ケインがクラブキャリア通算200ゴールに到達! 350試合で201ゴール!

2020.07.16 14:00 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
トッテナムに所属するイングランド代表FWハリー・ケインがクラブキャリア通算200ゴールに到達した。イギリス『OptaJoe』が伝えている。トッテナムは15日、敵地で行われたプレミアリーグ第36節のニューカッスル戦を3-1で勝利した。

前節、アーセナルとのノースロンドン・ダービーを制して勢いに乗るトッテナムは、ジョゼ・モウリーニョ監督がリーグ戦で未勝利の難所セントジェームズ・パークに乗り込んだ。試合は前半半ばに韓国代表FWソン・フンミンのゴールで先制に成功も、後半立ち上がりの失点で追いつかれる。

しかし、この苦しい展開でアウェイチームを救ったのは、やはりエースストライカー。60分に途中出場のオランダ代表FWステーフェン・ベルフワインのクロスを頭で合わせて勝ち越しゴールを挙げると、試合終了間際の90分には同じく途中出場のアルゼンチン代表MFエリク・ラメラと共に仕掛けたロングカウンターからラメラのシュートのこぼれ球を泥臭く頭で押し込み、試合を決定付けるマルチゴールとした。

そして、殊勲の働きを見せたケインは、この試合の1点目で節目のクラブキャリア通算200ゴールに到達することになった。

トッテナムで主力に定着するまでミルウォール、レイトン・オリエント、レスター・シティ、ノリッジでのレンタル移籍を経験してきたケインは、その武者修行の期間に合計16ゴールを記録。

一方、トッテナムではニューカッスル戦までに183ゴールを挙げており、今回の試合でのマルチゴールにより、キャリア通算のゴール数を201ゴールとしている。ちなみに、このニューカッスル戦はケインにとってクラブキャリア通算350試合目と同じく節目の数字となっている。

また、6シーズン連続での公式戦20ゴールも達成することになったケインは試合後、自身の公式『ツイッター』を通じて、「この勝利をセルジュ・オーリエに捧げたい。クラブ通算200ゴールをとても誇りに思うよ。次の200ゴールもね」と、節目の記録達成を喜んでいる。

◆ケインがクラブ通算200ゴール到達

トッテナム 185点/285試合
ミルウォール 9点/27試合
レイトン・オリエント 5点/18試合
レスター・シティ 2点/15試合
ノリッジ 0点/5試合

合計 201点/350試合
コメント
関連ニュース
thumb

依然フリーのポチェッティーノ氏、以前から取り沙汰されるレアル指揮は「私の夢」

フリーの状態が続くアルゼンチン人指揮官のマウリシオ・ポチェッティーノ氏(48)がレアル・マドリーの指揮を夢見た。スペイン『COPE』が伝えている。 昨年11月にトッテナムを解任されて以降、フリーの状態が続くポチェッティーノ氏はニューカッスルの指揮官就任が一時濃厚とみられたが、とん挫。ロナルド・クーマン監督が就任するまでバルセロナ行きの可能性も浮かび、ジョゼップ・マリア・バルトメウ会長との階段も指摘されたが、最終的に実現しなかった。 いまだ新天地が決まっていないポチェッティーノ氏はこのたびに応じた『El Partidazo de COPE』のインタビューで、バルセロナ会長との会談報道を否定した。 「それは嘘だ。バルトメウとは会っていない。私はかつて指揮したエスパニョールでラモン・プランスと5年間をともに過ごした。彼がスポーツディレクターだった2009年から交友関係があるんだ。しかし、バルセロナは私にオファーをしてこなかった。パリ・サンジェルマン(PSG)やユーベからもない。ベンフィカやモナコとは連絡を取ったがね」 依然として注目が集まる新天地についても話題が及ぶと、以前から噂される指揮官としてのマドリー行きの可能性に言及。「夢」だと語り、前向きな姿勢を示した。 「もちろん、私の夢だ。アルゼンチン代表を率いるのもそうだ。レアル・マドリーは素晴らしい歴史を持つ世界最高のチームだよ」 2020.09.18 17:30 Fri
twitterfacebook
thumb

トッテナム、ケインのバックアップにイングス狙うもセインツに売る気なし

イングランド代表FWダニー・イングス(28)を狙うトッテナムだが、所属先のサウサンプトンに断られたようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じている。 先日、ジョゼ・モウリーニョ監督からイングランド代表FWハリー・ケインのバックアッパーの必要性が伝えらえたトッテナム。レアル・マドリーのウェールズ代表MFガレス・ベイル(31)が加入秒読みと報道されているが、ストライカーの補強は引き続き議論されているようだ。 イングスへの関心は以前から報じられていたが、サウサンプトンに交渉を持ちかけたところ門前払いに遭ったとのこと。同クラブは2022年までとなっているイングスの契約を更新する準備をしているとのことで、売却の意思は全くないようだ。 トッテナムは、その他にトリノのイタリア代表FWアンドレア・ベロッティ(26)を候補に挙げていたが、移籍金の高さから難色を示しているという。 2020.09.18 16:19 Fri
twitterfacebook
thumb

モウリーニョ、かつて叱責のエンドンベレを信頼 「成長の過程」

トッテナムのジョゼ・モウリーニョ監督がフランス代表MFタンギ・エンドンベレへの信頼を強調した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 昨夏にクラブ史上最高額の5400万ポンド(現レートで約73億3000万円)でリヨンからトッテナムに加入したエンドンベレ。しかし、途中就任のモウリーニョ監督から公の場でプレー内容で叱責されるなど、適応に苦戦した。 そうしたなか、エンドンベレは17日に敵地で行われたヨーロッパリーグ(EL)予選2回戦のロコモティフ・プロヴディフ戦に61分から途中出場。84分にはMFルーカス・モウラのクロスから逆転ゴールを挙げ、チームを勝利に導いた。 モウリーニョ監督は試合後、決勝点を記録したエンドンベレに対する信頼を口に。今後もチームの力になる働きを期待した。 「タンギは成長過程にある。昨シーズンはそうではなかった。成長が見られない状況に陥っていた」 「今は非常に良いトレーニングができている。ケガも癒えて、コンディション的にも良い。今日の彼はラスト30分間の我々が求めるものをもたらしてくれた」 「私は今までもタンギを信じ、彼のクオリティを疑ったこともなかった。絶対にだ。しかし、彼のモチベーションや献身性、プロフェッショナルとしての姿勢を疑う瞬間もあった」 「今も彼を信じている。今日の試合でスターターとして起用しないと決断したが、それはもう少し時間が必要だと感じたからだ。しかし、これからは我々のためにうまくやってくれるだろう」」 2020.09.18 12:05 Fri
twitterfacebook
thumb

ベイルのトッテナム復帰が秒読み 18日にもロンドンに飛ぶ予定

レアル・マドリーのウェールズ代表MFガレス・ベイル(31)が7年ぶりのトッテナム復帰に向けて現地入りする模様だ。イギリス複数メディアが報じている。 ベイルは2013年にトッテナムからレアル・マドリー入り。4度のチャンピオンズリーグ(CL)に貢献するなど数々のチームタイトル獲得に寄与しているが、相次ぐ故障で稼働率も低く、昨季は公式戦20試合3得点にとどまった。 そんなベイルはジネディーヌ・ジダン監督から構想外の今夏に新たな活躍先として浮上したのが古巣トッテナム。代理人のジョナサン・バーネット氏もクラブ間交渉を認め、本人も古巣復帰を希望しているといわれる。 イギリス『BBC』によると、レアル・マドリーとトッテナムは現在もローン移籍の条件で交渉中だが、明るい見通し。17日にレアル・マドリーの練習に参加したベイルは18日にもロンドンに向かう見込みだという。 また、イギリス『スカイ・スポーツ』によれば、ベイルは17日にマドリードでメディカルチェックをパス。両クラブは2000万ポンド(約27億1000万円)の賃金とローン料で合意に至り、近く移籍が実現しそうな様相だ。 2020.09.18 08:25 Fri
twitterfacebook
thumb

主力投入スパーズが苦しみながらも終盤の逆転劇で3回戦進出《EL予選》

トッテナムは17日、ヨーロッパリーグ(EL)予選2回戦でブルガリアのロコモティフ・プロヴディフとアウェイで対戦し、2-1で逆転勝利した。 昨季プレミアリーグ6位のトッテナムが、ブルガリアリーグで5位のロコモティフ・プロヴディフのホームに乗り込んだ一戦。 4日前に行われたプレミアリーグ開幕戦のエバートン戦を低調な0-1の敗戦に終わったトッテナムは、4選手を変更。ルーカス・モウラ、デレ・アリ、ウィンクス、アルデルヴァイレルトに代えてベルフワイン、ロ・チェルソ、ムサ・シッソコ、D・サンチェスを起用した。 [4-3-3]を採用したトッテナムは3トップに右からソン・フンミン、ケイン、ベルフワインと並べ、トップ下にロ・チェルソを据えた。 そのトッテナムが立ち上がりから攻勢に出ると、12分にはベルフワインのミドルシュートがバーを直撃。その後もハーフコートで試合を進めたが、ネットを揺らせずに前半をゴールレスで終えた。 迎えた後半、53分に決定機。しかし、左サイドからベン・デイビスの上げたクロスに合わせたソン・フンミンのシュートはわずかに枠の上へ外してしまった。 すると71分、トッテナムは痛恨の失点を喫する。左CKからニアで相手選手に頭で逸らされ、最後はミンチェフにヘッドで決められた。 追う展開となったトッテナムは77分、左CKの流れからベン・デイビスのヘディングシュートが枠を捉えると、ディニス・アウメイダがゴールライン上で手を使ってブロック。アウメイダにはレッドカードが提示され、トッテナムはPKを獲得。さらに、PKスポットを故意に荒らしたカラガレンにこの試合2枚目のイエローカードが掲示され、ホームチームは一連の流れで2選手が退場に。 このPKをケインが決めて同点としたトッテナムは、85分に逆転する。ボックス右に侵入したルーカス・モウラの折り返しをエンドンベレが押し込んだ。 これが決勝点となってトッテナムが苦しみながらも3回戦へ進出している。 2020.09.18 02:52 Fri
twitterfacebook