シティがPL史上初の快挙! 1シーズンに5人が2桁ゴール達成!

2020.07.09 13:59 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マンチェスター・シティがニューカッスルでプレミアリーグ史上初のゴール記録を成し遂げた。イギリス『optajoe』が伝えている。

シティは8日、エティハド・スタジアムで行われたプレミアリーグ第34節でニューカッスルと対戦し、5-0で勝利した。

立ち上がりから圧倒的にボールを保持したシティは、試合開始10分にFWガブリエウ・ジェズスのゴールで先制に成功すると、21分にはFWリヤド・マフレズが追加点。2点リードで折り返した後半もMFダビド・シルバ、FWラヒーム・スターリングのゴールなどで、5ゴールを挙げての圧勝となった。

そして、同試合で2点目を奪ったマフレズのゴールによってシチズンズは、プレミアリーグ史上初のゴール記録を打ち立てることになった。

マフレズは今回のゴールで今シーズンのリーグ戦通算ゴール数を2桁の大台に乗せた。シティではすでにFWセルヒオ・アグエロ、スターリング、MFケビン・デ・ブライネ、ジェズスの4選手が今シーズンのリーグ戦2桁ゴールを達成しており、マフレズは5人目となった。

そして、単一クラブで1シーズンに5人のリーグ戦2桁ゴール達成者を出したのは、プレミアリーグの歴史上初の記録となった。なお、イングランドでは過去にフットボールリーグ時代の1984-85シーズンにエバートンが同記録を樹立していた。

また、同試合でシティはプレミアリーグの1試合におけるパス成功率の新記録まで樹立。シティはニューカッスル相手に840本中787本のパスを成功させており、成功率は93.7%。これは2003-04シーズンに完璧なパスデータを計測し始めてから最高の数字になったという。

◆シティの最強クインテット

FWセルヒオ・アグエロ 16ゴール
FWラヒーム・スターリング 13ゴール
FWガブリエウ・ジェズス 11ゴール
MFケビン・デ・ブライネ 11ゴール
FWリヤド・マフレズ 10ゴール
コメント
関連ニュース
thumb

ラポルテ、アドバンテージ有りもマドリーを警戒「ほとんどの選手が世界的」

マンチェスター・シティのフランス代表DFアイメリク・ラポルテが、チャンピオンズリーグ(CL)で対戦するレアル・マドリーを警戒している。スペイン『アス』が伝えた。 2月26日に敵地で行われたCLラウンド16・1stレグでマドリーに2-1で先勝しているシティ。2つのアウェイゴールという大きなアドバンテージを手にして、7日にマドリーとの2ndレグを迎える。 昨シーズンもベスト8で敗退するなど、これまでCLでは苦戦している状況だが、ラポルテは「僕たちはCLについて話していて、欠けているタイトルだ。昨シーズンは4つのタイトルを獲得したが、CLは獲得できなかった。今年獲れれば完璧だね」とクラブ史上初の優勝に意気込んだ。 2ndレグではマドリーの守備の要であるスペイン代表DFセルヒオ・ラモスが出場停止となる。キーポイントになるかと問われると、「我々にも大きな損失がある。セルヒオ・ラモスは重要だが、彼らよりもうまくプレーしたい」と言及。ケガによりアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロが間に合わない可能性を語った。 また、マークに着くことが予想される元フランス代表FWカリム・ベンゼマについて、「彼はコンディションが良く、今シーズンは多くのゴールを決めた。彼はアシストもたくさんしている。非常に注意しなければいけない。だが、誰もがそうであるように、マドリーのほとんどが世界的な選手だ」と警戒している。 シティは直近のホーム7戦で1失点しかしてない。守備が安定している状況に「僕たちは非常に優れた試合をしている。非常に調子が良いからこの内容を継続しなければいけない。レアル・マドリー相手なら簡単ではないけどね」と語り、スペイン王者を警戒した。 2020.08.06 17:50 Thu
twitterfacebook
thumb

「セルビアのロベルト・カルロス」ことコラロフが威力と精度を兼ね備えたスペシャルFK【ビューティフル・フリーキック】

サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。 この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。 今回は、ローマに所属するセルビア代表DFアレクサンダル・コラロフがマンチェスター・シティ時代に決めたフリーキックだ。 <div id="cws_ad">◆コラロフの威力と精度を兼ね備えたスペシャルFK <br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJuOGJaQXFvTyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0==" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2010年にラツィオからシティに加入した左サイドバックのコラロフは、在籍7年で公式戦247試合に出場し、21ゴール37アシストをマーク。正確かつ強烈な左足のキックを武器とし、「セルビアのロベルト・カルロス」とまで呼ばれた。 2013年12月17日に行われたEFLカップ(キャピタル・ワン・カップ)準々決勝のレスター・シティ戦ではその名にふさわしいFKを沈めている。 前半8分、ゴール正面やや左の位置でシティはFKを獲得する。ゴールまでやや距離があったものの、キッカーを務めたコラロフは迷わずゴールを狙う。 相手の壁の外側から巻いたシュートは、スピードを保ったまま枠外の軌道からゴール左上へと吸い込まれる。相手GKカスパー・シュマイケルが何とか触れるものの、威力のあるシュートはゴールネットを揺らした。 この見事なFKで先制したシティは3-1で勝利。準決勝へと駒を進め、そのまま優勝を果たした。 2020.08.06 15:00 Thu
twitterfacebook
thumb

テベスのシティ移籍後初のハットトリック【ハットトリック・ヒーローズ】

サッカーにおいて、1試合で3得点以上を決めることを表す「ハットトリック」。元々はクリケットで打者を三者連続アウトにすることをそう呼んでいた。(クリケットにおいて打者を連続でアウトにすることは相当難易度が高い) サッカー選手にとって、「ハットトリック」は実力を証明する功績でもあるが、そう簡単にはお目にかかれない。この企画『HAT-TRICK HEROES』では記憶に残る「ハットトリック」を紹介していく。 今回は、ボカ・ジュニアーズの元アルゼンチン代表FWカルロス・テベスがマンチェスター・シティ時代に決めたハットトリックだ。 <div id="cws_ad">◆テベスのシティ移籍後初のハットトリック<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJyMFhjODRxOCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> マンチェスター・ユナイテッドでの活躍の後、2009年に同じ市内のライバルであるシティへ移籍したテベス。シティでもゴールを量産したテベスだが、2010年1月11日に行われたプレミアリーグ第21節のブラックバーン戦では、移籍後初のハットトリックを決めている。 まずは7分、シティは右CKを獲得すると、相手GKがこぼしたところをMFベンジャニが詰め、最後はテベスが押し込んだ。 さらにシティは1点を加えると49分、ベンジャニが右サイドを突破し、中央へマイナスの折り返し。そこの走り込んだテベスがペナルティーアーク付近から豪快に決めた。 その後シティは1点を返されるも、試合終了間際の後半アディショナルタイムにはFWロビーニョのパスを受けたテベスが、ペナルティーアークからコントロールシュート。スピードはなかったものの、絶妙なコースに飛んだシュートがゴール右に吸い込まれた。 テベスの移籍後初のハットトリックの活躍もあったシティが、4-1で勝利している。 2020.08.06 09:00 Thu
twitterfacebook
thumb

シティ、フェラン・トーレスに続きオランダ代表DFアケを獲得! 2025年までの5年契約を締結

マンチェスター・シティは5日、ボーンマスに所属するオランダ代表DFナタン・アケ(25)を完全移籍で獲得した。契約期間は2025年6月30日までとなる。 また、詳細な移籍金は明かしていないがボーンマスはクラブ史上最高額の移籍金とだけ発表。イギリス『BBC』は、移籍金は4000万ポンド(約55億円)と報じている。 フェイエノールトやチェルシーの下部組織出身者として知られるアケは、チェルシー時代にレンタルで加入していたボーンマスに2017年夏に完全移籍。加入初年度から定位置を確保すると、元々のポテンシャルに経験値が追加され、プレミアリーグ屈指のセンターバックに成長。今シーズンは公式戦30試合に出場して2得点2アシストの数字を残した。 マンチェスター・シティへの移籍が決まったアケは、クラブの公式サイトで以下のコメントを残している。 「シティに加入することは僕にとって夢だった。このチームはどこを見ても、国際的なビッグネームがいるんだ。ペップ(ジョゼップ・グアルディオラ監督)は世界中で称賛されている監督だ。彼がこれまで成し遂げてきた成功は信じられないほどのもので、彼の求めるスタイルは僕にとって本当に魅力的なんだ」 「ここで試合に出るためには、たくさんの努力しなければならないことは分かっているが、僕はそのためにここに来たんだ。僕はチームがタイトルを獲得するためできる限りのことをするつもりだ」 2020.08.06 04:30 Thu
twitterfacebook
thumb

レアル・マドリー、CLマンチェスター・シティ戦に向けた招集メンバー発表!

レアル・マドリーは5日、7日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・2ndレグのマンチェスター・シティ戦に向けた招集メンバーを発表した。 2月26日にホームで行われた1stレグを1-2で落としていたレアル・マドリーは、逆転でのベスト8進出に向けて主将のDFセルヒオ・ラモスやFWカリム・ベンゼマらを招集。 一方で戦力外に近い扱いを受けているFWガレス・ベイルとMFハメス・ロドリゲスは招集外となった。発表された招集メンバーは以下の通り。 ◆レアル・マドリー招集メンバー <span style="font-weight:700;">GK</span> <span style="font-weight:700;">ティボー・クルトワ</span> <span style="font-weight:700;">アルフォンス・アレオラ</span> <span style="font-weight:700;">ディエゴ・アルトゥーベ</span> <span style="font-weight:700;">DF</span> <span style="font-weight:700;">ダニエル・カルバハル</span> <span style="font-weight:700;">エデル・ミリトン</span> <span style="font-weight:700;">セルヒオ・ラモス</span> <span style="font-weight:700;">ラファエル・ヴァラン</span> <span style="font-weight:700;">ナチョ・フェルナンデス</span> <span style="font-weight:700;">マルセロ</span> <span style="font-weight:700;">フェルラン・メンディ</span> <span style="font-weight:700;">ハビ・エルナンデス</span> <span style="font-weight:700;">MF</span> <span style="font-weight:700;">トニ・クロース</span> <span style="font-weight:700;">ルカ・モドリッチ</span> <span style="font-weight:700;">カゼミロ</span> <span style="font-weight:700;">フェデリコ・バルベルデ</span> <span style="font-weight:700;">イスコ</span> <span style="font-weight:700;">FW</span> <span style="font-weight:700;">エデン・アザール</span> <span style="font-weight:700;">カリム・ベンゼマ</span> <span style="font-weight:700;">ルーカス・バスケス</span> <span style="font-weight:700;">ルカ・ヨビッチ</span> <span style="font-weight:700;">マルコ・アセンシオ</span> <span style="font-weight:700;">ブラヒム・ディアス</span> <span style="font-weight:700;">ヴィニシウス・ジュニオール</span> <span style="font-weight:700;">ロドリゴ・ゴエス</span> 2020.08.06 01:45 Thu
twitterfacebook