EL決勝でコンテとバネガが舌戦! 禁断の植毛イジリに「試合後に待っとけよ!」

2020.08.22 15:17 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
壮絶な打ち合いとなった今季のヨーロッパリーグ(EL)決勝ではプレー以外の部分でも白熱のマッチアップがあった。イタリア『スカイ』がインテル指揮官とセビージャ司令塔のピッチサイドでの舌戦を伝えた。21日にドイツで行われたEL決勝のセビージャvsインテルは、白熱のシーソーゲームとなった中、大会最多優勝クラブの貫録を見せたセビージャが3-2で競り勝ち、4年ぶり6度目の優勝を決めた。

同試合では攻守両面で互いの意地と意地がぶつかり合う白熱の攻防が繰り広げられたが、前半半ばにはピッチサイドでも激しい舌戦が起きた。

前半18分、立ち上がりからオランダ人主審の判定に不満を募らせていたインテルを率いるアントニオ・コンテ監督は、テクニカルエリアに飛び出しては大声で不平不満を叫んでいた。

これに対して、古巣対戦がセビージャでのラストマッチとなる元アルゼンチン代表MFエベル・バネガは、無観客開催でより目立つ敵将の絶叫にいら立ちを募らせ、プレーが切れた際にピッチサイドへ向かうと、「もうたくさんだ! いい加減、黙れよ!」と言い放つ。

さらに、バネガは自身の毛髪を触るようなジェスチャーを見せ、「ウィッグが本物かどうか見てみようじゃねえか」と、禁断の植毛イジリを敢行。

なお、ウェイン・ルーニーユルゲン・クロップ監督同様に、植毛を行ったことが広く知られているコンテ監督だが、その気性の荒さもあって、公の場でイジリを敢行する人はほとんどいない。

そのため、コンテ監督は、「試合後に待っとけよ!」と、バネガのイジリに激昂するも、周囲が懸命になだめたため、何とかその場は怒りを抑え込んだ。

ただ、UEFAコンペティションで勝負弱さを指摘されるコンテ監督は、ピッチ上でも存在感を放ったバネガ率いるセビージャに敗れ、またしてもヨーロッパカップ戦初優勝を逃すことに…。

◆禁断の植毛イジリ…
コメント
関連ニュース
thumb

観客数虚偽報告のJ3秋田、5年間で2万5654人を水増し

Jリーグは24日、観客数を虚偽報告していたブラウブリッツ秋田の、入場者数の訂正を発表した。 秋田は、J3リーグに参入した2014シーズンの開幕戦から、2019シーズン開幕戦までのホームゲーム全85試合において、Jリーグへ虚偽報告を行なっていたとのこと。これにより罰金400万円が課されていた。 Jリーグは、公式な入場者数の取り扱いについて議論。記録がないことから、ゼロにするという話も挙がった中、実際に観客は動員していたために断念。その後調査を進めた上で、実際にカウンターで計測した人数に関して、クラブ役員が4年間70試合分をメモに記録していたことを見つけたとのこと。筆跡やペンの種類など現地で調査し、一定程度の信憑性があると判断し、公式入場者数にすることを決めたようだ。 秋田は2014シーズンに「4578人」、2015シーズンに「5410人」、2016シーズンに「4687人」、2017シーズンに「4711人」、2018シーズンに「5803人」の虚偽報告をしていたことになり、2019シーズンの開幕戦と合わせ、5シーズンと1試合で 合計「2万5654人」を水増ししていたこととなった。 2020.09.24 21:35 Thu
twitterfacebook
thumb

ハリウッドスターが英5部に所属する世界3番目に古いレクサムFCの買収

ハリウッドスターであるカナダ人俳優のライアン・レイノルズが、ウェールズのクラブを買収しようとしている。 レイノルズは、『ブレイド3』や『グリーン・ランタン』、『デッドプール』、『名探偵ピカチュウ』など数多くの作品に出演。2016年公開の『X-メン』のスピンオフ映画『デッドプール』では、主人公の傭兵デッドプールを演じ、ゴールデングローブ賞 主演男優賞 (ミュージカル・コメディ部門)にノミネートしていた。 最近ではNEtflixオリジナル映画の『6アンダーグラウンド』で主演を務め、人気テレビドラマ『ゴシップガール』で主役を務めたアメリカ人女優のブレイク・ライヴリーの夫としても知られている。 そのレイノルズが買収に動いているのが、ウェールズのレクサムFC。レイノルズの他、アメリカ人俳優であり、監督やプロデューサー、脚本家でもあるロブ・マクエルヘンニーも共同で買収に動いているとのことだ。 レクサムは、2011年以来ファンがクラブを所有。そのクラブに200万ポンド(約2億7000万円)の投資を行う予定のようだ。クラブはサポーターズトラストメンバーに対して特別総会を実施。97.5%(1223人)が賛成に投票したため、今回の買収相手が公表されることとなった。 レクサムはイングランド5部に当たるナショナル・リーグに所属している。なお、世界で3番目に古いプロフットボールクラブだ。 2020.09.24 11:40 Thu
twitterfacebook
thumb

黒幕は?スアレスのイタリア語テストで不正発覚!問題漏えいに加え、合格が約束

ウルグアイ代表FWルイス・スアレスがまさかの不正行為をしていたことが発覚した。イタリア『ラ・レプブリカ』が報じた。 バルセロナの新指揮官に就任したロナルド・クーマン監督から構想外であることを告げられ、今夏の退団が濃厚とされるスアレス。先日にはユベントス移籍が合意に達していたとされていた中、イタリアのパスポートが必要となり17日にイタリア語の試験を受けていた。 スアレスはペルージャ外国人大学でイタリア語の試験を受け、見事に合格。しかし、パスポート発行には時間を要することもあり、アンドレア・ピルロ監督も「難しい」と獲得を断念する事態となっていた。 ウルグアイからヨーロッパに渡り、アヤックス、リバプール、バルセロナでプレーしてきたスアレス。イタリア語に触れる機会などほとんどなかったはずにも関わらず、しっかりと合格したことには驚きの声もあった。 報道によると、ペルージャの財務警察が今年2月からペルージャ外国人大学に対して捜査を実施。その中で、今回の試験においてスアレスが不正を働いていたことが発覚したのだ。 スアレスは、試験合格に向けて必要なイタリア語の基礎を勉強。公用語であったスペイン語とは同じラテン語ということもあり、他言語を学ぶ中でも近しいものがあったものの、実は事前に合格が伝わっていたとのことだ。 今回の不正発覚は、担当のステファニア・スピナ氏とロレンツォ・ロッカ氏の会話を盗聴した捜査によるもの。「彼は合格しなければならないし、合格する。1000万ユーロ(約12億2700万円)の年俸の選手が、B1(イタリア語レベル)がないために不合格にするわけにはいかない」と話しており、実際は「A1(基本レベル)」であり「動詞の活用もできない」と会話していたようだ。 なお、スアレスは事前に試験問題の内容を伝えられていたとのこと。イタリアのパスポートを取得するという国家が関わる大事なテストでの不正は、この先も捜査が行われるとのこと。務警察の警察官は、大学のオフィスで書類を入手し捜査を続けているとのことだ。 不正をしてまで試験に合格したスアレスだが、結局ユベントスへの移籍は破談。新天地探しも大事だが、今回の不正関与によりそれ以上の大きな問題を抱えることとなった。 2020.09.22 19:47 Tue
twitterfacebook
thumb

元デンマーク代表FWラウドルップ氏がガンを克服、10年間の治療で完全寛解

かつてデンマーク代表FWとしても活躍したブライアン・ラウドルップ氏(51)が長い闘病生活の末にガンを克服した。イギリス『BBC』が伝えた。 ラウドルップ氏は、デンマーク代表の一員として1992年のユーロで優勝。現役時代はバイエルンやフィオレンティーナ、ミラン、レンジャーズ、チェルシー、コペンハーゲン、アヤックスでプレーした。 ヴィッセル神戸でもプレーしたミカエルを兄にもつラウドルップ氏は、10年前に濾胞性(ろほうせい)リンパ腫と診断。そこから長い間治療を進めた結果、見事に完全寛解したとのことだ。 ラウドルップ氏は、自身のインスタグラムで「デンマーク国立病院の素晴らしい医療スタッフに対し、心から感謝します」と感謝の気持ちを綴っていた。 2020.09.15 23:15 Tue
twitterfacebook
thumb

所持していた画像は297枚、元レアルのドイツ代表DFメッツェルダーが児童ポルノ違反で罪を認める

かつてドルトムントやレアル・マドリー、シャルケなどでプレーした元ドイツ代表DFクリストフ・メッツェルダー(39)が、児童ポルノ容疑で罪を認めたようだ。ドイツ『シュピーゲル』が報じた。 報道によると、メッツェルダー氏は、子供などのポルノコンテンツを含む297個の画像ファイルを所持していたとのこと。また、2019年7月から9月の間に、メッセージアプリ『WhatsApp』を使用して、3人の女性に29個の画像やビデオファイルを送信していたとされていた。 メッツェルダーは罪を公表しないでほしいとしていたものの、デュッセルドルフ行政裁判所はメッツェルダーの刑事訴訟についての情報をマスコミに提供。罪が公になっていた。 全ての罪を認めたのか一部を認めたのかは明らかにされていないものの、メッツェルダーの訴えが認められなかったのは、個人の保護と報道の自由のバランスを考えた際、公的な利益が私益よりも優先されるべきとの判断が下され、罪が公表されることになったようだ。 裁判所は、元プロサッカー選手であり、ドイツ国民にも知られた存在であること、そして引退後もエージェンシーの設立やコーチとしての活動、さらには2006年の障害者ワールドカップの大使を務めたことも含め、責任のある立場だと判断したようだ。 メッツェルダーはブンデスリーガで178試合に出場し4ゴール9アシスト、チャンピオンズリーグでも28試合に出場し1アシストを記録。ドイツ代表としても47試合でプレーし2002年の日韓ワールドカップ、2006年のドイツ・ワールドカップに出場していた。 2020.09.15 19:25 Tue
twitterfacebook