ゴールデンボーイ候補40名にハーランドやサンチョ、アンス・ファティら!久保は落選…

2020.09.17 02:00 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
イタリア『トゥットスポルト』がゴールデンボーイ賞の候補40名を発表した。『トゥットスポルト』主催のゴールデンボーイ賞選出は、2003年からスタート。欧州でプレーする最も活躍した21歳以下の選手の中から選ばれ、2019年はアトレティコ・マドリーに所属するポルトガル代表FWジョアン・フェリックスが輝いていた。

18度目となる2020年も錚々たるタレントが候補入り。候補者は毎月20名ずつが落選していく方式で絞られ、、12月に受賞者が決定する。ノミネートされた100名にはレアル・マドリーからビジャレアルへレンタル移籍中のMF久保建英、AZのDF菅原由勢の2名の日本人が入ったものの、菅原は8月に発表された60名の時点で落選。そして久保も、今回の発表された40名の候補者から落選した。

なお、40名には昨季3冠を果たしたバイエルンのDFアルフォンソ・デイビスやドルトムントのFWアーリング・ハーランド、MFジェイドン・サンチョ、バルセロナのFWアンス・ファティらが選ばれている。

◆2020年のゴールデンボーイ賞候補40選手一覧
マルレー・アケ(マルセイユ)
アディル・アウシシュ(サンテチェンヌ)
ブノワ・バディアシル(モナコ)
ミシェル・バッカー(パリ・サンジェルマン)
マイロン・ボアドゥ(AZ)
デニス・ボルコフスキ(ライプツィヒ)
エドゥアルド・カマヴィンガ(スタッド・レンヌ)
マルコ・カルネセッキ(アタランタ)
ラヤン・チェルキ(リヨン)
ジョナサンデイビッド(リール)

アルフォンソ・デイビス(バイエルン)
セルジーニョ・デスト(アヤックス)
セバスティアーノ・エスポージト(インテル)
ファビオ・シルバ(ウォルバーハンプトン)
アンス・ファティ(バルセロナ)
フィル・フォーデン(マンチェスター・シティ)
アミーヌ・グイリ(ニース)
ライアン・グラフェンベルフ(アヤックス)
メイソン・グリーンウッド(マンチェスター・ユナイテッド)
アーリング・ハーランド(ドルトムント)

カラム・ハドソン=オドイ(チェルシー)
モハメド・イハッターレン(PSV)
オザン・カバク(シャルケ)
ミハウ・カルボフニク(レギワ・ワルシャワ)
タンギ・クアシ(バイエルン)
デヤン・クルゼフスキ(ユベントス)
マルコス・アントニオ(シャフタール・ドネツク)
ラファエル・カマーチョ(スポルティング・リスボン)
ロドリゴ(レアル・マドリー)
ブカヨ・サカ(アーセナル)

ジェイドン・サンチョ(ドルトムント)
ヴラジスラフ・スプリアハ(ディナモ・キエフ)
ドミニク・ショボスライ(ザルツブルク)
トーマス・エステベス(ポルト)
トマス・タバレス(ベンフィカ)
サンドロ・トナーリ(ミラン)
フェラン・トーレス(マンチェスター・シティ)
クリストス・ツォリス(PAOK)
ヴィニシウスジュニオール(レアル・マドリー)
ネコ・ウィリアムズ(リバプール)
コメント
関連ニュース
thumb

武藤、乾が先発のエイバル、PK失敗が響き昇格組エルチェに痛恨の敗戦…《ラ・リーガ》

エイバルは9月30日、ラ・リーガ第4節でエルチェと対戦し0-1で敗戦した。エイバルのMF乾貴士は74分までプレー、FW武藤嘉紀は63分までプレーした。 1敗2分けと今季勝利のないエイバルは、直近のビルバオ戦からから先発メンバーを4人変更。カジョルやパペ・ディオプらに代えて移籍後初先発となる武藤嘉紀やペドロ・レオン、アルビージャらが先発に名を連ねた。 2トップの一角に武藤、左MFに乾を左配置したエイバルは、積極的な入りを見せた昇格組のエルチェに対し、やや後手に回ったが時間の経過とともにボールの主導権を掌握。 良い流れが続いたエイバルだったが、25分にアクシデント。序盤に相手との接触で腰を痛めたていたレシオがプレー続行不可能となり、セルヒオ・アルバレスと交代した。 不運な形で交代カードを使ったエルチェだが、直後にチャンスを迎える。26分、A・テヘロの右クロスをボックス内の武藤がヘディングシュートで合わせたが、これは相手GKが正面でキャッチ。さらに27分には、バイタルエリアから乾がロングシュートを狙ったが、これは枠を大きく外した。 主導権を握ったかに思われたエイバルだったが、37分に先制を許す。ボックス左から仕掛けたテテ・モレンテのシュートのこぼれ球をボジェがボックス中央右で拾うと、ターンから右足一閃。K・ロドリゲスの股を抜けたシュートはゴール左隅に吸い込まれた。 1点のビハインドで後半を迎えたエイバルは、ビガスを下げてブルゴスを投入。すると49分、右CKをキケ・ガルシアが頭で合わせると、これがペレ・ミラの手に当たる。主審はそのままプレーを流したが、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の介入でエイバルにPKが与えられる。しかし、パネンカを狙ったエスポジトのPKは枠の上に外れた。 同点のチャンスを逃したエイバルは、63分に武藤を下げてキケを投入。さらに74分には、乾とキケ・ガルシアを下げてカジョルとウナイ・アリエタを投入し、交代カード5枚を使い切った。 しかし、最後までエルチェ守備陣の牙城を崩すことが出来ず。昇格組のエルチェに逃げ切りを許し0-1で敗れた。一方のエルチェは今季初勝利を飾っている。 2020.10.01 06:38 Thu
twitterfacebook
thumb

奥川が値千金のPK奪取! ザルツブルクが2年連続グループステージ進出!《CLプレーオフ》

2020-21シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)予選プレーオフ・2ndレグの3試合が9月30日に行われた。 CLグループステージ参戦を懸けたプレーオフは、国内リーグ王者同士が対戦するチャンピオンズパス、UEFAカントリーランキングで5位以下の各国リーグ上位チーム同士が対戦するリーグパスに分かれている。 チャンピオンズパスではMF奥川雅也が在籍するレッドブル・ザルツブルク(オーストリア)が、ホームでマッカビ・テルアビブ(イスラエル)と対戦。 敵地での初戦を奥川の決勝ゴールにより、2-1で先勝したザルツブルクは、この試合でも先手を奪う。前線でのコイタのボール奪取からこぼれ球に反応したパトソン・ダカがゴール左隅に強烈なシュートを突き刺し、16分に先制した。 その後、30分にはカルゼフに強烈なミドルシュートを決められて同点に追い付かれるも、前半終了間際には相手ボックス内でルーズボールを競った奥川が相手のファウルを誘い、値千金のPK奪取。これをショボスライが冷静に決めて勝ち越しに成功した。 後半は拮抗した展開となったが、68分に右サイドのヴァルチからのクロスをダカが頭で合わせ、突破に大きく近づく3点目を奪った。その後、2戦連続大きな仕事を果たした奥川を終盤に下げたザルツブルクがこのまま逃げ切り、2戦合計5-2で2年連続のグループステージ進出を果たした。 また、ミッティラン(デンマーク)とスラビア・プラハ(チェコ)は、1stレグを0-0、2ndレグを4-1としたミッティランが本大会行きを決めている。 リーグパスではFCクラスノダール(ロシア)がPAOK(ギリシャ)を相手に1stレグに続く2-1の勝利を収め、2戦合計4-2のスコアで突破を決めた。 CLプレーオフ2ndレグの結果は以下の通り。 ■CLプレーオフ2ndレグ ◆チャンピオンズパス ▽9/30(水) ミッティラン 4-1(AGG:4-1) スラビア・プラハ ザルツブルク 3-1(AGG:5-2) マッカビ・テルアビブ ▽9/29(火) オモニア 0-0(AGG:0-2) オリンピアコス フェレンツヴァーロシュ 0-0(AGG:3-3) モルデ ◆リーグパス ▽9/30(火) PAOK 1-2(AGG:2-4) FCクラスノダール ▽9/29(火) ディナモ・キエフ 3-0(AGG:5-1) ヘント 2020.10.01 06:18 Thu
twitterfacebook
thumb

前節大勝のアトレティコが昇格組相手に痛恨のゴールレス…《ラ・リーガ》

アトレティコ・マドリーは9月30日、ラ・リーガ第4節でウエスカと対戦し、0-0の引き分けに終わった。ウエスカのFW岡崎慎司は69分までプレーした。 シーズン初戦となった前節のグラナダ戦を圧勝したアトレティコは、中2日での一戦に向けて先発を5人変更。ジエゴ・コスタやコレア、コケら代えて、グラナダ戦で躍動したスアレスが移籍後初先発。その他ではM・ジョレンテやビトロ、トーマスらが先発に名を連ねた。 一方、1敗2分けと勝利のない昇格組のウエスカは、前節のバレンシア戦から先発メンバーを2人変更。ラファ・ミルとフアン・カルロスに代えてボルハ・ガルシアとミケル・リコを先発で起用。3トップにボルハ・ガルシア、岡崎、フェレイロを並べた[4-3-3]で試合に臨んだ。 立ち上がりから一進一退の展開が続く中、先に決定機を作り出したのはウエスカ。19分、左CKをニアのシオバスがフリックすると、ゴール前でフリーのセオアネが頭で合わせたが、このシュートは枠の上に外れた。 対するアトレティコは、フェリックスを起点にアタッキングサードまでボールを運べるものの、なかなかフィニッシュまで行き切れない。 前半半ばから終盤にかけても互いにシュートシーンが少ないクローズな試合展開が続く。そんな中、ウエスカは44分にカウンターからチャンスを迎える。相手GKのロングフィードを中盤でセオアネが弾き返すと、前線でボールを収めたボルハ・ガルシアのパスで右サイドを抜け出したフェレイロがダイレクトクロス。これをボックス中央に走り込んだミケル・リコが右足で合わせたが、シュートは枠のを外した。 迎えた後半、アトレティコはビトロを下げてコレアを投入。前半右MFを務めたM・ジョレンテが左MFに移動し、コレアを右MFに配置した。すると59分、フェリックスのロングスルーパスでDFの裏に抜け出したスアレスがボックス左から侵入。飛び出したGKを縦に振り切ったスアレスがボックス左角度のないところからシュートを放ったが、これは戻ったGKアンドレス・フェルナンデスのブロックに阻まれた。 ゴールが遠いアトレティコは、61分にM・ジョレンテとスアレスを下げてカラスコとジエゴ・コスタを投入し攻撃の活性化を図る。すると66分、ボックス左手前でパスを受けたフェリックスが切り返しで相手DFかわしシュート。相手にブロックされたこぼれ球を再びフェリックスが狙ったが、2度目のシュートはわずかに枠の左に逸れた。 対するウエスカは、69分に岡崎とボルハ・ガルシアを下げてラファ・ミルとオンティベロス投入。さらに82分にもミケル・リコとフェレイロを下げてフアン・カルロス、セルヒオ・ゴメスと言ったアタッカーを続けて投入した。 試合はゴールレスのまま終盤へと突入。アトレティコは89分にボックス内の混戦でこぼれたボールをボックス右深くで拾ったコレアが折り返しを供給。相手DFに当たった浮き球を中央のフェリックスがボレーシュートで合わせたが、これは相手GKの好守に防がれた。 結局、試合はそのまま0-0でタイムアップ。昇格組相手に勝ち星を逃したアトレティコが、開幕連勝を逃した。 2020.10.01 04:02 Thu
twitterfacebook
thumb

パコがドブレーテの活躍でビジャレアルが2戦ぶり白星! 久保は4戦連続途中出場《ラ・リーガ》

ビジャレアルは9月30日に行われたラ・リーガ第4節でアラベスと対戦し、3-1で勝利した。なお、MF久保建英は75分からプレーした。 前節、バルセロナ相手に0-4で大敗し、今季初黒星を喫したビジャレアル。2戦ぶりの勝利を目指すホームゲームでは、先発2選手を変更。負傷離脱のコクランに代えてトリゲロス、チュクウェゼに代えてイボーラを起用。そのイボーラをアンカーに置き、ジェラール・モレノが右ウイングにポジションを移した。中3日の過密日程を受け、初先発が期待された久保は引き続きベンチスタートとなった。 立ち上がりからボールを保持して相手を押し込むビジャレアルは、右サイドのガスパールの攻撃参加を生かした攻めでペースを握る。すると、13分にはパレホからパスを受けたガスパールが右サイド深くからグラウンダーの高速クロスを供給。これをニアに走り込んだアルカセルが右足でわずかにコースを変える技ありのフィニッシュでファーポストへ流し込んだ。 今季初めて先制に成功したホームチームは、その後も危なげない試合運びを見せていく。だが、徐々に決定機まで持ち込めなくなると、痛恨のミスで追いつかれる。36分、ハーフウェイライン付近の左サイドでデイベルソンが長いボールを前線に送ると、ボックス外に飛び出して頭でのクリアを試みたGKアセンホが完全に目測を誤って頭を越されると、これをエドガル・メンデスが無人のゴールへ流し込んだ。 守護神のイージーミスでアウェイチームに勢いを与えてしまったビジャレアルだが、前半終了間際にはボックス内でガスパールがDFルジューヌと交錯した際、VARのレビューでPKが与えられる。これをジェラール・モレノがきっちり決めて再びリードを奪って試合を折り返した。 後半は立ち上がりにボックス左のエストゥピニャンが惜しいシュートを放つなど、落ち着いた入りを見せるビジャレアル。その後も前がかりな相手を幾度か崩し、アルカセルやモイ・ゴメスが3点目に迫っていく。 その後、ビハインドを追うアラベスがグイデッティとリオハを同時投入して勝負に出た中、ビジャレアルが3点目を奪い切る。67分、モイ・ゴメスのフィードに完璧なタイミングで抜け出したジェラール・モレノの右足のループシュートは左ポストを叩くも、こぼれ球に詰めたアルカセルがきっちり押し込んでドブレーテを記録した。 これで余裕が出てきたビジャレアルは75分にトリゲロスを下げて久保を左ウイングの位置に投入。さらに、相手のハードタックルを受けて足を痛めたエストゥピニャンに代えてハウメ・コスタをピッチに送り込み、逃げ切り態勢に入る。 ただ、この交代で攻守のバランスが崩れたか、続けてアラベスに決定機を許すと、エメリ監督は試合終盤に[5-4-1]の守備的な布陣に変更。この流れの中で久保には直近3試合と異なり、なかなか見せ場は訪れず。ラストプレーではボックス左で左足を振るが、ニアを狙ったシュートはGKのセーブに阻まれた。 それでも、2点差を保ったまま試合を終えたビジャレアルが、バルセロナ戦の大敗を払拭する2試合ぶりの白星を手にした。 2020.10.01 03:58 Thu
twitterfacebook
thumb

ネイマール、酒井宏樹への「クソ中国人」発言の瞬間の動画が公開…30日に重い処分が決定か

試合終了間際の乱闘事件から、人種差別発言の問題に発展しているパリ・サンジェルマン(PSG)とマルセイユの“ル・クラスィク”。その中でも最も注目を集めていたブラジル代表FWネイマールの発言だが、そのシーンの動画が公開された。 動画を公開したのは、スペイン『カデナ・セル』。ラジオ番組『El Larguero』がネイマールがマルセイユの日本代表DF酒井宏樹に対して侮辱的な発言をしているシーンのビデオを独占公開した。 その動画では、「chino de mierda(クソ中国人)」と「puta Liga(くそリーグ)」という言葉が発せられている。 この発言に対して、酒井は笑顔で応対しているが、決定的な動画が出てしまったことでネイマールには重い処分が下されることになるようだ。 ネイマールはビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)による退場処分を受け、最大で3試合の出場停止処分が下されている。しかし、フランス・プロリーグ機構(LFP)はネイマールの人種差別発言の処分については調査の関係上先延ばしにしており、30日にも発表される見通しだ。 ネイマール自身もマルセイユのDFアルバロ・ゴンサレスに人種差別発言を受けたと訴えており、こちらの件の処分も30日に決まる予定。何れにしても、“ル・クラスィク”で起こった事件の決着はやっと着きそうだ。 この試合では、すでにPSGのDFレイヴァン・クルザワが6試合、FWネイマールとMFレアンドロ・パレデスに2試合の出場停止と追加で1試合、マルセイユのDFジョルダン・アマヴィに3試合、MFダリオ・ベネデットが1試合の出場停止が課され、追加で唾吐き行為が発覚したPSGのアルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリアが4試合の出場停止処分となっていた。 <div id="cws_ad">◆酒井宏樹に対するネイマールが侮辱発言の瞬間<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="es" dir="ltr"> EXCLUSIVA <a href="https://twitter.com/ellarguero?ref_src=twsrc%5Etfw">@ElLarguero</a> <br><br> <a href="https://twitter.com/La_SER?ref_src=twsrc%5Etfw">@La_SER</a> accede al vídeo que demuestra que Neymar insultó a Hiroki Sakai en el PSG - Olympique de Marsella del pasado 13 de septiembre<br><br> Neymar llamó &quot;chino de mierda&quot; a Sakai y dijo también &quot;puta liga&quot;<a href="https://t.co/gkkkUhvp3X">https://t.co/gkkkUhvp3X</a> <a href="https://t.co/p2uCSnmOBg">pic.twitter.com/p2uCSnmOBg</a></p>&mdash; El Larguero (@ellarguero) <a href="https://twitter.com/ellarguero/status/1311056762418667524?ref_src=twsrc%5Etfw">September 29, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2020.09.30 17:25 Wed
twitterfacebook