「アーセナルを侮辱するつもりはないけど」トリッピアーがノースロンドンとマドリッドのダービーを比較

2020.06.30 22:50 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アトレティコ・マドリーのイングランド代表DFキーラン・トリッピアーが、ノース・ロンドン・ダービーとマドリッド・ダービーを比較した。イギリス『ミラー』が伝えている。

2015年からトッテナムでプレーしたトリッピアーは、アーセナルとのノース・ロンドン・ダービーを幾度も経験。今シーズンからアトレティコ・マドリーへ移籍したため、昨年9月にレアル・マドリーとのマドリッド・ダービーも経験している。

『The Beautiful Game podcast』に出演したトリッピアーは、イングランドとスペインそれぞれのダービーについて振り返った。

「マドリッド・ダービーはここでは本当に重要な試合だ」

「アーセナルを侮辱するつもりはないが、トッテナムでプレーしていた頃から、僕らにとって一番のライバル関係ではないと感じていたよ」

「僕らにとっての一番のライバルはチェルシーだったと感じていた。感情の部分でそう感じたのかもしれない」

「もちろんトッテナムとアーセナルの試合だってファンにとっては重要な試合だ。彼らとは今までの歴史があるからね」

「でもマドリッド・ダービーのあのプレッシャーは…」

「毎試合の前にクラブの会長が様子を見に来るんだ。イングランドではそんなことなかった」

また、スペインでの生活についても言及し、適応できていることを明かした。

「スペインの家族優先の文化は素晴らしいよ。僕や妻、子どもたちへ本当によくしてくれた。僕をすぐに仲間に入れてくれたし、アトレティコに関わる全ての人を尊敬しているよ。最高だね」
コメント
関連ニュース
thumb

「非常に厳しい」 マジョルカ久保建英、孤軍奮闘も敗戦悔やむ

マジョルカに所属する日本代表MF久保建英が3日に敵地で行われたラ・リーガ第34節のアトレティコ・マドリー戦を振り返った。スペイン『マルカ』が伝えた。 9試合連続のスタメン出場となった久保は得意のドリブルから強豪相手にチャンスメイクするも、得点には結びつかず。チームもFWアルバロ・モラタの2ゴールやMFコケの得点に沈み、0-3の敗戦を喫した。 <div id="cws_ad">【ハイライト】アトレティコ・マドリーvsマジョルカ<br/><script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=1puyo8fkvhi9z1383yfc5vrcev" async></script></div> 試合後にスペイン『Movistar』のインタビューに応じた久保は「非常に厳しい負けです。彼らはチャンピオンズリーグに出場したいと思っていますが、僕たちはそれよりももっと勝ち点を必要としています」と結果を悔やんだ。 今節の戦いを残す残留圏17位セルタと勝ち点5差のまま追い上げられず、今後の戦況次第でさらに背中が遠ざかる状況だが、「すごく重要な4試合があります。全てに勝てれば残留の可能性があると思います」と前を向いた。 今シーズンのここまで30試合3ゴール5アシストの結果を残す久保は「結果が出なければ、あまり価値がありません。今日の試合や、他の試合でもできる限りチームを助けられるように努めています。上手くいかない時もありますが、セルタ戦のように結果が出る時もあります。チームとしても個人としても残りの試合でうまく行くように努めていきます」とコメントしている。 2020.07.04 10:05 Sat
twitterfacebook
thumb

モラタ&コケ弾で久保擁するマジョルカ撃破のアトレティコが来季CL出場権確保に前進!《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第34節のアトレティコ・マドリーvsマジョルカが3日に行われ、3-0でアトレティコが勝利した。マジョルカの久保建英はフル出場している。 リーグ戦11試合無敗中の3位アトレティコ・マドリー(勝ち点59)が、奇跡の残留を目指す18マジョルカ(勝ち点29)をワンダ・メトロポリターノに迎えた一戦。 ミッドウィークに行われたバルセロナ戦をドローで終え、リーグ戦の連勝がストップしたアトレティコは、その試合からスタメンを6人変更。ジエゴ・コスタやコレア、トーマス、S・アリアスらに代えてフェリックスやモラタ、コケ、トリッピアーらをスタメンで起用した。 前節のセルタ戦で4ゴールに関与した久保が2トップーの一角で先発したマジョルカに対して、アトレティコは23分に最初のチャンスを迎える。フェリックスのスルーパスでボックス左横に抜け出したカラスコがマイナスに折り返すと、ボックス左に走り込んだフェリックスがワントラップからシュートを放ったが、これはゴール右に外れた。 すると直後の25分、アトレティコはボックス右から仕掛けたモラタがセドラルに倒されてPKを獲得。しかし、モラタのPKはGKマノロ・レイナのファインセーブに阻まれたが、VARの結果、主審はGKマノロ・レイナの両足がゴールライン上から離れていたとしてやり直しを認めた。2度目のPKはモラタがゴール左上に突き刺した。 先制点を許したマジョルカは、久保のドリブルを活かして攻撃を組み立てるが、なかなか決定機まで持ち込むことができない。 このまま前半終了かと思われたが、アトレティコが終了間際に追加点を奪う。前半アディショナルタイム4分、相手ボックス付近でのボール奪取からカウンターを仕掛けると、コケのパスでボックス右で受けたM・ジョレンテがライン際まで持ち上がり折り返しを供給。セドラルの背後を取ったモラタがそのままダイレクトでゴールに流し込んだ。 迎えた後半、2点を追うマジョルカがボールを持つ流れとなった中、58分にボックス右深くから侵入した久保が左足でゴールを狙ったが、このシュートはホセ・ヒメネスのブロックに阻まれた。 その後も一進一退の拮抗した展開が続く中、アトレティコはクーリングブレイク直後に試合を決定づける3点目を奪う。79分、右サイドでボールを受けたトリッピアーがダイレクトで前線にロングパスを送ると、イドリス・ババの中途半端なクリアに反応したコケがボックス手前からダイレクトシュート。これがボックス内のサストレにディフレクトしてゴール左に吸い込まれた。 結局、試合は3-0でタイムアップ。ホームで3発完勝のアトレティコが、来季チャンピオンズリーグ(CL)出場権確保に前進。一方のマジョルカは、残留ラインの17位セルタとの勝ち点差を縮められず残留に向けて厳しい状況が続いている。 2020.07.04 07:02 Sat
twitterfacebook
thumb

アトレティコ、好調のキッカケはリバプール戦! シメオネがマジョルカ戦前にチーム状況に言及

アトレティコ・マドリーを率いるディエゴ・シメオネ監督が、マジョルカ戦に向け、好調を維持するチーム状況について言及している。スペイン『アス』が伝えている。 今シーズン、大幅なスカッド刷新に動いた中、ラ・リーガ開幕3連勝と最高のスタートを切ったアトレティコ。しかし、その後は深刻な得点力不足や度重なる負傷者の影響もあり、取りこぼしが目立ち、一時はヨーロッパリーグ出場圏外の7位まで順位を落とした。 <div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " id="cws_ad">◆リバプールvsアトレティコプレビュー<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; "><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJjR0M5OHNWTiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div> それでも、チャンピオンズリーグ(CL)で前回王者リバプール相手に劇的な形で勝ち抜けを決めてキッカケを掴むと、新型コロナウイルス(COVID-19)による長期の中断期間を経て再開された直近のラ・リーガでは、4勝2分けと好調を維持。前節は苦手カンプ・ノウでバルセロナ相手にドローに持ち込み、CL出場圏内の3位をキープしている。 そして、そのバルセロナ戦から中2日で行われる今節は日本代表FW久保建英を擁する18位のマジョルカを3日にホームで迎え撃つ。 その一戦に向けた前日会見に出席したシメオネ監督は、ここ最近の好調の秘訣について問われると、やはりリバプール撃破で得た自信が好結果に繋がっていると主張している。 「我々はリバプールに対する素晴らしいパフォーマンスで中断前の戦いを終え、ラ・リーガで自分たち本来の戦い方を取り戻す新たな刺激や後押しを得られたと思う」 「時に、人は自分たちに対する評価をあまりに早く下す場合がある。だが、ラ・リーガは一貫性のあるチームが最終的に栄冠を掴むコンペティションだ。したがって、シーズンを戦い終えるまで評価を下すことはできない」 「それでも、リバプール戦での勝利が自分たちの後押しになっていることは間違いないと思っている。そして、中断期間に個々が自宅でしっかりとトレーニングに励み、再開後最初の3試合では自分たちが望んだ通りの形で戻ってこられたと考えている」 「チームは本当によくやっている。我々には良いグループがあり、全員が良い関係を築いている。ただ、まだ改善すべき部分は多いし、今後重要な5試合が控えている。次の目標であるマジョルカ戦に向けて、集中を欠くことはできない」 また、対戦相手のマジョルカでは、先日のレアル・マドリー戦でラ・リーガ最年少デビュー記録(15歳219日)を更新したU-17アルゼンチン代表MFルカ・ロメロに大きな注目が集まっている。そして、今回の会見の場では同胞指揮官にも神童に関する質問が飛んでいる。 「彼に20分、30分、さらに90分ものプレータイムを与えるべきだという意見を耳にしているが、それはあまりにことを急ぎ過ぎている。彼のように今後素晴らしい将来が待っている若者に対しては、一番近くで見守っている監督やコーチの目線でプレーヤーの成長を最優先に慎重な対応が必要だ」 「仮に、彼が起用される場合、それは監督が彼の状況を熟慮した結果だと思う。彼がデビューを果たしたばかりでそういった意見が出ることは時期尚早だ」 同胞の未来を考えて過熱する報道に苦言を呈したシメオネ監督だが、バルセロナで苦戦が続くかつての教え子、フランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンに関する幾つかの質問に関しては、「ノーコメント」と言及を避けている。 1日の対戦でグリーズマンが試合最終盤に投入されたことに関しては、「 我々のチームでは3分と言えども決定的だ。チャンピオンズリーグの決勝戦ではその3分で敗れた。私にとって3分は重要だ」と返答。 さらに、グリーズマンのバルセロナ移籍は失敗かとの質問に対しては、「私の返答で誰かに不快な思いをさせたくない。我々はこの重要な時期に取り組むべき多くの重要なものがある。したがって、そういった問題は我々にとって重要視すべきものではない」と、自身の見解を示すことを拒絶している。 2020.07.03 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

モットーは“全身全霊”、シメオネ監督の下を離れて輝きを失った5選手

アトレティコ・マドリーで活躍した選手たちはディエゴ・シメオネ監督の下を離れるとパフォーマンスが落ちる傾向があるのかもしれない。スペイン『マルカ』が伝えている。 選手たちにピッチ上で常に自分の持つ力の100%を出し続けることを要求する“エル・チョロ”こと、アトレティコのシメオネ監督。常にチームのために全てを出し切って戦うというその特異とも言えるスタイルの中で、躍動した選手は数多くいたが、逆にシメオネ監督の下を離れると、力を発揮できない選手も多いようだ。 <div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " id="cws_ad">◆スーパーカップ決勝進出の喜びを選手と分かち合う“エル・チョロ”<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " id="cws_ad"><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJKcDZqR25nZCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div> 昨シーズン限りでアトレティコ・マドリーを去ったフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマン(バルセロナ)やフランス代表DFリュカ・エルナンデス(バイエルン)に関しては時期尚早な感もあるが、期待値の高さを考えれば不甲斐ないと言わざるを得ないかも知れない。 ◆FWアントワーヌ・グリーズマン(バルセロナ) 今シーズン、1億2000万ユーロ(約145億円)でバルセロナに加入したフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマン。2014年7月から5年間所属したアトレティコでは、257試合で133ゴールをマークするなど、エース級の活躍をしていたが、新加入のバルセロナでは、アトレティコ時代の活躍は鳴りを潜め、同クラブの新星、U-21スペイン代表FWアンス・ファティにレギュラーの座を明け渡している状態だ。 今シーズンはここまで公式戦43試合に出場し14ゴールを決めているものの、高額な移籍金に見合う活躍ができていないとして、ファンからも批判を受けている。 ◆FWラダメル・ファルカオ(ガラタサライ) 2011年8月から2013年7月までアトレティコでプレーしたコロンビア代表FWラダメル・ファルカオ。アトレティコでの2シーズンで、91試合70ゴールをマーク。在籍2シーズンのリーグ戦ではいずれも20ゴール以上を決めるなど、エースストライカーとして活躍していた。 その後は、モナコ、マンチェスター・ユナイテッド、チェルシーなどでプレーした後、現在はガラタサライでプレー。モナコではリーグ・アンの優勝やチャンピオンズリーグ(CL)準決勝進出など、チームの躍進に貢献しているが、アトレティコで見せた輝きを超える活躍をしているとは言えないだろう。 ◆DFフィリペ・ルイス(フラメンゴ) 2010年7月から2014年の7月までアトレティコでプレーした元ブラジル代表DFフィリペ・ルイス。シメオネ監督の下、世界最高のサイドバックの1人として2014年夏にチェルシーへ移籍したものの、プレミアリーグでは全く活躍できず。シーズンを通してわずか15試合の出場に留まり1年後の2015年にアトレティコへ復帰している。 アトレティコでは通算333試合に出場し、今シーズンからは母国ブラジルの名門フラメンゴに移籍している。 ◆MFアルダ・トゥラン(イスタンブール・バシャクシェヒル) 2011年8月にアトレティコに加入したトルコ代表MFアルダ・トゥラン。スペインの2強を退けてラ・リーガを制覇した2013-2014シーズンでは、シメオネ体制下の中心選手の1人として中盤の主力を担い大車輪の活躍をみせ、178試合で22ゴール、32アシストを記録していた。 2015年夏にバルセロナへ移籍。しかし、バルセロナは当時選手登録を禁じられていたため半年間を棒に振ることに。当時5年契約を締結したものの、アトレティコで見せた輝きからは程遠いパフォーマンスにより、レギュラーの座を勝ち取れず。2018年1月に2シーズンのレンタルで母国のイスタンブール・バシャクシェヒルへレンタル移籍。バルセロナでの成績は55試合17ゴールに終わっている。 ◆DFリュカ・エルナンデス(バイエルン) アトレティコ生え抜き、期待の若手DFとしてデビューしたフランス代表DFリュカ・エルナンデス。アトレティコで110試合に出場し、若くして頭角を現していた。 しかし、今シーズン8000万ユーロ(約97億円)でバイエルンに移籍したものの、ケガに苦しんだこともあり鳴かず飛ばずの状態。さらに、カナダ代表DFアルフォンソ・デイビスの台頭により、左SBのポジションを失っている他、CBのポジションもドイツ代表DFジェローム・ボアテング、オーストリア代表DFダビド・アラバが占めているため、リーグ戦先発出場わずか10試合に留まっていた。 2020.07.02 22:50 Thu
twitterfacebook
thumb

4年連続最少平均失点の名手オブラクの牙城が崩れる? 絶好調クルトワが受賞濃厚

今シーズンのサモラ賞争いから絶対王者の脱落が濃厚となっている。スペイン『マルカ』が伝えている。 ラ・リーガのシーズンを通して1試合当たりの平均失点数が最も少なかったGKに送られるサモラ賞。ここ最近はアトレティコ・マドリーのスロベニア代表GKヤン・オブラクが4年連続で受賞しており、リーグ最高のGKとして絶対的な地位を築いていた。 <div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " id="cws_ad">◆練習から超人的セーブを連発するオブラク<br/><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJvMDFqTmZCVSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div> 今シーズンも受賞した場合、5年連続で受賞する史上初の選手になる可能性があったものの、直近のアラベス戦とバルセロナ戦において2つのPKとオウンゴールで、3失点を喫していた。 リーグ戦残り5試合を残しているアトレティコ。オブラクはここまで33試合に出場し25失点。1試合当たりの失点数は0.76点とリーグ2位につけているが、1位を走るレアル・マドリーのベルギー代表GKティボー・クルトワは、ここまで29試合に出場し失点18。1試合当たりの失点数は0.62点となっている。 オブラクが直近の2試合で3失点を喫したのに対し、クルトワは2試合連続クリーンシートを記録。その点もオブラクの5年連続受賞を困難にさせている。 オブラクがこの差を埋めるには、残りの5試合全てを無失点に抑え、かつ、クルトワが残りの6試合で6失点以上を許すことが絶対条件となるが、ここまでリーグトップの15試合でクリーンシート(無失点試合)を記録しているクルトワの調子を考えれば、かなり難しい状況であることがわかるだろう。果たして今シーズンのサモラ賞を受賞するのはどちらになるだろうか。 ◆1試合当たりの失点数ランキング 1位:ティボー・クルトワ(レアル・マドリー)/0.62点 2位:ヤン・オブラク(アトレティコ・マドリー)/0.76点 3位:ウナイ・シモン(アスレティック・ビルバオ)/0.83点 4位:ダビド・ソリア(ヘタフェ)/0.94点 5位:トマシュ・ヴァツリーク(セビージャ)/0.98点 6位:マルク=アンドレ・テア・シュテーゲン(バルセロナ)/1.03点 7位:セルヒオ・アセンホ・アンドレス(ビジャレアル)/1.07点 8位:ジョルディ・マシプ(バジャドリー)/1.13点 9位:ルイ・シルバ(グラナダ)/1.17点 10位:アレックス・レミロ(レアル・ソシエダ)/1.28点 2020.07.02 16:45 Thu
twitterfacebook