ブレントフォード、かつての主砲モペイを再獲得! エバートンから1年レンタル

2023.09.02 17:55 Sat
Getty Images
ブレントフォードは2日、エバートンからフランス人FWニール・モペイ(27)の1年レンタルを発表した。買取オプションも付いているという。
PR
モペイは2017年から2019年にかけてブレントフォードでプレーし、95試合で41ゴールをマーク。2016年のアシスタントコーチ時代からブレントフォードに在籍するトーマス・フランク監督とも再タッグとなる。
2019年夏からブライトン&ホーヴ・アルビオンに移ったモペイは昨夏、エバートンに1年延長オプション付きの3年契約で移籍。だが、出場した大半が途中からの公式戦29試合で1得点1アシストと振るわなかった。

そうして迎えた今季はここまで先のカラバオカップを含め、トータルで3試合に出場している状況だったが、4年ぶりのブレントフォード復帰を決断。フランク監督も歓迎している。

「ニールがクラブに戻ってきてくれて、とても嬉しい。彼は前回、ここにいたとき、素晴らしい2年間を過ごした。チャンピオンシップで25ゴールを決め、ゴールスコアラーとなり、我々の躍進に大きく貢献してくれたんだ。フットボールの旅に出て、こうして戻ってきたね」


PR
関連ニュース

「少し失望している」アウェイでドローに終わったチェルシー、ポチェッティーノ監督は後半に嘆き「一貫性もなかった」

チェルシーのマウリシオ・ポチェッティーノ監督が、ブレントフォード戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 2日、プレミアリーグ第27節でチェルシーはアウェイでブレントフォードと対戦した。 パッとしない戦いが続き、チームも中位で燻る中、2週間ぶりのリーグ戦となった一戦。前節はマンチェスター・シティと1-1で引き分けており、足掛かりにしたいところだった。 試合は35分にニコラス・ジャクソンのゴールで先制するも、後半に入り逆転を許してしまう展開に。それでも83分にアクセル・ディザジがネットを揺らし、2-2のドローに終わった。 2試合連続ドローに終わったチェルシー。ポチェッティーノ監督は前半を称えながらも、後半のパフォーマンスを指摘。失点の仕方を嘆いた。 「前半は完全にコントロールしていた。我々は多くのチャンスを作り、非常に良いプレーをしていたと思う」 「もちろん、後半は良いスタートを切れず、彼らにリードを許してしまった。いくつかのクロスも許してしまったが、試合が本当にオープンで、トランジションが多すぎ、相手が1-1にしたことで大変になった」 「とても難しい場所であるため、我々はより良い守備をしなければならなかった。しかし、6日間で3試合と厳しい試合が続き、とても大きな努力を見せたと思う。後半はエネルギーを保つのが大変で、それがこの試合のカギになっただろう」 「彼らはよりダイレクトなプレーを見せた。我々には一貫性もなかったと思う。我々が失点し、試合の流れを変え、彼らの信念はより高まった」 「最終的に勝ち点3を獲得したかったが、失点の仕方とチームが勝ち点3を獲得するために見せた努力には少し失望している」 <span class="paragraph-title">【動画】チェルシーがなんとか追いついてドロー</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="cpTQqZvFp6M";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.03.03 12:55 Sun

ブレントフォードと打ち合ったチェルシーがリーグ戦2試合連続ドロー【プレミアリーグ】

チェルシーは2日、プレミアリーグ第27節でブレントフォードと対戦し、2-2の引き分けに終わった。 ミッドウィークに行われたFAカップ5回戦のリーズ・ユナイテッド戦を3-2で勝利し準々決勝へ駒を進めた11位チェルシー(勝ち点35)は、その試合からスタメンを5人変更。スターリングやムドリク、GKロベルト・サンチェスらに代えてギャラガー、パーマー、GKペトロビッチらをスタメンで起用。ジャクソンとパーマーを2トップに据えた[3-5-2]で試合に臨んだ。 リーグ戦3連敗中の16位ブレントフォード(勝ち点25)に対し、チェルシーは立ち上がりからボールを保持する、なかなか決定機まで至らない状況が続く。 それでもチェルシーは30分、バイタルエリア中央でボールを受けたエンソ・フェルナンデスが素早くボックス内にパス送ると、DFの裏に抜け出したジャクソンが飛び出したGKをかわしシュート。しかし、これはゴールカバーに入ったザンカにライン手前でクリアされた。 決定機を逃したチェルシーだったが、35分にバイエルエリア右サイドでボールを受けたグストが早いタイミングでクロスを供給すると、ゴール前に走り込んだジャクソンがヘディングシュートをゴールに叩き込んだ。 1点リードで後半を迎えたチェルシーだったが、開始早々に追いつかれる。50分、ヤネルトのロングパスをボックス右横からトニーがダイレクトクロスを供給すると、これを収めたレギロンのシュート。これはカイセドにディフレクトしたが、ゴール前にこぼれたボールをルアスレウがゴールに押し込んだ。 振り出しに戻った試合はここからオープンな展開で試合が進むと、チェルシーは61分に決定機。カウンターから右サイドをドリブルで持ち上がったグストの折り返しを走り込んだパーマーが合わせたが、シュートは枠の左に外れた。 チャンスを逃したチェルシーは69分に逆転を許す。レギロンの左クロスのこぼれ球をボックス中央のオニェカが左足に当てると、この浮き球をウィサが豪快なバイシクルシュートでゴールに叩き込んだ。 1点を追うチェルシーは、71分にエンソ・フェルナンデスを下げてムドリクを、79分にコルウィルを下げてスターリングを投入。すると83分、ショートコーナーから返しを受けたパーマーがクロスを供給すると、走り込んだディザジがヘディングシュートをゴールに流し込んだ。 その後も互いに勝ち越しゴールを目指したが、最後までスコアは動かず。試合は2-2のままタイムアップを迎え、勝ち点1を分け合う結果となった。 2024.03.03 02:05 Sun

降格圏迫るブレントフォード、主力DFミーが足首骨折で今季絶望に

ブレントフォードのイングランド人DFベン・ミー(34)が足首を骨折して今季絶望となった。トーマス・フランク監督が明かしている。 ミーは2月26日に行われたプレミアリーグ第26節ウェストハム戦に先発。接触プレーで61分に負傷交代していた。 ここまでプレミアリーグ16試合に出場し、ブレントフォードの主軸DFとして存在感を示していたミー。フランク監督は「我々には良いスカッドがあるが、ケガ人が多く、難しい状況になっている」と嘆いた。 ミー以外にもブレントフォードではFWブライアン・エンベウモ、DFイーサン・ピノックら主力が7名ほど離脱している。 3連敗中で16位と降格圏が近づいているブレントフォード。ケガ人続出の厳しい状況を乗り越えられるか。 2024.03.02 01:00 Sat

難敵撃破で首位肉薄のシティ、グアルディオラ監督「本当に良い試合をした」

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督が、難敵相手の勝利を喜んだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 21日、ブレントフォードとのプレミアリーグ第18節延期分に臨んだシティ。先週末のチェルシー戦をドローで終え首位返り咲きの可能性が消失すると、この日も攻め込みながら中々得点を奪えずハーフタイムへ。後半も攻めあぐねる時間帯が続いたが、71分にFWアーリング・ハーランドがようやく先制点を決めると最後までこのリードを守り切り1-0で勝利した。 首位リバプールに1ポイント差まで迫ることに成功したグアルディオラ監督は、難敵相手の勝利を評しつつ、この試合ベンチ入りしながらも出場がなかったMFケビン・デ・ブライネの状態にも言及している。 「ブレントフォードは対戦するうえで非常に難しいチームだ。昨シーズン、彼らは我々から6ポイントを奪っているしね。信じられないほど組織化されたチームであり、(イヴァン・)トニーはボールキープの達人だ。素晴らしい選手だと思う。それに彼らはスローインやFKなど、あらゆる細部においても本当に優秀だ」 「彼らを相手にチャンスを作るのがどれほど難しいかを考えると、我々は本当に良い試合をしたと思う。本当に多くのチャンスを作れていた。この勝利によって、今は立ち直れただろう。今、我々はシーズンでもっとも厳しい時期を迎えている」 「今日はケビンを起用できなかった。ハムストリングに痛みがあり、リスクを負いたくなかったんだ。彼は大丈夫さ。5カ月の離脱があったのだから、リスクを負いたくなかった」 2024.02.21 11:40 Wed

ハーランド弾守り切ったシティがブレントフォードに競り勝つ! 2戦ぶり白星で首位リバプールと1pt差に【プレミアリーグ】

プレミアリーグ第18節延期分、マンチェスター・シティvsブレントフォードが20日にエティハド・スタジアムで行われ、ホームのシティが1-0で勝利した。 前節、チェルシーとの激闘を辛くも1-1のドローで終え、公式戦連勝が「11」でストップした2位のシティ。これで首位のリバプールとの勝ち点差は「4」に広がり、自力での首位返り咲きの可能性が消滅した。 クラブ・ワールドカップ参戦の影響で延期となっていた14位ブレントフォードとのアウェイゲームでは2戦ぶりの白星を狙った。中2日の一戦に向けてグアルディオラ監督は先発3人を変更。アケとデ・ブライネ、ドクをベンチに置き、ストーンズ、ベルナルド・シウバ、ボブを起用した。 約2週間前の前回対戦を踏襲する形で試合はスタート。立ち上がりからボールの主導権を握るシティは、開始直後にハーランドが早速エリア外から左足を振ると、7分にも左CKの二次攻撃から前回ハットトリックのフォーデンが鋭い左足ダイレクトボレーでゴールを脅かしていく。 一方、ブレントフォードは相手を引き込む形で2トップを起点にハイラインの背後を狙う。16分にはウィサのスルーパスで一気に背後へ飛びしたオニェカがボックス左に持ち込んでシュートを放つが、パワー不足のシュートはGKエデルソンに難なくキャッチされる。さらに、直後の19分にもボックス手前の好位置で得たFKで味方がずらしたボールをトニーが直接狙うが、わずかに枠の左へ外れる。 以降は互いに狙いとする戦いを継続し、拮抗した展開が続いていく。それでも、30分を過ぎた辺りから要所で攻撃にアクセントを付けるホームチームが多くの決定機を作り出す。 その流れでロドリの浮き球に反応したウォーカーのヘディングの折り返しをゴール前フリーのベルナルド・シウバがヘディングシュート、直後にアカンジの鋭いミドルシュート、セットプレーからルベン・ディアスのヘディングシュートと連続で決定機を創出。 さらに、37分にはこの試合最大の決定機。ボックス左でルーズボールを収めて仕掛けたボブが巧みなシュートフェイントでDFを外してGKの右を抜く右足シュートを放つ。だが、これはDFミーの圧巻のゴールカバーに阻まれた。 前半終盤にかけても多彩な仕掛けでアウェイチームを揺さぶり続けたシティだったが、前回対戦同様に再三の好守で立ちはだかるGKフレッケンに手を焼きゴールをこじ開けることはできなかった。 互いに選手交代なしで臨んだ後半も試合展開に大きな変化はなし。ハーフタイムの修正で攻撃を活性化させたいホームチームだったが、同じく守備面を修正してきたブレントフォードによりソリッドに守られて停滞してしまう。 この展開を受けてグアルディオラ監督は61分、ボブを下げて切り札のドクを投入。しかし、この交代も即攻撃を活性化させる一手とはならず。 以降ももう1枚の切り札であるデ・ブライネ投入の必要性を感じさせる停滞感が漂うが、ここまで完全に消えていたエースストライカーが決定的な仕事を果たす。 71分、自陣ボックス付近でのボール奪取からロドリ、アルバレスと繋いで最前線のハーランドに縦パスが入る。これをうまく収めたノルウェー代表は対峙したDFアイェルのスリップによって一気にスピードを上げてボックス付近まで運ぶと、冷静にGKのポジションを見極めてゴール左隅に左足のシュートを流し込んだ。 苦しみながらもエースのゴールで先制に成功したシティは、相手の出方を窺いながらゲームをコントロール。リスクを冒して攻めに出ることはせず、ブレントフォードが望むオープンな展開に持ち込ませない。 その後、冷静に時計を進めながら足が止まり始めた相手の隙を突いてフォーデン、ハーランドを起点としたカウンターで無理なく追加点を狙う。その形からフォーデンに2度のビッグチャンスが訪れるが、いずれもGKフレッケンのビッグセーブに阻まれる。 結局、追加点を奪えずに迎えた後半アディショナルタイムにはブレントフォードにセットプレーを与えて痺れる状況を作られたが、最後まで集中した対応でゴールを許さず。 この結果、エースのゴールでブレントフォードに競り勝ったシティが2戦ぶりの勝利を収めて首位リバプールとの勝ち点差を「1」に縮めた。 2024.02.21 06:31 Wed
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly