ネグレドのシティでの初ハット!多彩な攻撃から冷静なフィニッシュ【ハットトリック・ヒーローズ】

2020.08.25 15:00 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サッカーにおいて、1試合で3得点以上を決めることを表す「ハットトリック」。元々はクリケットで打者を三者連続アウトにすることをそう呼んでいた。(クリケットにおいて打者を連続でアウトにすることは相当難易度が高い)サッカー選手にとって、「ハットトリック」は実力を証明する功績でもあるが、そう簡単にはお目にかかれない。この企画『HAT-TRICK HEROES』では記憶に残る「ハットトリック」を紹介していく。

今回は、カディスの元スペイン代表FWアルバロ・ネグレドがマンチェスター・シティ時代に決めたハットトリックだ。

◆シティの多彩な攻撃からネグレドがフィニッシュ!

スペイン代表としても活躍したネグレドは、アルメリアやセビージャでの活躍の後、2013年夏にマンチェスター・シティに移籍。在籍2年間で公式戦49試合に出場し23ゴールを記録した。

2013年11月5日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のグループリーグ、CSKAモスクワ戦では移籍後初のハットトリックを達成している。

当時CSKAモスクワのMF本田圭佑も先発出場したこの試合だが、シティが序盤に2-0とリードを広げる。

そして迎えた30分、右サイドを突破したFWセルヒオ・アグエロの完璧なお膳立てから、ネグレドが流し込み追加点を奪う。

前半終了間際に1点を返され、3-1で迎えた51分、今度はMFヤヤ・トゥーレのロブパスに抜け出したMFサミル・ナスリが完璧なお膳立て。またもネグレドがダイレクトで流し込んだ。

さらに、1点を返されたものの、後半アディショナルタイムには左サイドを突破したMFジェームズ・ミルナーのクロスにネグレドが上手く頭で合わせ、見事ハットトリックを達成。試合は多彩な攻撃を見せたシティが5-2で勝利している。
コメント
関連ニュース
thumb

ポルトガルのプレーメイカー、ジョアン・モウティーニョの芸術的FK【ビューティフル・フリーキック】

サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。 この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。 今回は、ウォルバーハンプトンに所属するポルトガル代表MFジョアン・モウティーニョが決めたフリーキックだ。 <div id="cws_ad">◆ジョアン・モウティーニョの芸術的FK <br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJOa2RyeFgyNiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> スポルティング時代の2005年にA代表デビューを飾って以降、今なお招集され続けているモウティーニョ。通算キャップ数は123にも上るが、2017年6月3日に行われた国際親善試合のキプロス戦では、見事な直接FKも決めている。 エースのクリスティアーノ・ロナウドを欠いていたポルトガルだが、開始3分、ボックス手前左で得たFKをモウティーニョが直接狙うと、バーの下を叩いたボールがゴールに吸い込まれ、あっさり先制に成功する。 モウティーニョは前半終了間近の42分にも再び直接FKからゴール。ポルトガルが4-0と大勝を飾っている。 2020.09.24 23:59 Thu
twitterfacebook
thumb

珍しい直接FKも!スアレスが4年前の開幕戦で決めた豪快ハット【ハットトリック・ヒーローズ】

サッカーにおいて、1試合で3得点以上を決めることを表す「ハットトリック」。元々はクリケットで打者を三者連続アウトにすることをそう呼んでいた。(クリケットにおいて打者を連続でアウトにすることは相当難易度が高い) サッカー選手にとって、「ハットトリック」は実力を証明する功績でもあるが、そう簡単にはお目にかかれない。この企画『HAT-TRICK HEROES』では記憶に残る「ハットトリック」を紹介していく。 今回は、ウルグアイ代表FWルイス・スアレスがバルセロナで決めたハットトリックだ。 <div id="cws_ad">◆珍しい直接FKも!スアレスが4年前の開幕戦で決めた豪快ハット<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJHc0tGTTVnSSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 6年を過ごしたバルセロナを離れ、アトレティコ・マドリーへの加入合意が発表されたスアレス。バルセロナでは公式戦283試合の出場し、クラブ歴代3位となる198ゴールを誇る。 2016年8月20日に行われたラ・リーガ開幕節のレアル・ベティス戦では、その類稀な攻撃センスが光るハットトリックを達成している。 オープンな展開となり、2-1とバルセロナリードで迎えた42分、右サイドを崩すと、DFセルジ・ロベルトのグラウンダーのクロスにスアレスが反応し、良い時間帯に追加点を奪う。 そして迎えた56分には、スアレスの見事なポストプレーからカウンターを発動させると、整いきっていないベティス守備陣を完璧に崩し、最後はFWリオネル・メッシの御膳立てからスアレスが押し込む。 さらに5-1とした82分には、バルセロナがバイタルエリア左でFKを獲得。これを珍しくスアレスが蹴ると、見事なシュートをゴール左に突き刺し、ハットトリックを達成した。 今季はバルセロナでロナルド・クーマン新監督体制の構想外となり、試合出場のないスアレス。アトレティコで再びゴールを量産することができるだろうか。 2020.09.24 23:00 Thu
twitterfacebook
thumb

ナポリの小さな点取り屋メルテンスのシュート技術が光るトリプレッタ【ハットトリック・ヒーローズ】

サッカーにおいて、1試合で3得点以上を決めることを表す「ハットトリック」。元々はクリケットで打者を三者連続アウトにすることをそう呼んでいた。(クリケットにおいて打者を連続でアウトにすることは相当難易度が高い) サッカー選手にとって、「ハットトリック」は実力を証明する功績でもあるが、そう簡単にはお目にかかれない。この企画『HAT-TRICK HEROES』では記憶に残る「ハットトリック」を紹介していく。 今回は、ナポリのベルギー代表FWドリエス・メルテンスが決めたハットトリックだ。 <div id="cws_ad">◆メルテンスのシュート技術が光るトリプレッタ<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJGVGZWdWNjWSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2013年にナポリへと加入したメルテンス。当初はウイングだったが、2015年以降ストライカーの位置で起用されるようになると、得点能力が開花。シュート技術にも磨きがかかり、ゴールを量産し続けている。 2018年11月2日に行われたセリエA第11節のエンポリ戦でも、トリプレッタの活躍でチームを勝利に導いている。 ナポリ1点リードで迎えた38分、中盤でボールを受けたメルテンスがドリブルで持ち上がると、ボックス左手前からミドルシュート。これがゴール右隅に突き刺さり、待望の追加点を奪った。 後半に入り1点差にされたナポリだったが、64分にFWカジェホンのパスをボックス右手前に走り込んだメルテンスのダイレクトシュートがゴール左隅に突き刺さった。 リードを広げたナポリは、試合終了間際の90分にも途中出場のFWアルカディウシュ・ミリクがゴールネットを揺らすと、93分にはFWロレンツォ・インシーニェのロングスルーパスに反応したメルテンスが、飛び出したGKをかわし無人のゴールにボールを流し込んだ。 この試合で3ゴールを挙げたメルテンスはセリエA通算ゴール数を73に伸ばし、フィオレンティーナやカリアリで活躍した元ベルギー代表FWのルイス・オリヴェイラ氏のベルギー人歴代最多ゴール記録(72点)を抜き最多得点者となっていた。 2020.09.24 11:06 Thu
twitterfacebook
thumb

滅多にお目にかかれない妙技!バイエルン時代のリベリが“アシスト”のハットトリック【ハットトリック・ヒーローズ】

サッカーにおいて、1試合で3得点以上を決めることを表す「ハットトリック」。元々はクリケットで打者を三者連続アウトにすることをそう呼んでいた。(クリケットにおいて打者を連続でアウトにすることは相当難易度が高い) サッカー選手にとって、「ハットトリック」は実力を証明する功績でもあるが、そう簡単にはお目にかかれない。この企画『HAT-TRICK HEROES』では記憶に残る「ハットトリック」を紹介していく。 今回は、フィオレンティーナの元フランス代表FWフランク・リベリがバイエルン時代に決めた珍しいハットトリックだ。 <div id="cws_ad">◆バイエルン時代のリベリが“アシスト”のハットトリック<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJGRkwyaXBYeiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2007年にマルセイユからバイエルンへと加入したリベリは、左ウイングのポジションでレギュラーとして12シーズンに渡ってプレー。ブンデスリーガでは通算271試合に出場し85ゴール121アシストを記録した。 ゴール、そしてアシストでチームを勝利に導いたリベリだが、2019年3月9日に行われたブンデスリーガ第25節のヴォルフスブルク戦では、中々見ることがない“アシスト”のハットトリックを達成している。 さらに驚くべきはこの試合のリベリはベンチスタートだった。序盤から試合を支配したバイエルンが3-0とリードを広げると、55分にFWセルジュ・ニャブリとの交代でリベリがピッチに入る。 すると、76分、ボックス左端でボールを持ったリベリが中央のFWトーマス・ミュラーへパスを送ると、これを左足ダイレクトで合わせ、チームの4点目を奪う。 さらに82分には、左サイドを突破したリベリがフリーの状態から左足でクロスを上げると、ファーサイドのMFヨシュア・キミッヒが頭で合わせる。 そして85分、再びリベリが左サイドを突破。切り返しから右足でクロスを上げると、今度はエースのFWロベルト・レヴァンドフスキが頭で沈めた。 元オランダ代表FWアリエン・ロッベンとともに“ロベリー”と称された二人だが、2019年夏に揃って退団。2020-21シーズンからはニャブリがリベリの背番号「7」を引き継ぐことも決まっている。 2020.09.23 11:00 Wed
twitterfacebook
thumb

ロナウド、バッジョ、サモラーノ!背番号「1+8」が大暴れ【ハットトリック・ヒーローズ】

サッカーにおいて、1試合で3得点以上を決めることを表す「ハットトリック」。元々はクリケットで打者を三者連続アウトにすることをそう呼んでいた。(クリケットにおいて打者を連続でアウトにすることは相当難易度が高い) サッカー選手にとって、「ハットトリック」は実力を証明する功績でもあるが、そう簡単にはお目にかかれない。この企画『HAT-TRICK HEROES』では記憶に残る「ハットトリック」を紹介していく。 今回は、元チリ代表FWのイバン・サモラーノ氏がインテル時代に決めたハットトリックだ。 <div id="cws_ad">◆背番号「1+8」のサモラーノがロナウドに負けじとハットトリック<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJPalA1UEFodiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> サモラーノ氏はエースストライカーの代名詞とされる背番号「9」に特別なこだわりを持っていたことで知られる。インテル在籍時の1997-98シーズン、サモラーノが背番号9、そして元ブラジル代表FWロナウドが「10」をつけていたが、翌1998-99シーズンに元イタリア代表FWロベルト・バッジョが加入すると、バッジョが背番号「10」、ロナウドが「9」となり、サモラーノ氏はクラブから背番号の明渡しを命じられた。 サモラーノ氏は拒否するも認められず、その代わりとして背番号18のユニフォームの1と8の間に小さな「+」を加えて(1+8=9)着用していた。 そんな生粋のストライカーであるサモラーノ氏だが、1999年1月10日に行われたセリエA第16節のヴェネツィア戦でもハットトリックの活躍を見せた。 サモラーノは、FWロナウド、FWロベルト・バッジョとともに先発出場を果たす。試合は序盤から打ち合いとなり、インテルはロナウドとバッジョの2ゴールで2-1とリードする。 そして29分、ボックス左から仕掛けたロナウドがグラウンダーのクロスをあげると、走り込んだサモラーノが滑り込みながら押し込み、追加点を奪う。 49分には、ロナウドがボックス左からクロスを上げ、バッジョがダイレクトシュートを放つ。一度はGKに防がれたものの、こぼれ球をサモラーノが押し込んだ。 さらにエンドが変わった47分には、バッジョの突破から放たれたクロスをサモラーノがダイビングヘッドで流し込み、ハットトリックを達成した。 その後はロナウドにも追加点が生まれ、試合はインテルが6-2で勝利している。 ロナウドとバッジョのケガなどもあり、3人が共演を果たす機会は多くなかったが、当時のインテルが観る者に期待を抱かせるメンバーを擁していたことには間違いない。 2020.09.22 20:04 Tue
twitterfacebook