ラッシュフォード&ポグバは「起用可」…スールシャールが再開初戦トッテナム戦に意気込み!

2020.06.19 18:45 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マンチェスター・ユナイテッドのオーレ・グンナー・スールシャール監督が意気込みを語った。クラブ公式サイトが伝えている。プレミアリーグは3月中旬から長く続いた延期を経て、17日に行われた第28節延期分からリスタート。5位ユナイテッド(勝ち点45)は19日に行われる第30節が再開初戦となり、8位トッテナム(同41)とのアウェイゲームに挑む。

再開初戦からいきなり実現したトップ4争いの行方を左右する大一番。公式戦11試合無敗を継続して中断に入り、再開のときを迎えるスールシャール監督は試合に先立ったオンライン会見で、相手に敬意を払いつつ、白星リスタートを願った。

「もちろん、リーグ屈指の強豪同士によるビッグマッチだ。相手は昨季のCLにおけるファイナリストであるわけだから、ハードな試合になるのは承知済み。できる限りの準備をした」

「選手たちはロックダウン中も調整に励み、チームとしても良いトレーニングができた。数回の紅白戦やWBAとの対外試合が今回の一戦で良い方向に働いてくれるのを願うばかりだ」

「選手たちは若々しく、フィットしていて、準備ができているように感じる。明日の夜になれば、わかるはずさ」

そのトッテナム線に向けたメンバーについても言及。負傷離脱から戻ったイングランド代表FWマーカス・ラッシュフォードやフランス代表MFポール・ポグバも「起用可能」と語り、ほぼフルスカッドで試合に挑める状況だと説明した。

「フィル・ジョーンズとアクセル(・トゥアンゼベ)の2人がおそらく欠場する。しかし、彼らを除く残りのメンバーはフィットできており、プレーできる。マーカスとポールも長く離脱が続いたが、起用可能な状態だ」

また、過密日程を考慮して、交代枠(3→5)とベンチ入りの選手数(7→9)を増やした新たなルールについてもコメント。支持の姿勢を示した。

「もちろん、試合にもよる。1試合に対して、3枠の交代がちょうど良いが、5人の入れ替えもあり得る。選手の管理も必要だからだ。プレミアリーグはフィジカル的に激しく、すぐに次のシーズンに迎えることにもなる。選手を守り、不要なケガを防ぐ観点的にも良いオプションだと思う」
コメント
関連ニュース
thumb

ミランがユナイテッドDFダロトに着眼 買取OP付きレンタルの1stオファー

ミランがマンチェスター・ユナイテッドのU-21ポルトガル代表DFジオゴ・ダロト(21)を狙っているようだ。 イタリア『スカイ』によると、守備陣の強化を目論むミランは新たなセンターバックとしてサンテチェンヌのフランス人DFヴェスレイ・フォファナ(19)を注視する一方で、サイドバックとしてもダロトをリストアップしているという。 そんなミランは買取オプション付きのレンタルという条件の1stオファーをすでに打診。しかし、ユナイテッドは完全売却しか求めておらず、ミラン陣営は新たなオファーを出すか、違う選手にシフトするかの検討を迫られている模様だ。 ダロトは2018年にポルトから加入すると、鋭いクロスが武器の右サイドバックとして初年度から公式戦23試合に出場。しかし、昨季はイングランド代表DFアーロン・ワン=ビサカの加入などもあり、11試合の出番とプレー機会を減らした。 2020.09.30 13:20 Wed
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドが新たなストライカーとしてカバーニorヨビッチを獲得?

マンチェスター・ユナイテッドに新たなストライカーの獲得を目指す動きがあるようだ。 今夏の移籍市場でプレミアリーグのライバルが順調に補強を進めるなか、メインターゲットのドルトムントでプレーするイングランド代表MFジェイドン・サンチョの交渉が難航を極め、オランダ代表MFドニー・ファン・デ・ベークの獲得のみにとどまるユナイテッド。今夏の移籍市場における10月5日の閉幕日が刻々と迫っているが、移籍市場に精通するジャンルカ・ディ・マルツィオ氏によると、水面下で新たなストライカーも探しているという。 『Gianlucadimarzio.com』によれば、ユナイテッドは候補として2選手を注視。1人目は昨季限りでパリ・サンジェルマン(PSG)と契約切れとなり、フリーのウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニ(33)だ。アトレティコ・マドリーやベンフィカが移籍先に挙がっているが、ユナイテッドとの交渉に入っている模様だ。 そして、もう1人は昨夏にフランクフルトからレアル・マドリー入りしたものの、元フランス代表FWカリム・ベンゼマを脅かす活躍に至らず、移籍の可能性が取り沙汰されるセルビア代表FWルカ・ヨビッチ(22)。ユナイテッドはレンタルでの獲得を睨み、レアル・マドリーとも話し合っているとみられる。 今もサンチョの獲得を目指す動きが指摘され、新たな左サイドバックとしてポルトに所属するブラジル代表DFアレックス・テレスの獲得にも乗り出しているユナイテッドだが、今夏の移籍市場最終週にカバーニとヨビッチのいずれかとの契約も視野に入れているとのこと。果たして、実現するのだろうか。 2020.09.30 09:30 Wed
twitterfacebook
thumb

同胞のレジェンドSBロベルト・カルロス氏も絶賛の実力者!ユナイテッドが獲得を狙うアレックス・テレスはどんな選手?

複数のメディアがマンチェスター・ユナイテッドへの個人合意に至ったと報じ、移籍が近づいているとされるポルトのブラジル代表DFアレックス・テレス(27)。 ユナイテッドは左サイドバックの人材として、イングランド代表DFルーク・ショーとU-21イングランド代表DFブランドン・ウィリアムズを擁しているが、この夏を通して左SBの補強に動いている。 移籍が成立すれば、待望の即戦力を獲得することになるが、そのテレスとはどんな選手なのだろうか。 <div id="cws_ad">◆テレスがボアビスタ戦で見せた強烈なロングシュート<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJLMTBleXc4VSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ◆5年前にはインテルで長友佑都と争う 2010年、母国ブラジルのジュベントゥージでプロデビューを果たしたテレスは、2013年に強豪グレミオに移籍。2014年1月にトルコのガラタサライに加入したことを機に、攻撃的SBとしてヨーロッパでその名を知られるようになった。 2015年夏には、インテルにレンタル移籍で加入。一時は日本代表DF長友佑都(現マルセイユ)から左SBのポジションを奪っていた。さらに、2016年夏に完全移籍を果たしたポルトで、超攻撃的SBとしての才能を開花させている。 ◆昨季は49試合で13得点12アシストと躍動 テレスは、フィジカルを生かした十分な守備力を持ちながらも、攻撃参加を好み、左サイドでの激しい上下動を厭わない現代的なサイドバックだ。また、高い水準のクロス精度も持つテレスだが、最も特筆すべき点は、その中長距離から放たれるシュートの破壊力だ。ボックス外からでも積極的にゴールを狙っていくテレスは、その左足から放たれるパンチのあるシュートを最大の武器にしている。 2019年11月10日に行われたプリメイラ・リーガ第11節のボアビスタ戦で見せたボックス外からの強烈な左足シュートはまさに象徴的なゴールだった。 テレスの攻撃面での貢献度は、昨シーズン残した13ゴール12アシストというSBとしては驚異的な数字が物語っている。昨季のプレミアリーグ王者リバプールの左SBを務めるスコットランド代表DFアンディ・ロバートソンも昨シーズンは公式戦12アシストを記録しているが、リーグは違えど、ロバートソンと同数のアシストを記録した上で、自らも13ゴールを決めているというのだから恐ろしい選手だ。 ◆ロベルト・カルロス氏の後継者とまで言われた パンチ力のある左足を持ったブラジル出身のSBと言われて、多くの人の頭に思い浮かぶのは、元ブラジル代表DFロベルト・カルロス氏だろう。 そのプレースタイルの他に、インテルでも短期間のプレー経験を持つなど、テレスと共通点の多いロベルト・カルロス氏だが、2016年にはテレスについて「アレックス(・テレス)は驚くべき選手だ。代表チームで長く活躍する選手になるだろう」と称賛のコメントを送っている。 レアル・マドリーのDFマルセロやバルセロナなどで活躍したDFダニエウ・アウベス、そしてインテルで活躍したDFマイコンなど、多くの攻撃的SBを輩出してきたブラジルだが、その系譜を継ぐテレスの獲得に成功すれば、ユナイテッドにとっては念願の最終ラインの補強となるはずだ。 2020.09.29 17:30 Tue
twitterfacebook
thumb

A・ペレイラ、ラツィオ移籍秒読み ターレSD&S・インザーギ監督が認める

マンチェスター・ユナイテッドに所属するブラジル代表MFアンドレアス・ペレイラ(24)のラツィオ行きが秒読み段階に入った模様だ。 移籍市場に精通するファブリツィオ・ロマーノ氏が自らのツイッターで提供した情報によると、2700万ユーロ(約33億3000万円)の買取オプションが付随したローン移籍で合意。選手の給与は両クラブで分担される形となり、今週にもメディカルチェックを受ける見通しだという。 ブラジル人のフットボーラーだったマルコス・ペレイラ氏を父に持ち、ベルギー生まれのA・ペレイラはユナイテッドの下部組織出身。グラナダやバレンシアでの武者修行を経て、2018年にブラジル代表デビュー果たすと、2018-19シーズンからユナイテッドに復帰した。 しかし、公式戦40試合の出場で2得点4アシストをマークした昨季も攻撃的MFとしてのインパクトを欠き、レギュラーの座を射止めるに至らず、今季のここまで消化した公式戦3試合でいずれもベンチすらしていない状況だった。 また、イタリア『スカイ』によれば、ラツィオ側もA・ペレイラの加入間近を認めた模様。スポーツディレクターを務めるイグリ・ターレ氏は「2~3日後に到着するだろう」と述べ、シモーネ・インザーギ監督も「我々の下でうまくやってくれるだろう」と話したという。 2020.09.29 11:30 Tue
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、望み薄もサンチョ獲得にラストアタック? 移籍金は最大122億円超

マンチェスター・ユナイテッドが、ドルトムントに所属するイングランド代表MFジェイドン・サンチョ(20)の今夏獲得にラストアタックを仕掛けるようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じている。 今夏の移籍市場でサンチョをトップターゲットに定めながらも、ことごとく失敗に終わっていたユナイテッド。その他ウェールズ代表FWガレス・ベイル(31)やイングランド代表MFジャック・グリーリッシュ(25)の獲得も噂されていたものの、前者はレアル・マドリーからトッテナムへレンタル、後者はアストン・ビラと新契約の締結に至っている。 アヤックスからオランダ代表MFドニー・ファン・デ・ベーク(23)の獲得には成功したものの、わずか1名にとどまっている今夏の補強にサポーターも不満を示している模様。 そこで、10月5日の閉幕までにサンチョ獲得に向けて6500万ポンド(約88億3000万円)、ボーナスを含めると最大9000万ポンド(約122億3000万円)に達するオファーを準備しているようだ。 しかし、サンチョは8月に契約を延長したばかり。ドルトムントの最高経営責任者(CEO)を務めるハンス=ヨアヒム・ヴァツケ氏も、しきりに残留を強調してきたが、果たして勝算はあるのだろうか。 2020.09.28 21:37 Mon
twitterfacebook