久保建英のビジャレアル移籍秒読み! まもなく正式発表と現地メディア

2020.08.10 09:45 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
日本代表MF久保建英のビジャレアル移籍がまもなく正式発表に至りそうだ。久保は2019年夏にFC東京からレアル・マドリーに完全移籍すると、トップリーグでの出場機会を求めてマジョルカにレンタル。公式戦36試合に出場して4得点5アシストの数字を収めた。

スペイン『アス』によると、ビジャレアルとレアル・マドリーは先週、久保の1年レンタルで合意。レアル・マドリーにレンタル料として250万ユーロ(約3億1000万円)が支払われるという。

そのビジャレアルは10日に選手のメディカルチェックを予定して、12日から始動。新たに指揮を執るウナイ・エメリ監督が初日からの合流を求めており、まもなく正式発表される模様だ。

また、久保は10日か、11日にも合流する可能性があるとも。ビジャレアルは当初、レアル・マドリーのMFオスカル・ロドリゲスを狙ったが、エメリ監督の意向で久保の獲得にシフトしたようだ。

そのビジャレアル入りが実現すれば、今季限りでの退団が決まり、アル・サッドに移籍した元スペイン代表MFサンティ・カソルラの穴埋め役としての活躍が期待されているとみられる。

なお、ビジャレアルは今季、ラ・リーガを5位フィニッシュ。来季のヨーロッパリーグ(EL)出場が決まっている。
コメント
関連ニュース
thumb

「久保とサムもよくやった」終盤逆転勝利のエメリ監督がELの狙いを語る「若い選手が責任を持てるように」

ビジャレアルのウナイ・エメリ監督が、カラバフとのアウェイゲームを振り返った。スペイン『マルカ』が伝えた。 ビジャレアルは29日、ヨーロッパリーグ(EL)グループI第2節でアゼルバイジャンのカラバフと対戦。試合は拮抗した展開の中ゴールレスで推移する。 [4-5-1]の左サイドでスタメン出場した日本代表MF久保建英は、開幕節のスィヴァススポル戦で1ゴール2アシストを記録した勢いそのままに好プレーを連発。シュートやクロスで決定機を演出した。 しかし、ゴールを奪えないビジャレアルは75分に久保やカルロス・バッカをさげてテコ入れするも、78分に先制を許す展開に。 それでも80分にジェレミ・ピノが同点ゴールを奪うと、85分に久保に代わって入ったパコ・アルカセルが逆転ゴール。アディショナルタイムにもPKで加点し、1-3で勝利した。 終盤に畳み掛けて逆転勝利を収めたエメリ監督は苦戦を認めながらも、先制されたことで目が覚めたと語った。 「特に前半は拮抗した試合となった。彼らはチャンスを作ることなく自分たちの試合をプレーした。我々は悪くなり、思ったよりコントロールできなかった」 「後半はプレッシャーが増していったが、最終的に目的を達成した。彼らのゴールは、我々が80分間やってきたことをを20分で加速させ、そして正当に勝利した」 アーセナル時代にもカラバフと対戦した経験があるエメリ監督だが、その経験は少し役だったようだ。 「2シーズン前で、彼らは似たようなチームだったと思う。明るいゲームとクオリティの高い選手が揃っている。2年前にアーセナルでバクーで試合をしたように、プレスに適応することに苦労した。我々は冷静さを保つ方法は知っていた」 ラ・リーガでもまずまずのスタートを切ったビジャレアル。ELでは若手選手を積極的に起用している中、エメリ監督としての狙いがあるとコメント。結果こそ残せなかったものの、久保やサムエル・チュクウェゼも評価した。 「この大会に関しては、多くの選手を組み合わせ、若い選手が責任を持てるようにしたいと思っている」 「彼らはトレーニングで準備をし、こう言ったゲームは非常に高いレベルでプレーするという中でとても上手くやっている」 「バエナとジェレミはとても良かった。久保とサム(サムエル・チュクウェゼ)も試合でよくやってくれた」 連勝スタートとなったビジャレアルはグループ首位に。次節は同じく連勝で2位のマッカビ・テルアビブ(イスラエル)と対戦する。 2020.10.30 10:20 Fri
twitterfacebook
thumb

久保先発のビジャレアル、終盤の3発でアゼルバイジャン王者に逆転勝利!《EL》

ビジャレアルは29日、ヨーロッパリーグ(EL)グループI第2節でカラバフとのアウェイ戦に臨み、3-1で逆転勝利した。ビジャレアルのMF久保建英は75分までプレーしている。 開幕節のスィヴァススポル戦を5-3と打ち勝ったビジャレアルは、その試合で1ゴール2アシストの活躍を見せた久保が[4-5-1]の左サイドでスタメンとなった。 開幕節でマッカビ・テルアビブに敗れたアゼルバイジャン王者のカラバフに対し、ビジャレアルが押し込む展開で立ち上がっていくと、16分に右CKからバッカのヘディングシュートが左ポストに直撃した。 その後も押し込むビジャレアルは32分、久保が得たFKをトリゲロスが直接狙うとシュートはゴール左上を捉えたが、GKの好守に阻まれた。 押し込みながらもゴールレスで迎えた後半、53分にチュクウェゼがGK強襲のシュートを浴びせると、60分には右サイドからカットインした久保がミドルシュートでGKを強襲。 攻勢を強めるビジャレアルは62分、久保が左サイドを突破して上げたクロスにチュクウェゼが合わせる決定機を演出。さらに69分、久保のスルーパスに反応してボックス右に侵入したハウメ・コスタがシュートに持ち込むも枠を捉えきれない。 スコアを動かせないビジャレアルは75分に久保やバッカら3枚を変えるも、78分に先制される。浮き球パスをボックス右に走り込んだオウスにボレーで蹴り込まれた。 それでも2分後にすかさず追い付く。ボックス左でパスを受けたピノがカットインシュートでゴール左に突き刺した。そして85分、ビジャレアルが逆転に成功する。ボックス左ゴールライン際でチュクウェゼが粘ったプレーから、マイナスのパスをアルカセルが押し込んだ。 結局、追加タイムにもPKでアルカセルがダメ押しゴールを奪ったビジャレアルが終盤の3ゴールで逆転勝利とし、2連勝スタートとしている。 2020.10.30 04:57 Fri
twitterfacebook
thumb

久保建英の逆サイドの攻撃には手応えのエメリ監督「左サイドは良かった」、それでもまだまだ不満

ビジャレアルのウナイ・エメリ監督が、カディス戦を振り返った。スペイン『アス』が伝えた。 ビジャレアルは25日、ラ・リーガ第7節で昇格組のカディスとアウェイで対戦。0-0のゴールレスドローに終わっていた。 <div id="cws_ad">◆久保建英が初先発のカディスvsビジャレアル<br/><script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=1ksukrfm4w95gzbokyk62ivoe" async></script></div> 日本代表MF久保建英は3トップの右で起用。前半に惜しいチャンスを迎えるも、相手に対応されシュートは打てず。62分にサムエル・チュクウェゼと交代していた。 試合を振り返ったエメリ監督は、左サイドの攻撃を評価。しかし、まだまだ不十分だと語った。 「今日は良いチームワークを見せたが、ポイントが足りなかった。ボールを保持して主導権を握り、彼らが勝つチャンスを防ぐ方法はわかっていた。だから、何もさせなかった」 「攻撃面で言えば、左サイドは良かったが、言ったように不十分ではあった」 「我々は常に相手がやってくることに注意して仕事をしているが、攻撃面でハッキリさせられなかったことが問題だ」 「我々が5点を取って、相手が3点を取った試合を行った後だったが、今日はその逆だった。木曜日の試合(スィヴァススポル戦)と今日の試合を合わせたものを探る必要がある。より多くのものを生み出さなければならない」 2020.10.26 12:45 Mon
twitterfacebook
thumb

久保が今季リーグ初先発もビジャレアルは好調カディス守備陣を攻略できずゴールレス決着《ラ・リーガ》

久保建英の所属するビジャレアルは、ラ・リーガ第7節でカディスとアウェイで対戦し0-0の引き分けに終わった。久保は62分までプレーした。 ミッドウィークに行われたヨーロッパリーグ(EL)グループI第1節でスィヴァススポルに5-3で勝利したビジャレアルは、その試合から先発を7人変更。スィヴァススポル戦で1ゴール2アシストの活躍を見せた久保は、ELに続きリーグ戦初先発となった。 <div id="cws_ad">◆久保建英が初先発のカディスvsビジャレアル<br/><script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=1ksukrfm4w95gzbokyk62ivoe" async></script></div> 3トップに久保、アルカセル、モイ・ゴメスと並べた[4-3-3]で試合に臨んだビジャレアルは、開始早々に失点を許す。7分、バイタルエリア左でFKを与えるとA・フェルナンデスの供給したクロスをパウ・トーレスが弾き返したが、中途半端なクリアを最後はボックス内のネグレドに流し込まれた。 このゴールでカディスに先制を許したかに思われたが、VARのレビューの結果、A・フェルナンデスのクロスの時点でロサーノがオフサイドポジションにいたため、ゴールは取り消された。 難を逃れたビジャレアルはその後、ボールポゼッションでカディスを圧倒するも[4-4-2]の堅固な守備ブロックを築くカディスを前にアタッキングサードでのアイデアが足りず、最後までも決定機を演出できず。前半は枠内シュート0本で終了した。 後半に入っても目立った決定機のないビジャレアルは、62分に久保を下げてチュクウェゼを、さらに73分にはトリゲロスを下げてバッカを投入。アルカセルとバッカを2トップに据えた[4-4-2]に布陣を変更した。 その後も膠着状態が続く中、ビジャレアルは82分に立て続けにチャンスを迎える。コクランがバイタルエリア中央手前でホセ・マリに引っかけられてFKを獲得すると、アルカセルが強烈なミドルシュートで直接ゴールを狙ったが、これは相手GKが正面で弾く。 さらにこれで獲得した左CKからモイ・ゴメスがクロスを供給すると、飛び出したGKのパンチングしたこぼれ球をバッカがダイレクトシュート。しかし、このシュートもGKレデスマの好セーブ防がれた。 結局、試合はそのままゴールレスでタイムアップ。終盤にチャンスを作るもカディスの堅守を攻略できなかったビジャレアルは、リーグ戦連勝のチャンスを逃した。 2020.10.26 02:29 Mon
twitterfacebook
thumb

ビジャレアル指揮官エメリ「久保のことを信じている。リーグ戦はまだ32試合もある」

ビジャレアルのウナイ・エメリ監督が日本代表MF久保建英について語った。スペイン『マルカ』が報じている。 今夏にレアル・マドリーからのシーズンローンでビジャレアルに加入した久保は開幕からここまで公式戦7試合に出場。22日に行われたヨーロッパリーグ(EL)グループステージ第1節のスィヴァススポル(トルコ)戦で移籍後初先発を果たして、初ゴールも記録したが、6試合に出場するラ・リーガはすべて途中出場が続いており、周囲から起用法に疑問を呈する声も少なくない。 そうしたなか、エメリ監督が25日に行われるラ・リーガ第7節のカディス戦に先駆けた会見に登場すると、スィヴァススポル戦から中2日での一戦に向けてコメントを残しつつ、久保の話題にも言及。スィヴァススポル戦後に先発争いに対する思いを口にした久保だが、エメリ監督は自身の考えをこう示した。 「我々は全員を同じように扱い、有能なスタッフ全員と仕事に励んでいる。しかし、選手それぞれの事情が異なるのも確かだ。久保は1年レンタルで加わった選手であり、その間に成長を遂げ、我々の助けにもなってくれると期待している。彼と内部で取り組むことに注力しており、彼とはかなり話し合ってもいる。19歳の成熟した少年で、すべてを求めている」 「すべてを求める姿勢は我々が求めるパフォーマンスを実現させる面で、ポジティブに働く可能性がある。彼は成長過程で、それが理由でここに来た。我々は要求するが、彼にもそこから愛を感じてほしい。それは内部での仕事であり、私は外での出来事をコントロールできない。それに、すべきだとも思っていない。彼にはチームメイトやコーチに耳を傾けてもらいたい」 「選手とビジャレアルにとって、最高の組み合わせを望んでいるからだ。チーム外のことは重要じゃない。我々が望む久保との繋がりこそが大事だ。先日の彼は『プレーするための競争を認識している』と話した。そのとおりだ。我々は彼のことを信じている。リーグ戦はまだ32試合もある。ELやコパ(・デル・レイ)もある。多くの試合が残っている」 2020.10.25 14:35 Sun
twitterfacebook