーとのグループステージ初戦をホームで迎える。

関連ニュース
thumb

バイエルン会長、レヴァンドフスキ残留を確信 「より長く留めることを想像できる」

バイエルンのヘルベルト・ハイナー会長は、今シーズン限りでの退団が噂されるポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキ(32)の残留を確信しているようだ。 バイエルン在籍7年目で絶対的なエースに君臨するレヴァンドフスキ。今シーズンはクラブのレジェンドである、ゲルト・ミュラー氏が保持していた1シーズンのブンデスリーガ最多得点記録を更新する41ゴールを挙げる見事な活躍を披露。4年連続のリーグ得点王と共に、自身初のゴールデンシュー(欧州得点王)を獲得した。 しかし、そのエースに関しては、今夏の移籍市場でチェルシーやマンチェスター・シティといったプレミアリーグ勢を中心に国外のメガクラブ移籍の可能性が取り沙汰されている。 それでも、クラブ公式サイトのロングインタビューに答えたハイナー会長は、2023年まで契約を残すレヴァンドフスキの残留を確信。さらに、ゲルト・ミュラー氏が持つクラブ歴代最多得点記録(365点)の更新さえも期待しているようだ。 「ロベルトは世界最高のストライカーだ。彼はまだバイエルンと2年間の契約があり、より一層長く彼を留めることをしっかり想像できる」 「現在、レヴァンドフスキは277ゴールを決めている。仮に、彼が健康を保ち、我々と再び契約を延長したら(更新は)可能だろう。彼には全幅の信頼を寄せている。ロベルトは我々にとって絶対的な幸運だ」 また、バイエルンはここまでRBライプツィヒのフランス代表DFダヨ・ウパメカノ、レディングのイングランド人DFオマー・リチャーズの2選手を獲得しているが、ハイナー会長は今後の大型補強の可能性を否定している。 「例え我々が比較的良い形で経済面の困難を乗り越えたとしても、人々は単にコロナの影響を過小評価してはいけない。我々にも大きな痛みの跡が残るだろう。ダヨ・ウパメカノを除いて、今夏これ以上の大きな移籍は不可能だ。我々はオマー・リチャーズと契約し、加えてローン移籍していた7選手が戻って来る。目標はチームとしての幅を強化することだ。しかし質はとても高く、更なるビッグネーム獲得は必要としない。チーム内の配列は正しい」 2021.06.12 00:06 Sat
twitterfacebook
thumb

来季バイエルン加入のウパメカノに珍事? プレシーズンのスタートはライプツィヒで…

来シーズンからバイエルンでプレーするフランス代表DFダヨ・ウパメカノだが、プレシーズンは移籍元のRBライプツィヒでスタートすることになるようだ。ドイツ『ビルト』が伝えている。 ライプツィヒでブンデスリーガ屈指の若手センターバックに成長したウパメカノは、今年2月にバイエルンが4250万ユーロ(約56億7000万円)の契約解除金を支払ったことで、来シーズンからブンデスリーガ9連覇中の王者の一員になることが決定した。 当初は7月1日付けで保有権がライプツィヒからバイエルンに切り替わると発表されていたが、『ビルト』の最新のレポートによると、前述の契約解除条項が発動した場合、ライプツィヒとの契約は7月15日まで有効になるという。 そのため、バイエルンがプレシーズンの開始時点でウパメカノを合流させたい場合、同選手がライプツィヒで受け取る月給の半分にあたる20万ユーロ(約2670万円)を支払う必要があるが、現時点でバイエルンに支払いの意思はないようだ。 この結果、ウパメカノは7月5日スタートするライプツィヒのプレシーズントレーニングに参加し、1週間ほど過ごした後に新天地へ合流することになるようだ。 そして、ライプツィヒのコマーシャル・ディレクターを務めるフロリアン・ショルツ氏は、ドイツ『Bavarian Football Works』の取材に対してこの不可思議な状況を認めている。 「ダヨ・ウパメカノが夏季休暇明けに新天地で準備を始めることは、両クラブにとってより意味があるのは確かだ」 「しかし、現在の契約内容ではそうならないことは事実だ。そのため、我々は彼がRBライプツィヒでトレーニングを開始することを予期している」 3者の話し合いによって契約を変更したり、ウパメカノの休暇期間を延ばすなど、やり方次第でこの奇妙な状況は解決できるように思われるが、ウパメカノはプレシーズンを移籍元のライプツィヒでスタートすることになるのか…。 2021.06.10 07:30 Thu
twitterfacebook
thumb

バイエルンがハドソン=オドイ獲得に再挑戦! チェルシーも金額次第で売却に応じるか…

バイエルンがチェルシーに所属するイングランド代表FWカラム・ハドソン=オドイ(20)の獲得に再挑戦するようだ。イギリス『タイムズ』が報じている。 バイエルンは2019年夏に4度のオファーを掲示するなど、以前から20歳の若武者にご執心だ。ただ、チェルシーサイドの再三に渡る抵抗もあり、移籍金の問題で折り合いが付かず、ここまで移籍は実現していない。 しかし、元ブラジル代表FWドグラス・コスタの退団などにより、ウイングの補強が必要なブンデスリーガ王者は今夏の移籍市場で再びハドソン=オドイの獲得に乗り出すようだ。 一方、これまではハドソン=オドイの売却に乗り気ではなかったチェルシーだが、トーマス・トゥヘル監督の下でシャドー、ウイングバックのバックアップに甘んじる生え抜きの若手を、今夏の大型補強に向けて換金対象とみなしており、相応のオファーが届いた場合、売却に応じる可能性が高まっている。 なお、2019年には3500万ポンド(約54億2000万円)前後のオファーを掲示していたが、コロナ禍における市場の下落の影響もあり、より安価な金額での獲得が可能だという。 2021.06.09 08:00 Wed
twitterfacebook
thumb

アラバ父がバイエルン現会長を非難「言ってることは事実無根」

オーストリア代表DFダビド・アラバの父親であるジョージ氏が、事実とは異なる発言をしたとして、バイエルンのカール=ハインツ・ルンメニゲ会長を非難している。 今夏でバイエルンとの契約が満了を迎え、5年契約でレアル・マドリーしたアラバ。下部組織から所属し、半年間のホッフェンハイムへのローンを除いて、公式戦431試合に出場して33ゴール55アシストを記録。2度のチャンピオンズリーグ優勝、10度のブンデスリーガ優勝、6度のDFBポカール優勝とバイエルンのタイトル獲得に大きく貢献してきた。 契約延長はしばらく続いていたようだが、両者の間で折り合いがつかず、結局13年過ごしたクラブを退団。キャリアの新たなステージを進む決断をした。 交渉が決裂した理由について、ルンメニゲ会長は以前ドイツ『キッカー』の取材で「すでに1500万ユーロの年俸を受け取っている選手が、この経済難の中で1950万ユーロでは満足できないことを理解できる人は限りなく少ないと思う」とコメント。アラバ側が大幅な給与アップを望んでいることを示唆する発言を残していた。 しかしながらジョージ氏は、今月末で退任する同会長の発言は事実無根だとして非難。息子とクラブによる賃金に関する話し合いはなかったと主張した。 「詳しくは言わないが、実際に何が起こったかは責任者が知っているだろう。私が言えるのは、時間の経過とともに非常に難しい立場に追い込まれ、お金の話は一切しなくなったということだけだ」 「だから結局、彼(ルンメニゲ)がお金の話をやめなかった理由は私にはわからなかった。交渉はコロナ禍の前から行われていたが、同じ時期に他の交渉がスムーズに進んでいたにもかかわらず、コロナを言い訳にされたことには失望したよ」 2021.06.05 16:45 Sat
twitterfacebook
thumb

サウールは今季限りでアトレティコ退団か…バイエルン&チェルシー関心?

アトレティコ・マドリーに所属するスペイン代表MFサウール・ニゲス(26)は今シーズン限りでクラブを離れることを真剣に検討しているようだ。 アトレティコのカンテラ出身のサウールは、ラージョ・バジェカーノでの1年間の武者修行を終えた2014年以降、サイドハーフ、ピボーテを中心にディアゴ・シメオネ率いるチームの絶対的な主力に君臨してきた。 しかし、今シーズンはMFトマ・レマルやMFヤニック・カラスコ、MFエクトル・エレーラとの中盤のポジション争いにおいて苦戦。公式戦41試合に出場したものの、攻守両面で精彩を欠き、チームのラ・リーガ制覇とは裏腹に苦しいシーズンを過ごした。 その不振が影響してか、ユーロ2020に臨むスペイン代表からも落選しており、今夏に新たな環境を求める可能性が伝えられている。 そういった中、移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏は、サウールが今シーズン限りでクラブを離れる可能性があると主張。さらに、具体的な交渉は行われていないものの、バイエルンとチェルシーが獲得に関心を示しているという。 また、アトレティコはサウールの後釜としてウディネーゼに所属するアルゼンチン代表MFロドリゴ・デ・パウル(27)との交渉を進めているようだ。 なお、アトレティコとサウールの現行契約は2026年まで残っており、獲得には高額の移籍金が必要となる。 2021.06.05 01:00 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly