モドリッチ「クリスティアーノが居なくても勝つことができると確信している」

2020.07.23 13:15 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レアル・マドリーに所属するクロアチア代表MFルカ・モドリッチが、ユベントス のFWクリスティアーノ・ロナウドが居なくても勝てると話している。スペイン『マルカ』が伝えた。マドリーは、2018年夏にC・ロナウドがユベントスへ旅立った影響を受けて深刻な得点力不足に陥ると、4シーズンぶりに主要タイトルを逃し、バルセロナにリーグ連覇を許すなど、悪夢の1年を送っていた。

◆レアル、無観客でのトロフィーリフト

しかし、今シーズンは堅守を武器にすると、フランス代表FWカリム・ベンゼマがゴールを量産。宿敵バルセロナを逆転し、再開後に10連勝を収めて3年ぶり34回目の優勝を果たしていた。

モドリッチは今シーズンの優勝を振り返り、クロアチア『Sportske Novosti』でC・ロナウドがいなくても、勝てることを証明したと喜んだ。

「クリスティアーノがマドリーにとって、どれだけ重要だったかを議論する必要はない。でも、僕たちは、同じ野心を持つことができないという意味で、彼がここにいないという事実に困惑していないと言わなければいけない。僕たちは、彼なしでも勝ち続けられると確信している」
コメント
関連ニュース
thumb

CLインテル戦を控えるジダン監督、負ければ最下位も「今の状況から抜け出せる」

レアル・マドリーのジネディーヌジダン監督が、チャンピオンズリーグ(CL)のインテル戦に向けて意気込みを語った。クラブ公式サイトが伝えている。 マドリーは25日、CLグループB第4節でインテルと対戦予定。ここまで1勝1分け1敗で3位とまさかの苦戦を強いられており、今月3日に行われた第3節のインテル戦で初白星を手にした。 勝てば首位浮上の可能性がある一方で、負ければ最下位に転落することになる重要な一戦を前に、ジダン監督は勝利することの重要性を強調。全力を尽くすと意気込んだ。 「我々は良い状態だ。準備もできているし、この試合がどれだけ重要なものか分かっている。早く試合がしたいという思いだ。今は最終調整に入っており、明日の試合にむけて集中力を高めている」 「我々は常に勝つことを目標にしている。引き分けや負けを狙って試合に臨むことはできない。明日の試合がどうなるかは分からないが、唯一言えることは、ピッチの上で全力を尽くすことが重要だということだけだ。リスクのある試合ではない。過去の試合を全て決勝戦のように戦ってきた我々にとって、良いパフォーマンスを発揮するチャンスなのだ」 また、ジダン監督は負傷によりこの試合の欠場が決まっているDFセルヒオ・ラモスについても言及。キャプテンであるS・ラモス不在時にチームの勝率が下がるというデータがあるものの、それを覆さなければならないと語った。 「我々はセルヒオの重要性や、彼がどれだけ素晴らしい選手であるかは分かっているが、データは覆さないといけないものだ」 「セルヒオは欠場する。出場してもらいたかったが、ケガでそれはできない。掘り下げなければならないことを確認しつつ、今の状況から抜け出せることを信じている。我々は勝ち点3に邁進する」 最後にジダン監督は難しい内容となった前節のインテル戦、そして21日に行われたラ・リーガ10節のビジャレアル戦を振り返った。 「インテルとの1戦目では良いスタートを切り、最後は力強くゴールを決めて勝利した。 非常に良いチームが相手なのだから、苦戦するのは当然だ」 「先日のビジャレアル戦も同様だ。74分か75分まではリードしていたのに、ある1プレーで得点されてしまった。私は運命論者ではないが、ただひとつ言えることは、サッカーではこういったことが起こりうるということ。我々は点を譲らないように守備を改善し、得点を狙えるように努めるだけだ」 2020.11.25 17:37 Wed
twitterfacebook
thumb

L・バスケスは今季で退団か…著名ジャーナリストがサイクルの終わりを指摘

スペイン代表MFルーカス・バスケスは、レアル・マドリーとの契約を更新しない可能性が高いようだ。 マドリーの下部組織出身のバスケスは、2015年にエスパニョールから復帰して以降、右ウイングを主戦場に、時には右サイドバックのバックアッパーを担うなど、豊富な運動量と献身性を武器に準主力を担ってきた。 だが、昨シーズンは復帰後最少となるラ・リーガ18試合の出場に留まっており、今シーズンは少しずつ出場時間を伸ばしてはいるものの、大きなインパクトを残せていないというのが現実だ。 現行契約が今季限りとなっていることから、スペイン『マルカ』がカタール行きを予想するなど様々な憶測が飛び交っているが、スペイン人ジャーナリストのエドゥアルド・インダ氏はスペイン『El Chiringuito』にて「ルーカス・バスケスはレアル・マドリーと契約更新しない可能性が高い」と断言。また、『Ok Diario』のディレクターもサイクルの終わりを指摘しているという。 一方で、ルーカス・バスケス本人は5月に行われたイギリス『ガーディアン』のインタビューの中で、マドリーでの引退を優先しているとしつつも、「プレミアリーグは魅力的。英語の勉強もしている」と、イングランド行きへ含みを持たせていた。 2020.11.25 14:48 Wed
twitterfacebook
thumb

インテル戦に向けたレアル遠征メンバーが発表!カゼミロ復帰もセルヒオ・ラモスらはメンバー外《CL》

レアル・マドリーは23日、25日に控えるチャンピオンズリーグ(CL)グループB第4節のインテル戦に向けた招集メンバーを発表した。 今回のアウェイ遠征メンバーには、21名が招集。ケガのスペイン代表DFセルヒオ・ラモスやフランス代表FWカリム・ベンゼマ、新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性反応を示したブラジル代表DFエデル・ミリトン、セルビア代表FWルカ・ヨビッチらが外れた。 また、21日のラ・リーガ第10節を欠場したブラジル代表MFカゼミロは検査の結果陰性が確認され、無事にメンバー入りを果たしている。 その他、DFビクトル・チュスト、FWウーゴ・ドゥロらカスティージャ所属の選手もメンバー入りを果たした。 マドリーは3試合を終えて1勝1分け1敗の現在3位。相手のインテルは2分け1敗の最下位と苦しい状況だ。 ◆レアル・マドリー招集メンバー GK ティボー・クルトワ アンドリー・ルニン ディエゴ・アルトゥーベ DF ダニエル・カルバハル ラファエル・ヴァラン ナチョ・エルナンデス マルセロ フェルラン・メンディ ビクトル・チュスト MF トニ・クロース ルカ・モドリッチ カゼミロ マルティン・ウーデゴール イスコ FW エデン・アザール マルコ・アセンシオ ルーカス・バスケス ヴィニシウス・ジュニオール マリアーノ・ディアス ロドリゴ・ゴエス ウーゴ・ドゥロ 2020.11.24 09:20 Tue
twitterfacebook
thumb

レアルのアイコン、ラウールがダービーマッチで決めたドンピシャ弾丸ヘッド【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回は元スペイン代表FWラウール・ゴンサレス氏がレアル・マドリーで決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ラウールがダービーマッチで強烈なヘディングを決める<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJEbmdTTU9tQyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> レアル・マドリーの下部組織出身のラウール氏は、同クラブでプロデビューを飾ると、世界中のスターたちが集うチームの中で、生え抜きのエースとして得点を量産。クラブの象徴的な存在としてファンから愛された。 多くの名ゴールを決めてきたラウール氏だが、2007年8月25日に行われた、ラ・リーガ開幕節、アトレティコ・マドリーとのマドリッド・ダービーでは、見事なヘディングを決めている。 開始早々に先制を許したマドリーだったが、迎えた15分、右サイド深くでボールを持ったDFセルヒオ・ラモスが強めのクロスを上げる。すると、DFとの駆け引きからフリーになったラウールが頭で合わせ、完璧にミートさせた強烈なヘディングシュートを放つ。鋭い弾道のシュートはゴール右に突き刺さり、見事な同点弾となった。 すぐさま追いついたマドリーは、その後逆転に成功し、2-1で勝利している。 2020.11.22 19:00 Sun
twitterfacebook
thumb

ビジャレアルに勝ちきれずのジダン監督、「2ポイントを失った」と結果を悔やむ

レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督が引き分けに終わったビジャレアル戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 マドリーは21日に敵地で行われたラ・リーガ第10節でビジャレアルと対戦。今季初先発となったFWマリアーノ・ディアスが2分に先制ゴールを記録したが、76分にGKティボー・クルトワが与えたPKをFWジェラール・モレノに決められて、1-1の引き分けに終わった。 1-4で大敗した前節のバレンシア戦に続いて今節もPKを与えて勝利を逃したマドリー。ジダン監督は試合後、選手たちのパフォーマンスを称えた一方で引き分けに終わった結果を悔やんだ。 「今日の試合は特に前半、もっと多くの価値があった。選手たちはハードワークしていたからイライラしている」 「我々は2ポイントを失った。上手くやっていた選手を褒めなければいけない。我々が試合をコントロールして、彼らは1回のチャンスで我々に追いついた。それはフットボールで起こる可能性がある。今日は3ポイントを追加する機会があったが、残念だ」 また、退団希望報道が噴出したMFイスコについても言及している。 「彼はレアル・マドリーの選手。彼はここにとどまる。これ以上話すことはない。内部で何が起こっているのかを話すつもりはない。内部だけにとどまる」 https://www.realmadrid.com/noticias/2020/11/21/zidane-con-el-partido-que-hicimos-mereciamos-mas 2020.11.22 13:25 Sun
twitterfacebook




NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly