バロテッリの新天地はトルコorアメリカ?

2020.08.26 17:05 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ブレシアに所属する元イタリア代表FWマリオ・バロテッリ(30)の新天地候補にベシクタシュと、ロサンゼルス・ギャラクシーの2クラブが浮上しているようだ。イタリア『コッリエレ・デッロ・スポルト』が報じている。

昨夏、マルセイユから故郷のブレシアへと帰還したバロテッリ。2019-20シーズンはセリエAに昇格したチームの貴重な戦力として迎えられたが、リーグ戦19試合に出場し5ゴールの数字に留まっていた。

さらに、シーズン終盤にかけてはクラブとの確執により構想外に。加えて、ブレシアのセリエB降格に伴い、今夏の退団が決定的な状況だ。

そういった状況の中、『コッリエレ・デッロ・スポルト』は今月12日に30歳となった“悪童”の新天地候補として、トルコの強豪ベシクタシュと、メジャーリーグ・サッカー(MLS)のLAギャラクシーの2クラブの名前を挙げている。

ベシクタシュに関しては年俸250万~300万ユーロ(約3億1000万~3億8000万円)と言える高額なサラリーを支払うことが可能なこと、チャンピオンズリーグ(CL)出場権を加入の理由として挙げている。ただ、ベシクタシュは25日に行われたCL予備予選2回戦でPAOK相手に敗退している。

一方、LAギャラクシーに関しては環境面は魅力的も、サラリーキャップ制の範囲外となる特別指定選手登録3枠が、メキシコ代表FWハビエル・エルナンデス、同MFジョナタンドスサントス、アルゼンチン代表FWクリスティアン・パボンで埋まっており、獲得に際しては枠を空けなければならない問題があるという。

現時点ではいずれの選択肢も難しい状況だが、今後の動向に注目したところだ。

関連ニュース
thumb

ヴェローナ、ブレシアを退団したイタリア人GKペリッリをフリーで獲得

ヴェローナは3日、ブレシアを退団したイタリア人GKシモーネ・ペリッリ(27)を獲得した。契約期間は2024年6月30日までとなる。 ラツィオ、ローマ、サッスオーロのアカデミーで育ったペリッリは、2014-15シーズンにレンタル移籍で加入したセリエC(イタリア3部)のプロ・パトリアでプロデビュー。 その後、レッジーナやポルデノーネ、ペルージャ、ピサなど国内下位リーグでのプレーを経て、昨夏にセリエBのブレシアへ加入。しかし、守護神のフィンランド代表GKイェッセ・ヨロネンからポジションを奪えず、昨季は公式戦1試合に出場にとどまり、シーズン終了後に退団していた。 2022.08.04 00:03 Thu
twitterfacebook
thumb

ブレシア、フィリッポ・インザーギ監督の解任を正式発表

セリエBのブレシアがフィリッポ・インザーギ監督(48)の解任を発表した。 2012年の現役引退後、ミラン下部組織のコーチングスタッフとして指導者キャリアをスタートさせたフィリッポ・インザーギ監督。2014-15シーズンにクラレンス・セードルフ監督の後任としてトップチームを指揮するチャンスが巡ってきたが、セリエAで10位に終わり、初のトップチームでの監督業は苦いものとなった。 その後、ベネツィアやボローニャ、ベネヴェントを監督を歴任したF・インザーギ監督は、2021年6月にブレシアの指揮官に就任。今季はここまでリーグ戦31試合を消化し、14勝12分け5敗で5位と好位置をキープ。 セリエA昇格圏の2位ピサと4ポイント差と、3シーズンぶり昇格も視界に捉えていたが、直近の5試合はわずか1勝と失速。以前からマッシモ・チェッリーノ会長との確執も噂されており、クラブはこのタイミングで袂を分かつ決断に至ったようだ。 2022.03.24 07:02 Thu
twitterfacebook
thumb

解任から2日で急転復帰? 会長との不仲で解任されたインザーギ監督、不可能な条項発動か

セリエBのブレシアで指揮を執っていたフィリッポ・インザーギ監督(48)が解任から2日で復帰を果たすことになるようだ。 ヴェネツィア、ユベントス、ミランなどでプレーしたインザーギ監督は、2012年に現役引退。ミラン下部組織のコーチングスタッフとして指導者キャリアをスタートさせると、2014-15シーズンにクラレンス・セードルフ監督の後任として指揮官に就任したが、セリエAで10位に終わり、初のファーストチームでの監督業は苦いものとなった。 その後はベネツィア、ボローニャでの監督を経て、2019年6月にベネヴェントの監督に就任。チームを同シーズンにセリエB優勝に導き、徐々に指導者としての経験値を積んだ。 2021-22シーズンからブレシアの監督に就任したインザーギ監督は、ここまでリーグ戦21試合を消化し、11勝6分け4敗で3位と好位置をキープ。セリエA昇格、セリエB優勝も見える位置にいるが、5日に突如解任されていた。 解任の理由は、マッシモ・チェッリーノ会長との関係悪化と現地メディアが報道。クラブ上層部は指揮官の戦術的要素の欠如に不満を募らせていたとされていた。 しかし、ブレシアは9日にクラブのツイッターでインザーギ監督とチェッリーノ会長の笑顔の写真を投稿。2人は和解したようで、インザーギ監督は復帰することになった。 また、イタリア『Tuttomercatoweb』によれば、インザーギ監督とブレシアが結んだ2年契約には、とある条項があったとのこと。チームが8位以内にいる間は解任することができないというものであり、3位の状況では解任できないというのだ。 ブレシアはディエゴ・ロペス氏を新たに招へいするという決定がなされていたが、果たしてどうなるのか。注目が集まる。 2022.02.10 17:52 Thu
twitterfacebook
thumb

フィリッポ・インザーギ監督、ブレシア指揮官解任へ…チームは好調も会長との不仲が原因か

セリエBのブレシアを率いるフィリッポ・インザーギ監督(48)が解任されたようだ。複数のイタリアメディアが報じている。 2012年の現役引退後、ミラン下部組織のコーチングスタッフとして指導者キャリアをスタートさせたフィリッポ・インザーギ監督。2014-15シーズンにクラレンス・セードルフ監督の後任としてトップチームを指揮するチャンスが巡ってきたが、セリエAで10位に終わり、初のトップチームでの監督業は苦いものとなった。 その後はベネツィアとボローニャでの監督を経て、2019年6月にベネヴェントの監督に就任すると、同シーズンにセリエB優勝に導き、徐々に指導者としての経験値を積んでいった。 だが、セリエAの舞台はやはり厳しく、ベネヴェントは18位に終わり1年で降格。解任となったF・インザーギ監督は、今季からブレシアを率いることになった。 そしてブレシアでは、ここまでリーグ戦21試合を消化し、11勝6分け4敗で3位と好位置をキープ。首位レッチェと2ポイント差と、優勝も視界に捉えていた中で、引き分けに終わった5日のコゼンツァ戦後に解任を言い渡されたという。 現地メディアによると、理由はマッシモ・チェッリーノ会長との関係悪化。チームは好調だったものの、クラブ上層部は指揮官の戦術的要素の欠如に不満を募らせていたようだ。レッチェ戦での交代策にも疑問符が付けられていたという。 2022.02.07 18:13 Mon
twitterfacebook
thumb

ボローニャ退団のパラシオがブレシアに加入! イタリアで初のセリエB挑戦

セリエBのブレシアは18日、昨シーズン限りでボローニャを退団した元アルゼンチン代表FWロドリゴ・パラシオ(39)の加入を発表した。契約期間などに関する詳細は明かされていない。 2009年にボカ・ジュニアーズからジェノアに加入し、イタリアでのキャリアをスタートしたパラシオは、ジェノア、インテル、ボローニャの3クラブでセリエA通算357試合に出場し、93ゴールを記録。 2017年夏にインテルから加入したボローニャでも長らく前線の主力を担い、昨シーズンのセリエAでは36試合の出場で5ゴール6アシストを記録。今年5月に行われたセリエA第34節のフィオレンティーナ戦では、39歳86日でのハットトリックを達成し、ヨーロッパ5大リーグにおける最年長ハットトリック記録も樹立していた。 イタリアでは12シーズンに渡ってセリエAを舞台にプレーしてきたが、ブレシアではキャリア初のセリエBの舞台でプレーすることになる。 2021.08.19 01:55 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly