トゥヘル監督、チアゴ・シウバ後釜としてアラバをリクエスト!

2020.08.06 13:53 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
パリ・サンジェルマン(PSG)を率いるトーマス・トゥヘル監督はクラブに対して、バイエルンのオーストリア代表DFダビド・アラバ(28)の獲得を要求しているようだ。フランス『le10sport』が報じている。PSGは今シーズン限りでブラジル代表DFチアゴ・シウバ(35)の退団が決定しており、その後釜確保が急務となっている。

そういった中、トゥヘル監督は今夏の移籍市場でのバイエルン退団の可能性が取り沙汰されているアラバの獲得を、スポーツ・ディレクターのレオナルド氏に要求しているようだ。

セントラルMFと左サイドバックを主戦場としてきたアラバだが、ジョゼップ・グアルディオラ監督時代にスクランブルでのセンターバック起用を経験。さらに、今シーズンはハンジ・フリック監督就任以降、同ポジションをメインポジションとしており、持ち味の機動力、ビルドアップ能力を武器にハイパフォーマンスを披露していた。

そして、以前から後方からのビルドアップを重視し、選手起用、システムに関して固定観念に捉われないドイツ人指揮官は、アラバをチアゴ・シウバの後継者として考えているようだ。

バイエルンとの契約が2021年夏までとなっているオーストリア代表DFに関しては、レアル・マドリーとバルセロナが希望する移籍先と言われているが、現時点で両クラブに獲得に向けた動きはなく、今後の状況次第でPSGにも獲得のチャンスがあるようだ。
コメント
関連ニュース
thumb

ムニエの柔らかなダイレクトクロスをカバーニが豪快なダイビングヘッド【ベスト・アシスト】

サッカーのプレーの中で最も目を惹くのはやはりゴールだろう。しかし、時には得点者だけではなく、そのゴールをお膳立てしたラストパスが脚光を浴びるべき場合もある。今回の企画『Best Assist』(最高のアシスト)では、これまでに生まれた素晴らしいアシストを紹介していく。 今回はドルトムントのベルギー代表DFトーマス・ムニエがパリ・サンジェルマン(PSG)時代に決めたアシストだ。 <div id="cws_ad">◆ムニエの柔らかいクロスをカバーニが豪快ヘッド<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJtVVZna2NPaiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2016年夏にクラブ・ブルージュからPSGへ加入したムニエは右サイドバックとウイングバックの準主力として多くの国内タイトル獲得に貢献した。 大柄な体格を活かした守備力の高さに加え、確かなキック精度で攻撃面でも貢献したムニエだが、2018年4月29日に行われたリーグ・アン第35節のギャンガン戦では、見事なアシストを決めている。 1-2とPSGビハインドの82分、中央突破を図ったMFハビエル・パストーレからのパスをボックス手前右で受けたムニエは、左足ダイレクトで正確なクロスを中央へ入れる。 このボールに対し、オフサイドラインの駆け引きに勝ち、完全にフリーでボールを受けたFWエディンソン・カバーニがゴール前で豪快なダイビングヘッド。強烈なシュートは、GKの手を弾き、同点ゴールとなった。 このゴールで追いついたPSGだったが、試合はそのまま2-2の引き分けに終わっている。 2020.12.02 20:00 Wed
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドとの大一番を控えるトゥヘル、古巣戦のカバーニにメッセージ「休んでおいてほしい」

チャンピオンズリーグ(CL)でマンチェスター・ユナイテッド戦を控えるパリ・サンジェルマン(PSG)のトーマス・トゥヘル監督が、古巣戦となるウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニにジョークを送っている。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 CL・グループHでここまで2勝2敗の2位に位置するPSG。2日に行われる第5節では、グループ首位に立つユナイテッドのホームに乗り込む。 負ければ3位転落の可能性もある大一番に向けて、トゥヘル監督は前回対戦(1-2の負け)で決勝ゴールを許したイングランド代表FWマーカス・ラッシュフォードを称賛しつつ、警戒を強めている。 「我々はイングランドでプレーする彼を非常に高く評価している。パルク・デ・プランスではなくね。正直なところ、彼が我々に対して決めたゴールには少し迷惑しているよ」 「彼は若いのに大人びていて、ピッチ内外における責任感のある行動がとても印象的だ。私は今までに3回対戦してきたが、いつも穏やかで謙虚で素晴らしい人間なのだ。そのギャップが私は好きなんだ」 「個人的にスポーツ面ではっきりしているのは、スピード、得点力、判断力、フィニッシュ面で大きな脅威となることだ。彼は非常に正確なシュートをボックス内外から打ってくる。カウンターアタックも非常に速く、空中戦でのヘディングを強い」 「彼は試合に大きな影響を与えている。彼のようなアカデミー出身者がユナイテッドのようなビッグクラブに大きな影響を与えているのは素晴らしいことだ」 また、トゥヘル監督はPSG最多ゴール記録を保持し、初の古巣対戦となるウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニについても言及。冗談を交えながらこう述べている。 「彼は常にチームのためにベストを尽くす準備ができている。大きな身体的影響力を持つ彼にとって、ゴールは極めて自然なこと。24時間いつでも信頼できる男だ。試合に呼べばゴールを決めて守備もしてくれるのだ」 「彼が直近のサウサンプトン戦でマンチェスター・ユナイテッドのファンにあのパフォーマンスを見せられたのは個人的に嬉しく思う。彼は決定的な仕事をした」 「だが、明日の試合でそれを示す必要はない。彼が凄いのは知っている。だから少し休んでおいてくれないかな! 我々に実力を発揮する必要はないんだ。もしプレーするなら、我々も対処の仕方を考えなければならない」 2020.12.02 18:25 Wed
twitterfacebook
thumb

【CLグループ第5節プレビュー②】ドルトvsラツィオの大一番に、カバーニが古巣PSGと初対戦!

チャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第5節が2日に開催される。ここではE~Hの第5節のマッチプレビューを紹介していく。 ◆グループE:首位攻防戦&初白星を目指す一戦 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/get20201201_100_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> ■順位表 ◎1. チェルシー(勝ち点10) ◎2. セビージャ(勝ち点10) 3. スタッド・レンヌ(勝ち点1) 4. FCクラスノダール(勝ち点1) ◎決勝トーナメント進出決定 《26:55》 FCクラスノダール vs スタッド・レンヌ 《29:00》 セビージャ vs チェルシー 2強2弱の構成となったグループEではその下馬評通り、前節にチェルシーとセビージャの決勝トーナメント進出が決定。レンヌ、クラスノダールの善戦によって1-1のドローかに思われたが、チェルシーはFWジルー、セビージャはFWムニルの劇的な後半アディショナルタイムの勝ち越しゴールによって競り勝ち、劇的な形での突破となった。そして、今節ではセビージャとチェルシーの首位攻防戦に大きな注目が集まるところだ。 セビージャは一時リーグ3連敗と深刻な不振に陥ったが、直近のウエスカ戦で1-0の勝利を挙げて今季初の3連勝でV字回復。左サイドバックに多くの負傷者を出しているものの、欧州屈指のセンターバックコンビを軸に守備が安定。また、クラスノダール戦勝利の立役者であるムニルやFWエン=ネシリら攻撃陣が調子を上げており、優勢に運びながらもゴールレスドローに終わったチェルシーとの前回対戦からの成長を見せたいところ。 対するチェルシーは直近のリーグ戦でトッテナムとゴールレスドローに終わったものの、目下公式戦11戦無敗と好調を維持。FWヴェルナーら一部主力の金属疲労は気がかりも、MFハヴァーツやFWプリシッチの戦列復帰により、より多くのオプションを持って試合に臨めるはずだ。互いに今週末にはレアル・マドリー、リーズとの重要なリーグ戦を控えていることもあり、ある程度のターンオーバーも見込まれるが、首位通過を懸けた好勝負を期待したい。 一方、2節を残して敗退が決定したクラスノダールとレンヌはヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメントへの切符、今大会初勝利を懸けて激突する。 ◆グループF:突破を懸けたドルトvsラツィオの大一番 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/get20201201_100_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> ■順位表 1. ドルトムント(勝ち点9) 2. ラツィオ(勝ち点8) 3. クラブ・ブルージュ(勝ち点4) 4. ゼニト(勝ち点1) 《29:00》 ドルトムント vs ラツィオ クラブ・ブルージュ vs ゼニト グループFは4節終了時点で決勝トーナメント進出が1チームも決まらない混戦模様だ。それでも、前節はドルトムントがクラブ・ブルージュに3-0、ラツィオがゼニトに3-1の快勝を収めて突破に近づいている。そして、今節では首位のドルトムントと2位のラツィオが突破を懸けた大一番に臨む。 ラツィオとの初戦で大敗スタートとなったドルトムントだが、以降は持ち味の攻撃力を遺憾なく発揮し3連勝で首位に浮上。ただ、直近のリーグ戦ではこの大一番に気を取られたのか、格下ケルン相手に1-2で敗れており、その敗戦からのリバウンドメンタリティが試される。FWハーランドを中心に攻撃陣好調を維持しているだけに、前回対戦で3失点を喫した守備の改善が重要となる。なお、ドルトムントは今節引き分けでもクラブ・ブルージュとの当該成績の優位性によって突破が決まる。 一方、今グループステージでここまで無敗の2位に付けるラツィオは突破に向けて好位置に付けるが、今節敗れて3位のクラブ・ブルージュが勝利した場合、最終節を勝ち点1差の中でベルギー王者と対峙する難しい状況に陥る。そのため、前回対戦で破ったドルトムントを再び沈め自力での突破を決めたい。ただ、ドルトムント同様に直近のウディネーゼ戦ではホームで1-3の敗戦を喫し、公式戦9戦ぶりの黒星。不安を抱える形で敵地に乗り込むことになる。 また、ドルトムントの勝利に期待しつつ2連勝での逆転突破を目指すクラブ・ブルージュは、すでに敗退が決定しているゼニトをホームに迎える。その中で前節を規律違反で欠場した主砲FWデニスの奮起に期待したい。 ◆グループG: バルサ&ユーベは直接対決前に格下撃破狙う <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/get20201201_100_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> ■順位表 ◎1. バルセロナ(勝ち点12) ◎2. ユベントス(勝ち点9) 3. ディナモ・キエフ(勝ち点1) 4. フェレンツヴァローシュ(勝ち点1) ◎決勝トーナメント進出決定 《29:00》 ユベントス vs ディナモ・キエフ フェレンツヴァローシュ vs バルセロナ 2強2弱の構成となったグループGは2節を残してバルセロナとユベントスの名門2クラブが決勝トーナメント進出を決めた。バルセロナは主力を大幅に温存した中、伏兵FWブラースヴァイトの2ゴールの活躍などにより、敵地でディナモ・キエフを4-0で下し4連勝。一方、ユベントスはホームでフェレンツヴァローシュに大苦戦も、試合終了間際のFWモラタの劇的な逆転ゴールによって突破を決めた。 リーグ戦での不振とは打って変わってヨーロッパの舞台では実績通りの強さを見せているバルセロナは今節、フェレンツヴァローシュとのアウェイゲームに臨む。すでに突破を決めていることもあり、ディナモ・キエフ戦同様にFWメッシやMFコウチーニョ、GKテア・シュテーゲンと一部主力を温存。最終ラインに多くのケガ人が出ている中、直近のオサスナ戦で負傷交代したDFラングレの招集メンバー入りは朗報だが、DFミンゲサの継続起用やDFジュニオール・フィルポのセンターバック起用など、確実に勝ち点3を取りつつ今後に向けて試行錯誤を図っていきたい。 そのバルセロナとの直接対決を最終節に控える2位のユベントスはある程度、主力を起用して逆転での首位通過に向けて確実に勝ち点3を取りに行きたいところだ。しかし、直近のリーグ戦では格下ベネヴェントに屈辱のドローゲームを演じており、今週末のトリノとのデルビー・デッラ・モーレに向け、ターンオーバーが見込まれる。その中でトリノ戦を出場停止で欠場するモラタはこのディナモ・キエフ戦でプレーする可能性が高く、チームを勝利に導くゴールが期待される。 ◆グループH:カバーニが古巣初対戦! 三つ巴の争いの行方は… <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/get20201201_100_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> ■順位表 1. マンチェスター・ユナイテッド(勝ち点9) 2. パリ・サンジェルマン(勝ち点6) 3. RBライプツィヒ(勝ち点6) 4. イスタンブール・バシャクシェヒル(勝ち点3) 《26:55》 イスタンブールBBSK vs ライプツィヒ 《29:00》 マンチェスター・ユナイテッド vs パリ・サンジェルマン 今グループステージ最激戦区と目されたグループHはその前評判通り、熾烈な三つ巴の争いが続いている。前節ではマンチェスター・ユナイテッドがイスタンブールBBSKに大勝でリベンジを果たし、首位をキープ。その一方で、パリ・サンジェルマン(PSG)がライプツィヒとの接戦を制して2位に浮上している。そして、今節ではユナイテッドとPSGの首位攻防戦が行われる。 現在、公式戦4連勝と好調を維持するユナイテッドは、直近のサウサンプトン戦で前半を2点ビハインドで終えるも、後半から途中出場したFWカバーニが後半アディショナルタイムの劇的な逆転弾を含む2ゴール1アシストの活躍をみせ、ファーガソン時代を思い起こさせる大逆転勝利を飾った。そして、ここ数試合で抜群の存在感を放つカバーニは今回、古巣PSGとの初対戦に臨む。セインツ戦でこれぞストライカーという圧巻のパフォーマンスを見せたエル・マタドールは、歴代最多得点記録を持つ古巣相手に再びゴールを挙げることができるか。 一方、ライプツィヒ相手に序盤に挙げたFWネイマールのPKによるゴールを守り切ったPSGだが、直近のボルドー戦では2-2のドローに終わるなど、なかなか安定したパフォーマンスを残すことができていない。それでも、FWイカルディやMFヴェッラッティといった長期離脱組のコンディションも徐々に上がっており、過密日程で疲弊気味の相手に対して、5枚の交代枠をうまく使いながら総合力で押し切りたいところだ。 その首位攻防戦に先駆けて行われる一戦でライプツィヒはイスタンブールBBSKとのアウェイに乗り込む。前回対戦では2-0の快勝を収めている相手だが、ホームではユナイテッドを破り、PSGを相手に善戦している侮れない相手だ。今週末には国内リーグでバイエルンとのビッグマッチが控えているが、ここ数試合の振るわないパフォーマンスを考えれば、まずはトルコ王者を全力で叩きたい。そして、数時間後に試合を行うユナイテッドとPSGに圧力をかけたいところだ。 2020.12.02 18:00 Wed
twitterfacebook
thumb

スールシャール監督、人種差別問題に揺れるカバーニを擁護「サポートしていく」

マンチェスター・ユナイテッドのオーレ・グンナー・スールシャール監督が、人種差別の疑いをかけられているウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニを擁護する姿勢を見せた。イギリス『スカイ・スポーツ』がコメントを伝えている。 11月29日に行われたプレミアリーグ第10節のサウサンプトン戦で後半開始からピッチに登場し、2ゴール1アシストの活躍でユナイテッドの逆転勝利に貢献したカバーニ。だが、試合後にファンから届いた活躍を祝したメッセージに「gracias negrito(ありがとう、黒い人)」と返信し、「negrito」という単語が人種差別用語に該当する恐れがあるとして、イングランドサッカー協会(FA)が調査を開始するとしていた。 2日にホームで行われるチャンピオンズリーグ(CL)グループH第5節のパリ・サンジェルマン(PSG)戦に向けた会見で、スールシャール監督は渦中にいるカバーニを擁護した。 「我々はエディンソンと連絡を取った。彼は自分が犯した過ちを深く反省していた」 「悪意は全く見えなかった。ただ友人と交わすような愛情を込めた挨拶をしただけ。彼はFAから説明を求められ、もちろん協力したよ。我々もサポートしていくつもりだ」 「不幸な状況だ。彼はこの国に来たばかりで、ウルグアイでは我々の持っている考えとは異なる方法で使われている。我々全員で差別と戦っていきたいと思っている」 「異文化から来た選手は皆教育を受けるべきかもしれない。エディンソンにとっては辛い思いだろうが、(文化を)学んでくれたに違いない」 その中で迎えるPSG戦はカバーニにとっては古巣対決。スールシャール監督はそれを特別な力に変えてくれると期待しているようだ。 「エディンソンはプレーする準備ができている。PSGと対戦することは彼にとっても特別なことだから精神的にも影響を与えるだろう。エネルギーに変えてくれるはずだ」 「彼は非常にプロフェッショナルで経験豊富な選手だ。今日から明日にかけて試合に向けて調整を進めていくだろう」 「FAの調査も同様だ。彼に影響を与えるかもしれないが、試合中は一旦忘れる必要がある。優れた選手というのは、必要な時に問題や悩みを整理することができるものだ」 2020.12.02 16:00 Wed
twitterfacebook
thumb

ベッカム、メネズの連携から最後はズラタン!PSGトリオが見せた美しいゴール【チーム・ゴールズ】

サッカーにおいて個の力は非常に大事な要素の一つである。しかし、チームとして選手たちがひとつになった時にこそ、素晴らしいプレーが生まれる。 『Team Goals』では、流れるような連携から生まれた美しいゴールを紹介。今回はミランの元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチがパリ・サンジェルマン(PSG)っ時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ベッカム、メネズ、イブラヒモビッチの3人でもぎ取ったゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJGWFlRWUg3WiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> キャリアを通して数々のビッグクラブを渡り歩いてきたイブラヒモビッチは、2012年夏にミランからPSGに加入。チームのエースとして得点を量産し、多くのタイトルをもたらした。 PSGでは公式戦180試合で156ゴールという数字を残したイブラヒモビッチだが、2013年2月24日に行われたリーグ・アン第26節のマルセイユ戦では、スター選手たちとの美しい連携からゴールを決めている。 PSGが1-0とリードして迎えた91分、相手ボックスの前でボールを持ったFWジェレミー・メネズが中央のMFデイビッド・ベッカムとの華麗なワンツーでボックス内に抜け出すと、相手DFのプレスを背中で抑えながら、一瞬の隙を見てクロスを入れる。ゴール前左のほとんど角度のない位置でイブラヒモビッチが押し込み、試合を決定付ける追加点が決まった。 試合はPSGがそのまま2-0で勝利している。 2020.12.01 16:00 Tue
twitterfacebook





NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly