ウェストハム、モイーズ監督と2選手が新型コロナに感染…試合直前に判明

2020.09.23 10:30 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ウェストハムは22日、デイビッド・モイーズ監督、フランス人DFイサ・ディオプ、アイルランド代表MFジョシュ・カレンが新型コロナウイルス(COVID-19)に感染したことを発表した。クラブの発表によれば、22日に行われたEFLカップ3回戦のハル・シティ戦の直前にスタジアム内で検査結果を受け、3人の感染が発覚。モイーズ監督と、スタメンに名を連ねていたディオプとカレンはすぐさま帰宅したようだ。

また、陽性反応だった3名はいずれも無症状。今後は英国政府のプロトコルに従うとのことだ。

なお、試合は予定通り行われており、ウェストハムはモイーズ監督の代役としてアシスタントコーチを務めるアラン・アーバイン氏が指揮。ディオプとカレンに代わって、U-19スコットランド代表DFハリソン・アシュビーと元イングランド代表MFジャック・ウィルシャーがスタメン出場していた。試合は5-1でウェストハムが勝利している。
コメント
関連ニュース
thumb

前半低調もブルーノ投入で流れ変えたユナイテッドが逆転でリーグ4連勝! ハマーズは今季初の有観客試合を飾れず…《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第11節、ウェストハムvsマンチェスター・ユナイテッドが5日にロンドン・スタジアムで行われ、アウェイのユナイテッドが1-3で逆転勝利した。 前節、途中出場カバーニの2ゴール1アシストの活躍でサウサンプトンに劇的逆転勝利を飾った9位のユナイテッドは今季初のリーグ3連勝を達成。だが、直近のチャンピオンズリーグ(CL)ではパリ・サンジェルマン(PSG)にホームで1-3の敗戦を喫し、公式戦5試合ぶりの黒星となった。 来週にCLグループステージ突破を懸けたRBライプツィヒ戦、マンチェスター・シティとのダービーという2つのビッグマッチを控える中、今節では3連勝で5位に位置する難敵ハマーズを相手にバウンスバックを図った。PSG戦からは先発4人を変更。ヒザを痛めたデ・ヘアに代わってヘンダーソンがユナイテッドでのプレミア初出場を飾ったほか、ブルーノ・フェルナンデス、フレッジ、ラッシュフォードに代わってポグバ、ファン・デ・ベーク、グリーンウッドが起用された。 イギリスのコロナウイルス対策緩和により、今月から一部地域での有観客が許可された中、この一戦から2000人を上限にスタジアムに熱狂的なフットボールファンが帰ってきた。 そして、そのファンの後押しを受けてか、ホームのウェストハムは開始直後にゴール前に飛び込んだフォルナルスがいきなりGKヘンダーソンを脅かす場面を創出。さらに、前から相手のビルドアップを嵌めに行く形で流れを掴むと、9分には惜しくもオフサイドとなったものの、ボーエンがゴールネットを揺らす決定機を作った。 序盤の劣勢を何とか耐えたユナイテッドはポグバ、ファン・デ・ベークを起点に相手のプレッシャーをいなし、少しずつ相手陣内でのプレーを増やしていく。だが、B・フェルナンデス不在の影響か、[5-4-1]の堅固な守備ブロックを敷く相手の守備を前になかなかフィニッシュまで持ち込めない。 すると、前半半ば以降はホームのウェストハムがユナイテッドを攻守に圧倒する。32分には右サイドに抜け出したボーエンからの絶妙なクロスをファーに飛び込んだフォルナルスがフリーでヘディングシュートも、ここは枠の左に外れる。続く35分には再び3トップの連携からアラーのボックス内での落としをフォルナルスが右足アウトを使ったシュートで流し込みにかかるが、これは惜しくも左ポストを叩く。 立ち上がりから最後のところだけうまくいかないが、38分にはクレスウェルの左CKをニアに飛び込んだライスが頭でフリックすると、ファーにフリーで走りこんだスーチェクが右足ワンタッチで流し込み、優勢な流れの中でゴールをこじ開けた。 劣勢の流れの中で耐え切れずにビハインドを負ったユナイテッドは直後にも簡単に裏を取られてアラーにGKヘンダーソンがかわされるピンチを招くが、ここはアラーのスリップによって事なきを得る。その後、44分にはボックス手前左のマルシャルが強烈なシュートを枠の左隅へ飛ばしたが、ここはGKファビアンスキの好守に阻まれた。 何とか1点差の状況を保って試合を折り返したユナイテッドはカバーニ、ファン・デ・ベークを下げてB・フェルナンデス、ラッシュフォードをハーフタイム明けに投入。だが、立ち上がりの51分にはボックス右まで攻め上がってきたコウファルの絶妙なクロスからファーでフリーにしたボーエンにシュートチャンスを許すが、このスライディングシュートは枠の左に外れて事なきを得る。 その後、62分には負傷したマルシャルに代えてマタを最後のカードとして投入するアクシデントに見舞われたが、B・フェルナンデスを起点に攻撃のリズムを掴み始めたユナイテッドは、前節のサウサンプトン戦を再現するかのような逆転劇を見せる。 まずは65分、自陣右サイドへ飛び出したGKヘンダーソンのロングフィードに抜け出したB・フェルナンデスが右サイドからペナルティアーク付近までドリブルで切り込んで丁寧な横パスを送る。これに反応したポグバが右足を振り抜くと、強烈なシュートがゴール右隅を射抜く。 さらに、68分にはボックス手前左のB・フェルナンデスの絶妙なワンタッチパスに抜け出したテレスのクロスに反応したボックス左のグリーンウッドが絶妙なファーストタッチで前に向き直すと、すかさず左足のシュートを流し込んだ。 いずれもB・フェルナンデスのおぜん立てからポグバ、グリーンウッドの今季リーグ初ゴールで試合を引っくり返したユナイテッドは、前半から飛ばしたツケか、足が止まり始めたホームチームを相手に押せ押せの展開に持ち込む。78分にはマタの絶妙なミドルパスに抜け出したラッシュフォードがこの試合2度目のGKとの一対一の決定機を今度はきっちりモノにして決定的な3点目とした。 その後、ベンラーマやランシーニを投入して反撃に打って出たホームチームに幾度かゴールを脅かされたユナイテッドだったが、クレスウェルの直接FKをGKヘンダーソンが見事な反応で阻むなど、これ以上の失点は許さず。 低調な前半から打って変わってB・フェルナンデスら選手交代で流れを引き戻したユナイテッドが今季アウェイ5戦全勝を継続するとともに、リーグ4連勝。来週に控えるライプツィヒ戦、シティとのダービーに向けて弾みを付けている。 2020.12.06 04:35 Sun
twitterfacebook
thumb

クレスウェルの代表復帰を期待するモイーズ「活躍ぶりは認知されているはず」

ウェストハムのデイビッド・モイーズ監督がチームに所属する元イングランド代表DFアーロン・クレスウェルの代表復帰を後押ししている。イギリス『イブニング・スタンダード』が伝えた。 クレスウェルは今シーズン、ウェストハムで公式戦10試合に出場しており、リーグで白星先行の好調なチームで主軸として活躍。また、本来のポジションは左サイドバックだが、3バックを採用しているチームでは現在3バックの一角でプレーするなど、ユーティリティ性も発揮している。 こうした活躍を受け、モイーズ監督は30歳になるクレスウェルが3バックを採用するイングランド代表で活躍できると語っており、イングランドの指揮官であるガレス・サウスゲイト監督にアピールした。 「ガレス(・サウスゲイト)はイングランドで本当に良い選手を揃えていると思う。でも最近では、クレッシー(クレスウェルの愛称)の活躍ぶりがより認知されるようになってきたんじゃないかな」 「もしクレッシーが今後、数カ月にわたって、この調子を維持することができれば、ガレスは間違いなく彼を代表に選出するかどうかについて検討するだろう」 「彼を招集すれば、イングランドは優れた左サイドバックと、優れた左サイドのセンターバックを手に入れられるね。彼はボールの扱いがとても上手いんだ」 「ただし、ガレスのチームを選ぶのは私ではない。彼はイングランド代表で非常に優れた仕事をしているからね」 クレスウェルはこれまで代表で3試合に出場しているが、2017年を最後に国際舞台からは遠ざかっている。今後モイーズ監督の言う通り、代表に招集されることはあるのか注目したい。 2020.11.30 18:26 Mon
twitterfacebook
thumb

フリーのウィルシャー、ハマーズ時代の確執明かす 「ペジェグリーニ監督と意見が合わなかった」

元イングランド代表MFジャック・ウィルシャーがウェストハム時代の出来事を振り返っている。イギリス『イブニング・スタンダード』が伝えた。 アーセナルのアカデミー出身であり、10代の頃から高い期待をかけられていたウィルシャー。しかし、度重なるケガによって出番を失うと、2018年夏に契約満了でアーセナルを退団後、同じロンドンのクラブであるウェストハムに加入した。 しかし、ウェストハムでも振るわず、昨季は公式戦わずか10試合の出場にとどまり、今季も開幕から状況は変わらなかったため、2020年10月に双方合意の上で契約解除となっている。 現在フリーの状態であり、新天地を探しているウィルシャーはイギリス『ITV』のインタビューに応じた際、ハマーズ時代の一時期に師事したマヌエル・ペジェグリーニ氏との確執を明かした。 「(加入シーズンはケガで)試合に出られず、最悪だったよ。シーズン終盤には何度か出場できたけどね。翌シーズンは良い状態だったし、最初の数試合でプレーした。でもその後、サッカーではよくあることだけど監督と意見の相違があってね。チームから外された」 「それから僕は股関節に小さな問題を抱えてしまい、そこからの復帰が思った以上に長引いた。そうしているうちに、新しい監督(デイビッド・モイーズ)がやってきたんだ」 「僕にとって良いきっかけになると感じたよ。モイーズとはすぐに話した。彼は『君は計画の一部に入っているし、早く復帰しなければならない』と言ってくれたよ」 ウィルシャーにとって、監督交代はチャンスだったが、離脱が長引いている間にチームは低迷。中盤はより守備力に長けたMFデクラン・ライスとMFトマシュ・スーチェクで固定され、復帰後もウィルシャーの起用はわずかな時間にとどまった。しかし、ウィルシャーにモイーズ監督を恨む気持ちはないようだ。 「モイーズと一緒に仕事をするのは本当に楽しかったし、彼のトレーニングは良かったと思っている。僕は明らかにもっとプレーする機会が欲しかったけど、監督である彼の決断を尊重したよ」 「ビッグマッチで、チームはほとんどの時間を守備に費やしている気がした。監督はデク(ライスの愛称)とスーチェクを中盤でプレーさせたがっていたし、実際彼らは素晴らしかったと思う。ボールを握って何かを起こそうとするテクニシャンに、居場所はなかったね」 2020.11.27 17:54 Fri
twitterfacebook
thumb

8歳から親友コンビのライス&マウントが代表でゴール共演! 「同じ試合でゴールを決められるなんて…」

ウェストハムMFデクラン・ライスとチェルシーMFメイソン・マウントの親友コンビが憧れのスリーライオンズで夢のようなゴール共演を果たした。 イングランド代表は18日、UEFAネーションズリーグ2020-21リーグA・グループ2最終節でアイスランド代表と対戦し、4-0で快勝した。 そして、同試合では前半の20分にMFフィル・フォーデンのFKに頭で合わせたライスが待望の代表初ゴールを挙げると、その4分後にはセットプレーの二次攻撃からマウントが代表通算3ゴール目を奪取。主役の座は2ゴール1アシストのフォーデンに譲ることになったが、ライスとマウントの2人にとっては子供の頃の夢を叶えた最高の試合となった。 共にロンドン生まれ、チェルシーのアカデミー育ちの両選手は8歳の頃からの親友で、14歳の時にライスが放出の憂き目に遭った際にはマウントの母親が涙を流すなど、家族ぐるみの付き合いをしてきた。 その後、マウントが順調にチェルシーで活躍を続ける一方、ライスは新天地ウェストハムでブレイクを果たし、両者はプレミアリーグでは良きライバル、イングランド代表では中盤の相棒として切磋琢磨を続けている。 そして、このアイスランド戦ではついに同じ試合でゴールを挙げるという、まるで夢のような瞬間を共有することになった。 同試合後、殊勲のライスとマウントはイギリス『スカイ・スポーツ』のポストマッチインタビューで、ゴール共演を振り返っている。 まずはライスが、「中盤で一緒にプレーできることを知った時、それ自体が特別な瞬間だったよ。さらに、同じ試合でゴールを決められるなんて信じられないことだよ」と、素直な感動を伝えた。 一方、マウントは親友とのゴール共演を喜びながらも、新型コロナウィルスの影響により、無観客開催が続く中、相棒と自身を支えてきた互いの家族がスタジアムで同じ喜びを共有できなかったことを残念に感じている。 「もしもファンの入場が許可されていれば、彼ら(両家族)は一緒に見守ってくれていたはずさ。彼らは僕がデビューした時も一緒にいたし、デク(ライス)と初めて一緒にプレーした時もね。僕らは彼らと共に特別な思い出を共有してきたからね」 「僕らは小さい頃から親友だし、これからもより多くの素晴らしい思い出を作っていけたら最高だね」 なお、ハマーズで守備的MFとセンターバックで印象的な活躍を続けるライスにはフランク・ランパード監督が以前から熱視線を注いでおり、今冬、あるいは来夏にはチェルシーでの親友コンビの共演も期待されている。 2020.11.19 18:05 Thu
twitterfacebook
thumb

強豪相手に善戦のハマーズ、フォルナルスは欧州カップ戦出場を目指す! 「夢を持って戦い続けたい」

ウェストハムのスペイン人MFパブロ・フォルナルスがチームの欧州カップ戦出場権獲得に意気込んでいる。イギリス『イブニング・スタンダード』が伝えた。 ウェストハムは昨季のプレミアリーグで第37節にようやく残留が決定する苦しいシーズンを送ったが、今季はレスター・シティやウォルバーハンプトンに勝利し、マンチェスター・シティやトッテナムから勝ち点1をもぎ取るなど健闘。ここまで8試合を消化して、暫定12位の位置に付けている。 そんなハマーズの中心選手として、今季のここまでリーグ戦全試合に出場し、2ゴールを記録するなどの活躍を見せるフォルナルスは、ヨーロッパリーグ(EL)出場権を獲得できる6位以内も十分可能だと意気込んだ。 「ここ数試合、信じられないほど強大な相手と戦い、チームとしてステップアップができたと思う。そのおかげで僕たちは今快適な順位にいるけど、ここから順位を上げていくための十分な品質と信念がここにはある」 「僕はビジャレアルでプレーした最初のシーズンで、ELの出場権を獲得できた。もちろん、ここ数年の経験から、まずはできるだけ早く(残留に必要とされる)勝ち点40を得る必要がある。でも、それ以降は夢を見ないとね」 「夢を持って戦い続け、今やっている仕事を継続する必要がある。そうすれば、シーズンを良い位置で終えることができるだろう」 また、フォルナルスは適応に苦しんだ昨季から一転し、今季のここまで好パフォーマンスを発揮できている理由として、デイビッド・モイーズ監督の用いるシステムを挙げ、指揮官を称賛した。 「アルチュール(・マスアク)とクレッシー(アーロン・クレスウェル)が左サイドでプレーしてくれるから、僕は中に入ることもできてとても快適だよ」 「僕のポジションはウイングのように守ったり、ストライカーと一緒にいたり、中盤にいたりする。説明が少し難しいね。試合の流れやその時の監督の考えなど、さまざまな要素で変化するんだ」 「試合前も試合中も監督はポジションを変えるから、[2-1-2]の一角でプレーすることもあれば、ワイドでプレーする時もある。監督やコーチが試合を見て判断するんだ。彼らは競争力のあるチームを作ろうとしているし、今はそれができていると思うよ」 2020.11.17 13:59 Tue
twitterfacebook





NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly