ニューカッスル、ウェストハムの21歳DFアシュビー獲得へ… トリッピアーのバックアッパーに

2023.01.30 17:35 Mon
Getty Images
ニューカッスルがウェストハムの元U-21スコットランド代表DFハリソン・アシュビー(21)獲得を確実にしたようだ。イギリス『90min』が伝えている。

アシュビーはウェストハムの下部組織で育った右サイドバック。ファーストチームデビューは2020年9月まで遡るが、今季はヨーロッパカンファレンスリーグ(ECL)の予選と本戦の計2試合以外に出場がなく、主にU-21チームでプレーしていた。
ニューカッスルは昨夏にアシュビー獲得を目指すも、この時はクラブ間交渉が決裂。主軸の右サイドバックであるDFキーラン・トリッピアーをバックアップできる人材として注目してきたとのことだ。

移籍金は300万ポンド(約4億8000万円)とされ、アシュビーは29日にメディカルチェックを実施。契約もすでに済ませたとみられ、あとは公式発表を待つのみとなったようだ。

関連ニュース

ニューカッスルの新戦力バーンズは3カ月の離脱に… 手術は回避とハウ監督が明かす

ニューカッスルのイングランド代表MFハーヴィー・バーンズの年内復帰は厳しいようだ。クラブ公式サイトが伝えた。 今夏レスター・シティからニューカッスルへと移籍し、16日のプレミアリーグ第5節ブレントフォード戦で移籍後初先発を飾っていたバーンズ。続く第6節シェフィールド・ユナイテッド戦では2試合連続の先発を果たしたが、試合開始12分で負傷交代となってしまい、状態が危ぶまれていた。 先日エディ・ハウ監督は「かなりの重傷だと思う」「数週間ではなく、数カ月になると思う」とバーンズのケガの状態について語っていたが、検査の結果、3カ月程度の離脱になることが判明したとのこと。ハウ監督は改めてバーンズの状態について語っている。 「我々は彼が3カ月ほど離脱することになると考えている。これは朗報だ。手術の必要はなく、それは良いニュースだが、彼の足は現在ブーツ(ギプス)に入っている」 「つま先の下のケガで、すでに回復に向け動いている。しばらくの間は安静することになると思う。つま先を休めなければならないし、回復するためのあらゆる機会を与えなければならない。それからゆっくりと状態を高めていく必要がある。それが3カ月かかる理由だ」 「ハーヴィーにとってはショックな時期に起こった。彼は自分のリズムを掴み始めたばかりだからだ。プレシーズンで彼はチームメイトや自分に何を期待されているかを理解し始めていたと思う。これからたくさんの試合が控えている中で、どの選手を欠くことになっても我々にとっては大きな痛手だ」 「ハーヴィーはゴール、ファイナルサードでの攻撃的なプレー、違いを生み出すプレーを我々にもたらしてくれるはずだった。我々はそれに対処し、受け入れ、彼の1日も早い回復を祈るしかない」 これによりバーンズはチャンピオンズリーグ(CL)・グループステージの残り5試合を全て欠場することが濃厚に。チームにとってもバーンズ本人にとっても手痛い負傷となった。 2023.09.29 19:36 Fri

11年ぶりのEFL3回戦敗退…グアルディオラ監督「我々の前半は素晴らしかった」

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督がEFLカップ(カラバオカップ)敗退にも前向きな姿勢を示した。クラブ公式サイトが伝えている。 27日、ニューカッスルと敵地でのEFLカップ3回戦で対戦したシティは、先週末のプレミアリーグから先発8人を入れ替えた影響もあり、中々ゴールを奪えず。53分に失点を許すとFWジェレミー・ドクやMFフィル・フォーデンを投入するも最後までゴールネットを揺らせないまま、0-1で敗れた。 11年ぶりのEFLカップ3回戦敗退となった試合後、グアルディオラ監督はパフォーマンス自体は悪くなかったと振り返り、勝者となったニューカッスルを称えている。 「まずニューカッスルの勝ち上がりを祝福したい。そして、私の選手たちにも大きな賛辞を送るべきだろう。昨シーズンのサウサンプトン戦と比べ、我々のプレーは素晴らしかったとロッカールームでは伝えた。我々の前半は素晴らしく、プレースタイルも良かったと思う」 「ニューカッスルは前半の我々の優位性を受け入れられていなかっただろう。だからこそ、彼らは後半にリズム、アグレッション、キックを増やし、より攻撃的になった。それに少し苦労してしまったが、特別なことではない。私はハーフタイムに、後半は前半とは違うだろうと言っていた」 「彼らが何回ファウルをしたのか、そして我々が何回ファウルをしたのかはわからない。そして、我々は2枚のイエローカードを貰った。それが現実だ。スタジアムに集った相手ファンの存在も勝てなかった理由だろう。ニューカッスルにはおめでとうと言いたい」 「それでも、多くの選手たちの良いプレーにより、我々は信じられないほどポジティブな結果をもたらしている。そして、我々はまだ3つの大会でプレーする必要があるのだ。この大会に残ったクラブの幸運を祈っている」 2023.09.28 11:37 Thu

EFLカップ4回戦の対戦カード決定! シティ撃破ニューカッスルが王者ユナイテッドとの昨季決勝カードに挑む

EFLカップ(カラバオカップ)4回戦の対戦カードが決定した。 3回戦では優勝候補筆頭のマンチェスター・シティが昨シーズンの準優勝チームのニューカッスルに敗戦。また、ルートン・タウンやウォルバーハンプトンが下部カテゴリーのクラブに敗れる波乱も起きた。 今回、組み合わせが決定したラウンド16ではシティを破ったニューカッスルと、クリスタル・パレスを退けた王者マンチェスター・ユナイテッドによる、昨季ファイナルカードが早くも実現することになった。 日本人選手所属クラブでは冨安健洋所属のアーセナルがウェストハムとのロンドンダービー、遠藤航所属のリバプールがボーンマスと対戦。 また、チェルシーはチャンピオンシップ(イングランド2部)のブラックバーン・ローヴァーズとの対戦が決定している。 なお、4回戦は10月最終週のミッドウィークに開催予定だ。今回決定した4回戦組み合わせは以下の通り。 ◆EFLカップ4回戦組み合わせ マンスフィールド(4) vs ポート・ヴェイル(3) イプスウィッチ(2) vs フルアム マンチェスター・ユナイテッド vs ニューカッスル ボーンマス vs リバプール チェルシー vs ブラックバーン(2) ウェストハム vs アーセナル エバートン vs バーンリー エクセター(3) vs ミドルズブラ(2) ※()内は所属カテゴリー 2023.09.28 06:56 Thu

ニューカッスルに惜敗のシティが11年ぶりの3回戦敗退に…【EFLカップ】

EFLカップ3回戦のニューカッスルvsマンチェスター・シティが27日にセント・ジェームズ・パークで行われ、1-0でニューカッスルが勝利した。 3大会ぶりの優勝を狙うシティが、今シーズンのEFLカップ初戦で同じプレミアリーグ勢のニューカッスルのホームに乗り込んだ。今季公式戦無敗を続けるシティは、先週末に行われたノッティンガム・フォレスト戦からスタメンを8人変更。ハーランドやフォーデン、ルベン・ディアス、GKエデルソンらに代えてグリーリッシュ、コバチッチ、フィリップス、GKオルテガをスタメンで起用した。 前回大会ファイナリストのニューカッスルに対し、立ち上がりから一進一退の攻防を続けるシティは18分、フィリップスの縦パスを中盤で受けたボブがドリブルで持ち上がりラストパスを供給。これをボックス右に駆け上がったアルバレスがダイレクトで合わせたが、シュートはGKポープが右足に阻まれた。 シティは29分にも、ボックス手前のボブのワンタッチパスからアルバレスがボックス左深くまで侵入。角度のない位置からシュートを放ったが、これは枠を外れた。 膠着状態が続く中、シティは41分にピンチ。中盤でのボールロストからカウンターを受けると、イサクのラストパスからマーフィーがボックス右まで持ち上がりシュート。しかし、これはGKオルテガが右足に当て、ボールは枠を外れた。 ゴールレスで迎えた後半、ニューカッスルはマイリーとホールを下げてゴードンとギマランイスを投入。すると53分、ボックス中央手前でパスを受けたジョエリントンが斜めのドリブルでボックス右深くまで切り込み、折り返しを供給。最後はファーサイドのイサクがゴールに押し込んだ。 1点を追う展開となったシティは、68分にコバチッチとアケを下げてドクとヌネスを、74分にアルバレスを下げてフォーデンを投入。試合終盤の90分には、ドクのパスをボックス手前で受けたリコ・ルイスがペナルティアーク内からゴールを狙ったが、これはわずかにゴール左に外れた。 結局、試合はそのまま1-0で終了しニューカッスルが4回戦へ進出。イサク弾に沈んだシティは、11年ぶりの3回戦敗退となった。 EFLカップ3回戦の結果は以下の通り。 ◆EFLカップ3回戦結果 ▽9/27(水) ニューカッスル 1-0 マンチェスター・シティ リバプール 3-1 レスター(2) ブレントフォード 0-1 アーセナル チェルシー 1-0 ブライトン アストン・ビラ 1-2 エバートン ボーンマス 2-0 ストーク(2) リンカーン・シティ(3) 0-1 ウェストハム フルアム 2-1 ノリッジ(2) ブラックバーン(2) 5-2 カーディフ(2) ▽9/26(火) イプスウィッチ(2) 3-2 ウォルバーハンプトン エクセター(3) 1-0 ルートン・タウン ブラッドフォード(4) 0-2 ミドルズブラ(2) ポート・ヴェイル(3) 2-1 サットン・ユナイテッド(4) サルフォード(4) 0-4 バーンリー マンスフィールド(4) 2-2(PK:3-1) ピーターバラ(3) マンチェスター・ユナイテッド 3-0 クリスタル・パレス ※()内は所属カテゴリー 2023.09.28 06:15 Thu

全タイトルを目指すフォーデンに指揮官ペップは…「9月に考え出すのは早い」

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督は至って冷静だ。イギリス『ミラー』が伝えている。 昨シーズン、プレミアリーグとFAカップを制し、さらに悲願のチャンピオンズリーグ(CL)初制覇とトレブル(3冠)を成し遂げたシティ。唯一獲れなかったタイトルはEFLカップ(カラバオカップ)だ。 27日に今季のEFLカップ初戦となる3回戦・ニューカッスル戦を戦うなか、主力選手のイングランド代表MFフィル・フォーデンは今月初め、「タイトルを4つ全て獲りたい。これこそが目標だ。難しいのはわかっているけど選手は切望している」と発言していた。 フォーデンの言う「4つのタイトル」とは昨季届かなかったEFLカップを含む今季の主要タイトル総ナメを指すものだが、グアルディオラ監督は前日会見にて、チームが過度なプレッシャーを感じぬよう気を払った。 「フィルはとても若い選手。野心を抱くのは素晴らしいことだが、私は常日頃から『野心は次の試合へ向けろ』と選手に言い聞かせている。タイトルについて考え出すのは4月か、5月でいいのだ。9月はまだ頭になくていいさ」 また、毎年のように過密日程と向き合うシティは選手が十分に回復する時間がないことを認めつつ、今季も長いシーズンを戦い抜けると自信を示している。 「(過密日程に)慣れてはいるんだよ。昨季もそうだったしね。今季はクラブ・ワールドカップ(W杯)があって2試合多くなるわけだが、残りは同じだ。ただ、(来季から)CLの出場チームが増えると拍車をかけることになる。この点だけ文句を言って、あとは忘れよう」 2023.09.27 17:11 Wed
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly