マルセイユのビラス=ボアス監督が日本代表監督に興味? かつてはチェルシーやトッテナムを指揮

2020.07.14 11:45 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
日本代表DF酒井宏樹が所属するマルセイユのアンドレ・ビラス=ボアス監督(42)が、日本代表監督就任の希望を明かした。フランス『le10sport』が伝えた。ポルトやチェルシー、トッテナム、ゼニト、上海上港などで指揮を執ってきたビラス=ボアス監督は、2019年7月にマルセイユの監督に就任。今シーズンは新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大により、途中で打ち切られることとなったが、パリ・サンジェルマン(PSG)に次ぐ2位につけていた。

ビラス=ボアス監督は2021年夏までマルセイユと契約を結んでいるものの、それを延長するつもりはないとのこと。11日にポルトガルで記者会見を行った際に、将来のプランを明かした。

「次のステップを明確にすることは難しいが、代表チームを指揮し、ワールドカップに出場できればと思っている。2022年のカタール・ワールドカップだ」

契約上、2021年6月にマルセイユを退団すればワールドカップには間に合う状況だ。

加えて、フランス『レキップ』のコラムでビラス=ボアス監督が日本代表に興味があると明かしていた。

「私はいつもワールドカップに挑戦したかった。日本に魅力を感じている。それは私が臨む仕事であり、彼らの選択肢にも近かった」

日本代表は森保一監督が東京オリンピック代表チームとの兼任で指揮。東京オリンピックも1年延期され2021年に開催予定。ワールドカップ出場を目指すA代表をメインに指揮することが発表されたが、今後の動向にも注目したい。
コメント
関連ニュース
thumb

海外組だけで臨む日本代表、10月1日のメンバー発表前に予想!初招集も数名か

10月にオランダで行われる日本代表活動。実に10カ月ぶりとなる代表活動では、カメルーン代表、コートジボワール代表と対戦する。 2019年12月に行われたEAFF E-1 サッカー選手権以来の活動となるA代表だが、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大の影響もあり、活動が行えても制限が敷かれた状態となる。 まず、オランダへの渡航となるため、日本から選手が派遣された場合は、帰国後14日間の隔離措置を取らなくてはいけない。代表活動の期間と合わせて、およそ1カ月チームを離れることとなるため、過密日程をこなすJリーグクラブとしては大きな痛手に。そのため森保一監督は海外組のみで臨むことを明かした。 実際のメンバー発表は10月1日となるが、海外組だけでチームを編成するとなると一体誰が招集されるのか。40名ほどがプレーする欧州組の中から、招集選手を予想してみたいと思う。 <span class="paragraph-title">GK:守護神は3名、レギュラーは無し(3名)</span> GK 川島永嗣(37/ストラスブール) 権田修一(31/ポルティモネンセ) シュミット・ダニエル(28/シント=トロイデン) まずは、GKを予想。森保ジャパンとして招集を受けていた3名がそのまま招集されると予想する。ヨーロッパの1部リーグでプレーする日本人GKはこの3名しかいない。 大ベテランとなった川島は、開幕から2試合連続でリーグ・アンで先発出場を果たした。しかし、どちらの試合も敗戦。その結果、第3節からはベンチに座ることとなった。 権田は、昨シーズンの終盤にプリメイラ・リーガで14試合に出場していたが、今シーズンはここまで試合に絡めず。メンバー外の状況が続いており、移籍の噂も浮上していた。 シュミット・ダニエルは2020年に入ってからハムストリングの負傷で欠場。今シーズンもケガで出遅れたものの、現在はベンチ入り。しかし、試合にはまだ出場していない状況だ。クラブで正守護神を務めている選手は居ない状況だが、この3名が招集されるとみて良いだろう。 もう1人候補として挙げられるのは、セグンダB(スペイン3部)のレクレアティボ・ウエルバにU-23世代の山口瑠伊(22)が居る。東京オリンピック世代のGKだけに、森保監督が一度呼んでみる可能性はゼロではないだろう。 <span class="paragraph-title">DF:A代表と東京五輪世代が混在(11名)</span> CB 吉田麻也(32/サンプドリア) 植田直通(25/セルクル・ブルージュ) 板倉滉(23/フローニンヘン) 冨安健洋(21/ボローニャ) 中山雄太(23/ズヴォレ) 続いてディフェンスライン。まずはセンターバックからだ。このポジションでは日本代表の主力と東京五輪世代の主力が混在して居る。バランスを見ても上記の5名は招集されるとみて良いだろう。いずれもクラブでは主軸を担っており、コンディション面も問題なさそうだ。 また、ここに中山の名前を入れたが、東京五輪世代ではボランチとしてプレーして居るため、センターバックとの併用と考えられる。4バック、3バックのどちらでも起用できる面々は全て招集されると見る。 SB 長友佑都(34/マルセイユ) 酒井宏樹(30/マルセイユ) 室屋成(26/ハノーファー) 松原后(24/シント=トロイデン) 菅原由勢(20/AZ) 続いてサイドバックだが、こちらも6名は招集されると予想する。マルセイユに加入した長友は半年以上実戦から離れていた影響を感じさせたが、コンディションはここから上げられるはず。森保監督も状態を把握したいところだろう。 酒井、室屋は常連、菅原も東京五輪世代ではレギュラーを張っていた事もあり招集される見込みだ。気になるのは松原。このメンバーではU-18以降代表歴がないももの、シント=トロイデンではレギュラーとしてプレー。貴重な左サイドバックとして招集されると予想する。 <span class="paragraph-title">MF:競争が激しい中盤、新旧代表選手が揃うか(9名)</span> 守備的 柴崎岳(28/レガネス) 遠藤航(27/シュツットガルト) まずは守備的MF。ボランチを務めている海外組の選手は少なく、上記の3名となる。柴崎はセグンダB(スペイン3部)に降格したデポルティボ・ラ・コルーニャからセグンダ・ディビシオン(スペイン2部)のレガネスへ移籍。すでにリーグ戦3試合に出場し1アシストを記録するなど、開幕から好スタートを切った。レガネスだけでなく、日本代表でも中心となるだろう。 また、遠藤も自身初のブンデスリーガでのプレーとなったが、開幕から2試合連続でフル出場。たくましさを増している印象だ。 東京ヴェルディから今夏移籍した藤本寛也(ジル・ビセンテ)も面白い存在。まだ試合には絡んでいないが、ゲームメイク力は東京V時代にも示しており、東京五輪世代に割って入る可能性がある。招集しても面白いが、今回は見送りと予想する。 個人的にはFCロストフで結果を出している橋本拳人を招集して欲しかったが、オランダへの入国制限があるロシアでプレーしているため、今回は見送られることに。クラブで好調を維持しているだけに残念でならない。なお、ボランチは、前述した中山に加えて板倉もプレーしており、ここでは2名に留めておく。 攻撃的 原口元気(29/ハノーファー) 奥川雅也(24/ザルツブルク) 鎌田大地(24/フランクフルト) 三好康児(23/アントワープ) 堂安律(22/アルミニア・ビーレフェルト) 食野亮太郎(22/リオ・アヴェ) 久保建英(19/ビジャレアル) 一方攻撃的なポジションでは、東京五輪世代が多く招集されると予想する。クラブでレギュラーをはる原口、鎌田は招集されるだろう。一方で、去就問題に揺れた中島はケガをしているともされており、招集を回避すると予想する。 東京五輪世代では、三好、堂安、久保に加え、リオ・アヴェで早速ゴールを記録している食野も入ると予想。森保監督も、状態を今一度手元で確認したいはずだ。 また、ザルツブルクでプレーする奥川を初招集しても面白いのではないだろうか。昨シーズンはオーストリア・ブンデスリーガで23試合に出場し9ゴール6アシスト、チャンピオンズリーグでも4試合プレー。アーリング・ハーランドや南野拓実、今夏はファン・ヒチャンと主力の攻撃陣が去る中、チームの中心としての活躍が求められて居る。サイドを主戦場とするが攻撃的なポジションはどこでもこなせるため、一度呼んでみても面白いだろう。 一方で、乾貴士(エイバル)や去就に揺れる香川真司(レアル・サラゴサ)らは予想から外している。 <span class="paragraph-title">FW:見慣れた面々、鈴木優磨が初招集か(5名)</span> 大迫勇也(30/ブレーメン) 伊東純也(27/ヘンク) 鈴木武蔵(26/ベールスホット) 南野拓実(25/リバプール) 鈴木優磨(24/シント=トロイデン) 前線も多くの候補がいる中で、数を大きく絞ってみた。まず、代表でレギュラーを務めていた大迫と南野、そして右サイドで躍動している伊東も招集されるだろう。 気になるのは今夏移籍した鈴木武蔵。すでにゴールも記録しており、海外に出て揉まれているプレーを見せられるかに注目だ。そしてもう1人の鈴木、鈴木優磨にも注目だ。シント=トロイデンではチームの攻撃を牽引。ついに代表活動に参加できると予想する。 エイバルに活躍の場を移した武藤嘉紀や、ラ・リーガで念願のプレーがかなった岡崎慎司(ウエスカ)、オーストリアで気を吐く北川航也(ラピド・ウィーン)らも招集候補には上がるはず。コンディション面を含めて検討すれば、招集もあり得るだろう。 ◆その他ヨーロッパ組 GK山口瑠伊(22/レクレアティボ・ウエルバ) DFファン・ウェルメスケルケン際(26/ズヴォレ) DF安西幸輝(25/ポルティモネンセ) MF乾貴士(32/エイバル) MF香川真司(31/レアル・サラゴサ) MF森岡亮太(29/シャルルロワ) MF橋本拳人(27/FCロストフ)※ MF中島翔哉(26/ポルト) MF伊藤達哉(23/シント=トロイデン) MF遠藤渓太(22/ウニオン・ベルリン) MF藤本寛也(21/ジル・ビセンテ) FW岡崎慎司(34/ウエスカ) FW武藤嘉紀(28/エイバル) FW宮市亮(27/ザンクト・パウリ) FW浅野拓磨(25/パルチザン・ベオグラード)※ FW北川航也(24/ラピド・ウィーン) FW安部裕葵(21/バルセロナ) FW中村敬斗(20/シント=トロイデン) ※セルビアとロシアはオランダ国内への入国制限があり招集見送り 2020.09.29 20:00 Tue
twitterfacebook
thumb

10月に日本代表戦やるってさ。Jリーグどうすんのかね?! の巻/倉井史也のJリーグ

10月9日のカメルーン戦、13日のコートジボワール戦、楽しみだな!! 誰が選ばれるかワクワクしながら今週末の試合を見ようじゃないですか。でも10日も14日もJ1の試合があるのに、代表に選手抜かれちゃったら困るなぁ。そう言えば、帰ってきても2週間の隔離期間があるから、10月31日の試合でやっと復帰できる感じ? いやぁ、こりゃ順位いろいろ入れ替わっちゃうんじゃないの? Jリーガーが選ばれたら。 ……何か、今回って海外組だけっぽくないですか? そうでなくても日本代表は海外組だけで構成されそうなのに。でもね、今後のことを考えたら今年1月にU-23日本代表として招集された国内組の選手で出番が少なくなってるのは、呼んでもいいんじゃないの? だって彼らが成長しないとヤバいでしょ? とか思っちゃうわけですよ。 ということで、今年1月、まだ新型コロナウイルスの影響が出てないときに選ばれてタイでのAFC U-23選手権に出ていたメンバーと9月25日時点の出場記録は…… GK 小島亨介(新潟※)12試合出場 大迫敬介(広島)12試合出場 谷晃生(湘南)11試合出場 DF 渡辺剛(FC東京)19試合出場2得点 町田浩樹(鹿島)12試合出場0得点 立田悠悟(清水)17試合出場2得点 岡崎慎(清水) 9試合出場0得点 古賀太陽(柏)18試合出場0得点 橋岡大樹(浦和)16試合出場1得点 MF 相馬勇紀(名古屋)16試合出場1得点 森島司(広島)17試合出場3得点 田中駿汰(札幌)16試合出場1得点 遠藤渓太(ウニオン・ベルリン)0試合出場0得点 旗手怜央(川崎)18試合出場5得点 食野亮太郎(リオ・アヴェ)1試合出場1得点 松本泰志(福岡※) 9試合出場0得点 杉岡大暉(鹿島) 5試合出場0得点 田中碧(川崎)16試合出場4得点 菅大輝(札幌)18試合出場1得点 齊藤未月(湘南)16試合出場0得点 田川亨介(FC東京)10試合出場1得点 FW 小川航基(磐田※)20試合出場7得点 上田綺世(鹿島)11試合出場3得点 ※J2リーグ おお!! みんな頑張ってるじゃないですか。ほぼ主力になってるし。だったら余計に残念。こういう努力してるときに海外のチームと対戦させてあげてほしいのに。でもこの選手たちを抜かれたら、各クラブは本当に大変でしょうなぁ……。森保一監督、あんまりワガママ言わなそうだしなぁ……。 <hr>【倉井史也】 試合当日は、はやる気持ちを抑えられずスタジアムに受け付け開始と同時に駆けつけ、選手のバスが両方行ってしまうまで名残を惜しむ。自慢は対戦カードの因縁をよく覚えていること。特にサポーター寄りのネタが得意。パッと見は若いが実は年齢不詳のライター。 2020.09.26 11:00 Sat
twitterfacebook
thumb

日本代表、10月のオランダ遠征でカメルーン、コートジボワールと対戦

日本サッカー協会(JFA)は16日、10月にカメルーン代表、コートジボワール代表とオランダで対戦することを発表した。 新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受け、2022年のカタール・ワールドカップ アジア予選が軒並み延期となっている日本代表。2020年に入り一度も活動を行えていない状況の中、10月にヨーロッパで2試合を行うことが決定した。 カメルーンとは10月9日(金)に、コートジボワールとは10月13日(火)に開催。キックオフ時間はどちらも調整中となっている。 なお、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、2試合ともにリモートマッチ(無観客試合)となる。 森保一監督はJFAを通じてコメント。試合が行えることに感謝するとともに、元気や活力を与えたいと語った。 「新型コロナウイルス禍の状況下で試合開催のためにご尽力いただいた皆さんに感謝します。新型コロナウイルスの感染はまだまだ予断を許さない状況にあり、皆さんの生活もまだ制限をされている中、SAMURAI BLUE が試合をさせてもらえることに大きな意義を感じています」 「それは感染防止のため、制限された生活を受け止め、行動されている皆さんに私達の試合を通して元気や明日への活力を届けることだと考えています」 「カメルーン代表、コートジボワール代表どちらの試合も厳しい試合になると思いますが、皆さんに試合を観ていただき、「明日からまた頑張ろう」と思っていただける試合をオランダから届けたいと思います」 日本代表の最後の活動は2019年12月に行われたEAFF E-1 サッカー選手権だった。 2020.09.16 16:45 Wed
twitterfacebook
thumb

内田篤人氏がJFA新役職の「ロールモデルコーチ」就任 U-19日本代表候補合宿での指導が初仕事

日本サッカー協会(JFA)は13日、内田篤人氏の新設される「ロールモデルコーチ」就任を発表した。 内田氏は今後、アンダーカテゴリーの代表チームをはじめ、JFA が取り組む若年層の強化および普及に関わる活動に参加して、世界の舞台で培った経験や知見から後進の育成に尽力。初仕事は14日から始まるU-19日本代表候補のトレーニングキャンプになるという。 技術委員長を務める反町康治氏は内田氏のJFA入りに際して、次のようにコメントしている。 「今回、内田篤人氏をロールモデルコーチとして迎え入れることができ、大変嬉しく思います。内田氏は代表レベルではワールドカップ2回、オリンピック、U-20ワールドカップと様々世界大会に出場し、またクラブレベルでも鹿島アントラーズのリーグ3連覇やシャルケのUEFAチャンピオンズリーグベスト4進出に貢献するなど、国内外で数多の経験を有しています。この経験と知識は日本サッカー界にとって大きな財産であり、これから世界を目指す選手たちのロールモデルとして多くのものをもたらしてくれることを願っています」 また、今年8月に鹿島アントラーズで現役を退き、今後の動向に注目が集まった内田氏は「頑張ります!」と短く意気込みを語っている。 2020.09.13 14:30 Sun
twitterfacebook
thumb

代表もACLも渡航には2週間の隔離措置?/六川亨の日本サッカー見聞録

「あらゆる可能性を探っています。10月、11月と活動したい!」 そう力説したのはJFA(日本サッカー協会)の須原専務理事だった。9月10日、JFAの定例理事会後の記者会見で、日本代表の活動について「まだ正式発表はできませんが、最終調整中で、近々に発表できる」とも話していた。 気になるのはその活動場所だ。 別の記者からは、ACLの残り試合が海外で開催される場合や、日本代表の活動が海外になった際の渡航について質問が出た。 須原専務理事の答は「現状は世の中の方々と同じです。国よって渡航できるかどうか。渡航してから2週間の隔離があるかどうか。スポーツ選手も例外は許されていません。ACLも代表も、制約を前提に考えています」とのことだった。 国内組の日本代表候補はGK大迫(広島)と中村(柏)に、有力なのは川崎Fの田中、旗手、三笘、FC東京のDF渡辺、浦和DF橋岡あたりだろう。しかし2週間も隔離されるなら、クラブが招集を認めるとは思えない。 となると以前も報道にあったように、海外組だけで、ヨーロッパでキャンプをする可能性の方が高いだろう。すでにヨーロッパ各国ではネーションズリーグも始まっていて、ポルトガル、フランス、ベルギーが2連勝と好スタートを切った。日程さえうまく合えば試合も可能かもしれないし、そうなったら是非ともテレビで中継して欲しいところ。久保や南野のプレーは誰もが見たがっているはずだ。 一方、いまだハッキリしないのがACLの開催場所だ。東地区の日程を変更し、グループステージの残り試合から決勝までを11月15日から12月13日に開催すると10日に発表された。しかし東地区の詳細な開催場所・スタジアムはいまだアナウンスがない。 そしてこの日程では、当然のことながらJリーグも佳境を迎えているわけで、これに2週間の隔離が伴うようであれば参加を辞退するのは当然だろう。なぜJFAを始め韓国や中国、オーストラリアが大会の中止を働きかけないのか不思議でならない。それとも棄権したらペナルティーなどが生じるから、AFCが自ら断念するのを待っているのだろうか。 いずれにしても、こちらは今後の状況を静観するしかなさそうだ。 さて話は変わり、今年の殿堂掲額者が決まった。例年ならもっと早くに掲額者が決まり、9月10日に掲額式が開催されるのだが、今年は新型コロナの影響で式次第そのものが中止になった影響もあったのだろう。 すでに報道されているように、投票選考で木村和司氏、特別選考で元日本代表監督のフィリップ・トルシエ氏が選出された。 木村氏は1985年10月26日のメキシコW杯アジア最終予選、国立競技場で開催された韓国戦の直接FKが伝説となっている。しかしそのシュートも35年も前の出来事になった。彼を始め、日本サッカー界のレジェンドを紹介する際は、そのプレーも映像で流してほしいものだ(権利関係など細かいことは抜きにして)。 ちなみにこの殿堂入り、投票選考は75パーセント以上を獲得しなければならない。今年は碓井博行氏(藤枝東高、早大、日立でプレーした大型FW)、金田喜稔(天才的ドリブラー)、原博実氏(アジアの核弾頭と言われたFWで現Jリーグ副チェアマン)、木村氏に加え、水沼貴史氏(浦和南高、法大、日産、横浜Mで活躍したFW)が新たに加わった。 碓井氏、金田氏、原氏、木村氏の4氏は昨年も投票の対象だったものの、75パーセントの得票に届かなかったため、今年に持ち越しとなった。代わりに昨年は特別選考として西野朗氏、岡田武史氏、佐々木則夫氏の3氏が選出されたが、これはこれで誰も文句は言えない選考結果だろう。 この殿堂掲額、今年で17回目を迎え、2018年の加藤久氏、ラモス瑠偉氏からJリーガーが対象になった。今後は黎明期を支えたJリーガーが候補になるのだろう。どんな名前があがるのか、それはそれで楽しみである。 <hr>【文・六川亨】 1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた 2020.09.11 10:30 Fri
twitterfacebook