負傷交代レノは「ヒザのケガ」…アーセナル指揮官アルテタが説明

2020.06.21 10:45 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アーセナルのミケル・アルテタ監督がドイツ代表GKベルント・レノの負傷状況を説明した。クラブ公式サイトが伝えている。

レノは20日に敵地で行われたプレミアリーグ第30節のブライトン戦に先発出場。しかし、36分に浮き球の処理を試みた際、FWニール・モペイと交錯して、担架でピッチを後にした。

試合も終了間際に勝ち越しゴールを許して逆転負けを喫するなど、踏んだり蹴ったりの結果となったアルテタ監督。レノの負傷状況をこう説明している。

「負傷させる意思を持った選手なんていないと思う。この場合も同じだと思うが、残念だ。ベルントの負傷は見た限り、良くないから明日にも検査を受ける必要がある。だが、ケガはフットボールのピッチで起こり得るもの。ヒザのケガだ。彼はヒザを捻ってしまったみたいだ。ケガの程度をみなければ」

前節のDFパブロ・マリ、MFグラニト・ジャカに続く故障者を出してしまったアーセナル。チャンピオンズリーグ出場権獲得のために今後も勝利が求められる戦いが続くが、アルテタ監督は厳しい台所事情を強いられそうだ。

関連ニュース
thumb

アーセナルに大きな痛手…スミス・ロウが鼠蹊部の出術で12月まで離脱

アーセナルは29日、イングランド代表MFエミール・スミス・ロウが手術を受けたことを発表した。 ここ数カ月、鼠蹊部のケガに悩まされているスミス・ロウ。今季はリーグ戦4試合の出場で47分しかピッチに出ておらず、9月4日に行われたマンチェスター・ユナイテッド戦の出場もわずか16分のみだった。 ケガと相談しながら少しずつ慣らしていたいたが、そのユナイテッド戦で悪化した模様。医療チームとの相談の結果、手術を決断するに至ったようだ。 手術は数日前に成功し、現在はリハビリに始めているとのこと。復帰は12月になるとクラブは伝えている。 なお、この手術により、スミス・ロウのカタール・ワールドカップ行きの可能性は消滅した。 2022.09.29 21:45 Thu
twitterfacebook
thumb

アーセナルで台頭のサリバは「隣に学びを得られるトップクラスの選手がいない」 OBが現状を不安視

かつてアーセナルでキャプテンを務めた元フランス代表DFのウィリアム・ギャラス氏が、古巣の同代表DFウィリアム・サリバの現状を懸念した。イギリス『イブニング・スタンダード』が伝えている。 2019年夏にサンテチェンヌから加入し、武者修行を経て今季からファーストチームに合流したサリバ。ここまではプレミアリーグ全試合で先発起用されており、ミケル・アルテタ監督の信頼を完全に掴んだ様子だ。 将来性豊かなセンターバックの台頭には称賛の声が相次ぐが、それに対して警鐘を鳴らしたのがギャラス氏だ。アーセナルの元主将はイギリス『Genting Casino』のインタビューで、これまでの名センターバックたちと比べてサリバには手本とする存在が不在であることを危惧している。 「サリバのプレーを見た後で、若い頃のリオ(・ファーディナンド)と比較すると、彼らの特徴は似ていると思う。だが、いつもクラブが抱える問題であるが、彼は誰の隣で学ぶことになるのだろうか」 「彼はまだ若く、あの年齢であれば学ぶことが必要だ。そしてそれには、適切な選手が隣にいる必要がある。私が常に言っていることとして、センターバックをやるときは経験豊富な選手からの学びが大切なのだ」 「今のところ、サリバの近くには学びを得られる経験豊富なトップクラスの選手がいない。だから、彼が少し心配なんだ。もし彼がトップレベルに到達したいなら、トップクラスのセンターバックの隣にいる必要がある」 「たとえば、ジョン・テリーは誰の隣でプレーしたと思う? マルセル・デサイーだ。センターバックはみんな、誰かから学んでいる。アレッサンドロ・ネスタの隣にはパオロ・マルディーニがいたね」 「センターバックが次のレベルに行くためには、それが必要なんだ。彼が25歳や26歳になったら、今度は彼がディフェンスラインを統率する番だ。若い選手は、彼の隣でプレーして学ぶことになる」 「たとえば、(チェルシーに移籍した)ヴェスレイ・フォファナは、チアゴ・シウバから多くを学ぶ絶好の機会だろう」 2022.09.29 17:57 Thu
twitterfacebook
thumb

中盤補強を模索のアーセナル、来冬に再びドウグラス・ルイスへオファーか

アーセナルは来冬にアストン・ビラからブラジル代表MFドウグラス・ルイス(24)の獲得に再び向かうようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 今夏に中盤の強化を目指したアーセナル。移籍マーケットの終盤にドウグラス・ルイスを獲得しようとする動きが取り沙汰されたが、デッドラインデイに出した移籍金2500万ポンド(約41億7000万円)のオファーは断られた。 それでも、アーセナルは依然としてドウグラス・ルイスの獲得を諦めず、改めて獲得する計画を進めているとのこと。中盤の主軸であるMFトーマス・パルティの度重なる負傷に不満を抱くミケル・アルテタ監督は新たな中盤の確保を熱望しているという。 ドウグラス・ルイスとビラの契約は来夏までで、スティーブン・ジェラード監督は契約延長を希望するが、ステップアップを望む選手側に交渉を進める意思はない模様。アーセナルはこの状況を利用して、夏よりも安い1500万ポンド(約23億3000万円)程度の移籍金で獲得可能と踏んでいるようだ。 ドウグラス・ルイスはビラで公式戦通算118試合に出場して7ゴール8アシストを記録。今季もプレミアリーグ6試合に出場するが、先発は2試合にとどまっている。 2022.09.29 12:48 Thu
twitterfacebook
thumb

「FIFAを訴えろ」アーセナルファン激怒、“最悪”と称されたアルテタ監督の顔に批判集まる

アーセナルのファンが侮辱されたとして怒り心頭のようだ。イギリス『デイリー・スター』が伝えた。 アーセナルファンの怒りを買ったのは、30日にリリース予定のサッカーゲーム『FIFA 23』だ。 大人気ゲームである『FIFA』シリーズの最後の作品としても注目され、多くのサッカーファンが手に取って楽しむもの。選手本人もプレーするほどの人気ぶりだ。 しかし、その中で毎度話題になるのが選手たちの顔。そっくりな作りの選手と全く似ても似つかない選手に二分され、これがファンの怒りを買うことも少なくない。 今回、アーセナルのファンが怒りを露わにしたのはミケル・アルテタ監督の顔。チームと再建している指揮官は“最悪“と称される顔となり、「FIFAを訴えるべきだ」とまで言われているほどだ。 また、アルテタ監督だけでなく、イングランド代表DFベン・ホワイトやMFエミール・スミス・ロウ、ベルギー代表MFアルベール・サンビ・ロコンガ、そして日本代表DF冨安健洋も全く似ていないという。 <span class="paragraph-title">【写真】一体これは誰? アーセナルファン激怒のアルテタ監督</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="et" dir="ltr">Mikel Arteta in FIFA '23. Cmon EA <br><br>Via <a href="https://twitter.com/GunnersReddit?ref_src=twsrc%5Etfw">@GunnersReddit</a> <a href="https://t.co/Jvu20dG3yH">pic.twitter.com/Jvu20dG3yH</a></p>&mdash; Dr. Rajpal Brar, DPT (@3cbPerformance) <a href="https://twitter.com/3cbPerformance/status/1574450911413346305?ref_src=twsrc%5Etfw">September 26, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.09.29 12:40 Thu
twitterfacebook
thumb

パルティがヒザ負傷でガーナ代表を離脱…ロンドンへ帰還

アーセナルのMFトーマス・パルティがケガのためガーナ代表を離脱した。ガーナサッカー協会(GFA)が発表している。 GFAによると、パルティは24日に行われたブラジル代表戦に先発予定だったが、試合前のアップ中にヒザに違和感を覚え、急遽欠場の判断が下されていた。 その後の各メディアの報告では、ケガは大したものではなく、27日に控えるニカラグア代表戦には出場可能と言われていたが、この度、「さらなる検査のため」として、アーセナルに戻ることになった。 今季のパルティは、太もものケガですでに公式戦5試合を欠場。チームではほとんど替えの利かない存在なだけに。これ以上の離脱は避けたいところだが…。 2022.09.25 21:40 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly