アトレティコ、好調のキッカケはリバプール戦! シメオネがマジョルカ戦前にチーム状況に言及

2020.07.03 18:00 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アトレティコ・マドリーを率いるディエゴ・シメオネ監督が、マジョルカ戦に向け、好調を維持するチーム状況について言及している。スペイン『アス』が伝えている。

今シーズン、大幅なスカッド刷新に動いた中、ラ・リーガ開幕3連勝と最高のスタートを切ったアトレティコ。しかし、その後は深刻な得点力不足や度重なる負傷者の影響もあり、取りこぼしが目立ち、一時はヨーロッパリーグ出場圏外の7位まで順位を落とした。

◆リバプールvsアトレティコプレビュー


それでも、チャンピオンズリーグ(CL)で前回王者リバプール相手に劇的な形で勝ち抜けを決めてキッカケを掴むと、新型コロナウイルス(COVID-19)による長期の中断期間を経て再開された直近のラ・リーガでは、4勝2分けと好調を維持。前節は苦手カンプ・ノウでバルセロナ相手にドローに持ち込み、CL出場圏内の3位をキープしている。

そして、そのバルセロナ戦から中2日で行われる今節は日本代表FW久保建英を擁する18位のマジョルカを3日にホームで迎え撃つ。

その一戦に向けた前日会見に出席したシメオネ監督は、ここ最近の好調の秘訣について問われると、やはりリバプール撃破で得た自信が好結果に繋がっていると主張している。

「我々はリバプールに対する素晴らしいパフォーマンスで中断前の戦いを終え、ラ・リーガで自分たち本来の戦い方を取り戻す新たな刺激や後押しを得られたと思う」

「時に、人は自分たちに対する評価をあまりに早く下す場合がある。だが、ラ・リーガは一貫性のあるチームが最終的に栄冠を掴むコンペティションだ。したがって、シーズンを戦い終えるまで評価を下すことはできない」

「それでも、リバプール戦での勝利が自分たちの後押しになっていることは間違いないと思っている。そして、中断期間に個々が自宅でしっかりとトレーニングに励み、再開後最初の3試合では自分たちが望んだ通りの形で戻ってこられたと考えている」

「チームは本当によくやっている。我々には良いグループがあり、全員が良い関係を築いている。ただ、まだ改善すべき部分は多いし、今後重要な5試合が控えている。次の目標であるマジョルカ戦に向けて、集中を欠くことはできない」

また、対戦相手のマジョルカでは、先日のレアル・マドリー戦でラ・リーガ最年少デビュー記録(15歳219日)を更新したU-17アルゼンチン代表MFルカ・ロメロに大きな注目が集まっている。そして、今回の会見の場では同胞指揮官にも神童に関する質問が飛んでいる。

「彼に20分、30分、さらに90分ものプレータイムを与えるべきだという意見を耳にしているが、それはあまりにことを急ぎ過ぎている。彼のように今後素晴らしい将来が待っている若者に対しては、一番近くで見守っている監督やコーチの目線でプレーヤーの成長を最優先に慎重な対応が必要だ」

「仮に、彼が起用される場合、それは監督が彼の状況を熟慮した結果だと思う。彼がデビューを果たしたばかりでそういった意見が出ることは時期尚早だ」

同胞の未来を考えて過熱する報道に苦言を呈したシメオネ監督だが、バルセロナで苦戦が続くかつての教え子、フランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンに関する幾つかの質問に関しては、「ノーコメント」と言及を避けている。

1日の対戦でグリーズマンが試合最終盤に投入されたことに関しては、「 我々のチームでは3分と言えども決定的だ。チャンピオンズリーグの決勝戦ではその3分で敗れた。私にとって3分は重要だ」と返答。

さらに、グリーズマンのバルセロナ移籍は失敗かとの質問に対しては、「私の返答で誰かに不快な思いをさせたくない。我々はこの重要な時期に取り組むべき多くの重要なものがある。したがって、そういった問題は我々にとって重要視すべきものではない」と、自身の見解を示すことを拒絶している。
コメント
関連ニュース
thumb

今季CL優勝はアトレティコで決定? ユーベ敗退であのジンクスが…

今シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)を優勝するのは、アトレティコ・マドリーとなるかもしれない。 7日に行われたユベントスとリヨンのCLラウンド16・2ndレグは、ホームのユベントスが2-1で勝利。だが、2戦合計2-2で並ぶもアウェイゴール数で上回ったリヨンのベスト8進出が決定した。 そして、このユベントス敗退によってアトレティコのCL初優勝の可能性が大きく高まっている。 ディエゴ・シメオネ監督率いるアトレティコは、2013-14シーズン以降、グループステージ敗退となった2017-18シーズンを除き、ほぼ毎年のようにCL決勝トーナメントに進出。その間に2度のファイナル進出を果たすなど、多くのビッグクラブを撃破している。 ただ、唯一の天敵がポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドだった。アトレティコは、レアル・マドリー在籍時のC・ロナウドに2度のファイナルでの敗戦を含む4年連続で敗北を強いられると、昨シーズンはラウンド16で対峙した際、ユベントスのC・ロナウドに撃破されていた。 しかし、決勝トーナメントで敗れたのは、あくまで天敵が在籍するレアル・マドリーとユベントスの2チームのみ。それ以外ではバイエルン、バルセロナ、チェルシーと錚々たるビッグクラブに土を付けている。 そして、今シーズンも前回大会王者リバプールを相手に劇的な勝ち上がりを見せている。13日に予定される準々決勝ではRBライプツィヒとの対戦が決定しているが、ここを乗り越えた場合、いよいよジンクス発動か…。 ◆シメオネ監督のCL成績 2013-14シーズン/準優勝(レアル・マドリーに敗戦) 2014-15シーズン/ベスト8(レアル・マドリーに敗戦) 2015-16シーズン/準優勝(レアル・マドリーに敗戦) 2016-17シーズン/ベスト4(レアル・マドリーに敗戦) 2017-18シーズン/グループステージ敗退 2018-19シーズン/ベスト16(ユベントスに敗戦) 2020.08.08 15:00 Sat
twitterfacebook
thumb

D・コスタがCL制覇に意気込み 「夢のタイトル獲得を目指して人生を捧げる」

アトレティコ・マドリーのスペイン代表FWジエゴ・コスタがチャンピオンズリーグ(CL)制覇に意気込みを語った。 今季のラ・リーガで3位フィニッシュを決め、来季CL出場権獲得のミッションをクリアしたアトレティコは今月から再開するCLの戦いにおいて、新型コロナウイルス感染拡大に伴う中断前に前回覇者リバプールとのラウンド16を制して、ベスト8に進出。その準々決勝でブンデスリーガ3位フィニッシュのRBライプツィヒと激突する。 中断明け後のラ・リーガで3得点2アシストの数字を収め、復調気配を漂わせたD・コスタはクラブ公式チャンネルのインタビューに応対。ライプツィヒを下してのベスト4進出を目指すとともに、ファンに向けても力強いメッセージを発信した。 「彼らは素晴らしいチームだ。すごく良い戦いを披露している。ブンデスリーガの試合は結構、家でチェックしていて、よくボールを持ってプレーするチームだ。でも、プレッシャーはない。彼らの夢や野心は僕らと一緒。誰もが優勝を目指している。すごく複雑で難しいゲームになるから、突破に向けて集中力を高めないと」 「アトレティコは世界でも最高のファンがいるチームだ。彼らと一緒なら、何だってイージーになる。彼らがいるといないで全然違ってくる。彼らがいないのは僕らにとって、マイナスポイントだが、家で呼応してくれると思う。僕らは夢のタイトル獲得を目指して、人生を捧げる。彼らのために優勝できたら、すごく嬉しい」 2020.08.07 14:10 Fri
twitterfacebook
thumb

アトレティコ会長、ハメスの獲得を否定「計画に加わると思えない」

アトレティコ・マドリーのエンリケ・セレソ会長が、レアル・マドリーに所属するコロンビア代表MFハメス・ロドリゲス(29)の獲得を否定した。スペイン『マルカ』が伝えた。 昨夏、2年間のレンタル期間を過ごしたバイエルンを去り、マドリーへ復帰したハメス。しかし、ジネディーヌ・ジダン監督の構想外と目されていたことから、アトレティコやナポリ行きの可能性も取り沙汰されたが、最終的には残留を決断した。 しかし、シーズン序盤戦こそ出場機会を手にしていたハメスだったが、昨年11月の負傷を機に出場機会が激減。ラ・リーガ第34節以降は自己志願でベンチ外となっていた。 今夏も退団が濃厚と見られ、新天地を探しているハメスだが、アトレティコ移籍の可能性が再浮上。コロンビアメディアでは移籍オペレーションが80%進んでいるとも報じられていたが、セレソ会長は「ハメスがアトレティコ・マドリーの計画に加わるとは思えない」と獲得の可能性を否定した。 なお、ハメスの新天地候補としてマンチェスター・ユナイテッドやエバートン、ウォルバーハンプトンが関心を示しているとみられている。 2020.08.06 15:25 Thu
twitterfacebook
thumb

コレア、チェルシー関心のオブラクに「移籍する必要はない」

アトレティコ・マドリーのアルゼンチン代表FWアンヘル・コレアが同僚のスロベニア代表GKヤン・オブラクの残留を希望した。 長年、退団の可能性が取り沙汰されているオブラク。今夏の移籍市場でもスペイン代表GKケパ・アリサバラガのパフォーマンスに満足していないチェルシーが大金を用意しているとも報じられている。 スペイン『マルカ』の単独インタビューに応じたコレアは、オブラクを「彼のようなGKを見たことがない」と称え、残留を希望している。 「僕たちは彼と一緒にいられて嬉しいよ。彼はたくさん守ってくれている。僕らのために長年、多くのポイントを獲得してくれたGKだ。彼はここでとても幸せだし、マドリッドでの生活が大好きだと思う」 「彼は全てを兼ね備えているからNo.1だね。世界最大のクラブが彼を望んでいるけど、アトレティコにいるから移籍する必要はないよ」 また昨夏、クラブ史上最高額の1億2600万ユーロ(現レートで約156億3000万円)でベンフィカから加入し、ラ・リーガ27試合で6ゴール1アシストを記録したポルトガル代表FWジョアン・フェリックスについても言及している。 「アトレティコ・マドリーのストライカーになるのは簡単ではないけど、彼には多くの才能がある。優秀で人の意見を聞けるグッドボーイだ。少しずつ実力を発揮するだろう。そして、アトレティコの人々をたくさん喜ばしてくれると思うよ」 2020.07.31 15:45 Fri
twitterfacebook
thumb

CL出場権獲得に貢献のホセ・ヒメネス「僕らは目標を達成できた」

アトレティコ・マドリーのウルグアイ代表DFホセ・ヒメネスがスペイン『マルカ』のインタビューに応じた。 昨夏にフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンが旅立ったアトレティコは今シーズンのラ・リーガで得点力に苦しみながらも、勝ち点70で3位フィニッシュ。チャンピオンズリーグ(CL)のラウンド16では前回覇者のリバプールを撃破している。 そうしたなか、守備の要としてここまで公式戦26試合に出場しているヒメネスは、今シーズンの結果について、目標を達成できたとコメントしている。 「多くの人が僕らを信じていなかったけど、リーグ戦での目標は達成できた。それはシーズンの最初に僕たち自身が設定したものだ。素晴らしいチーム力で達成できて、とても嬉しいよ」 「チーム全員、競争するためにここにいて、上手くやっている。お互いに競争することでチームとして成長する。試合でやりたいことをするために確実に役立つよ。全員同じ考えを共有している」 また、アトレティコは8月から再開するCLで勝ち残っている。ベスト8で対峙するライプツィヒについて、攻撃的なチームだと印象を語っている。 「非常に難しい試合になるだろう。準々決勝に残っているチームは非常にタフだ。ラウンド16では非常に難しい相手と対戦したが、我々の状態の良さを示した。ライプツィヒは非常に攻撃的なチームだ。ラインが非常に高い」 「我々がいつも示している強さを見せなければいけない。僕たち1人1人がやらなければならないいけないことに集中すれば、きっとうまくいくだろう」 2020.07.31 10:00 Fri
twitterfacebook