公式戦17戦無敗のセビージャ、絶好調ローマ相手にも普段通りを強調 「自分たちのスタイルで」

2020.08.06 21:02 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
セビージャを率いるフレン・ロペテギ監督は、絶好調のローマ相手にもあくまで自分たちの戦い方を貫く構えだ。『フットボール・イタリア』が伝えている。ヨーロッパリーグ(EL)最多5度の優勝を誇るセビージャは今季のラ・リーガを4位で終えており、すでにチャンピオンズリーグ(CL)出場権を確保。しかし、最多優勝記録更新に向けて高いモチベーションを維持している。

なお、今年3月に予定されたラウンド16の1stレグは新型コロナウイルスの影響で延期となっており、このカードは準々決勝以降を一斉開催で行う、中立地ドイツでのシングルマッチ形式に変更されている。

そして、6日にデュイスブルクで行われる一発勝負に向けた前日会見に臨んだロペテギ監督は、[3-4-2-1]へのシステム変更をキッカケに直近7勝1分けと絶好調の対戦相手に対しても、特別な対策をすることなく普段通りの戦いを強調。ちなみに、セビージャは引き分けの数こそ多いものの、8勝9分けと公式戦17戦無敗を継続中だ。

「現時点で確かなのは、対戦相手は素晴らしい状態で本当に良いフットボールを見せる、強力なチームだということだ。パウロ・フォンセカも素晴らしい監督だ。とは言っても、ローマはセビージャにとって手の届くところにいるチームだ」

「我々は勝ちたいと強く思っているし、非常に強いライバルを相手に素晴らしいパフォーマンスを見せられるようにベストを尽くすつもりだ。2ndレグがないことも念頭に置いておくよ」

「誰が相手であっても、我々は自分たちが認知されているチームだと思っているし、大幅な戦術変更はない。スタメンに関しては一つ懸念があるが、事実上解決されている」

「我々は自分たちのスタイルで試合に臨み、その後、ローマの反応を見ることになるだろう」

また、ロペテギ監督は新型コロナウイルスの陽性反応が確認され、今回の試合を欠場することになったセルビア代表MFネマニャ・グデリに関しても言及している。

「彼がこの試合に出られないのは残念だが、現時点でのベストメンバーで臨むつもりだ。もちろん、試合に勝つためには途中出場のプレーヤーの働きも重要なことは理解している」
コメント
関連ニュース
thumb

セビージャSDモンチ、クンデに対する英国からオファーを拒否「不十分」

セビージャでスポーツ・ディレクター(SD)を務めるモンチ氏が、フランス人DFU-21フランス代表DFジュール・クンデ(21)へのオファーを拒否したことを明かした。 昨夏にボルドーから加入したクンデは、ラ・リーガ4位とヨーロッパリーグ優勝という成績を収めたセビージャにおいて公式戦40試合に出場。対人の強さとスピードを武器に、無名からわずか1年でビッグクラブからの関心を集めるようになった。 とりわけ強い興味を持っていたのがマンチェスター・シティと言われており、『ESPN』の情報によると、5500万ユーロ(約67億5000万円)オファーを提示した模様。 モンチSDはイギリス『テレグラフ』のインタビューの中で、クンデに対するオファーがあったことを告白。ボルドーに支払った2500万ユーロ(約31億円)の2倍以上のオファーが来たものの、不十分だと却下したようだ。 「イングランドからオファーが届いた。12カ月前に投資した2倍以上の額だったが、評価した上で不十分だと判断した」 「もし、さらにオファーが届いた場合、いつものように評価して決定を下す。それが我々が過去20年にわたり行ってきたことであり、それがクラブの成長を促した。我々は売ることを恐れていない。それが私たちのモデルであり、成長するために売るのだ」 「しかし、その売却で得た資金を新しくスカッドを強化してくれる選手のために投資出来るように、それなりの額を要求するよ」 2020.10.01 21:04 Thu
twitterfacebook
thumb

セビージャがムニルの劇的弾で逆転勝利! ラキティッチに復帰後初ゴールも生まれて白星発進《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第3節、カディスvsセビージャが27日に行われ、アウェイのセビージャが3-1で勝利した。 昨季4位でヨーロッパリーグ(EL)王者のセビージャは、24日に行われたバイエルンとのUEFAスーパーカップでシーズンをスタート。延長戦の末にチャンピオンズリーグ(CL)王者に1-2で競り負けたものの、新戦力のラキティッチのフィット具合を含め、仕上がりは上々。 前節、今季初勝利を手にした昇格組カディスとのアンダルシア自治州ダービーとなったラ・リーガ初陣ではバイエルン戦から先発5人を変更。エン=ネシリ、オリベル・トーレス、新戦力のアクーニャらが起用された。 開始直後にホセ・マリの強烈なシュートでGKブヌがファインセーブを強いられるなど、ややバタついた入りを見せたセビージャ。それでも、9分にはラキティッチのスルーパスに抜け出したスソからのマイナスのパスをオカンポスが冷静にゴールへ流し込む。だが、これはスソの抜け出しの場面でオフサイドを取られる。 その後はダービーらしいオープンな展開が続く中、29分にはオリベル・トーレスに決定機も左足のシュートは左ポストを叩く。 結局、ゴールレスで試合を折り返したセビージャは、後半開始直後にゴールを奪われる。48分、左サイドからの折り返しをファーのネグレドに頭で折り返されると、これを中央のサルビに右足で流し込まれた。 すぐさま反撃に転じるセビージャは60分にエン=ネシリ、セルジ・ゴメス、オリベルに代えてルーク・デ・ヨング、ジョルダン、ムニルをピッチに送り込む3枚替えを敢行。すると、65分にはヘスス・ナバスからの絶妙な右クロスをデ・ヨングが得意のヘディングで合わせ、同点に追いつく。 だが、その後はなかなか攻め切ることができず、試合は終盤に突入する。それでも、諦めずに攻め続けるセビージャは90分、ジョルダンの縦パスに対してDFがクリアし切れず、入れ替わったムニルがGKとの一対一を制して土壇場で逆転に成功。 さらに、96分には再び最終ラインの裏へ抜け出したムニルからのプレゼントパスをラキティッチが決めきり、復帰後初ゴールとした。そして、苦しみながらも勝ち切ったセビージャが今季初陣を白星で飾った。 2020.09.28 03:41 Mon
twitterfacebook
thumb

クンデ売却に揺れるセビージャ、シティからの2ndオファーに期待?

セビージャがU-21フランス代表DFジュール・クンデ(21)に対するマンチェスター・シティからの増額オファーに期待しているようだ。『ESPN』が報じている。 昨夏にボルドーから加入したクンデは、ラ・リーガ4位とヨーロッパリーグ優勝という成績を収めたセビージャにおいて公式戦40試合に出場。対人の強さとスピードを武器に、無名からわずか1年でビッグクラブからの関心を集めるようになった。 センターバックの強化を進めるシティもそのひとつで、すでに一度5500万ユーロ(約67億5000万円)のオファーを試みたという。だが、セビージャとしては契約解除金を9000万ユーロ(約110億5000万円)に設定しているクンデに対するオファーとしては不満があった模様。 しかし『ESPN』は、6500万ユーロ(約79億8000万円)から7000万ユーロ(約86億円)程度の2度目のオファーが来れば、新型コロナウイルスの影響による財政難の状況に、断ることは難しいと推測している。 なお同メディアによれば、クンデの優先はセビージャ残留だが、将来的にステップアップも考慮に入れていることもまた事実。レアル・マドリーが来夏の獲得を狙っていると言われているが、同選手としては、よりレギュラーでプレー出来る可能性が高いシティ移籍の方が適していると考えているようだ。 2020.09.26 17:05 Sat
twitterfacebook
thumb

セビージャ主将へスス・ナバスがバイエルン戦惜敗に悔しさ露わ

セビージャで主将を務めるスペイン代表MFヘスス・ナバスがバイエルン戦を振り返った。スペイン『LA VERDAD』が伝えている。 24日に行われたUEFAスーパーカップで、チャンピオンズリーグ王者のバイエルンにヨーロッパリーグ王者として挑んだセビージャ。13分にFWルーカス・オカンポスのPKで先制するものの、前半のうちに追いつかれると1-1のまま突入した延長戦で失点し、逆転負けを喫してしまった。 キャプテンとしてフル出場したヘスス・ナバスは、非常に接戦だったと悔しさを露わにしつつ、一部入場が許可された観客の存在にも触れた。 「非常に互角の試合だった。最終的には相手がゴールを決めてしまったけどね。だけど僕たちにもチャンスはあった。あったんだけどモノに出来なかった。今は前を向いてもう一度進み始める時だ」 「試合の終盤に大きなチャンスがあったんだ。今日の僕たちのパフォーマンスは最高だったよ。相手の2点目が決まって、僕たちは苦しむことになった。最後まで頑張ったけど、何も勝ち取ることは出来なかった」 「でも観客が戻ってこれたのは良いニュースだよ。しばらくぶりだからね。だからこそ、彼らに勝利を捧げられなかったことは残念だ」 また、試合内容について「誇りに思う」と話したMFジョルダンは、FWユセフ・エン=ネシリの終盤の決定機逸脱に「(思うところは)いくつかある。今日は眠るのが難しいだろう。だが、チームは前を向く。エキサイティングなシーズンは始まったばかりだよ」と前向きな言葉を残した。 2020.09.25 15:22 Fri
twitterfacebook
thumb

セビージャ指揮官、バイエルン戦惜敗に「限界まで彼らを追い込んだ」

セビージャのフレン・ロペテギ監督が、UEFAスーパーカップのバイエルン戦を振り返った。スペイン『LA VERDAD』が伝えている。 昨季のヨーロッパリーグ王者であるセビージャは、チャンピオンズリーグ王者のバイエルンと24日にブダペストで対戦した。 前半13分にFWルーカス・オカンポスのPKで先制したセビージャだが、前半のうちに返されると、試合は同点のまま推移し延長戦に突入。何度か勝ち越しのチャンスもあったが、延長前半14分にMFハビ・マルティネスのゴールを許し、優勝を逃している。 試合後、惜しくも敗れたロペテギ監督は、欧州王者に善戦したチームを称賛。最大限苦しめることが出来たことを誇りに思うとした一方で、わずか中2日でラ・リーガの試合に備えなければならない日程に苦言を呈した。 「見せ掛けなどではなく、我々は本気でバイエルンを倒すためにここに来て、限界まで彼らを追い込んだ。よく健闘してくれた。素晴らしかったよ。我々は今日の我々を誇りに思う」 「どんな試合でも負けは常に隣り合わせ。決勝戦ともなればなおさらだ。我々に勝つチャンスはあった。相手は近年のヨーロッパで最も優れたチームだ。誰も延長戦までもつれるなんて思っていなかっただろう」 「そして残念なことに、72時間後にカディスとの対戦が控えている。ちょっと理解できないね。だがスペインでは起こりうることだ」 敗れてしまったセビージャだが、試合は88分に勝ち越しのビッグチャンスを迎えていた。ロングカウンターに転じ、途中出場のFWユセフ・エン=ネシリがGKと一対一に。しかし、シュートはGKマヌエル・ノイアーに防がれ、千載一遇の機会を逃してしまっていた。 「88分の出来事に関しては、あれは本当に決定的なシーンだった。ノイアーは世界最高のGKだ。そのチャンスを逃せば我々は延長戦で苦しむことは分かっていた。かなり追い込まれていたが、もっとやられる可能性もあったと感じている」 「彼らは中盤も守備も改善し、難しくなった。バイエルンを倒すためには最高の試合をしなければならない。今日の我々はそう出来たが、残念ながら勝つことができなかった」 2020.09.25 14:18 Fri
twitterfacebook