セルティックvsレンジャーズの“オールド・ファーム”が延期…スコットランドでもサッカー活動中止に

2020.03.13 22:50 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
SPFL(スコティッシュ・プロフェッショナル・フットボールリーグ)は13日、スコットランドサッカー協会(SFA)の管理下にある国内のプロおよびアマチュアサッカーに関して、延期することを発表した。

ヨーロッパでも急速に感染が拡大している新型コロナウイルス(COVID-19)の問題を受け、各国でそれぞれの措置が取られている。

今回の決断により、スコティッシュ・プレミアシップ(1部)、スコティッシュ・チャンピオンシップ(2部)の試合が今週末から2週間の延期となることが決定した。

なお、今週末はリーグ8連覇中のセルティックと同じグラスゴーのライバルであり、スティーブン・ジェラード監督率いるレンジャーズの“オールド・ファーム”が予定されていたが、延期となった。

また、SFAとSPFLは、今後数日間にわたり、国内、ヨーロッパ、そして国際試合に関して、政府および欧州サッカー連盟(UEFA)と連携を続け、適切な時期に追加情報を共有するとしている。

SFAのイアン・マクスウェルCEO(最高経営責任者)は「昨夜、政府によって概説されたガイダンス以来、スコットランド・サッカーに対するガイダンスのの立ち位置と意味を明確にするため、広範な対話を行ってきた」とコメント。「今日の発表は、公衆衛生のために行われたが、同僚に選手、試合関係者、スタッフの健康と安全のためでもある。国がコロナウイルス の世界的な流行を“遅らせる”段階に入るために最も重要です」とコメントした。

また、SPFLのニール・ドンカスターCEO(最高経営責任者)は「誰もが知っているように、これは国全体で急速かつ前例のない状況だ」とコメント。「昨夜から集中的かつ詳細な議論を重ねてきた。イギリスやヨーロッパ全体の経験も取り入れている」とし、「SPFLの理事会は、今週末と来週予定されている全てのリーグ戦は、追って通知があるまで延期することで合意しました」と決断に至った経緯を語った。

加えて「ファン、選手、役員の健康と安全は絶対に最重要項目だ。スコットランドの選手の中に、新型コロナウイルスの感染が確認された例はまだないものの、これらの発生する性質を考えると、時間の問題と考えられる」と、選手たちから感染者が出る可能性を否定しなかった。

13日には、イングランドのプレミアリーグを含めたプロサッカーの活動が4月3日まで延期に。オランダやポルトガル、ベルギーでもリーグ戦の延期が決定していた。また、フランスも今週末のリーグ戦の開催を延期し、ブンデスリーガは無観客で開催することが決定していた。

世界各国で刻々と状況が変化している中、スコットランドも追随した形となった。
コメント
関連ニュース
thumb

プレミアリーグがネット上の虐待行為を受けた選手を全面サポートへ

プレミアリーグが、ネット上での虐待を受けた選手のサポートを行うようだ。イギリス『BBC』が報じた。 今回被害を受けたのはブライトン&ホーヴ・アルビオンのフランス人FWニール・マウペイ。事件は6月20日に行われたアーセナル戦後に起きていた。 マウペイはアーセナル戦で後半アディショナルタイムに逆転弾を決め2-1の勝利に貢献。一方で、試合中にドイツ代表GKベルント・レノへのアフターチャージを行い、レノは負傷交代していた。 また、試合後にはアーセナルの選手と揉めており、「アーセナルの一部の選手は謙虚さを学ぶ必要がある」とコメント。大きな話題となっていた。 マウペイはネット上で誹謗中傷を浴びていたが、この犯人がシンガポールを本拠地とする個人であることが特定。プレミアリーグは、マウペイが法的措置をとることをサポートするようだ。 プレミアリーグの最高責任者であるリチャード・マスターズ氏は「完全に容認できない」とし、選手たちをサポートすると語っている。 「我々は、彼に代わって正義を求めるために即座に対応した。我々は提供された各報告を非常に真剣に受け止め、違反者がどこにいるかに関係なく、選手と監督が事件を調査するのをサポートするため、全ての可能なリソースを使用する」 プレミアリーグではSNSなどを通じた選手への誹謗中傷や差別行為が目立っており、7月にはクリスタル・パレスのコートジボワール代表FWウィルフリード・ザハも被害に遭っていた。 2020.08.14 20:50 Fri
twitterfacebook
thumb

最たる愚行!ルカクの従兄弟、セルティックDFボリンゴリ=ムボンボが海外渡航を隠しリーグ戦出場

セルティックがDFボリ・ボリンゴリ=ムボンボの愚行を謝罪した。クラブ公式サイトが伝えた。 クラブの発表によると、ボリンゴリ=ムボンボはスペインに旅行をしていたとのこと。しかし、これがクラブの許可を得なかった上、検疫の制限を守っておらず、さらに公式戦に出場したことで大きな問題となった。 スコティッシュ・プレミアシップは一足先に2020-21シーズンが開幕。ボリンゴリ=ムボンボは、9日に行われた第2節のキルマーノック戦の終盤に途中出場していた。 しかし、スペイン旅行に出掛けて戻ってきたことをクラブに伝えず、さらに国外への渡航が伴ったにも関わらず、隔離期間を設けずに試合に出場していたから問題だ。 セルティックは、ボリンゴリ=ムボンボについて「無責任な行動を想像するのは難しく、説明しきれません。クラブは懲戒手続きを通じて、直ちに行動を起こします」と声明を発表。ボリンゴリ=ムボンボの行動を無条件に非難した。 また、今回の一件を受けてスコティッシュ・プレミアシップの全てのクラブと関連当局に連絡を取り、大きな混乱をもたらせてしまったことを謝罪したという。 イギリス『BBC』によれば、スコットランド警察はボリンゴリ=ムボンボに対し、検疫規制違反により罰則が与えられるとのことだ。 なお、セルティックはこの事実を受け、全ての選手とスタッフに対し新型コロナウイルスの検査を2度実施。ボリンゴリ=ムボンボを含めて、全員陰性となったとしている。 セルティックはボリンゴリ=ムボンボを糾弾し「1人の個人お行動がその評判を危うくし、サッカーへの信用を一般的に損なったことは、我々にとって最も深い後悔の問題です」としている。 ボリンゴリ=ムボンボはクラブ・ブルージュの下部組織出身で、シント=トロイデンやラピド・ウィーンを経て、2019年7月にセルティックへ加入。2019-20シーズンはスコティッシュ・プレミアシップで14試合に出場し2アシストを記録。ヨーロッパリーグでも4試合に出場し1アシストを記録していた。 また、インテルのベルギー代表FWロメル・ルカクの従兄弟としても知られている。 2020.08.13 16:50 Thu
twitterfacebook
thumb

3部降格のデポルティボがフエンラブラダの降格を要求、度重なるプロトコル違反を主張

セグンダB(スペイン3部)への降格が決まっていた日本代表MF柴崎岳が所属するデポルティボ・ラ・コルーニャだが、最終節の相手であったフエンラブラダの3部降格を要請したようだ。 デポルティボは、7月20日のセグンダ・ディビシオン(スペイン2部)の最終節で残留を懸けてフエンラブラダと対戦。自力での残留はなく、他会場の結果に委ねることとなっていた。 しかし、フエンラブラダの選手に新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性反応が確認されたため、1試合のみ延期に。試合が行われない中、対象チームが勝利したため、最終節を戦うことなく3部への降格が決定していた。 3部降格となったデポルティボだが、この状況に憤慨。1試合のみ延期にした判断や、フエンラブラダの状況に対して不満を述べ、降格を回避する動きを見せていた。 そんな中、11日にスペインサッカー連盟(RFEF)に対し書面を送付。フエンラブラダがプロトコル違反を犯しているという新たな証拠を提出。フエンラブラダとラ・リーガが、最初の報告を遅らせ、通知していなかったと主張した。 プロトコル違反が重ねて見られたと主張するデポルティボは、フエンラブラダの降格を要求していた。 なお、8日に行われた試合では、後半アディショナルタイムの劇的ゴールで、デポルティボが2-1でフエンラブラダを下していた。これにより、フエンラブラダ昇格プレーオフ進出を逃している。 2020.08.13 11:40 Thu
twitterfacebook
thumb

「フィル・ジョーンズより優れたDFを挙げて」ツイッターがユナイテッドの苦情を受け投稿削除

ツイッター社が、マンチェスター・ユナイテッドからの苦情を受け、ツイートを削除していたようだ。イギリス『BBC』が報じた。 問題となったのは12日夜にイギリスのツイッターアカウント(@TwitterUK)から投稿されたツイート。これが苦情の対象となった。 投稿されたのは「フィル・ジョーンズよりも優れたディフェンダーを挙げてください」という一文。ユナイテッドに所属するイングランド代表DFフィル・ジョーンズを例に挙げた投稿だったが、これが虐待に繋がるとしてクラブから苦情を受けていた。 ツイッターの広報担当は「動揺させる意図はなかった」とコメント。「間違いに気がつき、すぐにツイートを削除した」とコメントし、ツイッターの新機能である「投稿に対するコメントのユーザー制限」を紹介しようとしたとしている。 今シーズンのフィル・ジョーンズはプレミアリーグで2試合、ヨーロッパリーグで3試合と出場機会が激減。メンバー外になる試合も多く、中断期間以降は一度も試合に招集されていない。 2020.08.13 10:35 Thu
twitterfacebook
thumb

ウォルバーハンプトンがFFP違反も、来季CL出場時は選手登録制限でUEFAと和解合意

ウォルバーハンプトンが、FFP(ファイナンシャル・フェア・プレー)に違反していたことが発覚。しかし、欧州サッカー連盟(UEFA)とは和解合意したようだ。イギリス『BBC』が報じた。 オリンピアコスは、7日に行われたヨーロッパリーグ(EL)ラウンド16・2ndレグのオリンピアコス戦で1-0と勝利。2戦合計2-1とし、セビージャが待つ準々決勝に駒を進めた。 ウォルバーハンプトンは、48年間の間でヨーロッパの大会でベスト8に残ったのは初だが、このまま優勝すれば、2020-21シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)に出場することが可能となる。 しかし、ウォルバーハンプトンは2020年までの会計年度で最大3000万ユーロ(約37億5000万円)の赤字を計上したとのこと。これが過大な支出とし、FFP違反となった。 ただし、UEFAはウォルバーハンプトンと2020-21シーズンのCLに出場した場合に使用する選手のAリストを25名から23名に減らすことで和解合意したとのことだ。 2020.08.08 22:33 Sat
twitterfacebook