PSGに完敗のライプツィヒ、ナーゲルスマン監督はここまでの快進撃を「トップ4に入れたのは当然のことだ」

2020.08.19 11:20 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
RBライプツィヒのユリアン・ナーゲルスマン監督が、チャンピオンズリーグ(CL)での快進撃を誇った。クラブ公式サイトが伝えている。ライプツィヒは18日に行われたCL準決勝でパリ・サンジェルマン(PSG)と激突。13分にセットプレーからマルキーニョスに失点を許すと、その後はミスも相次ぎ、42分にMFアンヘル・ディ・マリア、56分にもDFフアン・ベルナトに一発を浴び0-3の完敗でベスト4で姿を消した。

◆パリ・サンジェルマンがRBライプツィヒに快勝

初の決勝トーナメント進出ながら旋風を巻き起こしたライプツィヒ。ナーゲルスマン監督はミスが相次いだことを嘆き、完敗を認めた。

「今日はただ、パリの方が優れていた。我々は受け入れなければいけない。適切に試合に入り、良い形でボールを奪ったが、アタッキングサードで急いでしまったから、明確な結果を残せなかった」

「だから、我々はなんの感情も得られない。順序に従って最初のゴールを許してしまったが、2点目と3点目の失点は非常に残念だった。あまりに単純なミスをしてしまった。このレベルでは残酷に罰せられる」

エースであったドイツ代表FWティモ・ヴェルナーがCLでのプレーを拒否して移籍先のチェルシーへ合流するなど、難しい状況の中で臨んだ決勝トーナメント。ナーゲルスマン監督はベスト4での敗退を悔やんだ一方で、自身が率いたチームがここまで勝ち進んだことを誇った。

「今は、フラストレーションが溜まっているが、準決勝まで勝ち進んだことを非常に誇りに思う。ライプツィヒがヨーロッパのトップ4に入れたのは当然のことだ」

「パリのような相手に対して、何かをするには多く集中しなければいけない。我々がこのレベルに到達するには、まだ長い道のりだが、成長可能であり、すでに多くのことを達成しているクラブでもある」
関連ニュース
thumb

来季バイエルン加入のウパメカノに珍事? プレシーズンのスタートはライプツィヒで…

来シーズンからバイエルンでプレーするフランス代表DFダヨ・ウパメカノだが、プレシーズンは移籍元のRBライプツィヒでスタートすることになるようだ。ドイツ『ビルト』が伝えている。 ライプツィヒでブンデスリーガ屈指の若手センターバックに成長したウパメカノは、今年2月にバイエルンが4250万ユーロ(約56億7000万円)の契約解除金を支払ったことで、来シーズンからブンデスリーガ9連覇中の王者の一員になることが決定した。 当初は7月1日付けで保有権がライプツィヒからバイエルンに切り替わると発表されていたが、『ビルト』の最新のレポートによると、前述の契約解除条項が発動した場合、ライプツィヒとの契約は7月15日まで有効になるという。 そのため、バイエルンがプレシーズンの開始時点でウパメカノを合流させたい場合、同選手がライプツィヒで受け取る月給の半分にあたる20万ユーロ(約2670万円)を支払う必要があるが、現時点でバイエルンに支払いの意思はないようだ。 この結果、ウパメカノは7月5日スタートするライプツィヒのプレシーズントレーニングに参加し、1週間ほど過ごした後に新天地へ合流することになるようだ。 そして、ライプツィヒのコマーシャル・ディレクターを務めるフロリアン・ショルツ氏は、ドイツ『Bavarian Football Works』の取材に対してこの不可思議な状況を認めている。 「ダヨ・ウパメカノが夏季休暇明けに新天地で準備を始めることは、両クラブにとってより意味があるのは確かだ」 「しかし、現在の契約内容ではそうならないことは事実だ。そのため、我々は彼がRBライプツィヒでトレーニングを開始することを予期している」 3者の話し合いによって契約を変更したり、ウパメカノの休暇期間を延ばすなど、やり方次第でこの奇妙な状況は解決できるように思われるが、ウパメカノはプレシーズンを移籍元のライプツィヒでスタートすることになるのか…。 2021.06.10 07:30 Thu
twitterfacebook
thumb

リバプールがコナテ獲得合意を発表! 「この新章を始めるのが楽しみ」

リバプールは28日、RBライプツィヒに所属するU-21フランス代表DFイブラヒマ・コナテ(22)の加入合意を発表した。 コナテはこのたび、労働許可証の申請などが下りることを条件にリバプールのメディカルチェックをパスして、7月1日からの長期契約締結で合意。移籍金については非公表が、イギリス『BBC』によれば、契約解除金として3500万ポンド(約54億5000万円)を支払っての獲得とみられる。 コナテはクラブを通じて「僕や家族にとって本当にエキサイティングな瞬間だ。新たなチームメイトやスタッフに会って、この新章を始めるのが心の底から楽しみだね。U-21欧州選手権が終われば、世界最高のクラブの1つでプレーすることになる。素晴らしい気分だ」と語った。 かねてからリバプール行きの噂が取り巻いたコナテは身長193cmのサイズだけでなく、快足揃いのライプツィヒでもトップクラスのスピードを誇るセンターバック。2026年夏までの契約に個人合意済みといわれた事前の報道どおり、リバプールが最も勢いのある若手DFの1人を射止めた形だ。 今季のリバプールはDFヴィルヒル・ファン・ダイクをはじめとする守備陣が相次ぐ故障に見舞われ、プレミアリーグやカップ戦での成績も振るわず。リーグ戦で何とか3位滑り込みを成し遂げたが、挽回を期する来季への一手目として、若き才能を手中に収めることに成功した。 2021.05.28 21:57 Fri
twitterfacebook
thumb

来季バイエルン就任のナーゲルスマン、今後の人生プラン明かす「違う分野で働いていると思う」

来季からバイエルンの新監督に就任するユリアン・ナーゲルスマンが、将来のプランについて語った。ドイツ『シュポルト・ビルト』が伝えている。 ナーゲルスマン監督は当時28歳だった2016年2月、ブンデスリーガ史上最年少監督としてホッフェンハイムの指揮官に就任。2016-17シーズンのリーグ戦を4位で終えると、翌シーズンも3位に導くなど卓越した手腕を発揮した。 2019年夏からはライプツィヒを率いて初年度はリーグ戦3位フィニッシュ。チャンピオンズリーグ(CL)では、クラブ史上初のベスト4入りも果たした。今季も最終的には失速したものの、一時はリーグ戦首位に立つなど存在感を見せた。 こうした実績を、ハンジ・フリック監督の退任が決定していたバイエルンが高く評価。契約解除金の2500万ユーロ(約32億6000万円)を支払ったことで、ナーゲルスマン監督は来シーズンからバイエルンに就任することになった。 順調な監督キャリアを歩むナーゲルスマン監督だが、『シュポルト・ビルト』のインタビューに応じた際、自身の持つキャリアプランについて説明。将来的には、サッカー界から離れる可能性も示唆した。 「私はこれまでもライフプランを持っていたし、今も持っている。残り20年、30年も仕事をするとは思っていないよ。もちろん、私は今夢のような仕事をさせてもらっていると分かっているし、この特権には毎日感謝している」 「同時に、これまでサッカー以外の好きなことをする時間はほとんどなかった。ジュニア選手としてのキャリアを過ごして、怪我をしてからはコーチの仕事を続けてきたからね」 「いつか来る未来については、まだ何も分からない。とはいえ、何もしないわけにはいかないから、確実に働いてはいるだろう。ただ、恐らく違う分野で働いていて、副業として地域リーグやユースチームのコーチをしているかもしれないね」 将来のプランについて語る一方、来シーズンから始まる大仕事についてナーゲルスマン監督は「バイエルンでの仕事をとても楽しみにしている。全力で取り組んでいくつもりだ」と語り、意気込みを見せている。 2021.05.27 17:36 Thu
twitterfacebook
thumb

コナテのリバプール移籍が決定的に!すでにメディカルチェックを完了

ライプツィヒのU-21フランス代表DFイブラヒマ・コナテ(22)のリバプール移籍が秒読み段階となった。 かねてからリバプール行きの噂が挙がっていたコナテ。193cmの巨躯に恵まれ、快足揃いのライプツィヒの中でもトップクラスのスピードを誇るアスリート型のセンターバックとして名を馳せる、最も勢いのある若手DFの一人だ。 移籍市場に精通するジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によると、同選手はすでにリバプールのメディカルチェックをパスし、2026年夏までの口頭合意も済ませているとのこと。また、イギリス『スカイ・スポーツ』によれば、あとは契約解除金である3500万ユーロ(約46億6600万円)の支払いを待つばかりとなっているようだ。 今季のリバプールは、DFヴィルヒル・ファン・ダイクやDFジョー・ゴメスをはじめとする守備陣が相次いで故障する事態に見舞われ、それに伴ってリーグ戦やカップ戦での成績も低下。プレミアリーグでは何とか3位に滑り込んだが、史上最悪とまで言われたシーズンを挽回する一手目として、若き才能を手中に収めたようだ。 2021.05.26 15:39 Wed
twitterfacebook
thumb

ブンデス得点王&アシスト王は2季連続でバイエルンコンビ! 新記録41点のレヴィは史上初の4年連続

2020-21シーズンのブンデスリーガ全日程が終了し、各部門の受賞者が決定した。 バイエルンが前人未踏の9連覇を達成した今シーズンのリーグ得点王に輝いたのは、バイエルンのポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキ。 1971-72シーズンに当時バイエルンに在籍していたFWゲルト・ミュラーが記録したシーズン40ゴールという快記録を、約50年ぶりに更新する41ゴールを挙げた怪物ストライカーは、同じく史上初となる4シーズン連続の得点王を獲得した。 その偉大なるレコードブレーカーは最終節のアウグスブルク戦後にクラブ公式サイトを通じて喜びのコメントを残している。 「まるで狂気の沙汰のような感情だ。嬉し過ぎるね。これは僕の現役生活の中で非常に特別で歴史的瞬間だよ」 「90分間プレーして得点を奪えず、ラストプレーでゴールを奪った。サイエンスフィクションの世界の様だったね」 「とにかくチームに感謝だ。何故なら今日彼らは常に僕を探してくれていた。だから、チームもこの記録に値すると感じている」 また、このアウグスブルク戦でもレヴァンドフスキを常に意識し、再三のチャンスボールを供給していたドイツ代表MFトーマス・ミュラーは、昨シーズンに続きアシスト王に輝いた。21アシストを記録した昨季には及ばなかったが、18アシストという素晴らしい数字を残している。 さらに、公式なタイトルではないものの、ゴールキーパー部門で最も高く評価される項目であるクリーンシート数では、今季リーグ最少失点(32)を記録したRBライプツィヒの守護神であるハンガリー代表GKペーテル・グラーチが最多15試合でのクリーンシート達成者となっている。 2021.05.23 06:00 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly