34分の1 C・ロナウドがラ・リーガで決めたハットトリックの一つをお届け【ハットトリック・ヒーローズ】

2020.10.18 20:00 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サッカーにおいて、1試合で3得点以上を決めることを表す「ハットトリック」。元々はクリケットで打者を三者連続アウトにすることをそう呼んでいた。(クリケットにおいて打者を連続でアウトにすることは相当難易度が高い)サッカー選手にとって、「ハットトリック」は実力を証明する功績でもあるが、そう簡単にはお目にかかれない。この企画『HAT-TRICK HEROES』では記憶に残る「ハットトリック」を紹介していく。

今回は、ユベントスに所属するポルトガル代表FWのクリスティアーノ・ロナウドがレアル・マドリー時代に決めたハットトリックだ。

◆ドライブシュートに直接FK にヘディング!C・ロナウドが無双

レアル・マドリーで過ごした9シーズンで公式戦438試合に出場し450ゴールを記録したC・ロナウド。ラ・リーガでは292試合で311ゴールを記録し、34回ものハットトリックを達成している。

その内の一つが2016年3月5日に行われたラ・リーガ第28節のセルタ戦だ。

前半を1-0で折り返したマドリーは後半に攻撃陣が畳みかける。まずは50分、ゴール正面約25mの位置から右足を振り抜いたC・ロナウドの強烈なドライブシュートがゴール中央上に突き刺さった。

そして58分にC・ロナウドの直接FKが炸裂。ボックス手前左で得たFKをC・ロナウドが直接狙うと、GKが一歩も動けない完璧なシュートを突き刺した。

その後マドリーは1点を返されるも、64分にC・ロナウドがハットトリックを達成する。ボックス左へ抜け出したイスコの折り返しをフリーのC・ロナウドが押し込んだ。

さらに76分には左CKからC・ロナウドがヘディングシュートでこの試合4点目を決め、マドリーは7-1の大勝を飾っている。

13日に新型コロナウイルス(COVID-19)検査で陽性反応が確認されたC・ロナウド。所属先のユベントスでは28日にチャンピオンズリーグ・グループステージ第2節でバルセロナとのビッグマッチを控えるだけに、回復が待たれるところだ。
コメント
関連ニュース
thumb

イスコ、ジダンの起用法に不満? クラシコ試合前の同僚への発言が中継映像に…

レアル・マドリーに所属するスペイン代表MFイスコは、自身に対するジネディーヌ・ジダン監督の扱いに不満を抱いているようだ。『ESPN』が伝えている。 イスコは今シーズン、ここまでのラ・リーガで4試合に出場。ただ、その内の先発3試合では、2試合で前半終了時、1試合で後半序盤にベンチへ下げられるなど、全幅の信頼を得ることはできていない。 そのため、より多くのプレータイム、信頼を求めるイスコは、これまで比較的良好な関係性を築いてきたフランス人指揮官に対してフラストレーションを溜め始めているようだ。 そして、ケガを除いて初めて出場なしに終わった直近のラ・リーガ第7節、バルセロナとのエル・クラシコ(3-1で勝利)の試合前のスタンドではチームメートである、クロアチア代表MFルカ・モドリッチ、ブラジル代表DFマルセロに対して、ジダン監督への不満を口にしている様子が、スペイン『Movistar』の中継カメラに映ってしまった。 「もし、ジダンが僕をベンチに下げる場合、50分か60分のタイミングだ。時にはハーフタイムで下げることもある」 「逆に、途中投入する場合、80分を過ぎてからだね」 この発言に対して、マルセロは大笑いして同意の様子を示しており、真剣な指揮官批判と言うよりも、チームメイトへの愚痴に近いものだったようだ。 ただ、ベルギー代表MFエデン・アザール、ノルウェー代表MFマルティン・ウーデゴールが戦列復帰を果たした場合、イスコの出場機会はさらに減ることも懸念されており、単なる愚痴が監督批判に変わっていく可能性は十分に考えられるところだ。 2020.10.26 23:42 Mon
twitterfacebook
thumb

今季出場ゼロのアザールがついにプレーか CLボルシアMG戦のメンバー入り

レアル・マドリーのベルギー代表MFエデン・アザールが戦列復帰した。 レアル・マドリー入りの昨季を相次ぐケガで思い描いたものと異なる形で過ごしたアザール。今季は勝負の2年目に位置付けられるが、故障の影響でいまだ出場がなく、24日に敵地で行われたバルセロナとのラ・リーガ第7節も欠場した。 その今季初のクラシコを3-1で制して、27日に敵地で行われるチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第2節のボルシアMG戦に臨むレアル・マドリーは25日、遠征メンバー21名を発表。そのメンバーリストにアザールも含まれた。 レアル・マドリーは21日に本拠地で行われた初戦のシャフタール・ドネツク戦を2-3の黒星。今回のボルシアMG戦はアウェイ戦だが、グループステージ突破を目指す上でも是が非でも勝利がほしい一戦となる。 なお、アザールがメンバー入りした一方で、スペイン代表DFダニエル・カルバハルや同代表DFアルバロ・オドリオソラ、同代表DFナチョ・フェルナンデス、ノルウェー代表MFマルティン・ウーデゴールが外れている。 2020.10.26 11:05 Mon
twitterfacebook
thumb

物議醸すPKの当事者、セルヒオ・ラモスが言及「彼に掴まれていたことは明白」

レアル・マドリーのスペイン代表DFセルヒオ・ラモスが、バルセロナとの“エル・クラシコ”を振り返り、PKのシーンについても語った。クラブ公式サイトが伝えた。 ラ・リーガでは前節のカディス戦で敗れ、21日にはチャンピオンズリーグ(CL)の初戦でシャフタール・ドネツクに敗れて、公式戦連敗だったマドリー。ジネディーヌ・ジダン監督の去就問題も浮上するなど、混沌とした1週間を過ごしていた。 <div id="cws_ad"><script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=1gr19wkx3e1bi1r621ludwj714" async></script></div> 24日にラ・リーガ第7節でバルセロナと対戦したマドリーは、フェデリコ・バルベルデが先制ゴールを奪うと、同点に追いつかれた後半にセルヒオ・ラモスがPKを決め勝ち越し。終盤にはルカ・モドリッチがダメ押しゴールを決め、1-3で勝利を収めた。 この試合でPKをしっかりと決めたセルヒオ・ラモスはクラシコでの勝利の意味を語り、しっかりと戦えたことを評価した。 「精神的な面では、この勝利は次の試合に向けてとても良いものだ。今は幸せを味わうつもりだが、戦いは続く。クラシコとライバルの本拠地で勝利を収めることは、とても満足すべきことだ」 「世界で最高の選手たちと対戦はそれだけの価値がある。僕たちは守備がとても優れており、互いに多くの敬意を払っていた。僕たちはとてもアグレッシブに出て、ゴールを決めるという目標を達成した」 「間違っていなければ、前半で僕たちはポゼッションを描くおtくし、後半は2点目を奪った後ブロックを敷いてディフェンスを固めた。一般的に見てもとてもよく、僕たちにとって士気の面では最高だった」 また、物議を醸しているPK獲得のシーンについても言及。クレマン・ラングレにユニフォームを掴まれていたことはハッキリしていると語った。 「ジャンプしようとした時に彼に掴まれていたことは明白だ。明らかなプレーのために、審判のことをとやかくいうことは、僕には不公平に思える。彼らはそこで全力で仕事をしている」 「上手くいくときもあれば、いかないときもある。それを受け入れて生きていかなければいけない。PK後に落ち込んだことを利用して3点目を奪いきり、結果を守ることができた」 2020.10.25 17:45 Sun
twitterfacebook
thumb

「シャツを引っ張ったのに、後ろではなく前に倒れた」クーマン監督がセルヒオ・ラモスの倒れ方に疑問

バルセロナのロナルド・クーマン監督が、レアル・マドリーとの“エル・クラシコ”を振り返った。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えた。 24日に、ホームでマドリーとのクラシコを戦ったバルセロナ。開始5分でフェデリコ・バルベルデに先制ゴールを許すも、8分にアンス・ファティのクラシコ史上最年少ゴールで同点に追いつく。 <div id="cws_ad"><script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=1gr19wkx3e1bi1r621ludwj714" async></script></div> 前半にメッシへのファウルが疑われるシーンがある中ノーファウルで試合が進むと、後半にセルヒオ・ラモスがクレマン・ラングレに倒され、こちらはビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)が介入してPKの判定に。これをセルヒオ・ラモスがしっかり決めると、終盤にはルカ・モドリッチにゴールが決まり、1-3でマドリーが勝利した。 試合後、物議を醸しているVARの適用についてクーマン監督も苦言。バルセロナばかりがVARの対象になっているとコメントした。 「私はレフェリーにここスペインではVARの問題を説明してくれることを期待している」 「5節を終えて、VARはバルセロナに対してのみ適用される。セビージャ戦ではメッシへのPKが与えられなかった。ヘタフェでの2つのレッドカードがあっても良かったはずだが…なぜ、我々に対してしかVARは適用されないんだ?それがレフェリーに聞いたことだ」 「VARはとても良いものになるだろう。しかし、全てのチームのためにだ」 また、セルヒオ・ラモスのPKのシーンについては、先にセルヒオ・ラモスがファウルを犯していたと見解を示し、倒れ方にも疑問を呈した。 「まずはラモスがラングレを押した。それはラモスによるラングレへのファウルだ。その後にラングレががユニフォームを掴むが、あのエリアではほとんどのシーンでそのような行為がある。PKになるのは十分ではない」 「シャツを引っ張ったのに、後ろではなく前に倒れた」 試合のプランとしてはアンス・ファティのスピードを生かしたかったとコメント。交代策についても狙いを語った。 「我々のプランは、アンスをスピードの基準として試合をコントロールし、、マドリーのセンターバックの裏で深さをとることだった」 「負けているときはまず、出場している選手で得点を取ろうとした。ついに、フレッシュさを求めて、デンベレとトリンコン、メッシを上げてグリーズマンをウイングにおいて一対一を仕掛けるようにした」 2020.10.25 15:35 Sun
twitterfacebook
thumb

「審判はプレーを観てから笛を吹いた。それだけ」批判の中クラシコ勝利のジダン監督が物議醸したPKに言及

レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督が、バルセロナとの“エル・クラシコ”を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 ラ・リーガでは前節のカディス戦で敗れ、21日にはチャンピオンズリーグ(CL)の初戦でシャフタール・ドネツクに敗れて、公式戦連敗だったマドリー。 <div id="cws_ad"><script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=1gr19wkx3e1bi1r621ludwj714" async></script></div> ジネディーヌ・ジダン監督の進退問題も浮上する中、24日にラ・リーガ第7節でバルセロナと対戦。フェデリコ・バルベルデが先制ゴールを奪うと、同点に追いつかれた後半にセルヒオ・ラモスがPKを決め勝ち越し。終盤にはルカ・モドリッチがダメ押しゴールを決め、1-3で勝利を収めた。 試合後ジダン監督はクラシコの勝利を喜び、冷静に戦えたと選手たちを称えた。 「選手たちにとても満足している。チームの勝利と言える。完璧な試合をした。ここで3ポイントを奪うことはかんたんではない」 「チームとして考えなければいけないことがあり、それにとっては良いしイアだった。3ポイントだが、それ以上ではない。同時に、最近批判を受けていた中で、今日のように冷静になり、まとまってやるべき時にはしっかりとプレーしなければならない」 「最終的には、我々はとてもオープンにプレーしている相手に良い試合をした。良いゲームであり、我々はそれに値する。ここ数日で言われてきたことを考えれば、選手たちにとっては嬉しいことだ。私も彼らのプレーを喜んでいる」 「最後にルカの素晴らしいゴールがあったが、チームがまるでパイナップルのように団結していた姿を見た。フィールドで戦うのは彼らであり、それが嬉しかった。満足しているし、自分たちのプレーを楽しむこともできる」 また、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)が介入したPKの判定が物議を醸しており、バルセロナに与えられず、マドリーに与えられたと揶揄されている。この件についてもジダン監督は見解を述べた。 「レフェリーがいる。プレーをチェックするために観に行って、そのあとに笛を吹いた。審判の話は絶対にしない。彼らの仕事は複雑であり難解であり、私も今日自分のルールを変えるつもりはない」 「審判はプレーを観てから笛を吹いた。それだけだ。プレーに関係なく、我々は1-3だったが、より多くのゴールを決めるチャンスはあったので勝利に値すると思う」 「バルセロナにもチャンスがあったのは事実だが、我々が勝利にふさわしいと考えなければならない」 2020.10.25 13:02 Sun
twitterfacebook