PSGのレオナルドSDがメッシ獲得を考えたと告白「退団したいと言った時、誘惑された」

2020.09.07 12:30 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
パリ・サンジェルマン(PSG)のスポーツ・ディレクター(SD)を務めるレオナルド氏が、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(33)の獲得に興味を持っていたことを認めた。イギリス『デイリー・メール』が伝えた。

今夏に13歳から過ごしたバルセロナ退団希望を表明したメッシ。クラブへの不満やジョゼップ・マリア・バルトメウ会長を批判したが、7億ユーロ(約880億円)という契約解除金が障壁となり、最終的に自らの口で残留を表明した。

そのメッシの移籍先にはバルセロナ時代に師弟関係を築いたジョゼップ・グアルディオラ監督が率いるマンチェスター・シティやインテルなどが浮上。そのなかで、レオナルドSDは、2013年冬に加入したデイビッド・ベッカム氏を引き合いに出しメッシの獲得に興味があったことを認めた。

「今の経済的状況を考えると、難しかった。メッシが退団したいと言った時、我々は誘惑された。自分に問いかけた。獲得可能か? そうしたら完全に議論から外れた選手だった」

「わからなかった。デイビッド・ベッカムはパリに移籍してきた。だから、メッシもパリに来たかって?わからない。それがフットボールだ。誰もが交渉の席に座って、全てを知り、前進する」

コメント
関連ニュース
thumb

ムバッペがここしかないというコースにピンポイントで通した絶妙アシスト【ベスト・アシスト】

サッカーのプレーの中で最も目を惹くのはやはりゴールだろう。しかし、時には得点者だけではなく、そのゴールをお膳立てしたラストパスが脚光を浴びるべき場合もある。今回の企画『Best Assist』(最高のアシスト)では、これまでに生まれた素晴らしいアシストを紹介していく。 今回はパリ・サンジェルマン(PSG)のフランス代表FWキリアン・ムバッペが記録したアシストだ。 <div id="cws_ad">◆ムバッペがアウトサイドで通したピンポイントパス<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJsV0FucFJYcyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> モナコで若くして大ブレイクを果たし、2017年夏にPSGに引き抜かれたムバッペ。21歳という若さながら、タレント軍団の中でエースとして活躍している。 早くも世界最高峰のFWとしての評価を受けているムバッペだが、2020年2月12日に行われた、クープ・ドゥ・フランス準々決勝のディジョン戦では、絶妙アシストで味方のゴールをお膳立てしている。 序盤からディジョンを攻め立て、5-1とPSGの大量リードで迎えた91分、カウンターからチャンスを作ったPSGは、左サイドのスペースでムバッペがボールを持つ。ボックス内左までムバッペがボール運ぶと、中央に走り込むMFパブロ・サラビアに向けてアウトサイドでパスを送る。シュート回転のかかった絶妙なパスは、相手DF2人とGKの間のここしかないというコースを通り、サラビアの下に。このパスをサラビアが冷静に流し込み、ダメ押しとなる6点目を奪った。 試合はそのまま大量6ゴールを決め、力の差を見せつけたPSGが6-1で勝利している。 2020.10.21 22:00 Wed
twitterfacebook
thumb

ファイナリストながら黒星発進のPSG、トゥヘル監督は低調パフォーマンスに「理由が分からない」

パリ・サンジェルマン(PSG)のトーマス・トゥヘル監督がマンチェスター・ユナイテッド戦の結果に肩を落とした。クラブ公式サイトが伝えている。 20日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ初戦でユナイテッドと対戦したPSGは、23分にMFブルーノ・フェルナンデスにPKを決められて失点。55分にセットプレーから相手オウンゴールで同点に追い付くも、チャンスを決めきれないでいると、87分にFWマーカス・ラッシュフォードに勝ち越しゴールを決められて1-2で敗戦した。 試合後のインタビューに応じたトゥヘル監督は、前半のパフォーマンスを悔しがり、上手くいかなかった理由が不明であると失望。後半に関してはチャンスを決めきれなかったことを悔やんだ。 「前半はインテンシティも攻撃性もコンパクトさもなく自信を失っていた。理由が分からない。前回の試合はとても良かったし、準備もトレーニングも良かった。ニームとの試合はとても良かった。だから驚いている」 「後半は色々なことをトライした。1-1で2点目を決めるチャンスもあり、最後まで負けない様にプレーした。改善できるかは自分たち次第だ」 2020.10.21 15:20 Wed
twitterfacebook
thumb

「我々のフォームを取り戻した」スールシャール監督、昨季ファイナリストPSG撃破に歓喜

マンチェスター・ユナイテッドのオーレ・グンナー・スールシャール監督が、パリ・サンジェルマン(PSG)戦の結果を喜んだ。クラブ公式サイトが伝えている。 ユナイテッドは20日に敵地で行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ初戦で昨季ファイナリストのPSGと対戦。23分にMFブルーノ・フェルナンデスのPKで先制に成功したが、55分にFWアントニー・マルシャルのオウンゴールで同点に。それでも試合終了間際の87分にFWマーカス・ラッシュフォードが勝ち越しゴールを決めて、2-1の勝利を収めた。 スールシャール監督は試合後、2018-19シーズンの決勝トーナメント1回戦に続いてのPSG撃破を喜びながらも、前回とは違う感情であることを明かした。 「(前回対戦とは)もちろん別の感覚だ。グループステージの初戦だったが、素晴らしいチームに勝利できた。前回はノックラウンドステージであり、幸福感は異なる」 「今はファンもいない。無観客で祝福してくれる人もいない。しかし、選手たちが素晴らしかったと私は言わなければいけない。彼らは本当にパフォーマンスに集中していた。我々が望んでいたことを受け入れてくれた。我々は勝利に値したと思う」 また、3バックの一角に抜擢したDFアクセル・トゥアンゼベについて、今季初出場と久々の出場ながら高パフォーマンスを披露したことを評価。デビュー戦となったDFアレックス・テレスについても言及している。 「アクセルがこれまでと同じようにプレ―いるのを見られた。彼が最後にプレーしていたのは(昨年12月の)コルチェスター・ユナイテッド戦だったと思うが、信じられないパフォーマンスを披露してくれた。数週間しかトレーニングをしていなかったけど、(ピンチの時に)絶対にその場にいた」 「アクセルは素晴らしいDFであり、素晴らしいリーダーだ。アカデミーを卒業してから、いずれトップ選手になると長年思っていた。彼はマンチェスター・ユナイテッドの選手に必要なキャラクター性と姿勢を持っている」 「そしてアレックスはデビュー戦で我々に何を与えてくれるのか確認できた。彼の配球は素晴らしかった」 最後に、グループステージ初戦を白星で飾ったスールシャール監督は28日に行われる次節のRBライプツィヒ戦に向けて意気込んでいる。 「グループステージを突破するには恐らく10ポイントが必要。今は3ポイントを獲得して、来週のライプツィヒとの試合は非常に重要だ。今日の試合には可能性を感じた。シーズン序盤だったし、昨季終盤にヨーロッパリーグでプレーしたチームはスタートに苦労している。しかし、我々は確かに自分たちのフォームを取り戻した」 2020.10.21 12:30 Wed
twitterfacebook
thumb

決勝ゴールのラッシュフォード、PSG撃破に満足感「常にチームを信じている」

マンチェスター・ユナイテッドのイングランド代表FWマーカス・ラッシュフォードが、パリ・サンジェルマン(PSG)撃破を喜んだ。クラブ公式サイトが伝えている。 ユナイテッドは20日に敵地で行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ初戦で昨季ファイナリストのPSGと対戦。23分にMFブルーノ・フェルナンデスのPKで先制に成功したが、55分にFWアントニー・マルシャルのオウンゴールで同点に。それでも試合終了間際の87分にラッシュフォードが勝ち越しゴールを決めて、2-1の勝利を収めた。 試合後、決勝点を挙げてユナイテッドを白星発進に導いたラッシュフォードは「監督は今日、勝利するための戦術を見つけられたと思う」と[3-5-2]の布陣で臨んだオーレ・グンナー・スールシャール監督の采配に触れ、「良いパフォーマンス」だと結果に満足感を示した。 「このシステム(3-5-2の布陣)で僕たちは前に向かっていけ、守備もタイトにやれていた。僕たちができる限りのことをしたと思う。もちろん改善するべき点もたくさんあるよ。これは大きな勝利で、完璧なポジションにいると思う」 「今日は良いパフォーマンスだったし、僕らが築き上げてきたものだ。常にチームを信じているよ。選手として、監督が僕らにプレーして貰いたいシステムを信じることが大切だ。今日の僕たちは素晴らしかったね」 また、DFアレックス・テレスや、DFアーロン・ワン=ビサカなどウイングバックの奮闘をPSG撃破の要因として挙げ、こう述べている。 「難しい時間も時々あって、対応が遅れてしまった。さっきも言ったけど、僕たちはインテンシティを高く保った。深い位置で守らなければいけない時もあった。彼らにはネイマール、(キリアン・)ムバッペ、(アンヘル・)ディ・マリアと信じられないほどの選手がいる。前線でボールを扱える選手だ」 「低いラインでは難しかったかもしれないが、サイドバックが信じられないほど守ってくれた。マンツーマンで守れば、素晴らしいことをできる」 PSGに勝利したユナイテッドは今後、プレミアリーグでチェルシーやアーセナルと強豪との対戦が続く。しかし、ラッシュフォードは「良い感じだ」と手応えを語り、この試合内容を継続する必要があると述べた。 「重要なのは、僕らが試合に勝利したこと。結局、グループ内で強い立場にいる。これは初戦。今日見せた集中力とインテンシティはプレミアリーグの次の試合でも披露する必要がある」 2020.10.21 10:25 Wed
twitterfacebook
thumb

ラッシュフォードが土壇場決勝弾! デ・ヘア躍動のユナイテッドが敵地でPSGを撃破!《CL》

2020-21シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)グループH第1節、パリ・サンジェルマン(PSG)vsマンチェスター・ユナイテッドが20日にパルク・デ・プランスで行われ、アウェイのユナイテッドが1-2で勝利した。 昨シーズン、悲願のビッグイヤーにあと一歩まで迫ったファイナリストのPSGは、国内リーグでまさかの連敗スタートも、以降は5連勝と本来の力を取り戻している。今季のCL初戦では負傷のヴェッラッティに代わってポルトからの新戦力ダニーロがデビューを飾り、ベンチスタートの主将DFマルキーニョスに代わってディアロが起用された以外、現状のベストメンバーがスタメンに名を連ね、前線はディ・マリア、ネイマール、ムバッペが並んだ。 一方、2シーズンぶりのCL参戦となるユナイテッドは、リーグ戦で低調なパフォーマンスが続いていたものの、直近のニューカッスル戦を4-1の逆転で制し、この初戦に良い形で弾みをつけた。ただ、古巣相手のデビューが期待されたカバーニに加え、コンディションの問題を抱える主将マグワイア、バイリーが招集外となり、スールシャール監督はこの試合で[3-5-2]へのシステム変更を余儀なくされた。トゥアンゼベがリンデロフ、ショーと共に3バックの一角を務め、ダニーロと同様にポルトからの新戦力となったテレスが左ウイングバックでデビューを飾った。前線はラッシュフォードとマルシャルの2トップに、ゲームキャプテンを任されたブルーノ・フェルナンデスがトップ下に入った。 2018-19シーズンのラウンド16以来となる因縁の両者の直接対決は、立ち上がりからホームチームが押し込む展開に。相手の攻撃を警戒してか、5バック気味に守るアウェイチームに対して、比較的浮きやすいフロレンツィとクルザワの両サイドバックの攻撃参加を軸に攻め手を窺う。 12分にはボックス手前右でエレーラからパスを受けたディ・マリアがカットインから左足を振り抜くが、ファーポストを狙ったシュートはGKデ・ヘアの好守に遭う。さらに、このプレーで得た左CKの場面でショートコーナーからムバッペのクロスにクルザワが飛び込むが、至近距離からの右足のシュートは再びデ・ヘアのビッグセーブに阻まれた。 すると、守護神の連続セーブでピンチを凌いだユナイテッドはワンチャンスを生かして先制に成功する。20分、ボックス左で仕掛けたマルシャルがうまくDFディアロのファウルを誘いPKを奪取。キッカーのB・フェルナンデスの右を狙ったシュートはGKケイロル・ナバスに完璧に読まれ、公式戦2試合連続の失敗かに思われたが、VARのレビューの結果、ナバスの足がラインにかかっていないとの判定で蹴り直しに。そして、2度目のPKも右を狙って蹴ると、今度はきっちりネットを揺らした。 先制を許したPSGはすぐさま反撃を開始。ネイマールとムバッペの2人のコンビで幾度も左サイドで攻撃を仕掛けていくが、最後のところで呼吸が合わず、オフサイドなどでチャンスまで持ち込めない。 一方、人数をかけた守備で相手の攻撃を受け止めつつ、2トップのスピードを生かしたカウンターで一発を狙うユナイテッドは前半終盤にB・フェルナンデスの強烈なミドルシュート、マクトミネイをターゲットにしたセットプレーで惜しい形を作るなど、追加点こそ奪えなかったものの良い形で試合を折り返した。 迎えた後半、ビハインドを追うPSGはグイエを下げてケアンをハーフタイム明けに投入。この交代でネイマールをトップ下に下げた[4-2-3-1]の攻撃的な布陣にシフト。すると、48分にはボックス左で仕掛けたムバッペがDF2枚の間を割って絶妙な右足のコントロールシュートをファーポストへ飛ばすが、GKデ・ヘアの見事なセーブに阻まれる。 それでも、猛攻を続けるPSGは55分、左CKの場面でキッカーのネイマールが右足インスウィングの鋭いボールを入れると、ニアでクリアを試みたマルシャルのオウンゴールを誘い、早い時間帯に追いつく。 ここから一気に押し切りたいPSGは引き続きリスクを冒して攻勢に打って出てムバッペらがゴール前に抜け出す決定機を作るなど、逆転ゴールに迫る。ただ、徐々に攻守のバランスを乱し始めると、サイドバックの上がった裏のスペースをユナイテッドの快足アタッカーに突かれて幾度もピンチを招く。 後半は完全にオープンな展開となった中、ユナイテッドは67分にデビュー戦となったテレスを下げてポグバを投入。この交代で並びを通常の[4-2-3-1]の形に戻す。すると、この交代により徐々にボールを保持できるようになり、イーブンの形に戻すことに成功した。 試合終盤にかけては引き分けを良しとしないPSGがバランス度外視の攻撃であくまで2点目を狙いに行くが、選手交代の影響もあって攻撃がトーンダウン。逆にカウンターが機能するユナイテッドは、最後の最後に勝ち越しゴールまで奪って見せる。87分、ボックス手前でボールを持ったポグバから足元にパスを受けたラッシュフォードが鋭い反転からダニーロを振り切ってボックスギリギリから右足を振り抜くと、地を這うような低い弾道のシュートがゴール左下隅に決まった。 そして、このリードを最後まで守り切ったユナイテッドが、2年前の対戦同様にパルク・デ・プランスでPSGを破り、今季CLを白星で飾った。一方、やや勝ちにこだわり過ぎたPSGは痛恨の黒星スタートとなった。 パリ・サンジェルマン 1-2 マンチェスター・ユナイテッド 【PSG】 オウンゴール(後10) 【ユナイテッド】 ブルーノ・フェルナンデス(前23[PK]) ラッシュフォード(後42) 2020.10.21 06:26 Wed
twitterfacebook