セティエン、今季連敗のビルバオを警戒! ライバルのVAR問題についても言及

2020.06.23 21:50 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
バルセロナを率いるキケ・セティエン監督が、ラ・リーガ第31節のアスレティック・ビルバオ戦の前日会見に臨んだ。『ESPN』が伝えている。

19日に行われた第30節のセビージャ戦で0-0の手痛い引き分けを喫したバルセロナ。同節でレアル・マドリーが勝利を収めたため、勝ち点は並んでいるものの、首位の座を奪われている。

首位奪還を目指すセティエン監督は、今季の公式戦で連敗している難敵とのホームゲームに向けて警戒感を口にしている。

「アスレティックは皆が知るようにタフなチームだ。同様に守備面でも優れている。カップ戦(コパ・デル・レイ)で対戦した際、我々はゲームを支配していた。だが、彼らは1つのチャンスで我々を敗った。通常、我々が試合の主導権を握る展開となるが、彼らは常に幾つかのオプションを持っている。打ち負かすのは容易ではない」

「こういった試合では忍耐が重要になる。予想通りの展開になる可能性もあるが、カップ戦のように予測できないことが起きるかもしれない」

「データは気にしない。アスレティックは我々に多くの問題を引き起こすチームだ。カンプ・ノウでは非常に良い連勝記録を持っているが、難しい試合になることを確信している」

「彼らの弱点に目を向けつつ、ウィリアムズを筆頭とするスピードを警戒している。ただ、我々のアプローチはホームとアウェイで常に同じだ。変わらないよ。そして、ライバルは常に恐怖心を抱いてカンプ・ノウへやってくるはずだ」

また、セティエン監督はここ最近話題を集めるライバル、マドリーに関するレフェリング問題についても言及している。

マドリーは21日に行われた第30節のレアル・ソシエダ戦を2-1で勝利。だが、FWヴィニシウスジュニオールのPK獲得や、FWカリム・ベンゼマの得点シーンに関するVARを用いた判定が物議を醸していた。

そして、セティエン監督はVARの運用について、新たな進展が必要だと語っている。

「我々にはコントロールできないことがある。我々に依存しないことがね。マドリーの試合は誰もがその場面を目撃していたが、それぞれが判断することだ」

「確かに、VARはフットボールをより良くする可能性を持ったツールだと思う。だが、より正確なビジョンを得られる形で運用しなければならないと思う。理想は様々な角度からプレーを判断できるオプションとしての使い方だ」

「VARは実際のプレーをより鮮明に見せてくれる。ただ、状況によってレビューさせる場面、されない場面あり、それについて考えさせられるところもある」
コメント
関連ニュース
thumb

バルサがベルナルド・シウバに関心! ネウソン・セメド譲渡を交渉材料に

バルセロナが、マンチェスター・シティのポルトガル代表FWベルナルド・シウバ(26)に関心を示しているようだ。イギリス『テレグラフ』が伝えている。 2017年夏にモナコから加入したB・シウバは、独特なリズムと鋭いドリブルで攻撃にアクセントを加え、強力なオプションとしてその地位を確立。ジョゼップ・グアルディオラ監督の下で守備力も向上し、クラブのプレミアリーグ2連覇に貢献した。しかし、今季はMFフィル・フォーデンと台頭で重要性が減少。リーグ戦での先発出場は23試合にとどまった。 『テレグラフ』によると、バルセロナはB・シウバ獲得に金銭とポルトガル代表DFネウソン・セメドの譲渡を提案。今夏の動きから分かる通り、推定市場価値8000万ユーロ(約99億8000万円)のB・シウバの移籍金を用意する余裕はバルセロナにはなく、以前シティも獲得を狙ったというセメドを値下げ交渉の材料にする算段を立てているようだ。 B・シウバについてグアルディオラ監督は以前「彼の出場数が減ったのはおそらく私のせいだ。フィル・ジョーンズがレベルアップし、リヤド・マフレズもクオリティをキープしている。その他の選手も調子が良いのだ」とコメントしており、序列の低下が懸念されていた。 2020.08.10 16:21 Mon
twitterfacebook
thumb

伝説の始まり、メッシが“クラシコ”で決めた初ハット!【ハットトリック・ヒーローズ】

サッカーにおいて、1試合で3得点以上を決めることを表す「ハットトリック」。元々はクリケットで打者を三者連続アウトにすることをそう呼んでいた。(クリケットにおいて打者を連続でアウトにすることは相当難易度が高い) サッカー選手にとって、「ハットトリック」は実力を証明する功績でもあるが、そう簡単にはお目にかかれない。この企画『HAT-TRICK HEROES』では記憶に残る「ハットトリック」を紹介していく。 今回は、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが決めたハットトリックだ。 <div id="cws_ad">◆メッシのクラシコでの記念すべき初ハット!<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJHeW52d3hMYSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 世界最高峰の選手の1人として長年にわたって一線級で活躍するメッシ。多くの歴史を作ってきたメッシだが、最大のライバルであるレアル・マドリーとの“エル・クラシコ”でも伝説を残している。 今回のハットトリックは、そのメッシがクラシコで初めて記録したもの。2007年3月10日のラ・リーガ第26節の一戦だ。 首位のバルセロナがカンプ・ノウにレアル・マドリーを迎えた一戦。試合は5分にルート・ファン・ニステルローイのゴールでマドリーが先制する。 すると11分、メッシは完全にフリーの状態でFWサミュエル・エトーからボックス内でパスを受けると、オフサイドラインぎりぎりで抜けてGKイケル・カシージャスとの一対一を冷静に沈める。 13分にマドリーはファン・ニステルローイが再びゴールを奪いリードを広げるが、28分にメッシが加点。ボックス内に侵入したFWロナウジーニョが、エトーのリターンを強引にシュート。これはGKカシージャスがセーブするが、こぼれ球をメッシが豪快に蹴り込み、2点目を記録した。 2-2のまま試合は進むと73分にセルヒオ・ラモスが勝ち越しゴール。このままマドリーが勝利かと思われたが、後半アディショナルタイムにドラマが。 ロナウジーニョの縦パスをボックス手前で受けたメッシは、ドリブルでDFイバン・エルゲラを抜くと、カバーに入ったセルヒオ・ラモスをあざ笑うシュートをゴール右に決めハットトリック達成。3-3の引き分けに持ち込んだ。 2020.08.10 16:00 Mon
twitterfacebook
thumb

造反のバルサMFアルトゥール、カンプ・ノウ訪問も入場を拒否される

今シーズン限りでバルセロナを退団するブラジル代表MFアルトゥールだが、カンプ・ノウに入ることを許可されなかったようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が報じた。 アルトゥールは、ユベントスのボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFミラレム・ピャニッチとのトレードという形で今シーズン限りでバルセロナを退団。移籍決定ごは出場機会がないまま、ラ・リーガが終了していた。 <div id="cws_ad">◆CLラウンド16/バルセロナvsナポリ<br/><script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=19eq7r7f82obx1pnuz46vxj00b" async></script></div> バルセロナではもうプレーしないという意思表示もあったため、チャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・2ndレグのナポリ戦に向けたチームにも合流せず。クラブに無断でブラジルに帰国するなど、やりたい放題の状況だった。 そのアルトゥールは、ナポリ戦が行われたカンプ・ノウにやってきたものの、入れてもらえなかったとのこと。それは、欧州サッカー連盟(UEFA)による厳格なプロトコルに則っていなかったからのようだ。 アルトゥールは、世界でも新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大が続くブラジルに帰国し約2週間滞在したことに加え、PCR検査を受けたものの結果がまだ出ていなかったとのこと。そのため、スタジアムに入れることはできず、自宅での観戦を余儀なくされたとのことだ。 バルセロナのスポーツ組織関係ディレクターのギジェルモ・アモール氏は「アルトゥールは、必要な時に来なかった。 UEFAとクラブのPCR検査に合格しなかった。それがここに居ない理由だ。何が起こるかは理解しているが、大事なのは今日の試合であり、後日説明する」と試合前にコメントしていた。 アルトゥールはバルセロナとの早期契約解消をクラブに求める意向があり、エリック・アビダル氏との会談を望んでいるが、実現していない状況。果たしてどう決着がつくのだろうか。 2020.08.09 13:20 Sun
twitterfacebook
thumb

1ゴールでナポリ撃破に貢献のスアレス、早くもバイエルン戦に目を向ける

バルセロナのウルグアイ代表FWルイス・スアレスが、早くも準々決勝に照準を向けた。スペイン『マルカ』が伝えた。 バルセロナは8日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・2ndレグでナポリと対戦。3-1で勝利を収め、ベスト8進出を果たした。 <div id="cws_ad">◆CLラウンド16/バルセロナvsナポリ<br/><script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=19eq7r7f82obx1pnuz46vxj00b" async></script></div> スアレスは、2-0となった前半アディショナルタイムには、FWリオネル・メッシが得たPKを沈め1ゴールを記録。準々決勝進出に貢献したスアレスは、この勝利を喜び、バイエルン戦に目を向けた。 「それは僕たちが望んでいたことだね。ラ・リーガが終了してからの2週間、1stレグで僕たちを困難にした対戦相手の難しさを理解して、試合の準備をしてきた。重要なのは試合に勝ち、前進した今、次の対戦相手について考えることだ」 また、試合序盤はナポリの怖さがあったと語りながらも、3点を奪った前半のパフォーマンスに満足感を示した。 「ナポリはリーグ戦でも多くのチャンスを作るチームで、チャンスを作られることは分かっていた。怖さは序盤にあったけど、チャンスを決めきれず、得点したのは僕らだったね」 「僕たちは勝ち進むことを考えていた。彼らが上向きになり、少しスペースがあった素晴らしい前半の内容に満足している」 2020.08.09 13:00 Sun
twitterfacebook
thumb

バルサのセティエン監督、ナポリを抑え込んだ守備を評価「うまく状況に対応した」

バルセロナのキケ・セティエン監督が、ナポリ戦を振り返った。スペイン『マルカ』が伝えている。 8日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・2ndレグでナポリと対戦したバルセロナは、10分に左CKからDFクレマン・ラングレが先制ゴール。23分にFWリオネル・メッシが加点すると、前半アディショナルタイムにFWルイス・スアレスが3点目を奪う。 <div id="cws_ad">◆CLラウンド16/バルセロナvsナポリ<br/><script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=19eq7r7f82obx1pnuz46vxj00b" async></script></div> その後、FWロレンツォ・インシーニェに1点を返されたが、3-1で逃げ切り。2戦合計4-2で13シーズン連続のベスト8進出を果たした。 試合後、セティエン監督は2ndレグで勝利し、勝ち進めたことを喜んだ。 「我々はこの最初の一歩を踏み出し、この試合に臨んだものと同じ熱意を持って、残りの試合を楽しみたかった。チームは素晴らしく、勝利に値した」 「我々が行ったことは簡単ではなかった。優れた知性で守る必要があった。イタリアで最高のチームの1つだ。」 また、ナポリのポゼッションに苦しめられたと語ったセティエン監督。しかし、チームの守備の一貫性には満足感を示した。 「ナポリからボールを奪うのは難しい。彼らが我々のプレッシャーを掻い潜ったとき、多くの方向性を変化させ、犠牲を払った」 「ピッチ全体で一貫性を保つよう努めてきて、かなり順調にできたと思う。うまく状況に対応した。全てを完全にコントロールできたと思う。このチームとその記録はとても難しいチームになっていくだろう」 また、準々決勝で対戦することが決まったバイエルンについては「全ての対戦相手が強敵であり、全試合が難しくなるだろう。我々にとっても、彼らにとっても難しいだろう。素晴らしいチームだが、我々もそうだ」と、強敵であることを認めながらも、負けていないと意気込みを語った。 2020.08.09 12:00 Sun
twitterfacebook