ブレーメン、ラシツァに対するライプツィヒからの1stオファーを拒否!

2020.07.14 20:38 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ブレーメンは、コソボ代表FWミロト・ラシツァ(23)に対するRBライプツィヒからの最初のオファーを断っていたようだ。ドイツ『スカイ・スポーツ』が伝えている。ライプツィヒはドイツ代表FWティモ・ヴェルナー(24)のチェルシー移籍に加え、ローマからレンタル中のチェコ代表FWパトリック・シック(24)の買い取りオプション行使見送りが濃厚なこともあり、今夏前線の刷新に動いている。

すでにレッドブル・ザルツブルクから韓国代表FWファン・ヒチャン(24)を獲得しているが、更なるターゲットとして以前から関心が伝えられるラシツァの獲得に本腰を入れている。

そのラシツァには2部降格の場合、1500万ユーロ(約18億円)で移籍可能な契約条項が盛り込まれていたが、先日にブレーメンが1部残留を決定したことでその条項は無効に。

現時点で他クラブがラシツァを引き抜く場合、3800万ユーロ(約46億3000万円)に設定されている契約解除金を満額支払うか、ブレーメンとの交渉の中で着地点を見いだす必要がある。

ドイツ『ビルド』が伝えるところによれば、そういった中でライプツィヒは先日、1500万ユーロ+ボーナス300万ユーロの総額1800万ユーロ(約22億円)という最初のオファーを掲示したという。

だが、1部残留決定後に「値下げの意思はない」と、スポーツ・ディレクター(SD)を務めているフランク・バウマン氏が語ったように、ブレーメンは前述のオファーを一蹴したようだ。

ただ、ブレーメンでは今季、買い取りオプション付きのレンタル移籍で獲得したドイツ人MFレオナルド・ビッテンコート(26)と、元トルコ代表DFオメル・トプラク(30)の2選手が買い取り条件を満たしているため、およそ1050万ユーロ(約12億8000万円)といわれる移籍金を支払う必要がある。

加えて、今冬にヘルタ・ベルリンから1年半の契約でレンタル加入しているドイツ人FWダビー・ゼルケ(25)に関しても、来季に1300万ユーロ(約15億8500万円)の買い取りオプション行使義務が発生するため、キャッシュが必要となる。

ブレーメンはステップアップを望むラシツァ本人の意向もあり、基本的には同選手の売却を今夏の構想に組み込んでいるが、前述の事情もあり、あくまで安売りは避けたい構えだ。したがって、今後の交渉は長期化する可能性が高いかもしれない。
コメント
関連ニュース
thumb

ブレーメン戦で唾吐き疑惑のシャルケDFカバクがDFBの調査対象に…

ドイツサッカー連盟(DFB)は28日、先日のブレーメン戦におけるシャルケのトルコ代表DFオザン・カバクの唾吐き疑惑に関して調査に乗り出したことを発表した。 カバクは、26日に行われたブンデスリーガ第2節のブレーメン戦に先発し、84分に2枚目の警告を受けて退場。チームも1-3で敗れ開幕連敗となった。 その試合の27分には競り合いの中、カバクがブレーメンのスウェーデン代表DFルドヴィグ・アウグスティンションに足をかけてしまいファウルの判定。その後、ピッチに倒れていたアウグスティンションに対して、カバクが唾を吐きかけていたことが中継映像で確認され、大きな物議を醸していた。 そして、当該行為に関してDFBの管理委員会は、「相手選手に対する、明らかなスポーツマンシップに反する行為」の疑いがあるとして正式に調査に乗り出すことを決定した。 なお、カバクは試合後、自身の公式ツイッターを通じて、「決してワザとではなく、事故だった。僕は彼を狙ってなんかいないし、テレビ映像の角度は事件を欺くようなものだった。こんな事は一度だってやったこともない」と、唾吐き疑惑に関して故意に行ったものではないと釈明していた。 ただ、管理委員会は今回の調査にあたってカバクに対して、改めて意見陳述書の提出を求めており、それが受理された後に今後の手続きを進めていくことになる。 なお、ドイツ『キッカー』が伝えるところによれば、ブンデスリーガにおける直近の唾吐き行為に対する処分では、一昨シーズンに当時シュツットガルトに所属していたアルゼンチン代表MFサンティアゴ・アスカシバルに6試合の出場停止が科されているという。同選手は当時レバークーゼンに在籍していたドイツ代表MFカイ・ハフェルツに対して唾を吐き、当人はカバクと同様に故意ではなかったと主張していた。 2020.09.29 21:06 Tue
twitterfacebook
thumb

シャルケDFが倒れた相手に唾吐き? 「ワザとではない」と弁明も大きな問題に発展か

シャルケのトルコ代表DFオザン・カバクがとった行動が、ドイツ国内で大きな物議を醸している。ドイツ『スカイ・スポーツ』が報じた。 カバクは、26日に行われたブンデスリーガ第2節のブレーメン戦に先発し、84分に2枚の警告によって退場。チームは1-3で敗れ開幕連敗となった。 問題となっているのはその試合の27分、競り合いの中、カバクがブレーメンのDFルドヴィグ・アウグスティンションに足をかけてしまいファウル。この際にアウグスティンションがピッチに倒れていた。 ファウル自体は大きなものではなく、主審が裁いたものの、問題はその後。カバクがアウグスティンションに向けて唾を吐きつけていたことが確認されていた。 この行為がわざとだったかどうかは定かではないが、相手選手に対して唾を吐いたことは事実。大きな侮辱行為として問題視されるだけでなく、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染防止の観点からも最低の行動であると大きな非難が寄せられている。 『スカイ・スポーツ』の解説者である元ドイツ代表DFローター・マテウス氏は「私から見れば、とてもスポーツマンらしくない行動だ。彼は意図的にやったと思う。処分されることを願う」と厳しいコメント。唾吐き行為については「最悪の行為」と糾弾した。 被害者であるアウグスティンションは「フェアではない。サッカーとは何も関係がない。僕はそれに気付いていなかった」とコメント。それでも「まぁ、最終的に彼は退場し、うちは勝ったけどね」と皮肉交じりに行為を非難した。 一方、唾を吐いたカバクは自身のツイッター(@ozankabak4)で謝罪。わざとではなかったと弁明した。 「ルドヴィグ・アウグスティンションに謝罪したい。決してワザとではなく、事故だった。僕は彼を狙ってなんかいないし、テレビ映像の角度は事件を欺くようなものだった」 「こんな事は一度だってやったこともないし、スポーツマンとしてふさわしい行為ではないから、今後もしない。今回は非常に残念なことだ」 2020.09.27 20:10 Sun
twitterfacebook
thumb

フュルクルクがハットのブレーメンが泥沼シャルケに快勝で初勝利! 大迫は90分から出場《ブンデスリーガ》

ブレーメンは26日、ブンデスリーガ第2節でシャルケとのアウェイ戦に臨み、3-1で快勝した。ブレーメンのFW大迫勇也は90分から出場している。 1-4で敗れた開幕戦のヘルタ・ベルリン戦では2トップの一角としてプレーしたものの前半のみの出場となった大迫は、ベンチスタートとなった。 バイエルンとの開幕戦で8発粉砕されたシャルケに対し、ポゼッションを譲る展開で立ち上がったブレーメンは22分に先制する。左CKからサージェントが頭で落とし、ゴール前のフュルクルクが蹴り込んだ。 その後もカウンターからフュルクルクが追加点に迫るブレーメンが流れを引き寄せると、37分に加点する。右サイドからのアウグスティンションのFKをフュルクルクがヘッドで叩き込んだ。 2点をリードして迎えた後半、ブレーメンは53分にピンチを迎えるも、後半から出場のイビセビッチのヘディングシュートはわずかに枠を外れて助かった。 そして59分にはフュルクルクが自ら得たPKを決めてブレーメンはダメ押しの3点目を挙げた。 ハットトリックを達成したフュルクルクをお役御免としたブレーメンは、終盤にかけては余裕をもって試合を締めていく。90分には大迫が投入された中、追加タイムに失点を喫したブレーメンだったが、3-1で快勝。今季初勝利を飾っている。 2020.09.27 03:30 Sun
twitterfacebook
thumb

ファンから屈辱の拍手を送られたFW大迫勇也をブレーメンの監督も擁護「彼はとても優れた選手」

ブレーメンのフロリアン・コーフェルト監督が、改めて日本代表FW大迫勇也について語った。クラブ公式サイトが伝えた。 ブレーメンは19日、ブンデスリーガ開幕戦でヘルタ・ベルリンと対戦。この試合で先発出場した大迫だったが、良いパフォーマンスを出せず前半のみで交代していた。 ファンは大迫のパフォーマンスに納得せず、交代を支持する拍手を送っていた。屈辱的な対応を受けた大迫だが、コーフェルト監督もファンの行為について言及。大迫のパフォーマンスが悪かったことは認識しながらも、評価が下がることはないと語った。 「(ファンの拍手は)好ましくなかった。そして、私はおそらくこのために再び多く叩かれることになるだろう。それでも私は言いたい」 「大迫勇也は、最初からここにいた。本当の姿ではなかった。理由はよく分からない。それでも、私の基本的な評価は、彼はとても優れた選手であるとうこと。そして、我々にとってクリエイティブな選手になることができるということだ。私は彼を守る」 一方で、シーズン序盤から大迫のパフォーマンスが上がっていないことも事実。コーフェルト監督は満足していないとし、足りないと思えばスタメンから外れることも示唆した。 「ユウヤは、イエナ戦も、ヘルタ・ベルリン戦も良いプレーをしなかった」 「拍手については認識している。しかし、それは彼に関する私の決定には何も影響しない」 「ただ、ユウヤは起用が確約されるような立場にはない。それでも、彼がこのチームにとって、良い選手になれるという確信がある」 ブレーメンは26日の第2節でシャルケと対戦する。大迫はベンチスタートになる可能性も大いにある状況だ。 「もちろんそうなる可能性はある。我々の仕事のほんの一部だ。上手く事が進めば、ポジティブな感情を取り戻す事ができる」 「土曜日に口笛を吹いたファンがそうすることは問題ない。それで良い。私からファンを批判することはない。ただ、ユウヤもそれに対処する必要がある」 2018年7月にケルンからブレーメンに加入した大迫は、これまで59試合に出場し14ゴール7アシストを記録。再びピッチで輝きを取り戻し、ファンから喝采の拍手を浴びる日が待ち遠しい。 2020.09.25 13:05 Fri
twitterfacebook
thumb

「スケープゴートではない」交代時にはファンから屈辱の拍手、ブレーメンFW大迫勇也を同僚がフォロー

ブレーメンのU-21オーストリア代表DFマルコ・フリードルが、ファンからのブーイングを浴びた日本代表FW大迫勇也を擁護した。ドイツ『ビルト』が伝えた。 ブレーメンは19日、ブンデスリーガ開幕戦でヘルタ・ベルリンと対戦。この試合で先発出場した大迫だったが、良いパフォーマンスを出せず前半のみで交代。その際、多くのファンが拍手をしていた。 ファンは大迫のパフォーマンスに納得せず、交代を支持する拍手を送ったが、フリードルはファンの行動を理解しながらも、大迫を擁護した。 「大迫はスケープゴートではない。僕たちはチームだ。ファンのことを理解できる。彼らは僕らにちゃんとしたパフォーマンスをしてもらいたいんだ。そうでない場合は、彼らは不快になる」 手厳しいファンの評価を受けた大迫だが、ブレーメンとしてはしっかりとフォローしている状況。フリードルもチームメイトとして助けるとし、大迫は問題ないと語った。 「僕たちは彼と話をする。誰かが不安定になっていると気づいたら、僕たちは彼のために一緒にいる。ただ、ユウヤはこの状況に対処する方法を知っているよ」 ブレーメンは26日の第2節でシャルケと対戦。開幕戦でバイエルンの8-0と屈辱の惨敗を喫し、デイビッド・ワグナー監督の首もかかったシャルケとの試合で、大迫は見返す活躍を見せられるだろうか。 <div id="cws_ad" style="text-align:center;"><script>var video_id = "mV-66QDap08";</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script></div> 2020.09.24 21:15 Thu
twitterfacebook