負傷交代レノは「ヒザのケガ」…アーセナル指揮官アルテタが説明

2020.06.21 10:45 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アーセナルのミケル・アルテタ監督がドイツ代表GKベルント・レノの負傷状況を説明した。クラブ公式サイトが伝えている。

レノは20日に敵地で行われたプレミアリーグ第30節のブライトン戦に先発出場。しかし、36分に浮き球の処理を試みた際、FWニール・モペイと交錯して、担架でピッチを後にした。

試合も終了間際に勝ち越しゴールを許して逆転負けを喫するなど、踏んだり蹴ったりの結果となったアルテタ監督。レノの負傷状況をこう説明している。

「負傷させる意思を持った選手なんていないと思う。この場合も同じだと思うが、残念だ。ベルントの負傷は見た限り、良くないから明日にも検査を受ける必要がある。だが、ケガはフットボールのピッチで起こり得るもの。ヒザのケガだ。彼はヒザを捻ってしまったみたいだ。ケガの程度をみなければ」

前節のDFパブロ・マリ、MFグラニト・ジャカに続く故障者を出してしまったアーセナル。チャンピオンズリーグ出場権獲得のために今後も勝利が求められる戦いが続くが、アルテタ監督は厳しい台所事情を強いられそうだ。
コメント
関連ニュース
thumb

アーセナル、セスクやマルティネッリ発掘の功労者を解雇…一方、ウィリアン&コウチーニョ獲得に巨額の投資…

近年のアーセナルのスカウト活動を支えてきた功労者がクラブを追われることになったようだ。 アーセナルは5日、新型コロナウイルス(COVID-19)による減収のため、55人のスタッフを解雇する方針であることを発表した。 そして、イギリス『デイリー・メール』が伝えるところによれば、その解雇者リストの中に敏腕スカウトとして知られるフランシス・カギガオ氏の名前があるという。 ロンドン生まれのカギガオ氏は、アーセナルのユースチームに在籍していた縁、3カ国語を操る語学力などを買われてアーセン・ヴェンゲル時代からスカウト部門に在籍。 20年以上に渡るクラブ在籍期間に多くの選手獲得に尽力。とりわけ、現役時代にバルセロナBに在籍していたツテを生かして、当時カンテラに在籍していた元スペイン代表MFセスク・ファブレガス(現モナコ)、スペイン代表DFエクトル・ベジェリンらの引き抜きを主導したことで知られる。 また、主にヨーロッパ、南米を担当していた同氏は、元スペイン代表MFサンティ・カソルラ(現アル・サッド)といったスペイン人選手、スイス代表MFグラニト・ジャカ、チリ代表FWアレクシス・サンチェス(現インテル)などの獲得交渉も主導。ここ最近ではU-20フランス代表DFウィリアム・サリバ、U-23ブラジル代表FWガブリエル・マルティネッリの交渉に携わっていた。 アーセナルはカギガオ氏を含むヨーロッパ全域を担当するスカウトの解雇に踏み切る以前に、MFエインズリー・メイトランド=ナイルズや、FWレイス・ネルソンらを発掘したイングランド国内を担当する非常勤アカデミースカウト10名をすでに解雇しており、今後に向けては国内外のスカウト活動で大きな後れを取る可能性がある。 長年クラブのために尽力した功労者の大量解雇に踏み切った一方、アーセナルはチェルシーのブラジル代表FWウィリアン、バルセロナのブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョの獲得に近づいているとの報道も出ている。 この動きに関しては、元ブラジル代表DFダビド・ルイス(33)の移籍に際して、急接近した大物代理人、キア・ジョーラブシャン氏との関係強化が影響しているようだ。 ウィリアンとコウチーニョはいずれもジョーラブシャン氏の顧客であり、アーセナルは今後、独自のスカウト網の維持を諦め、ジョーラブシャン氏を筆頭に代理人主導の補強戦略へと転換を図る模様だ。 代理人主導の補強戦略に関しては、世界最高の代理人と評されるジョルジュ・メンデス氏とウォルバーハンプトンが好結果を出しているが、近年ごたごたが続くバレンシア(メンデス氏)などを見ると、非常にリスクがある補強戦略ともいえる。 なお、アーセナルのサポーターズ・トラストは今回のクラブの決定に対して、「今回の知らせにがっかりしている。我々はプレーヤーたちの自発的な給与削減がすべてのスタッフの雇用を守るために使用されることを期待していた。また解雇されたスタッフに可能な限り多くのサポートを提供することが非常に重要だと考えている。その点に関してクラブと連絡を取るつもりだ」と、説明を求めている。 2020.08.06 15:00 Thu
twitterfacebook
thumb

アーセナル、収益減によりスタッフ55人を解雇方針

アーセナルは5日、新型コロナウイルス(COVID-19)による減収のため、55人のスタッフを解雇する方針であることを発表した。 アーセナルでは4月に指揮官のミケル・アルテタ監督とトップチームの選手が12.5%の給与を削減することで合意し、経営陣に関しても今後12カ月にわたって給与を三分の一に削減することで合意していた。 それでもコロナによる減収の影響が大きく、今回スタッフの解雇に関して30日間の協議が行われることになった。アーセナルは声明にて「スタッフたちが今回の提案を受けて動揺していること、困難な状況に陥ることを我々は理解しており、慎重に協議していくつもりです。この提案はCOVID後の世界でもクラブを発展させるため、ヨーロッパのトップレベルで争えるチーム力を維持するためのものです」と発表した。 アーセナルは今季プレミアリーグで8位に終わったものの、FAカップ決勝でチェルシーを下し、来季のヨーロッパリーグ出場権は確保している。 2020.08.06 02:15 Thu
twitterfacebook
thumb

エメリ新監督就任のビジャレアル、教え子グエンドウジに注目か

ビジャレアルが、アーセナルのU-21フランス代表MFマテオ・グエンドウジ(21)の獲得に動いているようだ。『フット・メルカート』が伝えている。 2018年夏に加入したアーセナルブレイクしたグエンドウジ。今季も主力として順調に出場数を重ねていたが、ミケル・アルテタ監督就任以降は序列を落とし始め、6月のブライトン&ホーヴ・アルビオン戦でフランス人FWニール・マウペイと一悶着を起こしたのをきっかけに、完全に信頼を失ってしまったとメディアから報じられている。 そのため、今夏の放出候補筆頭と言われるグエンドウジにはバルセロナ行きの噂もあったが、『フット・メルカート』によるとビジャレアルが特に強い関心を示しているという。 同クラブは先日、元アーセナルのウナイ・エメリ監督を招へい。エメリ監督は2018年にロリアンから引き抜きを画策した張本人で、アーセナルでのブレイクのきっかけを与えた恩師とも言える存在。 すでにグエンドウジを巡ってアーセナルと話し合いの席に着いたとも言われており、購入オプションを付けたレンタル移籍という形で交渉を進めているようだ。 2020.08.05 22:05 Wed
twitterfacebook
thumb

アーセナル、FA杯優勝後にローヌ・ダービー勃発? ラカゼットの後輩イジリにオーバが助け舟

FAカップ決勝を制したアーセナルの試合後のロッカールームでは、リヨンとサンテチェンヌの元プレーヤーによる“デュルビ・デュ・ローヌ”が勃発していたようだ。イギリス『SPORT BIBLE』が伝えている。 アーセナルは1日に行われたチェルシーとのFAカップ決勝を2-1で勝利し、史上最多14度目の優勝を決めた。さらに、来シーズンのヨーロッパリーグ(EL)出場権獲得に成功している。 宿敵チェルシーとのビッグロンドン・ダービー勝利に沸くアーセナルの面々は、ピッチ内での優勝セレモニー終了後のロッカールームでもその興奮は全く冷めやらず。 そして、以前からキツいイタズラやジョークをかますことで知られるフランス代表FWアレクサンドル・ラカゼットは、新たな後輩であるU-21フランス代表DFウィリアム・サリバに対して、強烈なイジりをかました。 サンテチェンヌ生え抜きで今シーズンのリーグ・アン終了までレンタルという形で古巣に残留していた後輩の元にシャンパンを片手に近づいたラカゼットは、「お前はもうサンテチェンヌのプレーヤーじゃない。そして、ここでは俺たちとトロフィーを獲得できるぞ」と、声をかけていた。 アーセナル加入前にサンテチェンヌのローカル・ライバルであるリヨンのエースとして活躍していたラカゼットは、先月24日に行われたクープ・ドゥ・フランス決勝で、かつての宿敵がパリ・サンジェルマンに敗れていたことを受け、その決勝出場を望みながらも契約の問題でプレーできなかった失意の後輩をイジった。 ただ、先輩からのキツいイジリを笑って受け流そうとしたサリバにも頼れる援軍が…。この決勝で2ゴールを挙げてFAカップ制覇をもたらしたガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンが2人の元に近づくと、「オ~、今はサンテチェンヌのことはそっとしておいてくれよ」と、ラカゼットにイジリをやめるようにたしなめた。 なお、オーバメヤンは2010年から2013年までサンテチェンヌに在籍しており、飛躍のキッカケを掴んだ大事な古巣のひとつでもある。そのため、リヨンの元エースの痛烈なイジリに対して、思わず介入することになった。 ただ、サリバの馴染み具合、ラカゼットとオーバメヤンの見事な掛け合いを見ると、今回のタイトル獲得は来季に向けてよりチームの結束を高めているようだ。 <div id="cws_ad">◆サリバはイジリがいがありそう?<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Alexandre Lacazette to William Saliba: “You’re not at St Étienne anymore - here we win titles.”<br><br>Pierre Emerick Aubameyang to Lacazette: “Ooooh you calm down now about St Étienne.” <br><br>Their bromance is unmatched <br><br> <a href="https://t.co/yiMSGAMg0y">pic.twitter.com/yiMSGAMg0y</a></p>&mdash; AFCMahfuz (@B123Mahfuz) <a href="https://twitter.com/B123Mahfuz/status/1289853829735952389?ref_src=twsrc%5Etfw">August 2, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2020.08.04 15:15 Tue
twitterfacebook
thumb

ウィリアン、チェルシーの延長オファーを再び拒否 アーセナル行きに先進か

ブラジル代表MFウィリアン(31)がチェルシーからの契約延長オファーを拒否した模様だ。 2013年から所属するチェルシーと今季いっぱいで契約が満了するウィリアン。今季も公式戦47試合11得点9アシストの数字を収めるなかで、新型コロナウイルス感染拡大に伴うシーズンの遅延を受けて、チャンピオンズリーグ(CL)終了までの短期延長こそ至ったが、来季以降の新契約締結に向けた話し合いは難航を極めている。 <div id="cws_ad">◆ウィリアン、リバプール戦で決めたスーパーゴール!<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiIyaVZVUEs1ZiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> フランク・ランパード監督は今夏、ドイツ代表FWティモ・ヴェルナーとモロッコ代表FWハキム・ジイェフを手中に収めて、さらにレバークーゼンからドイツ代表MFカイ・ハフェルツの獲得に迫っているが、ウィリアンの残留を希望。しかし、ウィリアンとチェルシーの両者はいまも契約年数を巡る隔たりを埋め切れずにいるようだ。 イギリス『ガーディアン』によると、CLの戦いが終わるまで結論を先延ばしにする意向を示しているウィリアンは3年契約を要求しているが、チェルシー上層部にその要望に応じる気がなく、新たに届いた2年契約のオファーを拒否したという。 そんなウィリアンを巡っては現在、メジャーリーグ・サッカー(MLS)のクラブだけでなく、プレミアリーグから2つ、ヨーロッパから2つのオファーがある模様。その1つはウィリアンが希望する契約年数の提示をいとわないアーセナルといわれ、両者の間で会談に入っており、ライバルクラブ行きの可能性が高まっているようだ。 2020.08.04 11:30 Tue
twitterfacebook